阿蘇から地元山間部へ ①
2017/07/04(Tue)
7月最初の土曜日(1日)は、暗いうちから家を出て阿蘇へ。ミドリシジミ(ゼフィルス)の仲間狙いです。その後は恒例の『8864の会』の観察会に参加。色々な昆虫に出会い夜遅く帰宅しました。
翌2日も早起きの予定でしたが、寄る年波には勝てずちょっと出遅れて矢部村(八女市)へ。チョウよりもカミキリ中心で甲虫の仲間を観察。
2日分を種ごとに分けてアップしていきます。
まずは、チョウの仲間です。

ハヤシミドリシジミ♂(シジミチョウ科)
ハヤシミドリシジミ♂at1701
個体数はそこそこでしたが、中々近くに来てくれず…でした。
ハヤシミドリシジミ♂at1702
羽化不全個体?が少し開翅してくれました。

ウラジロミドリシジミ♀(シジミチョウ科)
ウラジロミドリシジミ♀at1701
新鮮な個体でした。

ミズイロオナガシジミ(シジミチョウ科)
ミズイロオナガシジミat1701
今年は少ない。この個体も遠くにいたものをトリミングしています。阿蘇。

カラスシジミ(シジミチョウ科)
カラスシジミat1701

カラスシジミat1702
昨年と同じ場所のハナウドの花に…。
カラスサカハチat1701
サカハチチョウが近くに…

サカハチチョウ(タテハチョウ科)
サカハチチョウat1701
閉翅状態
サカハチチョウat1702
開翅個体を裏面から…

ホシミスジ(タテハチョウ科)
ホシミスジat1701
こちらも昨年と同所で…

オオウラギンスジヒョウモン(タテハチョウ科)
オオウラギンスジヒョウモンat1701
次種と同所で。

ミドリヒョウモン♂(タテハチョウ科)
ミドリヒョウモン♂at1701

ミドリヒョウモン♂at1702


ミドリヒョウモン♀at1701
オスとメスでは翅表の模様がちょっと違います。

以上、阿蘇で出会ったチョウ達です。
以下は、矢部村です。

トラフシジミ(シジミチョウ科)
トラフシジミyy1701
阿蘇でも見たのですが…夏型の個体です。

キマダラセセリ(セセリチョウ科)
キマダラセセリyy1701

キマダラセセリyy1702
ヒメキかと思ったのですが、模様はこちらでした。

スジグロシロチョウ(シロチョウ科)
スジグロシロチョウyy1701

スジグロシロチョウat1702
新鮮な個体(夏型?)が多かったです。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |