FC2ブログ
高良山へ
2018/08/29(Wed)
26日(日)は、久しぶりに高良山へ。
しかし、この日も残暑が厳しく虫の姿はほとんど無し…
数少ない中で見つけたチョウとトンボです。

シオカラトンボ♂(トンボ科)
シオカラトンボ♂ks18801
未成熟の個体です。
シオカラトンボ♂ks18802
体長47~61㎜。

ネキトンボ♂(トンボ科)
ネキトンボ♂ks18802
これも未成熟個体です。成熟個体は真っ赤になります。
ネキトンボ♀ks18801
体長39~48㎜。

トンボの仲間には未成熟の間は水辺を離れるものがあります。

ムラサキツバメ(シジミチョウ科)
ムラサキツバメks18801
地味ですが複雑な模様の翅裏です。翅表は紫がかっていました。
前翅長20~25㎜。

ヤマトシジミ(シジミチョウ科)
ヤマトシジミks18802
夏の?発生時期なのか多くの個体が飛び回っていました。
ヤマトシジミks18801
前翅長9~16㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
人権コンサート
2018/08/27(Mon)
8月25日(土)は、福岡市の板付公民館のお招きで、我がバンドマウンテンゴリラがコンサートを行いました。
人権講座のひとつとして「音楽を通して楽しみながら人権を考える。」という90分企画の講師?としてのライブです。
その時の様子です。

朝9:00過ぎからリハーサル
mongori18812.jpg
まだ声が起きていません…

10:00、主催者の公民館長さんのあいさつの後
mongori18801.jpg
「♪私に人生と言えるものがあるなら」でスタート。

mongori18811.jpg
「♪子豚の世界」で人権ならぬ豚権?を歌う!

mongori18809.jpg
唱歌「♪うみ」を戦時のエピソードを交えて…

mongori18803.jpg
いつもPAオペレーターをお願いしていたMさんが亡くなり…
mongori18805.jpg
会場もそう広くはないということで、久々のノーマイクでのコンサートです。
mongori18810.jpg
ハーモニカを吹く私です。

mongori18804.jpg
リードボーカルは一歩前で…「♪生命のバトン」かな…?

mongori18806.jpg
「♪くすのき」からエンディングへ…
mongori18807.jpg
最後は恒例の笠木透さん作詞の「♪ひとつぶの涙」

mongori18808.jpg
アンコールで「♪ほら みつけたよ」

会場に置かれた椅子が足りないくらいの来場者で、聴かれる皆さんの姿勢にも助けられながら、好評をいただき盛会のうちに終えることができました。
来場いただいた皆さんをはじめ、主催された公民館の職員の皆さんや遠路、阿蘇より足を運んでいただいたIさん、急遽カメラウーマンを引き受けてくれたKちゃん、本当にありがとうございました。
この記事のURL | ライブ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
樫原湿原へ ③
2018/08/22(Wed)
最後は昆虫たちです。

キイトトンボ(イトトンボ科)
キイトトンボ♂ks18801
レモンイエローが綺麗なオスのキイトトンボです。
キイトトンボ交尾態ks18801
交尾態を発見!
体長31~48㎜。

ベニイトトンボ♂(イトトンボ科)
ベニイトトンボ♂ks18801
前種に比べ少しほっそりしています。
体長32~43㎜。

クロイトトンボ♀(イトトンボ科)
クロイトトンボ♀ks18801
同定に悩んだのですが、たぶん間違いないでしょう。
体長29~38㎜。

モノサシトンボ♂(モノサシトンボ科)
モノサシトンボ♂ks18801
腹部の物差し紋がはっきり分かります。
体長39~50㎜。

ショウジョウトンボ♂(トンボ科)
ショウジョウトンボ♂ks18801
体色は真っ赤ですが、いわゆる赤トンボ(アカネ属)の仲間ではありません。
体長41~55㎜。

ハラビロトンボ♂(トンボ科)
ハラビロトンボ♂ks18801
ぽつんと1個体だけ発見。
体長33~42㎜。

マユタテアカネ♀(トンボ科)
マユタテアカネ♀ks18801
こちらは赤トンボ(アカネ属)の仲間ですが、メスなので真っ赤にはなりません。
体長30~42㎜。

キアゲハ(アゲハチョウ科)
キアゲハks18801
こちらもぽつんと止まっていました。
前翅長36~70㎜。

ジャコウアゲハ♀(アゲハチョウ科)
ジャコウアゲハ♀ks18801
食草のウマノスズクサ(有毒)が自生しています。
前翅長42~60㎜。

ナミルリモンハナバチ(ミツバチ科)
ナミルリモンハナバチks18801
ブルービーの愛称で有名。
ナミルリモンハナバチks18802
青や紫の花に来るというイメージでしたが…
ナミルリモンハナバチks18803
オミナエシ(黄色)とオトコエシ(白色)の花に来ました。
体長13~14㎜。

ハギルリオトシブミ(アシナガオトシブミ亜科)
ハギルリオトシブミks18801
まさか8月後半に出会うとは?!ハギ類の葉を巻きます。
体長3.1~4㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
樫原湿原へ ②
2018/08/21(Tue)
花のつづきです…

オミナエシ(オミナエシ科)
オミナエシks18801
漢字で女郎花、秋の七草のひとつです。
草丈60~100㎝。

オトコエシ(オミナエシ科)
オトコエシks18801
漢字で男郎花。こちらは白花です。
草丈60~100㎝。

サイヨウシャジン(キキョウ科)
サイヨウシャジンks18801
別名ナガサキシャジンとも言います。
サイヨウシャジンks18802
草丈60~100㎝。

シオン(キク科)
シオンks18801
野菊類の中で一番好きな花です!
草丈150㎝程にまでなる。

ヌマトラノオ(サクラソウ科)
ヌマトラノオks18801
よく似たオカトラノオに比べると花は直立する。
草丈40~70㎝。

ワレモコウ(バラ科)
ワレモコウks18801
目立たないけれどこの花のファンは多いです。
草丈30~100㎝。

キスゲ(ススキノキ科)
ユウスゲks18801
以前はユリ科だったと思いますが…
別名ユウスゲといい、花は夕方から開き翌朝には萎んでしまいます。
草丈100~150㎝。

モウセンゴケ(モウセンゴケ科)
モウセンゴケks18801
食虫植物のひとつで花は5㎜程しかありません。
根元にある葉で小昆虫などを捕まえる。
草丈20㎝前後。

タヌキモの一種(タヌキモ科)
ヒメタヌキモks18801
これも食虫植物で、水中に捕虫嚢を持つ。

ヒメミクリ?(ガマ科)
ヒメミクリks18801
ヒメが付かない種もあるのでどちらかな…?

ママコナ(ハマウツボ科)
ママコナks18801
下花弁の白い模様が米粒(ママコ)に似ていることからの命名。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
樫原湿原へ ①
2018/08/20(Mon)
2ヶ月半振りに樫原湿原へ出かけました。
ハッチョウトンボには会えませんでしたが、湿原の中や周りの草原は、
夏から初秋の花が真っ盛りでした。
まずは花から…

サギソウ(ラン科)
サギソウks18801
ここの夏を代表する花です。
サギソウks18802
この花を目当てに観光バスが来るようになりました。
サギソウks18803
本当に白サギが羽を開いたような可憐な花です。
サギソウks18804
花の大きさは2~3㎝。
サギソウks18805
草丈は15~50㎝。

ミズトンボ(ラン科)
ミズトンボks18801
サギソウほど目立ちませんが、これも貴重なランの仲間です。
ミズトンボks18802
草丈40~80㎝。

サワギキョウ(キキョウ科)
サワギキョウks18801
昨日アップしたミゾカクシの花に形がよく似ています。
サワギキョウks18802
同じミゾカクシ属なのです。
草丈50~100㎝。

コバギボウシ(キジカクシ科)
コバギボウシks18801
あちこちに群落を作っています。
コバギボウシks18802
草丈30~50㎝。

マアザミ(キク科)
マアザミks18801
この3つの花は上向きのままですが…
花が横や下向きに咲く様子からキセルアザミの別名があります。
草丈50~100㎝。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
盆休みは地元で…③
2018/08/19(Sun)
トンボ以外の生き物は少なかった…

ウラギンシジミ♂(シジミチョウ科)
ウラギンシジミ♂yh18801
この日はオスと出会いました。
ウラギンシジミ♂yh18802
汗の匂いがしたのか、私のズボンに…

ウラナミシジミ(シジミチョウ科)
ウラナミシジミyh18801
ここでも観られました。

ナガゴマフカミキリ(フトカミキリ亜科)
ナガゴマフカミキリyh18801
普通種ですが、今年は会う機会が少ない…

ミゾカクシ(キキョウ科)
ミゾカクシyh18801
ミゾカクシ属の多年草。平地でも田んぼや畑で観られます。
別名アゼムシロ。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
    1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
盆休みは地元で…②
2018/08/18(Sat)
チョウトンボ以外にも数種のトンボに出会いました。

ギンヤンマ♂(ヤンマ科)
ギンヤンマibi18801
いつも飛び回っているトンボですが…
ギンヤンマibi18802
暑さのためか止まっているシーンによく出会いました。
体長65~84㎜。

シオカラトンボ♂(トンボ科)
シオカラトンボ♂ibi18801
こちらも止まっているシーンばかり…
体長47~61㎜。

コシアキトンボ♂(トンボ科)
コシアキトンボ♂ibi18801
こちらはそこそこ飛び回っては止まるの繰り返し。
体長42~50㎜。

アオモンイトトンボ♂(イトトンボ科)
アオモンイトトンボ♂ibi18801
動いてくれないと存在に気付きにくい。
アオモンイトトンボ♀ibi18801
たぶん♀
体長30~37㎜。

以上、今福池。以下は麻生池。

クロイトトンボ♂(イトトンボ科)
クロイトトンボ♂yh1801
ここでは数が多い。
クロイトトンボ♂yh1802
体長27~36㎜。

ベニイトトンボ♂(イトトンボ科)
ベニイトトンボ♂yh18801
草むらの中ではこの紅色もあまり目立ちません。
体長32~43㎜。

モノサシトンボ産卵(モノサシトンボ科)
モノサシトンボyh18801
オスはメスの上に立って警護します。
体長38~51㎜。

オナガサナエ♂(サナエトンボ科)
オナガサナエ♂yh18801
池の岸のイロハモミジの葉上に…
オナガサナエ♂yh18802
体長58~66㎜。

コシアキトンボ♀(トンボ科)
コシアキトンボ♀yh18801
産卵後、木の枝へ移動。
体長40~48㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
    1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
    1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
    タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
盆休みは地元で…①
2018/08/16(Thu)
今年はほとんど仕事のお盆でした。
所要の合間を縫って、トンボを求めて地元の池を回りました。
しかし、例年にない猛暑の中トンボの数はかなり少なめでした。
朝夕の涼しい時間に動けなかったのが致命的だったかな…?

チョウトンボ(トンボ科)
ハスibi18801
13日はみやま市の今福池へ。ハスの花付も今ひとつでトンボも止まらない…
チョウトンボibi18801
少ないながらもどうにか2個体と出会えました。
チョウトンボibi18802
翅が幅広くチョウのようにひらひらと飛びます。
チョウトンボibi18803
太陽光の当たり具合で、翅が虹色に輝いたりします。
チョウトンボibi18804

チョウトンボibi18805

チョウトンボibi18806

チョウトンボibi18807
腹部を立てる(上方へ反らす)のは、
チョウトンボibi18808
直射日光の当たる範囲を少なくし体温の上昇を抑えるためだといわれます。
チョウトンボyh18801
14日は星野村の麻生池へ
チョウトンボyh18802
翅にクモの糸が絡まっているようです…
チョウトンボyh18803
体長31~42㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チョウを求めて…②
2018/08/15(Wed)
さて、今日はお待ちかね?のチョウです。

ウラギンシジミ♀(シジミチョウ科)
ウラギンシジミ♀as18801
普通種ですが翅裏の白(銀)が映える。
ウラギンシジミ♀as18802
オスの翅表は朱色が入ります。

ウラナミシジミ(シジミチョウ科)
ウラナミシジミas18801
昔は秋になるとたくさん見られたのですが、最近は数が減ったような…
ウラナミシジミas18802
ハギをホストにします。

トラフシジミ夏型(シジミチョウ科)
トラフシジミ夏型as18801
最初に行ったポイントで…目の前に降りて来ました。

ハヤシミドリシジミ(シジミチョウ科)
ハヤシミドリシジミkj18801
まだ残っていました。くじゅうのポイントにて…たぶんメス。

ミズイロオナガシジミ(シジミチョウ科)
ミズイロオナガシジミkj18801
こちらもまだ…前種と同じポイントで…
ミズイロオナガシジミkj18802
まさかゼフを2種も観られるとは…

サトキマダラヒカゲ(ジャノメチョウ亜科)
サトキマダラヒカゲas18801
これもくじゅうのポイント。

ツマグロキチョウ(シロチョウ科)
ツマグロキチョウas18801
各地で数を減らしています。食草のカワラケツメイ(マメ科)に…。

少ないながら甲虫の仲間も…

ゴマダラカミキリ(カミキリムシ科)
ゴマダラカミキリas18801
カミキリムシといえば、多くの人がこれをイメージする程の普通種。

センチコガネ(センチコガネ科)
センチコガネas18801
道路脇の側溝に落ちて瀕死の状態でした。

実は調査していたのはゴマシジミという絶滅危惧種のチョウで、
後日、この時の同行者が数個体とりあえずの無事を確認したそうです。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チョウを求めて…①
2018/08/14(Tue)
11日(土)は、とあるチョウの生息状況調査で阿蘇からくじゅうを終日探索しました。
目的のチョウは確認できたものの撮影は叶いませんでした。
貴重な(自生している)花にも出会えたのでまずは花から…

コオニユリ(ユリ科)
コオニユリas18801
緑の草原で大きなオレンジの花は目立ちます。

ノヒメユリ(ユリ科)
ノヒメユリas18801
前種に比べると花はかなり小さく径5㎝もありません。
ノヒメユリas18802
「ノ」が付かないヒメユリは花期がもっと早く上向きの花を付けます。

カワラナデシコ(ナデシコ科)
カワラナデシコas18801
阿蘇くじゅうでは至る所に自生しています。

ヤツシロソウ(キキョウ科)
ヤツシロソウas18803
たくさん自生していてビックリ!
ヤツシロソウas18801
キキョウの花は一輪ずつ別れて付きますが…
ヤツシロソウas18802
こちらは花の塊です。

サイヨウシャジン(キキョウ科)
サイヨウシャジンas18801
花は意外に小さい。

シロバナサイヨウシャジン
シロバナサイヨウシャジンas18801

シロバナサイヨウシャジンas18802
白花もありました。

バアソブ(キキョウ科)
バアソブas18801
婆に対して爺(ジイ)ソブ(ツルニンジンの別名)というのもあります。
ソブとはソバカスのことで花冠の裏の斑点を老婆のソバカスに例えた種名。

タチフウロ(フウロソウ科)
タチフウロas18801
これもたくさん咲いていました!
淡いピンクがなんとも風情があります。
タチフウロas18802
雨に濡れた花…

ワレモコウ(バラ科)
ワレモコウas18801
調査していたチョウは、幼虫の一時期をこの花に依存しているのです。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
阿蘇も暑かった…③
2018/08/08(Wed)
阿蘇の最後は、その他の昆虫や野草たちです。

ミヤマアカネ♂(トンボ科)
ミヤマアカネ♂at18801
オスが赤く色付いてきました。
ミヤマアカネ♂at18802
平地では稀な種です。
ミヤマアカネ♀at18801
メスは赤くなりません。
体長30~41㎜。

ヤブヤンマ♀(ヤンマ科)
ヤブヤンマ♀at18801
野草園の湿地の草陰で産卵していました。
ヤブヤンマ♀at18802
体長79~93㎜。

エサキモンキツノカメムシ(ツノカメムシ科)
エサキモンキツノカメムシat18801
小楯板のハートマークで人気のあるカメムシです。
体長10~14㎜。

カセンソウ(キク科)
カセンソウat18801
日当たりのより湿地草原に自生する多年草。
草丈50~80㎝。

カワラナデシコ(ナデシコ科)
カワラナデシコat18801
草原や河原に自生する多年草で秋の七草のひとつ。
草丈1m程になる。

キツネノカミソリ(ヒガンバナ科)
キツネノカミソリat18801
林縁や草原にしばし群生する。
シベが花冠より突き出すオオキツネノカミソリというのもあります。
草丈30~50㎝。

ホソバシュロソウ(ユリ科)
ホソバシュロソウat18801
地味だけど存在感のある花を付けます。
草丈60~80㎝。

シデシャジン(キキョウ科)
シデシャジンat18801
細裂した花弁が特徴の花。
シデシャジンat18802
草丈50~100㎝。

ヤツシロソウ(キキョウ科)
ヤツシロソウat18801
九州の山地に稀に自生する多年草で阿蘇でも稀。
草丈30~100㎝。この画像は野草園に植栽されたものです。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 観察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
阿蘇も暑かった…②
2018/08/07(Tue)
今日は立秋!とは名ばかりで連日猛暑が続いています。
阿蘇も山とは思えないほど暑かったですが、午後一時雨が降り、その後はちょっと涼しくなりました。
さて、今日はチョウの仲間です。
暑い中ではありましたが、色々なチョウが観られました。

ヒメシロチョウ(シロチョウ科)
ヒメシロチョウat18801
クサフジの花で吸蜜中。
ヒメシロチョウat18802
この日は多くの個体を観ることができました。
前翅長19~24㎜。

ツマグロキチョウ(シロチョウ科)
ツマグロキチョウat18801
数が少なく見かける機会は稀です。ちょっと遠かった…
前翅長16~22㎜。

キタキチョウ(シロチョウ科)
キタキチョウat18801
ゲンノショウコの花で吸蜜。
前翅長18~27㎜。

ダイミョウセセリ(セセリチョウ科)
ダイミョウセセリat18801
こちらもクサフジで吸蜜中。
前翅長15~21㎜。

ミヤマチャバネセセリ(セセリチョウ科)
ミヤマチャバネセセリat18801
色は地味だけど目(複眼)がカワイイ!
前翅長16~22㎜。

ヒメキマダラセセリ(セセリチョウ科)
ヒメキマダラセセリat18801
開翅すると見分けがつきにくい…
前翅長12~17㎜。

ツバメシジミ♂(シジミチョウ科)
ツバメシジミ♂at18801
きれいな翅のオスがいました。
ツバメシジミ♂at18802
開翅して綺麗なブルーを見せてくれました。
前翅長9~19㎜。

ベニシジミ(シジミチョウ科)
ベニシジミat18801
カセンソウの花で吸蜜。
前翅長13~19㎜。

コミスジ(タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科)
コミスジat18801
ちょっと大型の個体でした。
前翅長22~30㎜。

ミドリヒョウモン(タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ミドリヒョウモンat18801
ノリウツギの花に次々と訪れていました。
前翅長31~40㎜。

メスグロヒョウモン♀(タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
メスグロヒョウモン♀at18801
久しぶりにメスに出会いました。
メスグロヒョウモン♀at18802
オスは前種のようなヒョウモン模様ですが
メスグロヒョウモン♀at18803
メスは名前の通り黒を基調とした翅色になります。
前翅長30~40㎜。

ジャノメチョウ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ジャノメチョウat18801
通り雨を受けて葉上でじっとしていました。
前翅長28~42㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
阿蘇も暑かった…①
2018/08/06(Mon)
先週末の土曜日(8/4)は、久しぶりに阿蘇へ…
『8864の会』の観察会に参加しました。
会では、今年から「環境省自然環境局・生物多様性センター」が行っている『モニタリングサイト1000(重要生態系監視地域モニタリング推進事業)』(詳細はネット検索してみてください)に参加しており、今回もそれを兼ねてチョウをメインとした観察会となりました。
にもかかわらず、最初は甲虫の仲間からです。

アカハナカミキリ(ハナカミキリ亜科)
アカハナカミキリat18801
道路沿いのノリウツギの花に2個体見つけました。
アカハナカミキリat18802
体長12~22㎜。

イッシキキモンカミキリ(フトカミキリ亜科)
イッシキキモンカミキリat18801
高所のクワの葉裏に今年も無事に見つけた美麗種!
イッシキキモンカミキリat18804
産卵に来た個体…
イッシキキモンカミキリat18802
クワの葉上で…
イッシキキモンカミキリat18803
飛び立つ瞬間!腹部はオレンジ色だった。
イッシキキモンカミキリat18805
撮影のため捕獲(その後リリース)。さほど大きくありません。
イッシキキモンカミキリat18806
結構立派な顎をしています。美しくかっこ良い!
体長11~16㎜。

センノキカミキリ(フトカミキリ亜科)
センノキカミキリat18801
センノキ(ハリギリ)やタラノキなどウコギ科に付きます。
センノキカミキリat18802
交尾態。いずれもタラノキで…
体長15~40㎜。

(ヤマト)タマムシ(ルリタマムシ亜科)
ヤマトタマムシat18801
ヌルデの古木の幹を歩いていました。
ヤマトタマムシat18802
こちらは、エノキの倒木に…
体長25~40㎜。

ホタルハムシ(ヒゲナガハムシ亜科)
ホタルハムシat18801
ハギの葉にいた微小なハムシ。
体長3~4㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
この時期はやっぱり矢部村へ ④
2018/08/01(Wed)
矢部村の最期は甲虫の仲間です。
今年はルリボシカミキリは無理っぽいなぁ…

ハスジカツオゾウムシ(ゾウムシ科)
ハスジカツオゾウムシyy18701
定番(ホスト)のヨモギの葉上にいたペア。
体長11㎜前後。

ウスモンオトシブミ(オトシブミ科)
ウスモンオトシブミyy18701
キブシの葉でまだ見られます。
体長6.5~7㎜。

セマダラコガネ(コガネムシ科)
セマダラコガネyy18701
同定に悩みましたが、セマダラコガネの色彩変異個体ではないかと…。
体長8~13.5㎜。

ヨツスジハナカミキリ(カミキリムシ科)
ヨツスジハナカミキリyy18701
咲き始めたノリウツギの花にきたペア。
体長9~20㎜

ヘリグロリンゴカミキリ(カミキリムシ科)
ヘリグロリンゴカミキリyy18701
リンゴカミキリの中では小さい種。敏感ですぐに葉裏へ…
体長8~13㎜。

ラミーカミキリ(カミキリムシ科)
ラミーカミキリyy18701
平地では見つけにくくなりましたが山にはたくさんいました。
ラミーカミキリyy18702
体長8~17㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |