FC2ブログ
3月の大授搦へ ②
2019/03/30(Sat)
大授搦のつづきを再開します。
今日は大型のシギ科の鳥たちです。

オオソリハシシギ
オオソリハシシギdk190301
嘴が長く上方に反っているのが特徴です。
オオソリハシシギdk190302
まだ数が少なかったです。
オオソリハシシギdk190303
渡りの季節を迎えてこれから増えていくでしょう。
オオソリハシシギdk190304

オオソリハシシギdk190305

オオソリハシシギdk190306
赤い夏羽に換わった個体が…、かなり遠かったので証拠写真止まりです。
全長41㎝。

ダイシャクシギ
ダイシャクシギdk190301
こちらは長い嘴が大きく下方へ湾曲しています。
ダイシャクシギdk190302
旅鳥ですが、ここでは越冬する個体も多いようです。
ダイシャクシギdk190303
一旦満潮になり、潮が引き始めたら次々に飛来しました。
ダイシャクシギdk190304
全長60㎝。

ダイシャクシギとホウロクシギdk190301
ダイシャクシギとホウロクシギが混じっています。

ホウロクシギ
ホウロクシギdk190301
ダイシャクシギによく似ています、
ホウロクシギdk190302
全体に茶色っぽく腹部と翼の下面も焦茶色(ダイシャクシギは白い)。
全長62㎝。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遅ればせながら春の花を…②
2019/03/30(Sat)
今日は木に咲く花を中心に…

コブシ(モクレン科)
コブシsk190301

コブシsk190302

コブシsk190303
この白い花も花期は短くすぐに色褪せていきます。

サクラ①(バラ科)
サクラsk190301
ソメイヨシノ?

サクラ②
サクラsk190302

サクラsk190303
種名が分かりません

サクラ③
サクラsk190304
カワズザクラかな?

モモ(バラ科)
モモsk190301

モモsk190302
濃いピンク色で良く目立ちます。

ネコノメソウ(ユキノシタ科)
ネコノメソウygd190301



ネコノメソウz190301
何となく猫の目に見えませんか?

ノアザミ(キク科)
ノアザミsk190301

ノアザミsk190302
早すぎる一輪を発見!

ハコベの仲間(ナデシコ科)
ハコベz190301
ハコベも似た種が多く、同定が難しい(;^_^A

ムラサキサギゴケ(ハエドクソウ科)
ムラサキサギゴケsk190301
一面に群生していると紫色の絨毯のようです。

フデリンドウ(リンドウ科)
フデリンドウz190301
春を代表するリンドウの仲間。まだちょっと早かった…

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野の花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遅ればせながら春の花を…①
2019/03/29(Fri)
大授搦はまだ続きますが、ちょっと時期を逃しそうなので、今月見つけた花たちをアップします。彼方此方で観たものが混ざっています。

オドリコソウ(シソ科)
オドリコソウz190301

オドリコソウz190302
子どもの頃、よく花弁を抜いて蜜を吸ってました。

カキドオシ(シソ科)
カキドオシygd190301
まだ背丈が低いですがこれからどんどん伸びていきます。

キュウリグサ(ムラサキ科)
キュウリグサygd190301
2~3㎜の可愛い小さな花です。葉や茎を揉むとキュウリの匂いがします。

コスミレ(スミレ科)
コスミレygd190301

コスミレygd190302
春早く咲き始めます。花色に変異が多いのも特徴です。

スミレ(スミレ科)
スミレz190301

スミレz190302

スミレz190303
何も付かないただのスミレです。学名スミレアンジュリカ。

タチツボスミレ(スミレ科)
タチツボスミレygd190301
これも花期は早い方です。

ナガバノタチツボスミレ(スミレ科)
ナガバノタチツボスミレygd190301
前種に比べ葉が長く葉先が尖ります。

ツボスミレ(スミレ科)
ツボスミレsk190301
白い小さなスミレ。別名ニョイスミレ。

ノジスミレ(スミレ科)
ノジスミレsk190301
平地では早くから咲いています。

シロバナタンポポ(キク科)
シロバナタンポポz190301
在来種のタンポポで、地元ではこれが普通種です。

タビラコ(キク科)
タビラコz190301
スッと伸びた茎の先に小さな黄色い花を付けます。
仲間のコオニタビラコは春の七草の「ホトケノザ」です。

ハハコグサ(キク科)
ハハコグサz190301
春の七草のひとつ「ゴギョウ」とはこれのことです。

タネツケバナ(アブラナ科)
タネツケバナygd190301
これを幼虫の食草とするツマキチョウにはまだ会えません。

ユリワサビ(アブラナ科)
ユリワサビz190301
ワサビに比べるとかなり小さな株です。

つづく…

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6VR
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月の大授搦へ ①
2019/03/26(Tue)
山神ダムのつづき(花など)もまだ残っているのですが…
先週末の土曜日(3/23)は、久しぶりに佐賀県にある有明海の干潟『大授搦』へ行ってきました。大潮で足元まで潮が満ちてくるほどの鳥見には最高の状況でしたが、鳥の種類は思ったほど見られませんでした。

クロツラヘラサギ(トキ科)
クロツラヘラサギdk190302

クロツラヘラサギdk190303
潮が満ちてすぐ傍の杭や柵の上に止まってくれました。
クロツラヘラサギdk190304
今年は例年以上の数(30羽以上)が越冬しているようです。
クロツラヘラサギdk190306
白い羽毛が黄色くなっているのは婚姻色です。
クロツラヘラサギdk190305

クロツラヘラサギdk190307

クロツラヘラサギdk190308

クロツラヘラサギdk190309

クロツラヘラサギdk1903010
顔が黒くない『ヘラサギ(トキ科)』が1羽混じっていました。
クロツラヘラサギとヘラサギdk190301

クロツラヘラサギとヘラサギdk190302
全長74㎝。ヘラサギ(右)はちょっと大きく86㎝。
しかし、いつ見てもユニークな嘴です!

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6

この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山神ダム再訪 ②
2019/03/23(Sat)
いよいよ昆虫シーズン到来でしょうか?今日はチョウを中心に…
20日に地元を回って撮ったチョウもアップします。

テングチョウ(タテハチョウ科)
テングチョウygd190301
暖かさに誘われて越冬個体が飛び回っていました。
前翅長19~29㎜。山神ダム。

アカタテハ(タテハチョウ科)
アカタテハygd190301
こちらも越冬個体です。
前翅長25~33㎜。山神ダム。

キタテハ(タテハチョウ科)
キタテハygd190301
これも越冬個体。
というように、タテハチョウの仲間は成虫越冬する種が結構います。
前翅長22~34㎜。山神ダム。

ヒオドシチョウ(タテハチョウ科)
ヒオドシチョウz190301
これは地元で出会った越冬個体で、翅がちょっと傷んでいます。
ヒオドシチョウz190302
のチョウは、初夏に羽化した新成虫が夏眠することで有名です。
ヒオドシチョウz190303
そういう意味でも前種に比べ出会うことは稀です。
ヒオドシチョウz190304
前翅長32~42㎜。清水山。

ルリシジミ(シジミチョウ科)
ルリシジミygd190301
蛹で越冬するので新成虫だと思われます。
前翅長12~19㎜。山神ダム。

コガタルリハムシ(ハムシ科)
コガタルリハムシygd190301
ハムシの仲間も動き出しましたが、まだイタドリハムシに出会いません。
全長5.5㎜前後。山神ダム。

ビロードツリアブ(ツリアブ科)
ビロードツリアブygd190301
早春に新成虫が活動を始めるスプリングエフェメラルの仲間です。
全長8~12㎜。山神ダム。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山神ダム再訪 ①
2019/03/20(Wed)
先週土曜日の夜は、恒例のバンド(マウンテンゴリラ)の練習で『漫娯狸庵』まで!
翌日午前中、同じ市内にある山神ダムを再訪しました。
念願のベニマシコにも会えました。帰途、小郡市の城山公園へ立ち寄ったところサクラが咲き始めていました。

セグロセキレイ(セキレイ科)留鳥
セグロセキレイygd190301
ダムに着いて、最初に出迎えてくれました!
全長21㎝。

キンクロハジロ♂(カモ科)冬鳥
キンクロハジロ♂ygd190301
遠くのダム湖上にいて中々近付いてきません。
全長44㎝。

ミヤマホオジロ(ホオジロ科)冬鳥
ミヤマホオジロ♂ygd190301
オスです
ミヤマホオジロ♂ygd190302
渡りが近付き、餌を摂るのに必死で人前にも出てくる頻度が増えました。

メスです
ミヤマホオジロ♀ygd190301
メスのほうが目つきが優しく感じます。
ミヤマホオジロ♀ygd190302
全長16㎝。

アオジ♀(ホオジロ科)冬鳥
アオジ♀ygd190301
ブッシュの中にいると保護色で目立ちません。
全長16㎝。

ウグイス♂(ウグイス科)留鳥
ウグイス♂ygd190301
どうしてオスだと分かったのか?答えは「ホーホケキョ」と囀っていたからです。
全長16㎝。

ベニマシコ(アトリ科)漂鳥
ベニマシコ♂ygd190301
オス
ベニマシコ♂ygd190303
2年振りにようやく出会えた赤い鳥!
ベニマシコ♂ygd190304
出会ったカメラマン(鳥見人)さんから出現場所の情報をいただきました。
ベニマシコ♂ygd190302
腹部の紅色が鮮やかです!

メス
ベニマシコ♀ygd190301
メスは地味ですが、こちらも優し気に見えます。
ベニマシコ♀ygd190302
全長15㎝。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
やぎたこライヴ
2019/03/19(Tue)
昨夜(3/18)は、久留米市の『Crossroad Café(クロスロード・カフェ)』での『やぎたこ(やなぎ&辻井貴子)』のライヴへ行ってきました。
友人・知人等からの様々な情報で、是非一度見たい!聴きたい!と思い続けていましたが、九州ツアーの一環で急遽久留米が決まったようです。久留米がなかったら20・21日の大分かなと思案していました。

もうすぐ始まる…ワクワク!
yagitako01.jpg

オープニングアクトはG&Gのお二人
yagitako02.jpg
S&Gのコピーデュオで、たぶん私と同年代かちょっと上とみましたが…?

さて、ライヴは予想以上に素敵なライヴでした。
マルチプレーヤーのお二人が様々な楽器を持ち替えながら歌うのは、
20世紀初頭から伝わるアメリカの伝統音楽(アイルランドを初めとした
ヨーロッパ音楽や、奴隷として連れてこられた黒人の中から生まれた
ブルースやゴスペル等、トラディショナル・フォークと呼ばれる音楽)の
数々が、オリジナルの成り立ちや思いをリスペクトし原語(英語)で歌われます。
しかし、そこには現代のそしてやぎたこの音楽センスが散りばめられ、
今はどこなのかいつなのかといった感覚に落ち入る不思議な時間でした。

オープニングはギター2台(ギブソン&マーチン)で…
yagitako03.jpg

yagitako04.jpg

ギター&フラットマンドリン
yagitako05.jpg

オートハープ&バンジョー
yagitako06.jpg
kotokotoハープ(日本人製作家:箕田さん作)
yagitako07.jpg
スズランのサウンドホールが可愛い
yagitako08.jpg

アコーディオン&ギター
yagitako09.jpg

yagitako10.jpg

マウンテンダルシマー&フレットレスバンジョー
yagitako11.jpg

yagitako12.jpg

再びオートハープ&バンジョー
yagitako13.jpg

オートハープ&フィドル
yagitako14.jpg

ラストはまだギター2台で…
yagitako15.jpg

帰りにはしっかりCDも2枚ゲット。特に『WE SHALL OVERCOME』という2枚組は、私の好きなミュージシャンたちとコラボし日本語で歌われるという、私的には羨ましくもある『凄い‼』CDです。
ジャケット表
yagitako16.jpg
ジャケット裏
yagitako17.jpg
九州ツアーはまだ大分が残ってます。
以下サイトを確認されて、会場に是非足を運んでみてください!
http://yagitako.a.la9.jp/schedule.html

最後に私のライヴのお知らせです。
4月5日(金)下記チラシのようにライヴをやります。
残席が残りわずかとなってきましたが、お時間ある方は是非コメント欄からお申し込みください!
ブログ用チラシ
会場は、筑後市志(船小屋・筑後広域公園側)にある「ジャングル・スープカレー(☎0942-52-5111ネット検索可)」です。入場料2000円でスープカレー食べ放題です!!
この記事のURL | ライブ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春が早い ②
2019/03/12(Tue)
今日は木に咲く花と野鳥や蝶を少し…

アセビ(ツツジ科)
アセビz190201
漢字で馬酔木と表し、馬も酔った様になるうという意味で有毒植物です。
アセビz190202
コツバメ(シジミチョウ科)幼虫はこの花の蕾を食べて育ちます。

イヌガシ(クスノキ科)
イヌガシz190201
ちょっと前に撮っていた画像ですが種名が分からず…
詳しい友人のN君に教えてもらいました。

アケビ(アケビ科)
アケビの蕾z190301
可愛い蕾を付けていました。

クサイチゴ(バラ科)
クサイチゴz190301
草のように見えますが小低木になります。
いわゆる野イチゴで、5月には甘い実になります。

ジョウビタキ♀(ヒタキ科)
ジョウビタキ♀z190201
そろそろ北国へ帰って行きます。

ルリビタキ♀タイプ(ヒタキ科)
ルリビタキ♀z190301
こちらは本州の高山などへ移動します。

ヤマガラ(シジュウカラ科)
ヤマガラz190201
こちらはパートナーを見つけて巣作りが始まります。

ルリシジミ(シジミチョウ科)
ルリシジミz190302
ナガバノモミジイチゴ(木苺)の花にやって来ました。
ルリシジミz190301
時折翅を広げます。

ベニシジミ(シジミチョウ科)
ベニシジミz190301
綺麗な新成虫です!

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
    1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6VR
    タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春が早い ①
2019/03/11(Mon)
久しぶりの『natureネタ』でのブログ更新です。
今年の冬は暖かい日が多かったためか、季節の進み具合が早いようです。
冬鳥たちはめっきり数が減り、春の草花が既に咲き誇っている場面にもよく遭遇します。
まずはスミレの仲間から…
スミレの仲間は、花の大きさや色、葉の形、花弁や茎の有毛・無毛で判別しますが経験が必要です。

ナガバノタチツボスミレ(スミレ科)
ナガバノタチツボスミレz190201
地元フィールドで春一番に見かけるコスミレは既に咲き終わったようで…
ナガバノタチツボスミレz190202
このスミレが咲いていました。葉が長く先が尖るのが特徴で名前の由来です。
ナガバノタチツボスミレz190301
花は薄紫色が普通ですが、稀に白化するものもあります。

ヒメスミレ(スミレ科)
ヒメスミレz190201
花が小さく1㎝もありません。
ヒメスミレz190301
花色は濃い紫色です。

ノジスミレ(スミレ科)
ノジスミレz190302
これも早くから咲き始めるスミレで、
ノジスミレz190303

ノジスミレz190301
生育場所によって花色に若干の変異が見られます。

ホトケノザ(シソ科)
ホトケノザz190302
春の七草のホトケノザ(コオニタビラコ)とは違います。
ホトケノザz190303

ホトケノザz190301
冬でも陽だまりで群生しています。

ムラサキケマン(ケシ科ケマンソウ属)
ムラサキケマンz190302
この花も今からが盛りを迎えます。
ムラサキケマンz190301
花をアップで…

オオイヌノフグリ(オオバコ科クワガタソウ属)
オオイヌノフグリz190301
これも春早くから陽だまりで群生している場面をよく見ます。
花は1㎝もありません。ヨーロッパ原産の外来種。

フラサバソウ(オオバコ科クワガタソウ属)
フラサバソウz190301
同じくヨーロッパ原産の外来種です。花は5㎜程。

タネツケバナ(アブラナ科タネツケバナ属)
タネツケバナz190301
春の七草のナズナ(ぺんぺん草)によく似ていますが種の形が違います。
ツマキチョウの食草になります。外来種のミチタネツケバナの可能性も…?!

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
    1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6VR
    タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
私の楽器コレクション~音で遊び音を遊ぶ ③
2019/03/01(Fri)
今日も子ども受けする楽器?の紹介です。

昔からアメリカの古い歌(マウンテンミュージックやカントリーブルース・ジャグバンド等)が好きで今も時々CDを引っ張り出しては聞いています。
その中で使われる楽器などを集めたり作ってみたりしました。
kazoo.jpg
サイレンホイッスル、口琴、カズ―(材質は様々)等です。
右の上から2番目の古いブリキ製カズ―が一番良い音がします。

カズ―(kazoo)
kazoo06.jpg
貧しくて楽器を買えない人たち(特に黒人の人たち)が、管楽器の音に似せて
kazoo04.jpg
水道管やブリキ板を巻いたもので作ったのが始まりです。
kazoo05.jpg
プラスティック製が多くなりましたが、ブリキ製の音は格別です。
kazoo01.jpg
これはamazonで見つけたアルミ製(部品をバラしたところ)。どれも数百円で購入できます。
kazoo02.jpg
上部の丸い穴の上に振動膜をセットして
kazoo03.jpg
完成!振動膜は消耗品でパラフィン紙が最適ですが…
kazoo07.jpg
太い方を咥えて声を出す(ハミングする?)だけという単純な仕組みです。
combkazoo.jpg
櫛とレジ袋の切れ端でも同様の音が出せます(クシカズ―)。
kazoo08.jpg
ジャグバンドの中ではメロディー楽器。

口琴(jawharp:ジョーハープ)
jharp01.jpg
Jaw(ジョー)とは顎のことで口に咥えて鳴らすので付いた名前です。
jharp02.jpg
アイヌの人たちのムックリ(竹製)も同じ原理です。
jharp03.jpg
歯で固定して指で弁(真ん中の飛び出た部分)を弾きます。
jharp04.jpg
上手い人は口のを窄めたり開いたり舌を動かしたりして
カズ―
上手にメロディを響かせます。

スライドホイッスル
sh.jpg
スライド棒を出したり引っ込めたりしてメロディを吹きます。
一番右は100円ショップで見つけたのですが…使えませんでした。
幼児でも音が出せるので子どもには大人気です!

ところで、4月初めに私のソロライブを計画中です。
近々ご案内いたします!
この記事のURL | 楽器 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
私の楽器コレクション~笛(ホイッスル)編
2019/03/01(Fri)
今日の楽器は笛たちです。

ティンホイッスル
ペニーホイッスルとも呼ばれるアイルランドの縦笛で、
アイリッシュ(ケルト)音楽の演奏に使われます。
ティンとはブリキのことで、元々はブリキ板を丸めて作られていました。
ペニーとは下位通貨の単位で、安価で買えることからそう呼ばれていました。
基本はD(ニ長調)管ですが、色々なキーがあり値段も1000円前後からあります。

マイ ホイッスル
th01.jpg
曲の調(キー)によって笛を使い分けます。
左から2番目と右端がC管、右から3番目がE管、他は全てD管です。
アルミやブラス、ステンレス、プラスティック…材質で音色が変わります。
前面に6穴のみで、息の強弱も加味して1オクターブ以上と音域が広がります。
th02.jpg
後面には穴がありません。


コカリナ
元々は「桜の樹でできたオカリナ」と呼ばれる東欧ハンガリーの民族楽器でした。
それを日本に紹介したフォークシンガーの黒坂正文(黒坂黒太郎)氏と木工家によって
楽器として生まれ変わりました。
特に1998年の長野オリンピックの会場作りの際切り倒された木々をコカリナとして生まれ
変わらせたことから広く知られるようになりました。
小さいことと木でできていることが命名の由来のようです。
小さなソプラノサイズから特大のバスコカリナまで作られ、
全国でコカリナサークルが結成されソロやアンサンブルで演奏されています。

マイ コカリナ
koka.jpg
左からバリトン(紫檀)、アルト(イタヤカエデ)他は全てソプラノでクルミ(ハンガリー製)、
トウカエデ、あんず、黒檀、紫檀。木の種類で音色が微妙に違います。

あんずのソプラノコカリナ
anzkoka03.jpg
我バンドが合宿等でお世話になっていたお寺の境内にあったあんずの樹。
anzkoka05.jpg
ある年の台風で倒れてしまい、それをコカリナとして復活させたものです。
anzkoka04.jpg
前面に4つ後面に2つ、計6つの穴を、両手の親指・人差し指、中指で塞いだり閉じたりして音階を構成します。
anzkoka02.jpg
基本はドから高音のレまでですが、熟練した奏者はその上下の音を出されます。
anzkoka01.jpg
キルトのケース(袋)が付いています。

ティンホイッスルもコカリナも最近は全く練習してなくて、
久ぶりに吹いてみたら指遣いがかなり怪しくなっていました。(;^_^A
ホイッスルを手にしたことからアイリッシュ音楽への興味もさらに深まり、CDもだいぶ買い漁りました。
笛もCDもネットで検索すると色々出て来ます。興味がある方は是非!
この記事のURL | 楽器 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |