FC2ブログ
我夢土下座コンサートat岡山禁酒会館
2019/07/29(Mon)
FBに既アップした7/27の岡山市禁酒会館での『我夢土下座(かむとげざ)コンサート』の祥報です。
まず、ご存じない方のために…、故笠木透さんを中心に結成されたフォークソングチームで英語のCome to gatherをもじって付けられたチーム名です。生活の中で歌を創り生活の中で歌うという『フィールドフォーク』ムーヴメントの中心的存在で、結成以来49年常に先頭を走り続けています。我がマウンテンゴリラも多大な影響を受けています。
今回のコンサートは、ホストの尾崎ツトムさんが毎月行われている「マンスリーライブ」の一環で『トリビュート 笠木透2019~1』と銘打って開催されました。
まずは尾崎さん率いる『尾崎ユニット』の演奏でスタート。山口県光市の上田達生さんを中心とした『凪の座』。休憩を挟んで『我夢土下座』の登場となりました。

岡山城
岡山城
ホテルと会館のすぐ傍に…隣接して岡山後楽園

禁酒会館
禁酒会館
詳細は以下のリンクから
https://okayama-kanko.net/sightseeing/sightseeing_area.php?id=61

会館の1階はカフェ
告知
そこにコンサートの告知が…

尾崎ユニット
尾崎ユニット1

尾崎ユニット2
地元で地に足の着いた活動をされていることが素晴らしくまた羨ましくもあり…

凪の座
上田さん
凪の座1
上田節はまだまだ健在です!
凪の座2
中村夫妻(ベース&ピアノ)

我夢土下座
我夢土下座1
今回はフルメンバーとはいかず(お二人欠席)でしたが…
我夢土下座2
余裕を感じる演奏と歌の数々…観客の心をとらえるMCも…
我夢土下座3
何とも言えないベテランの味と上手さを感じました!

打ち上げは各地からの参加者の歌の数々…
婦人部
我夢土下座&凪の座婦人部による『♪青い海』
マンゴリ
私たちも1曲『♪かがやき』を披露させていただきました(^^♪

新旧取り交ぜた選曲は、会場一体となってシングアウトしたり、じっくり聴き入ったり、時に笑ったりとあっという間の3時間が過ぎていきました。
北は北海道から南は福岡県(我々です)まで、色々な問題意識を持ちながら、それぞれが各地で歌を中心に様々な活動をされている方など60名余りが一堂に会しました。演奏者も客席も年齢層が高く、次の世代や無関心ともいわれるもっと若い世代にどう継承していくのか(いけるのか)が、これからの課題かなと改めて考えさせられました。
主催された尾崎さんをはじめ地元の皆さん本当にお世話になりありがとうございました。
この記事のURL | ライブ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キリシマミドリシジミ
2019/07/27(Sat)
7/25は、梅雨明け後初の八女市矢部村へ…
オオムラサキは空振りでしたが、ようやくキリシマミドリシジミと出会えました。

キリシマミドリシジミ♂(シジミチョウ科)
キリシマミドリシジミ♂yy190701
渓谷に張り出したカシの木先端の葉上に止まりましたが…遠いー!
キリシマミドリシジミ♂yy190702
翅表の緑色が少し見えています。
キリシマミドリシジミ♂yy190704
翅色がより見やすい場所へカメラを移動
キリシマミドリシジミyy190703
陽が射したり雲が広がったりするので、安定した開翅をしません。
キリシマミドリシジミyy170801
本来はこんな感じの金緑色です(比較のため過去画像を…)
キリシマミドリシジミ♀yy130701
メスも過去画像です。翅裏の色模様がオスとは全く違います。
前翅長20㎜。

カラスアゲハ(アゲハチョウ科)
カラスアゲハyy190701
ヤブカンゾウ(ススキノキ科)の花にやって来ました。
前翅長45~80㎜。

オオシオカラトンボ♂(トンボ科)
オオシオカラトンボ♂yy190701
成熟オスの体色になっています。
体長49~61㎜。

キボシカミキリ(カミキリムシ科)
キボシカミキリyy190701
ハルニレの幼木の葉裏をかじっていました。
体長1430㎜。

ラミーカミキリ(カミキリムシ科)
ラミーカミキリyy190703
ホストのカラムシ葉上に…
体長8~17㎜。

コクワガタ♂(クワガタムシ科)
コクワガタ♂yy190701
今年初クワガタでした。
体長17~52㎜。

ヒラタクワガタ♂(クワガタムシ科)
ヒラタクワガタ♂yy190701
連続でクワガタに出会う幸運!
体長39~61㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チョウといろいろな昆虫…鳥も…
2019/07/25(Thu)
梅雨が明けました。今年の梅雨はちょっと異常で、前半雨が無く後半は大雨と、生き物の観察も例年とは違った感じでした、

ヒメシロチョウ(シロチョウ科)
ヒメシロチョウhk190701
九州では阿蘇くじゅう地域でしか見ることができません。
ヒメシロチョウhk190702
ツルフジバカマ(マメ科)が幼虫の食草です。
環境省RDB絶滅危惧ⅠB類。
前翅長19~24㎜。

カラスアゲハ(アゲハチョウ科)
カラスアゲハat190701
ハンカイソウの花にやって来ました。
前翅長45~80㎜。

スジグロチャバネセセリ(セセリチョウ科)
スジグロチャバネセセリat190701
夏に現れるセセリチョウの一つ。
スジグロチャバネセセリat190702
よく似たヘリグロチャバネセセリより少し遅れて出現。
環境省RDB準絶滅危惧。
前翅長14~18㎜。

ヒメキマダラセセリ(セセリチョウ科)
ヒメキマダラセセリhk190701
2化目の出現にはまだ早いような…?
前翅長12~17㎜。

オオチャバネセセリ(セセリチョウ科)
オオチャバネセセリhk190701
全国的に数を減らしつつあるチョウです。
これも1化目の個体のようです。
前翅長16~21㎜。

ホソバセセリ(セセリチョウ科)
ホソバセセリat190701
これも夏のチョウです。
前翅長16~21㎜。

オオモモブトスカシバ♂(スカシバガ科)
オオモモブトスカシバat190701
ハチに擬態したガの仲間です。モフモフがいい感じ…!
開張36~39㎜。

(ナミ)オトシブミ♀(オトシブミ科)
オトシブミ♀yh190701
地元ではクリの葉、阿蘇ではハンノキの葉をよく巻いています。
オトシブミ♂at190701
オスのほうが首が長い
背中に雨粒を背負っています。
体長8~9.5㎜。

ヒメシロコブゾウムシ(ゾウムシ科)
ヒメシロコブゾウムシat190701
ウコギ科のシシウドやタラノキに付きます。
体長11~14㎜。

ヒメスジコガネ(コガネムシ科)
ヒメスジコガネat190701
ハンノキの葉に大量に付いていました。
体長13~20㎜。

アカスジキンカメムシ(キンカメムシ科)
アカスジキンカメムシat190701
木柵の柱の上にじっとしていました。
体長17~20㎜。

ミヤマアカネ(トンボ科)
ミヤマアカネ♂hk190701
翅に帯のあるアカネ(赤トンボ)の仲間です。
体長32~39㎜。

アキアカネ(トンボ科)
アキアカネat190701
盛夏を山で過ごし、秋に里へ下りてくるころにはオスの体は赤くなっています。
体長33~46㎜。

コサメビタキ(ヒタキ科)
コサメビタキat190701
幼鳥?が目の前の木に…
体長13㎝。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タテハチョウの仲間
2019/07/24(Wed)
チョウ類の再分類でテングチョウ科、ジャノメチョウ科、マダラチョウ科はタテハチョウ科に統一され亜科という位置づけになりました。
久しぶりに阿蘇の野草園に行ったらオカトラノオの花にヒョウモン類が無数に集まっていました。

ウラギンスジヒョウモン♀(ドクチョウ亜科)
ウラギンスジヒョウモン♀at190701
各地で数を減らしているチョウです。
ウラギンスジヒョウモン♀at190702
次種に比べ翅が丸っこいのが特徴です。環境省RDB絶滅危惧Ⅱ類。
前翅長28~37㎜。

オオウラギンスジヒョウモン♀(ドクチョウ亜科)
オオウラギンスジヒョウモン♀at190701
こちらはよく見かけます。
オオウラギンスジヒョウモン♀au190701
この仲間はどれもスミレの仲間が幼虫の食草になります。
前翅長34~43㎜。

ミドリヒョウモン(ドクチョウ亜科)
ミドリヒョウモン♂au190701
圧倒的多数を占めていました。
ミドリヒョウモンat190701
ツクシクガイソウの花に…
前翅長3140㎜。

ウラギンヒョウモン♀(ドクチョウ亜科)
ウラギンヒョウモン♀au190701
ハヤシミドリシジミを見た傍で…
前翅長27~36㎜。

サカハチチョウ夏型(タテハチョウ亜科)
サカハチチョウ夏型at190701
夏型の個体が出始めていました。
前翅長20~25㎜。

ホシミスジ(イチモンジチョウ亜科)
ホシミスジat190701
翅裏付け根の小さく黒い点々が分かりますか?
前翅長23~34㎜。

ジャノメチョウ(ジャノメチョウ亜科)
ジャノメチョウat190701
出始めでした。
前翅長28~42㎜。

ヒカゲチョウ(ジャノメチョウ亜科)
ヒカゲチョウhk190701
ここ(飯田高原)では普通に見られますが、私の地元では希少なチョウです。
前翅長25~34㎜。

サトキマダラヒカゲ(ジャノメチョウ亜科)
サトキマダラヒカゲau190701
ヤマとの判別が難しい…
前翅長26~39㎜。

キマダラモドキ(ジャノメチョウ亜科)
キマダラモドキat190701
出会う機会は少ないチョウです。
前翅長28~36㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カミキリムシ ②
2019/07/22(Mon)
色んなフィールドで見つけたカミキリムシたちです。

クスベニカミキリ(クスベニカミキリ族)
クスベニカミキリz190702
地元で3年振りに出会えました。リョウブの花に来たところをネットイン
クスベニカミキリz190703
撮影後リリースしました。福岡県RDBにも記載されています。ホストはクスノキ科
体長14.5~19㎜。

クワカミキリ(シロスジカミキリ族)
クワカミキリat190701
桑の木から落ちてきました。
体長32~45㎜。

ヒメヒゲナガカミキリ(ヒゲナガカミキリ族)
ヒメヒゲナガカミキリyy190701
生木、枯木問わず様々な樹に付きます。
体長9.5~18.5㎜。

トガリシロオビサビカミキリ(サビカミキリ族)
トガリシロオビサビカミキリz190701
フジの枯蔓によくいます。
体長12~16㎜。

ヤツメカミキリ(トホシカミキリ族)
ヤツメカミキリkrs190701
隣のサクラの葉上から飛んできました。
体長12~18㎜。

ラミーカミキリ(トホシカミキリ族)
ラミーカミキリyh190701
この画像中に4頭います。
ラミーカミキリz190701
オスです。ホストはカラムシやムクゲ。
体長10~15㎜。

ニセリンゴカミキリ(キクスイカミキリ族)
ニセリンゴカミキリz190701
ホストはスイカズラ。
体長11~18.3㎜。

ヘリグロリンゴカミキリ(キクスイカミキリ族)
ヘリグロリンゴカミキリau190701
ホストはヨモギやアザミ。
体長7.5~13㎜。

フタオビミドリトラカミキリ(トラカミキリ族)
フタオビミドリトラカミキリyy190701
ノリウツギなどの花や伐採木にやって来ます。
体長7.5~15㎜。

ヨツスジハナカミキリ(ハナカミキリ族)
ヨツスジハナカミキリat190701
ムラサキシキブの花にやって来ました。
体長12~20㎜。

日本には800種を超えるカミキリが生息するといわれていて、その形態や生息場所等も様々ですが、どれも樹や草花(生枯問わず)に依存している植食性です。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
梅雨時期の花
2019/07/21(Sun)
ジメジメと鬱陶しい梅雨。この時期山野を歩いていて出会う花たちは、一服の清涼剤のようです。

ツクシマツモト(ナデシコ科)
ツクシマツモトat190701
阿蘇の特産種で草原の中にぽつぽつと咲いていました。
ツクシマツモトat190702
環境省RDB絶滅危惧ⅠB類、熊本県希少野生動植物種。

クサレダマ(サクラソウ科)
クサレダマat190701
ツクシマツモトの近くにポツンと二株…
クサレダマat190702
腐れ玉ではなく草連玉の意味で、マメ科の木本類レダマ似た草本類という意味です。

ツクシクガイソウ(ゴマノハグサ科)
ツクシクガイソウat190701
これも阿蘇くじゅうの特産種。野草園にて。
環境省RDB絶滅危惧ⅠB類、熊本県希少野生動植物種。

アソノコギリソウ(キク科)
アソノコギリソウat190701
阿蘇の名を冠したノコギリソウの仲間。
葉がノコギリ状になっています。

キツリフネ(ツリフネソウ科)
キツリフネat190701
黄色のツリフネソウの意味で、
キツリフネat190702
花が船を吊り下げたような形状です。

クサフジ(マメ科)
クサフジat190701
フジの花のような形状の草本類(花は小さく可愛い)。

コマツナギ(マメ科)
コマツナギyh190701
駒(馬)を繋いでも千切れないほど根や茎が強いと言われます。

ヤマホトトギス(ユリ科)
ヤマホトトギスat190701
鳥のホトトギスの胸模様に紫斑が似ているということから命名。

ユウスゲ(キスゲ・ユリ科→ススキノキ科)
ユウスゲau190701
夕方に開花し翌朝には萎んでしまう花です。

シモツケ(バラ科)
シモツケat190701
ホシミスジ(タテハチョウ科)の食草となる木本類です。
シモツケat190702
花には色々な昆虫がやって来ます。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野の花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カミキリムシ ①
2019/07/20(Sat)
今日はカミキリムシの仲間を…
チョウを探す傍らカミキリムシも探していたんですが、2年振りや初見のカミキリと出会いました。

ルリボシカミキリ(ルリボシカミキリ族)
2年振りの再会でした。学名ロザリア、日本のシンボル甲虫と言われます。
ルリボシカミキリat190701

1頭目。以前から気になっていた材置き場に行ってみたところ数個体がやって来ました。
ルリボシカミキリat190702

2頭目。個体はみんな斑紋(黒星)が微妙に異なります。
ルリボシカミキリat190703

以下3枚は同一個体(3頭目)。アップした画像には5個体が写っています。
ルリボシカミキリat190704

ルリボシカミキリat190705

ルリボシカミキリat190706

4頭目。是非斑紋を見比べてください。
ルリボシカミキリat190707

5頭目。
ルリボシカミキリat190708
体長18~29㎜。

同じ場所には他にも…

キスジトラカミキリ(トラカミキリ族)
キスジトラカミキリat190701
好きなトラカミキリです。
キスジトラカミキリat190702
ある種のハチに擬態していて一見ハチに見えます。
体長10.5~18㎜。

ゴマダラカミキリ(ヒゲナガカミキリ族)
ゴマダラカミキリat190701
生木を食害するので果樹害虫と言われる普通種です。
体長25~35㎜。

ゴマフカミキリ(ゴマフカミキリ族)
ゴマフカミキリat190701
地味ですが初見のカミキリでした。
体長10~15㎜。

ナガゴマフカミキリ(ゴマフカミキリ族)
ナガゴマフカミキリat190701
こちらはよく見かける普通種です。
体長11~20㎜。

ヤツメカミキリ(トホシカミキリ族)
ヤツメカミキリat190701
目の前に飛んできました(サクラ材もありました)。
体長12~18㎜。

アトジロサビカミキリ(サビカミキリ族)
アトジロサビカミキリat190701
小さくて地味なカミキリです。
体長7~11㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シジミチョウ
2019/07/19(Fri)
久しぶりのブログ更新です(;^_^A
この間、阿蘇くじゅうや地元山間部を生き物求めて探索していました。
梅雨も末期で大雨が(台風も)心配です。
梅雨時期のチョウと言えばゼフィルスと呼ばれるミドリシジミの仲間です。
活動時間や生息場所が限定されるので出会うにはそれなりの知識や情報が必要になります。
すでにウラゴマダラシジミやミズイロオナガシジミはアップしていましたが、新規のアップです。

ハヤシミドリシジミ♂
ハヤシミドリシジミ♂au190701
阿蘇やくじゅうのいたる所にカシワの疎林が点在します。
ハヤシミドリシジミ♂au190702
そのカシワ(ブナ科)の葉を食草とするのがこのチョウです。
ハヤシミドリシジミ♂au190703
オスの翅表は緑青色に輝きます。
ハヤシミドリシジミ♂au190704
広い空間に面したカシワの葉上で翅を広げてテリトリーを張ります。
ハヤシミドリシジミ♂au190705

ハヤシミドリシジミ♀au190701
メスの翅表は地味です。
ハヤシミドリシジミ♀au190702
前翅長15~22㎜。

ウラミスジシジミ
ウラミスジシジミhk190701
別名ダイセンシジミというミドリシジミの仲間です。
ウラミスジシジミhk190702
翅裏の模様が好きです。食草はクヌギやコナラなどブナ科全般。
ウラミスジシジミhk190703
この日開翅しなかったので過去画像を…
前翅長14~21㎜。

ミズイロオナガシジミ
ミズイロオナガシジミau190701
この日行く先々で出会いました。食草はブナ科全般。
ミズイロオナガシジミhk190701
前翅長11~18㎜。

以下のシジミチョウ達は尾状突起がありますがミドリシジミの仲間ではありません。
でも好きなチョウたちです。

ミヤマカラスシジミ
ミヤマカラスシジミat190701
6月にアップしたカラスシジミより一か月ほど遅れて現れます。
ミヤマカラスシジミat190702
別個体です。食草はクロウメモドキ科。
前翅長18㎜前後。

トラフシジミ夏型
トラフシジミ夏型at190701
食草はフジやノイバラ、ウツギなど多岐にわたります。
前翅長16~21㎜。

ウラナミシジミ
ウラナミシジミat190701
秋に見かける機会が多いチョウです。
食草はマメ科。
前翅長13~18㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久しぶりの野鳥
2019/07/10(Wed)
しばらくブログをさぼっている間にセミが鳴き始めすっかり夏の様相を呈しています。
6月末から今月初めに見た鳥たちです。

ヤイロチョウ(ヤイロチョウ科)
ヤイロチョウyy190701
想定外の出会いにビックリでしたが、いかんせん鳥用のレンズではなかったので証拠写真止まり…
全長18㎝。矢部村。

ホオアカ(ホオジロ科)
ホオアカhrd190601
木のてっぺんで鳴く鳥が…ホオジロと思ったら鳴き声が違う…
ホオアカhrd190602
望遠レンズで覗くとホオアカでした。
全長16㎝。北九州市。

カッコウ(カッコウ科)
カッコウau190701
遠くの電線に…
全長35㎝。阿蘇。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |