秋の渡り ①
2017/09/28(Thu)
ちょっと遅くなりましたが、改めて先日の大授搦(佐賀県)の鳥たちをアップします。
まだ鳥の種類も数もいつも程多くはありませんでした。

シギチの群れ
シギチの群れdk17001

シギチの群れdk17002
時々大群が飛び立ってはまた戻って来ます。

アオアシシギ(シギ科)
アオアシシギdk17001

アオアシシギdk17002
スマートなスタオイルが目立つシギです。

アカアシシギ(シギ科)
アカアシシギdk17001
名前の通り脚が赤い。数は少ないようです。

オオソリハシシギ(シギ科)
オオソリハシシギdk17001

オオソリハシシギdk17002
長い嘴が上方に反っている大型のシギ。

オグロシギ(シギ科)
オグロシギdk17001
前種に似ていますが、尾羽が黒いのが特徴です。

オバシギ(シギ科)
オバシギdk17001

オバシギdk17002
以前ここで大群に出会ったことがあります。

コオバシギ(シギ科)
コオバシギdk17001

コオバシギdk17002
こちらは数が少ないようです。

カワウ(ウ科)
ウdk17001
海辺にいたのですがカワウでしょう。

シオマネキ(スナガニ科)
シオマネキdk17001
干潟の上に目をやると…。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久しぶりにシギチを
2017/09/24(Sun)
鳥たちの秋の渡りの時期を迎え、今日は久しぶりに佐賀の大授搦(有明海)へ様子を見に行ってきました。
詳細は少しずつアップしていきますので、さわりを少し…

アオアシシギ
アオアシシギ

オバシギ
オバシギ

ダイシャクシギ
ダイシャクシギ

ダイゼン
ダイゼン

ハマシギ
ハマシギ

メダイチドリ
メダイチドリ

他にも色々いましたのでつづきをお楽しみに!


この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アオイトトンボ
2017/09/24(Sun)
今日(9/23)は、そろそろ出ているだろうということで隣市の溜池へ出かけました。
曇り空でトンボの数は少なかったのですが、目的は果たせました。

アオイトトンボ(アオイトトンボ科)
アオイトトンボ♂ii1701
秋が活動の最盛期となります。
アオイトトンボ♂ii1702
今日観たのはオスばかりでした。
アオイトトンボ♂ii1703
特徴その1、翅を半開にして止まる。
アオイトトンボ♂ii1704
特徴その2、オスの胸部は白粉を帯びる。
アオイトトンボ♂ii1705
特徴その3、濃いブルーの複眼。

アオモンイトトンボ(イトトンボ科)
アオモンイトトンボ♂ii1701
メスも見かけたのですが…
アオモンイトトンボ♂ii1702
撮れたのはオスばかり…

ウスバキトンボ(トンボ科)
ウスバキトンボ
今日観たのはこの1頭のみ。

ショウジョウトンボ♂(トンボ科)
ショウジョウトンボ♂ii1701
これもこの1頭のみ。

ベニシジミ(シジミチョウ科)
ベニシジミii1701
普通種ですが改めて観ると中々綺麗!

ヤマトシジミ(シジミチョウ科)
ヤマトシジミii1701
こちらも普通種。

ナガサキアゲハ♀(アゲハチョウ科)
ナガサキアゲハ♀ii1701

ナガサキアゲハii1702
満開のヒガンバナにやって来ました。

ヤホシホソマダラ(マダラガ科)
ヤホシホソマダラii1701
右がオスです。

クモヘリカメムシ(ホソヘリカメムシ科)
クモヘリカメムシii1701
個体数は多いようです。

コガタスズメバチ(スズメバチ科)
コガタスズメバチii1701
ヤブガラシの花に…秋は要注意です!

キセキレイ(セキレイ科)
キセキレイii1701
突然目の前に現れました!

ツルボ(ユリ科からキジカクシ科へ変更)
ツルボii1701
畑の畔などに普通に観られる可愛い花です。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イトトンボなど…
2017/09/18(Mon)
ちょっと体調不良があったのと台風などでフィールドへ出られない日々が続きました。
少し前に行った星野村のトンボたちを中心にアップします。

コサメビタキ(ヒタキ科)
コサメビタキyh1701
そろそろ南の国へ渡って行きます。

オグラコウホネ(スイレン科)
オグラコウホネyh1701
福岡県指定天然記念物となっています。ここの池では群生しています。

アオモンイトトンボ(イトトンボ科)
アオモンイトトンボyh1701
オグラコウホネの花で交尾中のペアを発見!
アオモンイトトンボyh1702
こちらは岸辺の植物の葉で…

クロイトトンボ♂(イトトンボ科)
クロイトトンボ♂yh1701
交尾態も見かけたのですが逃げられました。

ベニイトトンボ♂(イトトンボ科)
ベニイトトンボ♂yh1701
こちらはメスを見つけられず。

モノサシトンボ♂(モノサシトンボ科)
モノサシトンボ♂yh1701
ここではよく見られます。
モノサシトンボyh1701
こちらは交尾態。
ハート型が分かりやすい。

タイワンウチワヤンマ♂(サナエトンボ科)
タイワンウチワヤンマ♂yh1701
ヤンマと付いてもサナエトンボの仲間です。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
9月はじめの生き物 ②
2017/09/08(Fri)
阿蘇の後編です。
鳥たちの秋の渡りが始まっています。

エゾビタキ(ヒタキ科)
エゾビタキat1701
北から南の国へ渡っていく途中の個体がたくさん飛び回っていました。

オオルリ若♂(ヒタキ科)
オオルリ♂at1701
羽が青味を帯びているのでオスと確認できます。
来年綺麗な青色になって無事帰ってきてほしいものです。

ミドリヒョウモン♂(タテハチョウ科)
ミドリヒョウモン♂at1711

ミドリヒョウモン♂at1712
夏を越して活動再開!

サトキマダラヒカゲ(タテハチョウ科)
サトキマダラヒカゲat1711
たくさん飛びまわっていました。

ツバメシジミ♂(シジミチョウ科)
ツバメシジミ♂at1701
割ときれいな個体です。

ナツアカネ♂(トンボ科)
ナツアカネ♂at1701
こっち向いてホイッ!
だいぶ赤味が増してきました。

アカスジカメムシ(カメムシ科)
アカスジカメムシat1702
シシウドの花や茎にたくさん見られました。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 自然 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
9月はじめの生き物 ①
2017/09/05(Tue)
9月最初は阿蘇編です。
2日の『8864の会』は仕事の都合で参加できませんでしたが、翌3日に阿蘇へ出かけました。
南阿蘇へのルートが開通しアクセスがちょっと楽になりました。

まずは甲虫たちです。
9月になり見られる甲虫の仲間もだんだん減っていきます。

タマムシ(タマムシ科)
タマムシat1705
まだまだ健在で、飛び回る個体もいました。
タマムシat1706
体長25~40㎜。

シラホシナガタマムシ(タマムシ科)
シラホシナガタマムシat1705
こちらもまだ見られました。
シラホシナガタマムシat1706
体長9~14㎜。

アシナガオニゾウムシ(ゾウムシ科)
アシナガオニゾウムシat1705
オスの長い前脚が特徴的!
アシナガオニゾウムシat1706
体長12㎜前後。

トゲトゲクロサルゾウムシ(ゾウムシ科)
トゲトゲクロサルゾウムシat1701
ゲンノショウコ(フウロソウ科)の花にいた微小なゾウムシ。
トゲトゲクロサルゾウムシat1702
体長2.6~3.2㎜。

ヤノトラカミキリ(カミキリムシ科)
ヤノトラカミキリat1705
模様がよく似たハチが近くにいました。
ヤノトラカミキリat1706
体長15~19㎜。

アカジマトラカミキリ(カミキリムシ科)
アカジマトラカミキリat1701
この日の目的種に何とか遭遇。
アカジマトラカミキリat1702
秋に出現するカミキリです。
アカジマトラカミキリat1703
生息地は限られるようです。
アカジマトラカミキリat1704
シシウドの白い花に赤と黒のコントラストが映えます。
アカジマトラカミキリat1705
1ペアと単独、計3個体を確認。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |