FC2ブログ
9月前半の地元フィールド ③
2016/09/22(Thu)
今日はチョウの仲間です。

この公園にはエノキとヤナギが多いのでそれに依存するチョウが観られます。

ゴマダラチョウ(タテハチョウ科コムラサキ亜科)
ゴマダラチョウck1601
エノキの葉が幼虫の食草になります。
ゴマダラチョウck1602
前翅長35~50㎜。

コムラサキ(タテハチョウ科コムラサキ亜科)
コムラサキck1601
こちらはヤナギの葉が食草になります。高所の葉上でテリトリーを張るオス。
コムラサキ♂ck1604
オスは光の具合にもよりますが、翅表が紫色に輝きます。
コムラサキ♂ck1601

コムラサキ♂ck1602

コムラサキ♂ck1603
ヤナギの樹液を吸うオス。


コムラサキ♀ck1601
メスはちょっと地味です。
前翅長30~42㎜。

タテハモドキ夏翅型(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
タテハモドキck1601
元々南方系のチョウですが、ここでは定着しているようで今年は個体数も増えていました。
タテハモドキck1602
幼虫の食草はクマツヅラ科
前翅長26~36㎜。

ルリタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
ルリタテハck1602
カシの木の樹液に来ていました。
ルリタテハck1601
幼虫の食草はユリ科のサルトリイバラやホトトギス等。
前翅長25~44㎜。

ヤマトシジミ(シジミチョウ科)
ヤマトシジミck1601
人家の近くでも見られる普通種でカタバミが幼虫の食草。
前翅長9~16㎜。

キタキチョウ(シロチョウ科)
キタキチョウck1601
交尾態に割り込もうとするオス。ネムやハギなどマメ科が幼虫の食草。
キタキチョウck1602
アレチハナガサ(クマツヅラ科)の花に…
前翅長18~27㎜。

カメラ:ニコンD7100、1V3
レンズ:マイクロニッコール85㎜、1ニッコール70-300VR。
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
| メイン |