FC2ブログ
この時期はやっぱり矢部村へ ③
2018/07/31(Tue)
今日はトンボを中心に…

アキアカネ♂(トンボ科)
アキアカネ♂yy18702
アカトンボの定番種。
アキアカネ♂yy18701
暑い夏を山で過ごし、秋に体色が赤くなる頃里へ下りてきます。
全長32~46㎜。

ナツアカネ♂(トンボ科)
ナツアカネ♂yy18701
前種によく似ていますが胸部の黒い筋の形状等で見分けます。
全長33~43㎜。

ネキトンボ♀(トンボ科)
ネキトンボ♀yy18701
ネキは根黄で翅の付け根が黄色いところからきています。
アカネの仲間はメスはそれ程赤くなりません。
全長38~48㎜。

ミヤマサナエ♂(サナエトンボ科)
ミヤマサナエ♂yy18701
数個体見かけました。
全長50~59㎜。

ミンミンゼミ♀(セミ科)
ミンミンゼミ♀yy18701
弱っていたのか目の前に落ちてきました。
翅端まで57~63㎜。

セグロヒメツノカメムシ?(ツノカメムシ科)
カメムシyy18701
種名に自信なしです。
体長8㎜前後。

エダナナフシ(エダナナフシ亜科)
エダナナフシyy18701
大きな個体がクマイチゴの枝に…
体長70~95㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
この時期はやっぱり矢部村へ ②
2018/07/30(Mon)
今日もチョウのつづきをアップします!
色模様がよく似たチョウ3種から…

イチモンジチョウ(タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科)
イチモンジチョウyy18701
湯布院編でもアップしましたが…
イチモンジチョウyy18702
幼虫の食草はスイカズラです。
前翅長24~36㎜。

コミスジ(タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科)
コミスジyy18701
平地でも見られる普通種です。
コミスジyy18702
幼虫の食草はクズやフジなどマメ科。
前翅長22~30㎜。

サカハチチョウ夏型(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
サカハチチョウ夏型yy18702
夏翅は黒字に白い逆さ八の模様が特徴です。
サカハチチョウ夏型yy18701
イチモンジチョウを小さくした感じ…、食草はコアカソ。
前翅長24~36㎜。

アサギマダラ♂(タテハチョウ科マダラチョウ亜科)
アサギマダラ♂yy18701
今年も出会えた…渡りをするチョウとして有名。
アサギマダラ♂yy18702
ヒヨドリバナによく集まってきます。
幼虫は毒のあるガガイモ科植物を食べるので、成虫になっても体内に毒を持っています。
前翅長43~65㎜。

ウラギンシジミ(シジミチョウ科)
ウラギンシジミyy18701
クヌギの梢を飛び回ってオオムラサキに追いかけられていました。
食草はクズやフジなどの花や蕾。
前翅長19~27㎜。

スジグロシロチョウ(シロチョウ科)
スジグロシロチョウyy18701
吸水するスジグロシロチョウの傍へキタキチョウがやって来ました。
食草はアブラナ科のイヌガラシなど。
前翅長24~35㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
この時期はやっぱり矢部村へ ①
2018/07/29(Sun)
空いた時間に矢部村へチョウをメインに出かけました。
すでにシーズンを終えたのかキリシマミドリシジミには会えませんでしたが…
まずは、大型のチョウから…

カラスアゲハ(アゲハチョウ科)
カラスアゲハ♂yy18702
水が染み出た林道のあちこちで多くの個体が吸水していました。
カラスアゲハ♂yy18703
ちなみに給水するのは、ほぼオスです。
カラスアゲハ♂yy18701
前翅長45~80㎜。

オオムラサキ♂(タテハチョウ科コムラサキ亜科)
オオムラサキ♂yy18701
今年も出会えました!
オオムラサキ♂yy18702
日本の国蝶です。枝先で吸蜜中。
オオムラサキ♂yy18703
3頭のオスがテリトリーを争って追っかけ合いを繰り返していました。
オオムラサキ♂yy18704
枝先でテリトリーを見張るオス。
オオムラサキ♂yy18705
なぜか電線にもとまります。
オオムラサキ♂yy18706
見えにくかったのですが、翅表の青紫が奇麗です。
オオムラサキ♂yy18707
前翅長43~68㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
     タムンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
湯布院へ ②
2018/07/26(Thu)
今日はトンボを中心に…

ハグロトンボ♂(カワトンボ科)
ハグロトンボ♂yf18701
オスの腹部はエメラルドグリーンに輝きます。
ハグロトンボ♀yf18701
メスが水草に産卵していました。

ハラビロトンボ(トンボ科)
ハネビロトンボ♂yf18701
未成熟個体が多数!成熟オスの腹部はブルーから黒。
ハネビロトンボ♀yf18701
成熟メスは黄色になります。

ミヤマアカネ(トンボ科)
ミヤマアカネyf18701
アカネ(所謂アカトンボ)の仲間!
こちらも未熟個体

ナツアカネ(トンボ科)
ナツアカネ♂yf18701
こちらもアカトンボ(アカネ)の仲間。
アカトンボのオスは成熟すると真っ赤になるのが多い。

チャイロチョッキリ(チョッキリゾウムシ亜科)
チャイロチョキリyf18701
クリの木の葉にいるところを発見。
撮影後はリリース。

カナブン(コガネムシ科)
カナブンyf18701
緑色の個体はアオカナブン?

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
湯布院へ ①
2018/07/24(Tue)
昨年見つけたカミキリ達にもう一度会いたくて出かけましたが、前日までの天気とは打って変わって雨…。残念ながらカミキリは現れず…でした。
少ないながらも姿を見せてくれた昆虫たちです。

イチモンジチョウ(タテハチョウ科)
イチモンジチョウyf18701
すぐ近くに留まったので、間近で撮ることができました。
イチモンジチョウyf18702
翅裏の模様がキレイです!
イチモンジチョウyf18703
前翅長24~36㎜。

コチャバネセセリ(セセリチョウ科)
コチャバネセセリyf18701
好きなシルエットです。
前翅長14~19㎜。

ホソバセセリ(セセリチョウ科)
ホソバセセリyf18701
前種より見かける機会は少ないです。これも好きなセセリ!
前翅長16~21㎜。

ジャノメチョウ(ジャノメチョウ亜科)
ジャノメチョウyf18701
真横から撮ろうとしたら逃げられました。
前翅長28~42㎜。

カワラナデシコ(ナデシコ科)
カワラナデシコyf18701
草原の中に見つけた一輪!

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
子どもキャンパス2018 ③
2018/07/22(Sun)
ちょっと間が空きましたが、キャンパスの最後です。

2日目の朝はラジオ体操の後、メイン会場の周りを散策しました。

のどかな田園風景が広がります。
環境ck18701
ベージュ色の壁の建物がメイン会場の公民館。

ウスバカミキリ(フトカミキリ亜科)
ウスバカミキリck18701
前夜のセミの羽化観察中に飛んできた夜行性の大型カミキリです。

ゴマダラチョウ(タテハチョウ科)とシロテンハナムグリ(コガネムシ科)
ゴマダラチョウck18701
境内のカシの木の樹液に集まっていました。

イチモンジセセリ(セセリチョウ科)
イチモンジセセリck18701
朝陽を受けて日光浴中。

イタドリハムシ(ハムシ科)
イタドリハムシck18701
公民館の玄関をウロウロしていました。

アオモンイトトンボ?(イトトンボ科)
アオモンイトトンボ♀ck18701
メスの未成熟個体だと思われます。

カブトエビ(カブトエビ科)
カブトエビck18701
生きた化石と言われるカブトエビを参加者の男子が田んぼで見つけました。
カブトエビck18702
今回の大ヒット発見。
福岡県レッドデータブックでは絶滅危惧ⅠA類となっています。

ツユクサ(ツユクサ科)
ツユクサck18701
緑の中のブルーにホッと癒されます。

さて、来年は…?!

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 観察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
子どもキャンパス2018 ②
2018/07/20(Fri)
最初に観察したのは清水山です。
あまりの暑さに昆虫も休眠中なのか、見つけた種類も数も少なかったような気がします。
白いリョウブの花にチョウやカミキリの仲間が…

ウラギンシジミ♂(シジミチョウ科)
ウラギンシジミ♂ky18701
指先に乗っけてみました。

モンキアゲハ(アゲハチョウ科)
モンキアゲハz18701
リョウブの花にやって来た黒いアゲハチョウ3種の中のひとつ。
白く見える紋は死ぬと黄色くなるそうです。

カラスアゲハ(アゲハチョウ科)
カラスアゲハz18701
いろいろな色があるきれいなアゲハです。

ナガサキアゲハ♂(アゲハチョウ科)
ナガサキアゲハ♂z18701
尾状突起がないアゲハでオスは白い斑紋が消えます。

テングチョウ(タテハチョウ科)
テングチョウky18701
渓流辺に降りて来ました。

ビロウドハマキ(ハマキガ科)
ビロウドハマキz18701
昼間活動するきれいなガで右上先端が頭部です。

ニイニイゼミ(セミ科)
ニイニイゼミz18701
樹肌に同化しています。

サトジガバチ(ジガバチ科)
サトジガバチky18701
イモムシやクモなど、狩りをするハチの一種です。

ヨツスジトラカミキリ(カミキリ亜科)
ヨツスジトラカミキリky18701
リョウブの花に来たところを捕虫網でゲット!

オオヨツスジハナカミキリ(ハナカミキリ亜科)
オオヨツスジハナカミキリz18701
同じく網でゲット。上翅の紋は個体差があります。
オオヨツスジハナカミキリz18702
2匹目も…。撮影後リリースしました。

(ヤマト)タマムシ(タマムシ科)
タマムシky18701
落ちた枯れ枝の上を歩いていましたが、羽化不全の個体でした。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
子どもキャンパス2018 ①
2018/07/18(Wed)
今年の「ちくご子どもキャンパス『矢部川中流域の自然観察と体験』」は、小学1~6年生15名の参加のもと、一泊二日のプログラムで実施しました。
猛暑を考慮して途中プログラムの変更等もありましたが、事故や怪我もなく無事終了することができました。
詳細は『まちづくりネットワークちくご』のHPに近々掲載されると思いますので、当ブログでは観察した生き物をアップしていきたいと思います。
筑後広域公園に近い公民館をメイン(宿泊)会場に、清水山でも観察しました。
その中でもメインは『セミの羽化観察』、公民館が神社の境内にあり樹木もあり、遠くへ出かけることなく羽化を観察することができました。

クマゼミの羽化
クマゼミ幼虫ck18701
発見!
クマゼミ幼虫ck18702
18:00頃、ボランティアスタッフのS君が低いブロックの上を歩くクマゼミの幼虫を発見。
クマゼミ幼虫ck18703
まだ明るいので羽化できる安全な場所を求めて歩き回ります。
クマゼミ幼虫ck18704
最終的に神社の鳥居に登り始めました。
クマゼミの羽化ck18701
鳥居の天辺を行ったり来たりしていましたが、19:30頃ようやく場所が決定。
クマゼミの羽化ck18702
足場を固めて間もなく背中が割れ始めました。
クマゼミの羽化ck18703
割れ目がだんだん広がっていきます。
クマゼミの羽化ck18704
頭部が出て来ました。
クマゼミの羽化ck18705

クマゼミの羽化ck18706

クマゼミの羽化ck18707
翅も少し伸びて「天使の羽」状態です。
クマゼミの羽化ck18708

クマゼミの羽化ck18709
そのまま反り返りじっと動きません(この間が長い…)
クマゼミの羽化ck187010

クマゼミの羽化ck187011

クマゼミの羽化ck187013
ようやく体を起こし始め…
クマゼミの羽化ck187014
最後に尾端が抜けました。
クマゼミの羽化ck187015
そして翅に体液が送られ少しづつ伸びて(広がって)いきます。
クマゼミの羽化ck187016

クマゼミの羽化ck187017
時計を見ると20:30を過ぎていました。
クマゼミの羽化ck187018

クマゼミの羽化ck187019
翅も伸びセミの形になったので観察はここで終了。
クマゼミ♂ck18701
翌朝、別の場所で朝方羽化したのか、飛び立つ前のクマゼミを発見!

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3、オリンパスTG-3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
この記事のURL | カメムシ目 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いよいよ夏だ~③
2018/07/14(Sat)
明日から1泊2日で「ちくご子どもキャンパス『矢部川中流域の自然観察と体験』」本番です。今日もちょこっと宿泊会場(公民館)で準備してきました。
どんな子どもたちが参加するのか…毎年のことながらワクワクとドキドキが交錯しています。

ということで、イベント前に昨日のつづきの最期を…

ウグイスナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
ウグイスナガタマムシyy18701
アカメガシワの伐採木に…
ウグイスナガタマムシyy18702
微小なアリと比べても…小さい。
体長4~7㎜。

ナガゴマフカミキリ(フトカミキリ亜科)
ナガゴマフカミキリyy18701
普通種ですが、今年は中々会えなかったカミキリです。
ナガゴマフカミキリyy18702
体長13~21㎜。

ヒメヒゲナガカミキリ(フトカミキリ亜科)
ヒメヒゲナガカミキリky18701
長い触角が目立ちます。
体長10~18㎜。

ラミーカミキリ♀(フトカミキリ亜科)
ラミーカミキリ♀yy18701
カラムシの葉にたくさんいましたがすぐに飛んで逃げます。
ラミーカミキリ♂yy18701

体長8~17㎜。

ヒメトラハナムグリ(トラハナムグリ亜科)
ヒメトラハナムグリky18701
リョウブの花に来た個体。
ヒメトラハナムグリyy18701
伐採木に産卵に来た個体。
全長8~13㎜。

カオジロヒゲナガゾウムシ(ヒゲナガゾウムシ亜科)
カオジロヒゲナガゾウムシyy18701
材置き場にひっそりと…
体長7~9㎜。

アオゴミムシの一種(アオゴミムシ亜科)
アオゴミムシyy18701
アトモンかアトボシか…??
体長15㎜弱。

エダナナフシ(エダナナフシ科)
エダナナフシky18702
大きな成虫でした。
体長100㎜前後。

ヒメアトスカシバ交尾態(スカシバガ科)
ヒメアトスカシバky18701
ハチに見えますがガの仲間です。
開長21~29㎜。


カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いよいよ夏だ~②
2018/07/12(Thu)
大雨の後の林道の水溜り(水流)でオオシオカラトンボが産卵行動をしていました。

オオシオカラトンボ(トンボ科)
オオシオカラトンボyy18701
メスが水面に尾端を打ち付けて産卵します。
オオシオカラトンボ♀ky18701
オスが近くで警護飛翔をしています。
オオシオカラトンボ産卵ky18701
フラッシュを使ってオスの飛翔を写し止めてみました。
オオシオカラトンボ♂ky18701

オオシオカラトンボ♂ky18702
全長51~61㎜。

コオニヤンマ(サナエトンボ科)
コオニヤンマyy18701
ヤンマと付きますがサナエトンボの仲間です。
全長75~93㎜。

イチモンジセセリ(セセリチョウ科)
イチモンジセセリyy18701
よく見かけるセセリチョウです。
前翅長15~21㎜。

トラフシジミ夏型(シジミチョウ科)
トラフシジミky18701
リョウブの花にやって来ました。
前翅長16~21㎜。

ツバメシジミ♀(シジミチョウ科)
ツバメシジミ♀ky18701
メスは翅表が黒っぽくなります。
前翅長9~19㎜。

ルリシジミ(シジミチョウ科)
ルリシジミky18701
小さな花(不明種)にとまりました。
前翅長12~19㎜。

ヒメハルゼミ♂(セミ科)
ヒメハルゼミyy18701
これは矢部村で鳴き声を頼りに見つけました。
ヒメハルゼミyy18702
体長24~28㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いよいよ夏だ~①
2018/07/11(Wed)
大雨の後は暑いくらいの青空で昨日こちらは梅雨明けしました。
いよいよ本格的な夏の到来です。そして今週末は『ちくご子どもキャンパス』開催!
その前に、先々週~先週末の記録をアップします。

イヌビワシギゾウムシ(ゾウムシ亜科)
イヌビワシギゾウムシyy18701
私の好きなシギゾウの一種で、イヌビワの実をホストにします。
イヌビワシギゾウムシyy18702

イヌビワシギゾウムシyy18703
葉裏にいた個体。
イヌビワシギゾウムシky18701
産卵のために実に穿孔中のメスに交尾を仕掛けるオス。
イヌビワシギゾウムシky18702
私の人差し指と比べると小ささが分かると思います。
体長3.3~4.5㎜。

マスダクロホシタマムシ(ルリタマムシ亜科)
マスダクロホシタマムシky18701
目の前を飛んで横切る虫が…
マスダクロホシタマムシky18702
ナガタマムシの仲間だと思って掴んだら…
マスダクロホシタマムシky18703
マスダのクロホシちゃんでした。
マスダクロホシタマムシky18704
こちらも意外と小さい虫です。
体長7~13㎜

(ナミ)オトシブミ♀(オトシブミ亜科)
オトシブミ♀yy18701
クヌギの葉上に…
体長8~9.5㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アサカミキリの周辺で…②
2018/07/05(Thu)
一昨日のつづきです…

アオバネサルハムシ?(サルハムシ亜科)
ハムシhd180601
アサカミキリの傍に微小なハムシが…
ハムシhd180602
体長3~4.5㎜。

コフキゾウムシ(クチブトゾウムシ亜科)
コフキゾウムシhd180601
クズの葉上にまだ青色が残った個体。
コフキゾウムシhd180602
交尾態のメスを奪おうとするオス。
体長3.6~7.5㎜。

シロコブゾウムシ(クチブトゾウムシ亜科)
シロコブゾウムシhd180601
こちらもクズの葉にいたのでしょう…
体長13~15㎜。

ハスジカツオゾウムシ(カツオゾウムシ亜科)
ハスジカツオゾウムシhd180601
ヨモギでよく見られます。
体長9~14㎜。

ブドウハマキチョッキり(チョッキリゾウムシ亜科)
ブドウハマキチョッキりhd180601
ブドウ科の葉を巻く渋美しいチョッキり。
ブドウハマキチョッキりhd180602
体長5㎜。

ムネアカナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
ムネアカナガタマムシhd180601
エノキの幼木の枯れた部分に…
体長7~11㎜。

センチコガネ(センチコガネ科)
センチコガネhd180601
道の真ん中を歩いていました。
体長14~20㎜。

ツマキアオジョウカイモドキ(ジョウカイモドキ科)
ツマキアオジョウカイモドキhd180601
長ったらしい名前ですが見たままの表現ですね。
体長5~6㎜。

アカスジカメムシ(カメムシ科)
アカスジカメムシhd180601
ここでもたくさんの個体を見かけました。
体長10~12㎜。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『子どもキャンパス』観察場所の下見
2018/07/04(Wed)
今月14~15日(土日)は、恒例となった所属するNPO「まちづくりネットワークちくご」主催の『ちくご子どもキャンパス~矢部川中流域の自然観察と体験~』を実施します。
今年は福岡県内の小学生15名が参加予定です。
そこで、1日(日)午前中は清水山へ下見に行きました。
なお、当日手伝っていただくボランティアを募集しています。興味を持たれた方はコメント欄よりお問い合わせください。年齢・性別は問いません。宿泊可能な方大歓迎!!

コアオハナムグリ(コガネムシ科)
コアオハナムグリky18701
アジサイの花の上に…

トゲアシクチブトゾウムシ(ゾウムシ科)
トゲアシクチブトゾウムシky18701
砂粒のようなゾウムシが石柱の上にちょこんといました。

ヨツスジハナカミキリ(カミキリムシ科)
ヨツスジハナカミキリky18701
咲き始めたリョウブの脇の下草の上に…

ホソキリンゴカミキリ(カミキリムシ科)
ホソキリンゴカミキリky18701
ここにもホストのハギがたくさんありました。

ナガヒラタムシの一種(ナガヒラタムシ科)
ナガヒラタムシky18701
暗い林道脇の草の上に地味~な甲虫が…

シモフリクチブトカメムシ(カメムシ科)
シモフリクチブトカメムシky18701
肩部のトゲがカッコいい!

エダナナフシ(エダナナフシ科)
エダナナフシky18701
ナナフシは触角が短いですがこちらは長い。

キタキチョウ交尾態(シロチョウ科)
キタキチョウky18701
ひらひらと飛んで来て近くの草にとまりました。

ゴマダラチョウ(タテハチョウ科)
ゴマダラチョウky18701
今年初のような気がします。

ウラギンシジミ(シジミチョウ科)
ウラギンシジミ♂ky18701
オレンジの翅表がきれいなオスです!メスは翅表の色が青白になります。

ベニシジミ(シジミチョウ科)
ベニシジミky18701
夏型をたくさん見かけるようになりました。

アサヒナカワトンボ♂(カワトンボ科)
アサヒナカワトンボ♂yy18701
もうすぐ見られなくなります。

モノサシトンボ(モノサシトンボ科)
モノサシトンボky18701
未成熟の個体です。ここでは初見。

ネジバナ(ラン科)
ネジバナky18701
この時期花が少ないのですが、空き地にたくさん咲いていました。

さて、本番当日は子供たちがどんな生き物を見つけてくれるのか…
梅雨明けを待ちわびながらも、とても楽しみです!

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 観察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アサカミキリの周辺で…①
2018/07/03(Tue)
アサカミキリを観に行った時、他にも色々な虫や花を見つけました。

カキラン(ラン科)
カキランhd180601
柿色をしたランという意味です。
久しぶりに見ました。

タカサゴソウ(キク科)
タカサゴソウhd180601
普通に見かけるよく似たヤクシソウは黄色い花を付けます。

オカトラノオ(サクラソウ科)
オカトラノオhd180601
色んなチョウが集まって来るのですが…いなかった…

サイヨウシャジン(キキョウ科)
サイヨウシャジンhd180601
早めに咲いていた一株。
サイヨウシャジンhd180602
花をアップで…

タイリクアカネ(トンボ科)
タイリクアカネ♀hd180601
赤トンボの仲間です。

ショウジョウトンボとコシアキトンボ(トンボ科)
ショウジョウトンボ♂とコシアキトンボ♂hd180601
ショウジョウトンボは赤くても赤トンボの仲間ではありません。

キマダラセセリ(セセリチョウ科)
キマダラセセリhd180601
アカメガシワの花に…

トラフシジミ夏型(シジミチョウ科)
トラフシジミ夏型hd180601
すでに翅がボロボロです。

ベニシジミ夏型(シジミチョウ科)
ベニシジミhd180601
普通種ですが綺麗なチョウです。

モンシロチョウ(シロチョウ科)
モンシロチョウhd180601
山にも関わらずスジグロよりこちらの方が多かったです。

バッタ幼虫(科)
バッタ幼虫hd180601
蝋細工のような綺麗なバッタの幼虫を見つけました。
バッタ幼虫hd180602
イナゴの仲間でしょうか?

カメラ:ニコンD7100
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ブッポウソウ
2018/07/02(Mon)
久しぶりに野鳥をアップします。
この間、アオバズクも探しに行ったのですが、数年前まで営巣していたクスの大木がある神社には、
4年連続で営巣せずという悲しい結果…
昨日は、今年初のブッポウソウの様子見(兼虫探し)に…。こちらは今年も無事番(つがい)を確認することができました。

ブッポウソウ(ブッポウソウ科)
ブッポウソウyy18702
環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧種に指定されています。
ブッポウソウyy18708
ダムなどの水辺の森(大木)に営巣する(人工物を利用することもある)夏鳥(渡り鳥)。
ブッポウソウyy18701
飛び立った瞬間。
ブッポウソウyy18703
毛づくろい
ブッポウソウyy18704
青緑色の体に赤い嘴と脚が映えます。
ブッポウソウyy18705
車中から撮ったので結構近くまで来てくれました。
ブッポウソウyy18707
大きな口でトンボなどの昆虫を飛びながら捕まえます。
ブッポウソウyy18706
全長29㎝。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |