FC2ブログ
7月のチョウ ②
2020/08/06(Thu)
今年の梅雨は雨が多くそして長かったので7月は中々フィールドへ出られず、特に下旬は籠りっきりでした。
梅雨明けと同時に、鬱憤を晴らすようにあちらこちらと出かけています。
さて今日は大きめのチョウ達です。

アオスジアゲハ(アゲハチョウ科)
アオスジアゲハit200701
ヤブガラシ(藪枯らし)の花にやって来ました。
アオスジアゲハ幼虫ky200701
幼虫がタブノキ(クスノキ科)の幹を降りてきました。
清水山。

アゲハ(アゲハチョウ科)
ナミアゲハibi200701
他のアゲハチョウ科と区別するためにナミアゲハとも言います。
みやま市。

オオムラサキ♂(タテハチョウ科)
オオムラサキat200701
日本の国蝶になっています。
阿蘇。

イシガケチョウ(タテハチョウ科)
イシガケチョウky200701
イヌビワがホストです。
清水山。

ゴマダラチョウ(タテハチョウ科)
ゴマダラチョウz200701
ホストはエノキです。
女山。

ミドリヒョウモン(タテハチョウ科)
ミドリヒョウモンgy200701
ホストはスミレ類。
ミドリヒョウモンgy200702
グリーンピア八女のリョウブの花に。

メスグロヒョウモン♀(タテハチョウ科)
メスグロヒョウモン♀gy200701
オスは他のヒョウモン類と同じオレンジ色に黒の豹紋模様です。
メスグロヒョウモン♀gy200702
グリーンピア八女。

ツマグロヒョウモン♀(タテハチョウ科)
ツマグロヒョウモン♀it200701
メスの翅の先端が黒いのは毒チョウのカバマダラに擬態しているため。
平地にも普通にいます。筑後市。

イチモンジチョウ(タテハチョウ科)
イチモンジチョウgy200701
この画像では判り難いですが翅表は次種に似ています。
グリーンピア八女。

サカハチチョウ夏型(タテハチョウ科)
サカハチチョウ夏型yy200801
夏翅の模様が「逆八」に見える。
サカハチチョウ夏型yy200802
矢部村。

クロヒカゲ(タテハチョウ科)
クロヒカゲz200701
ヒカゲチョウとは中々出会いません。
女山。

最後に偶然見つけたガの幼虫を2種。
アケビコノハ幼虫z200701
アケビコノハ幼虫。目玉模様で敵を驚かせます。
オカモトトゲエダシャク幼虫z200701
オカモトトゲエダシャクは鳥の糞に擬態。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |