ツリーハウス
2017/04/30(Sun)
所属するNPO『まちづくりネットワークちくご』のツリーハウスプロジェクトが始まり、今日(4/29)は、第1回目の現地ワークでした。
そこで見かけた昆虫たちです。

レロフチビシギゾウムシ(ゾウムシ科)
レロフチビシギゾウムシz1701
ジュウジチビシギの可能性もありますが…
吻を除く体長は2㎜程しかありません。

イヌビワシギゾウムシ(ゾウムシ科)
イヌビワシギゾウムシz1701
こちらは一回り大きく3~4㎜あります。
イヌビワシギゾウムシz1702
大きくなる前のイヌビワの実に穿孔中!

アザミホソクチゾウムシ(ホソクチゾウムシ科)
アザミホソクチゾウムシoy17011
これも体長3㎜ほどしかありません。キツネアザミに付きます。

ファウストハマキチョッキリ(チョッキリゾウムシ科)
ファウストハマキチョッキリz1701
コナラの葉を巻いていました。
ファウストハマキチョッキリz1702
体長は5㎜前後。

ヒメクロオトシブミ(オトシブミ科)
ヒメクロオトシブミ♀z1701
キイチゴの葉を巻いていました。
体長4.5~5.5㎜。

アトボシハムシ(ハムシ科)
アトボシハムシoy1701
体長4.5~5.5㎜。

ベニカミキリ(カミキリムシ科)
ベニカミキリoy1701
周りは竹林ばかりなので…予想通り出現しました。
体長13~17㎜。

コミスジ(タテハチョウ科)
コミスジoy1701
新鮮な個体!

シオヤトンボ♂(トンボ科)
シオヤトンボ♂oy1701
シオカラトンボに似ています。

二ホンカワトンボ♂(カワトンボ科)
二ホンカワトンボ♂oy1700
アサヒナカワトンボの可能性も…
二ホンカワトンボ♂oy1701
翅が透明なタイプ
二ホンカワトンボ♂oy1702
こちらは褐色タイプ。
体長50~68㎜。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6

この記事のURL | 昆虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
春のチョウ
2017/04/27(Thu)
久しぶりの更新です。
この間、あちこちへ出かけてFacebookに画像だけはアップしていたのですが…
ブログにまとめる前に季節はどんどん進んでいました。
今日はこの春に見つけたチョウ達です。特にスプリングエフェメラルと呼ばれる春だけに現れるチョウは、福岡県(県南部地域)で観れる種には何とか出会えました。

ツマキチョウ♀(シロチョウ科)
ツマキチョウ♀z1701
翅を閉じてしまうと保護色です。


ツマキチョウ♂yy1701
オスの翅先は黄色になり種名の由来となります。

ミヤマセセリ(セセリチョウ科)
ミヤマシジミgy1701
渋美しい!

スギタニルリシジミ(シジミチョウ科)
スギタニルリシジミyy1701
生息地は局地的で貴重な種です。
スギタニルリシジミyy1702

スギタニルリシジミyy1703
福岡県レッドデータブック2014(以下RB)では絶滅危惧Ⅱ類。

コツバメ(シジミチョウ科)
コツバメyy1701
年々見かける機会が減って来ているような気が…日光浴中!
コツバメyy1702
RBでは絶滅危惧Ⅱ類。

以下はスプリングエフェメラルの仲間ではありませんが…

ルリシジミ(シジミチョウ科)
ルリシジミyy1701

ルリシジミyy1702
スギタニルリシジミと比較していただくと微妙な違い(より白い)が分かるかと…?

トラフシジミ春型(シジミチョウ科)
トラフシジミyy1701
夏型は翅の模様がハッキリしません。

シータテハ(タテハチョウ科)
シータテハyy1701
それぞれ矢部村の山間部の違う場所で…
シータテハyy1702
RBでは情報不足。

テングチョウ(タテハチョウ科)
テングチョウyy1701
珍しく下から見上げた画像です。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6

この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
サクラメジロ
2017/04/16(Sun)
サクラ(ソメイヨシノ)もそろそろ終わりですが、咲き始めに撮っていたサクラにメジロとその他の留鳥をアップします。

メジロ(メジロ科)
サクラメジロks1701
サクラメジロ色々…
サクラメジロks1702

サクラメジロks1703

サクラメジロks1704

ヒヨドリ(ヒヨドリ科)
ヒヨドリck1701

サクラヒヨドリmk1701
こちらはサクラヒヨドリ

コゲラ(キツツキ科)
コゲラoys1701

ヤマガラ(シジュウカラ科)
ヤマガラoys1701

モズ(モズ科)
モズ♂oys1701

コサギ(サギ科)
コサギck1700
繁殖羽が綺麗でした。

カメラ:ニコンD7100、 1V3、 オリンパスTG-3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
    1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春の渡り~名残を惜しんで…
2017/04/15(Sat)
冬鳥たちもだいぶ数が少なくなりました。
そして、夏鳥が少しずつ渡って来ているようです。
アップが遅くなりましたが…

オオジュリン(ホオジロ科)
オオジュリンck1702

オオジュリンck1703
広域公園でも既に見られなくなっているようです。

ツリスガラ(ツリスガラ科)

ツリスガラ♂ck1703

ツリスガラ♀ck1704

ツリスガラ♀ck1703
こちらももう姿が無いようです。

イソヒヨドリ♂(ヒタキ科)
イソヒヨドリ♂ck1703

イソヒヨドリ♂ck1704

イソヒヨドリ♂ck1705
こちらは渡り鳥ではないのですが…

ミヤマホオジロ♀(ホオジロ科)
ミヤマホオジロ♀oys1701

ミヤマホオジロ♀oys1702
まだ見れるポイントもあるようです。

ウグイス(ウグイス科)
ウグイスz1701
誰でも知っている鳥ですが、姿を現すことは稀です。

コチドリ(チドリ科)
コチドリck1705
羽繕い中!
夏鳥なのでこれから繁殖活動です。

コチドリ(左)とタシギ(右)
コチドリとタシギck1701
タシギには全く気づきませんでした。

タシギ(シギ科)
タシギck1705
カメラ(望遠レンズ)を覗いていて存在に気付きました。

ヨシガモ(左)とヒドリガモ(右)(カモ科)
ヨシ.ヒドリck1701

ヨシガモとヒドリガモck1701
ヨシガモ♂ck1703
カモ達もほとんどいなくなりました。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
陽気に誘われて ②
2017/04/08(Sat)
4月から再就職しちょっとバタバタしているので更新が滞りがちです。
あっという間に桜が満開となり週末の雨で既に散り始めているところもあるようです。

今日はチョウ以外の昆虫たちです。

キイロハナムグリハネカクシ(ハネカクシ科)
キイロハナムグリハネカクシz1701
ノイバラの葉で見つけ掌で受けた超微小種です。
キイロハナムグリハネカクシz1702
ちょっとアップ。種名に自信無しです。
体長2~3㎜程。女山森林公園。

クロウリハムシ(ハムシ科)
クロウリハムシgy1701
一番の普通種ですがさすがに春先は少ないですね。
体長5.8~6.7㎜。グリーンピア八女。

ハナムグリ(コガネムシ科)
ハナムグリgy1701
今年初の大型?甲虫です。
体長14~20㎜。グリーンピア八女。

ハラアカコブカミキリ(カミキリムシ科)
ハラアカコブカミキリgy1701
これも最盛期には至る所で見かけますが…対馬からの移入種です。
体長16~27㎜。グリーンピア八女。

ツチイナゴ(バッタ科)
ツチイナゴgy1701
成虫越冬するバッタです。
体長50~70㎜。グリーンピア八女。

ヒシバッタの一種(ヒシバッタ科)
ヒシバッタgy1701
数個体が跳ね回っていました。
体長10㎜前後。グリーンピア八女。

ツマグロオオヨコバイ(ヨコバイ科)
ツマグロオオヨコバイgy1701
これも普通種ですが…通称バナナ虫。
体長13㎜前後。グリーンピア八女。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
この記事のURL | 昆虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |