陽気に誘われて
2017/03/31(Fri)
昨日と打って変わって、今日は風が冷たく一気に冬に逆戻り?
ま、今日の冷え込みは別として気温の上昇に合わせて昆虫たちが活動します。
まずはチョウたちです。

キタキチョウ(シロチョウ科)
キタキチョウoys17011
成虫越冬するので、春早くから活動を始めます。
前翅長18-27mm。八女市。

スジグロシロチョウ(シロチョウ科)
スジグロシロチョウz1701
モンシロチョウに似ていますが…
前翅長24-35mm。女山森林公園。

ルリシジミ(シジミチョウ科)
ルリシジミ♀z1701
これはメスのようです。
前翅長12-19mm。女山森林公園。

キタテハ(タテハチョウ科)
キタテハgy1701
成虫越冬した個体です。
前翅長22-34mm。グリーンピア八女。

ルリタテハ(タテハチョウ科)
ルリタテハgy1701
突然足元から飛び立って遠くに降りました。
前翅長25-44mm。グリーンピア八女。

ミヤマセセリ(セセリチョウ科)
ミヤマセセリgy1702
春にのみ成虫が現れるスプリングエフェメラルの仲間です。
ミヤマセセリgy1701
渋い中にも美しさがある翅表ですが、枯葉の上では保護色となります。
前翅長14-22mm。グリーンピア八女。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久しぶりの名水100選へ
2017/03/30(Thu)
くじゅうの男池は名水100選で有名ですが、貴重な植物や野鳥、昆虫類の宝庫でもあります。今月半ばに訪れた時は残念ながら、花は見られませんでしたが色々な野鳥が観られました(昨日もアップしましたが…)。

ミソザザイ(ミソサザイ科)
ミソサザイko1701
国内でも最小の部類に入る小鳥です。
ミソサザイko1702
体は小さくとも森中に響く綺麗な声で囀っています。
ミソサザイko1703
全長10㎝。

ヒレンジャク(レンジャク科)
ヒレンジャクko1702
森の中で聞き覚えのある声がたくさん聞こえてきました。
ヒレンジャクko1704
数十羽の群れがスギの枝葉の中に潜み、時々高所のヤドリギの実を食べに集まって来ます。
全長17㎝。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カラ類の混群
2017/03/29(Wed)
シジュウカラ科やエナガを中心に秋から翌春まで群で行動する様子が頻繁に観られます。これをカラ類の混群と言います。

今日はその混群を構成する鳥たちです。

シジュウカラ(シジュウカラ科)
シジュウカラko1701
科名を代表する種です。地上に降りて採餌中でした。
胸から腹部の黒いネクタイが特徴。
くじゅう男池。

ヤマガラ(シジュウカラ科)
ヤマガラko1702

ヤマガラko1701
清流に降りてきて水浴びを始めました。
くじゅう男池。

エナガ(エナガ科)
エナガyh1701
「ジュリジュリ…」という声で群れが近付いて来るのが分かります。長い尾が特徴。
星野村。

コゲラ(キツツキ科)
コゲラko1701
小さなキツツキで「ギーッ」という声と「コッコッ…」という木をつつく音で存在に気付きます。
くじゅう男池。

以上の鳥たちにメジロ(メジロ科)などが混じった群れは平地でも見られます。

ヒガラ(シジュウカラ科)
ヒガラyh1703
平地では中々見られません。胸の黒い三角タイと頭頂の羽が立つのが特徴。
ヒガラyh1704
冬季は高い山から低山(丘陵地)にまで下りて来ます。
星野村。

コガラ(シジュウカラ科)
コガラko1701
こちらは冬季でも高標高地でしか見たことがありません。
コガラko1702
黒い帽子が目立ち胸のネクタイは小さく目立ちません。
くじゅう男池。

ゴジュウカラ(ゴジュウカラ科)
ゴジュウカラko1701
こちらも局地的で低山や平地にはやって来ません。
ゴジュウカラko1702
色々な格好で樹の幹や枝に止まります。
くじゅう男池。

群れていた鳥達も繁殖シーズンを迎え、ペア(番)での行動に変わって行きます。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月半ばの有明海へ ③
2017/03/28(Tue)
有明海の最後です。

まずは嘴が下方に大きく湾曲した大型のよく似たシギ2種から…

ダイシャクシギ(シギ科)
ダイシャクシギdk1705
こちらの方が数は多いようでした。
ダイシャクシギdk1706
翼の下面や腹部が白っぽいのが特徴です。

ホウロクシギ(シギ科)
ホウロクシギdk1701
こちらは翼の下面や腹部が褐色をおびています。
ホウロクシギdk1702

ホウロクシギdk1703
飛翔シーンだと特徴がよく分かりますね。

オグロシギ(シギ科)
オグロシギdk1701
数羽が突然降りてきて
オグロシギdk1702
またすぐに飛び去りました。

トウネン(シギ科)
トウネンdk1701
小さなシギです。

ハマシギ(シギ科)
ハマシギの大群dk1701
右へ左へ上へ下へ、数えきれない程の大群が一斉に飛翔します。

ダイゼン(チドリ科)
ダイゼンdk1704

ダイゼンdk1703
こちらもハマシギ程ではありませんが数は多いです。

シロチドリ(チドリ科)
シロチドリdk1703
大きさはトウネン位で、遠目には見分けがつきません。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
    1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野鳥 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
3月半ばの有明海へ ②
2017/03/27(Mon)
有明海編がまだ途中でした。

5種の共演
5種dk1701
ヘラサギ、クロツラヘラサギ、ダイシャクシギ、ホウロクシギ、ミヤコドリが混じっています。

クロツラヘラサギ(トキ科)
クロツラヘラサギdk1705
クロ面がちょっと剥げて?います…

ヘラサギ(トキ科)
ヘラサギdk1701
ここでは、この日と~っても久しぶりに出会いました。

ヘラサギ(左)とクロツラヘラサギ
ヘラとクロツラdk1701
違いが分かりますか?顔面(目の周り)を比較してください。

ツクシガモ(カモ科)
ツクシガモdk1705

ツクシガモdk1706
アカツクシが来ているとの情報があったのですが、見つけられませんでした。

ズグロカモメ(カモメ科)
ズグロカモメdk1707
夏羽に換羽した個体(左)がかなり増えていました。
ズグロカモメdk1705

ズグロカモメdk1706
今回は飛翔写真に挑戦!

ミヤコドリ(ミヤコドリ科)
ミヤコドリdk1704

ミヤコドリdk1709
ここでの越冬も定番になったようです。
ミヤコドリdk1705

ミヤコドリdk1706

ミヤコドリdk1707

ミヤコドリdk1708
同じく飛翔写真に挑戦…

カメラ:ニコンD7100、 1V3、 
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アトリ科
2017/03/25(Sat)
昨日今日とスッキリしない天候が続きます(明日も?)。桜の開花もなかなか進まないようです。
アトリやウソも渡り前の栄養補給に余念がないようです。

アトリ(アトリ科)
アトリog1701
渡りが近づくと、あちこちの樹上や低草地で群れを見かけます。
アトリog1702
オスの頭部も黒く換わっています。
小郡市。

ウソ(アトリ科)
ウソky1701
展望所の桜に小数が群れていました。


ウソ♀ky1704

ウソ♀ky1702

ウソ♀ky1703
しきりと桜の蕾を啄んでいます。


ウソ♂ky1706

ウソ♂ky1707
桜は多いので少々食べられたくらいでは無くなることはありません。
ウソ♂ky1705

ウソ♂ky1708
清水山。

イカル(アトリ科)
イカルog1701

イカルky1702
間近へ下りてきました。
イカルck1705
春を迎え、小群やペアで行動する様子が増えてきたように感じます。
清水山&筑後広域公園。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野鳥 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
3月半ばの有明海へ
2017/03/23(Thu)
いつもの佐賀空港傍の干拓地と干潟(大授搦)へ出かけて来ました。

まずは、干拓地の鳥たちです。

ミヤマガラス(カラス科)
ミヤマガラスog1701

ミヤマガラスog1702

ミヤマガラスog1703
渡りの前、畑に大群が降りていました。

ハシボソガラス(カラス科)
ハシボソガラスog1701
群れの中に数羽混じっていました。

ホオアカ(ホオジロ科)
ホオアカdk1701
ここでは初見です!

ホシムクドリ(ムクドリ科)
ホシムクドリdk1702
この日はしっかりカメラに収めました。
ホシムクドリdk1703
電線上のこちらは冬羽?
ホシムクドリdk1704
そして夏羽?

この日、タゲリは遠すぎました(T_T)/~~~

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ルリビタキと…
2017/03/22(Wed)
今季はルリビタキとの出会いが結構ありました。それも割と近くまで来てくれたりなどラッキーでした。他にも色々な冬鳥と出会うことができました。

ルリビタキ♀(ヒタキ科)
ルリビタキ♀ky1701

ルリビタキ♀ky1702
この場所は結構観光客が訪れる場所なので、人慣れしているのでしょうか?


ルリビタキ♂ky1701

ルリビタキ♂ky1702
目と鼻の先まで出てきてくれました。
ルリビタキ♂z1703
これは林道(車道)沿いで出会った別個体。

ジョウビタキ♂(ヒタキ科)
ジョウビタキ♂ky1706

ジョウビタキ♂ky1705
この個体はあまり人を恐れず2m位まで自ら寄って来ます。


ジョウビタキ♀ky1701
虫を捕らえました。

クロジ♂(ホオジロ科)
クロジ♂ky1701
ルリビタキ撮影中に突然足元から飛び立ち樹上へ。

ミヤマホオジロ♂(ホオジロ科)
ミヤマホオジロ♂og1702
あちらこちらで出会いましたが…
ミヤマホオジロ♂z1704
3月に入って(渡りの前)出会う機会が多くなりました。

メジロ(メジロ科)
メジロky1702

メジロky1703
久しぶりに梅にメジロをじっくり撮影しました。
メジロky1701
これは目の前のキイチゴ(ナガバノモミジイチゴ)の花に来た個体。

シロハラ(ヒタキ科)
シロハラz1701
何処へ行っても確実にと言ってよいほど出会います。

以上、撮影地は地元中心に色々です。

カメラ:ニコンD7100、 1V3、 オリンパスTG-3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
早春の昆虫たち
2017/03/21(Tue)
花が咲くと昆虫も活動を始めます。
若葉を食べる虫、花を訪れ受粉の媒介をする虫など様々です。

イタドリハムシ(ハムシ科)
イタドリハムシz1701
春一番に活動を始めるハムシ(葉虫)の仲間です。
イタドリハムシz1702
ハムシの中ではちょっと大きめで模様も綺麗です。
イタドリハムシz1703
体長7.5㎜。女山森林公園。

ベニシジミ(シジミチョウ科)
ベニシジミz1701
羽化したての新鮮な個体(新成虫)です。
ベニシジミz1702
前翅長13~19㎜。女山森林公園。

ルリシジミ(シジミチョウ科)
ルリシジミz1701
こちらも新成虫。
ルリシジミz1702
前翅長12~19㎜。女山森林公園。

ウラギンシジミ♀(シジミチョウ科)
ウラギンシジミz1701
越冬した個体が気温の上昇で活動始めました。
前翅長19~27㎜。女山森林公園。

テングチョウ(タテハチョウ科)
テングチョウz1701
こちらも越冬個体です。
前翅長19~29㎜。女山森林公園。

ヒメアカタテハ(タテハチョウ科)
ヒメアカタテハz1701
これまた越冬個体のようです。
前翅長25~33㎜。女山森林公園。

アカタテハ(タテハチョウ科)
アカタテハky1701
前種によく似ています。越冬個体。
前翅長30~35㎜。女山森林公園。

ビロウドツリアブ(ツリアブ科)
ビロウドツリアブz1701
成虫が春にのみ現れるスプリングエフェメラルの仲間です。
体長8~12㎜。女山森林公園。

カメラ:ニコンD7100、 1V3、 オリンパスTG-3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
早春の花々
2017/03/20(Mon)
久しぶりの更新です。この間画像だけはかなり溜まってしまいました。整理編集が間に合っていませんでした。

まずは、早春の花たちです。
今年は、スプリングエフェメラルの開花が遅れているようです。

フデリンドウ(リンドウ科)
フデリンドウz1701
この花に出会うと里山の春を感じます。
フデリンドウz1702
1輪だけ開花していました。
女山森林公園。

ナガバタチツボスミレ(スミレ科)
ナガバタチツボスミレz1701
フデリンドウの傍でたくさん咲いていました。

ツボスミレ(スミレ科)
ツボスミレky1701
こちらはちょっと湿り気のある場所に咲いていました。

ヒメスミレ(スミレ科)
ヒメスミレz1701
スミレに似ていて小さな花を付けます。
日当たりの良い場所で…

コスミレ(スミレ科)
コスミレz1601
この辺りでは春早くから咲いています。
清水山。以下も…

タチツボスミレ(スミレ科)
タチツボスミレky1701
葉形を観るとナガバの可能性も…

ノジスミレ(スミレ科)
ノジスミレky1701
平地では春一番に咲くスミレです。

キュウリグサ(ムラサキ科)
キュウリグサky1701
葉や茎を揉むとキュウリの匂いがするところからの命名です。
花径2~3㎜のワスレナグサの仲間です。女山森林公園。

ハコベの一種(ナデシコ科)
ハコベ
ハコベも種類が多くて…
女山森林公園。

ヘビイチゴ(バラ科)
ヘビイチゴky1701
名前に似合わず可愛い花を付けます。
女山森林公園。

ホトケノザ(シソ科)
ホトケノザky1701
冬でも陽だまりで群生する花を見かることがあります。
女山森林公園。

カメラ:ニコンD7100、 1V3、 オリンパスTG-3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野草 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
3月の大授搦(佐賀県)
2017/03/10(Fri)
先週木曜日(3/2)2か月振りに友人と行ってきました。
台風並みの強風で寒い中、目的の鳥は観ることができました。

まずは干潟へ…

クロツラヘラサギ(トキ科)
クロツラヘラサギdk1701
この日は数が少なかった…
クロツラヘラサギdk1702
全長74㎝。

ツクシガモ(カモ科)
ツクシガモdk1701
全国的には稀な冬鳥ですが、ここでは大群が観られます。
ツクシガモdk1702
全長63㎝。

オナガガモ(カモ科)
オナガガモdk1701
数も多く、オスの尾羽が長いのが特徴。
全長♂75cm、♀53cm。

シロチドリ(チドリ科)
シロチドリdk1701
夏羽に換わりつつあるようです。
シロチドリdk1702
全長17㎝。

ミヤコドリ(ミヤコドリ科)
ミヤコドリdk1701
ダイゼンの群れに交じって…
ミヤコドリdk1702
黒と白のボディに赤い嘴は目立ちます。
全長45㎝。

ダイシャクシギ(シギ科)
ダイシャクシギdk1701
湾曲した長い嘴はいつ見ても興味を惹かれます。
全長60㎝。

ズグロカモメ(カモメ科)
ズグロカモメdk1701
夏羽に換わりつつある個体。
ズグロカモメdk1702
こちらは既に換羽(黒頭巾)しています。
全長32㎝。

セグロカモメ(カモメ科)
セグロカモメdk1701
大型のカモメ。
全長61㎝。

空港近くの干拓地(畑地)へ移動します…

タゲリ(チドリ科)
タゲリdk1701
アチラコチラに数羽ずつ…
タゲリdk1702
土中からミミズを引っ張り出しています。
全長32㎝。

ホシムクドリ(ムクドリ科)
ホシムクドリdk1702
風が強かったので目立つ場所へは中々来てくれませんでした。
全長21㎝。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
虫初め
2017/03/09(Thu)
寒さがぶり返してきましたが、先週末の暖かさは昆虫たちを目覚めさせていました。
阿蘇野草園にて。

キタテハ(タテハチョウ科)
キタテハat1701
成虫越冬するので、気温が上がると活動を始めます。
キタテハat1702
翅が結構ボロになっています。
前翅長22~34㎜。

ユアサハナゾウムシ(ゾウムシ科)
ユアサハナゾウムシat1701
ケヤキの樹皮下で越冬中でした。
ユアサハナゾウムシat1702
体長3㎜。

ヒレルクチブトゾウムシ(ゾウムシ科)
ヒレルクチブトゾウムシat1701
同じくケヤキの樹皮下に3頭。
体長4.5㎜前後。

ツノブトホタルモドキ(キスイモドキ科)
ツノブトホタルモドキat1701
種の同定に苦労しましたが、体形が似ているキスイモドキで検索したらようやくヒット!
名前と科名が合ってない…
体長4.5㎜。

ヌバタママグソコガネ(コガネムシ科)
ヌバタママグソコガネat1701
シカの糞の中にいた微小糞中の仲間。
ヌバタママグソコガネat1702
体長5㎜程。

ヨツモンカメムシ(クヌギカメムシ科)
ヨツモンカメムシat1701
こちらも樹皮下に…
体長12~16㎜。

カメラ:オリンパスTG-3
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花初め…
2017/03/08(Wed)
春の花々が咲き始めましたが、また寒くなりそうです。

野鳥の画像も溜まっていますが…
先週末から今週初めに見つけた花たちです。

アオイスミレ(スミレ科)
アオイスミレat1701
春一番に咲くスミレです。
南阿蘇ビジターセンター野草園。

オウレン(キンポウゲ科)
オウレンat1701
径1㎝程の小さな花です。
野草園。

フクジュソウ(キンポウゲ科)
フクジュソウat1701
これからが最盛期です。
野草園。

サクラ(バラ科)
サクラog1701
ソメイヨシノかどうかは不明ですが数輪の花が咲き始めていました。
サクラat1702
小郡市。

ウメ(バラ科)
ウメky1701
紅梅?花弁にピンクが混じっています。
清水山。

ツバキ(ツバキ科)
ツバキky1701
斑入りの品種。
清水山。

コスミレ(スミレ科)
コスミレky1701
花色に変異があり、ここら辺りでは春一番に咲きます。
清水山。傍にはホトケノザも…

オドリコソウ(シソ科)
オドリコソウky1701
この株はすでに満開状態!周りにはハコベの仲間が…
清水山。

シロバナタンポポ(キク科)
シロバナタンポポky1701
地元を代表する自生タンポポ。
清水山。

カメラ:ニコンD7100 オリンパスTG-3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野の花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
もう3月…
2017/03/03(Fri)
今日は3月3日…ひな祭りですね。あっという間に月日が流れていきます。
私も4月から新しい職に就くことになりました。

ということで、今週撮影分の未アップの画像色々です。

ムラサキケマン(ケシ科キケマン属の越年草)
ムラサキケマンky1701
もうすでに花を付けたものが1輪。

ウメ(バラ科サクラ属)
ウメkk1701
紅梅というより桃色ですね。
メジロkk1701
花にはメジロが…
高良山にて。

ノスリ(タカ科)
ノスリkk1701
高良山上空を舞っていました。
翼開長120~140㎝。

エナガ(エナガ科)
エナガky1701
そろそろ巣作りが始まるのでしょう。
全長14㎝。

カワラヒワ(アトリ科)
カワラヒワkk1701
恋の季節を迎えしきりと囀っていました。
カワラヒワkk1702
全長14㎝。高良山。

アトリ科の群
アトリ科nk1701
イカル、シメ、アトリが群れて(数十羽)、落ちた木(エノキ)の実を啄んでいました。
中之島公園(筑後広域公園)。

アトリ(アトリ科)
アトリ♂nk1701
少しでも近づくと木の上へ…
アトリ♂nk1702
全長16㎝。

イカル(アトリ科)
イカルnk1702
こちらも近付くとすぐに木の上へ…
イカルnk1701
水路に降りて水を飲んでいました。
全長23㎝。

シメ(アトリ科)
シメck11701
一番警戒心が強かった!
シメck1702
全長19㎝。

イカルチドリ(チドリ科)
イカルチドリck1705
河原に目をやると…1羽発見!(飛んだので気付きました)
全長21㎝。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
青い鳥、黄色い鳥
2017/03/01(Wed)
昨日(2/28)は、久しぶりに隣(久留米)市の高良山へ行ってみました。ウソには会えませんでしたが、ルリビタキ、とミヤマホオジロが出迎えてくれました。
そして、今日はいつもの広域公園内の中之島公園へ。イカル、シメ、アトリが群れていました。

まずは昨日の成果から…

ルリビタキ♀(ヒタキ科)
ルリビタキ♀kk1701
灌木の中から声が聞こえ、まずメスが現れました。
ルリビタキ♀kk1702
少しずつ目立つ場所へ移動してくれます。
ルリビタキ♀kk1703
ハゼの木の下で落ちている実を食べていました。


ルリビタキ♂kk1701
その近くで別個体の声が…桜の木の下枝にオスがいました。
ルリビタキ♂kk1702
こちらも少しずつ移動していきます。
ルリビタキ♂kk1703
けっこう近付いても飛んで逃げません。
ルリビタキ♂kk1704
少しずつ位置を変えます。
ルリビタキ♂kk1705
最後には地面に降りて、虫?を探して動き回っていました。
全長14㎝。

ミヤマホオジロ♂(ホオジロ科)
ミヤマホオジロ♂kk1701
喉部と頭部の黄色が鮮やかです。
ミヤマホオジロ♂kk1702
車中からカメラを構えましたが、ちょっと警戒しています。
ミヤマホオジロ♂kk1703
頭上に何かいたのでしょうか?


ミヤマホオジロ♀kk1701
メスはちょっと地味ですが優しい瞳に見えます。
ミヤマホオジロ♀kk1702
全長16㎝。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |