FC2ブログ
新年第一弾は広域公園へ ①
2019/01/05(Sat)
2019年第1弾は、地元の筑後広域公園へ。
久しぶりに行ってみると、大楠林が昨年の水害でかなりの打撃を受けていて…通常は危険防止で立入禁止?正月だからほとんど人もいなくては入れたのかな…復旧が遅々として進んでいない様子でした。広大な広域公園の方はあまりにも奇麗に整備されていて生き物の気配がしない…?
お金の使い方をもう少し考えるべきではと思わずにはいられない光景でした。
そのんな状況でも何とか鳥たちに出会うことができました。

まずは楠林から…ここにはエノキの大木も結構あります。

ビンズイ(セキレイ科)漂鳥
ビンズイck190101
群れが鳴きかわしていたのですが、すぐに飛んで逃げます。
全長16㎝。

セグロセキレイ(セキレイ科)留鳥
セグロセキレイck190101
クモを捕まえたようです。
全長21㎝。

キセキレイ(セキレイ科)留鳥
キセキレイck190101
ここでの個体数は少なくいつも単独で見かけます。
キセキレイck190102
全長20㎝。

シメ(アトリ科)冬鳥または漂鳥
シメck190101
10羽ほどの群がエノキの実をついばんでいました。
シメck190102
警戒心が強いので少しずつ近付きます。
シメck190103
眼の周りから喉にかけて黒いのでちょっと強面に見えます。
シメck190104
全長19㎝。

ジョウビタキ(ヒタキ科)冬鳥
ジョウビタキ♀ck190101
メスです
ジョウビタキ♀ck190102

ジョウビタキ♂ck190101
こちらはオス
ジョウビタキ♂ck190102
全長15㎝。

ツグミ(ヒタキ科)冬鳥
ツグミck190101
楠林の中にはかなりの個体が渡ってきているようです。
全長24㎝。

シロハラ(ヒタキ科)冬鳥
シロハラck190101
例年に比べるとまだ個体数が少ないように感じます。
シロハラck190102
全長24㎝。

ハシボソガラス(カラス科)留鳥
ハシボソガラスck190101
ここではカササギやハシブトガラス、冬はミヤマガラスも観られます。
全長50㎝。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |