初秋のゾウムシ
2015/09/30(Wed)
ゾウムシの仲間もまだまだ見られます。

ムネミゾサルゾウムシ(サルゾウムシ亜科)
カナムグラにつく微小なゾウムシです。
ムネミゾサルゾウムシat1501
カナムグラに付く微小なゾウムシには数種あるようです。
体長2.7~2.9㎜。阿蘇。

コナラシギゾウムシ(シギゾウムシ亜科)
コナラシギゾウムシ♀at1501
ナラガシワのドングリに穿孔しているところを発見。
コナラシギゾウムシ♀at1502
体型をみるとクリシギという可能性も捨てきれませんが…
コナラシギゾウムシ♀at1503
一応コナラシギとしておきます。
コナラシギゾウムシ♀at1504
体長5.5~10㎜。阿蘇。

トホシオサゾウムシ(オサゾウムシ科)
5~7月というイメージのゾウムシですが…
トホシオサゾウムシ
ヒヨドリバナに何故かたくさん付いていました。
トホシオサゾウムシat1503
体長5.8~7.9㎜。阿蘇。

おまけ…
ナガゴマフカミキリ(フトカミキリ亜科)
ナガゴマフカミキリat1501
もうそろそろ見納めかなと思われるカミキリです。
体長13~22㎜。阿蘇。

撮影機材 カメラ:ニコンD71000
レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏の終わり(初秋)のコガネムシ
2015/09/28(Mon)
いろいろと忙しく、ブログ更新が滞ってしまいがちです。
今月初めに撮った画像も今頃アップです。

カブトムシ♂(コガネムシ科カブトムシ亜科)
カブトムシ♂yy1501
夏の終わりに出会ったカブトムシです。


カブトムシ♀yy1501
角を除いた体長32~53㎜。八女市矢部村。

フトカドエンマコガネ(コガネムシ科ダイコクコガネ亜科)
エンマコガネyy1501
小さい糞虫の仲間です。糞中の仲間は家畜や野生動物の糞を餌にします。
体長7~11㎜。阿蘇。

センチコガネ(センチコガネ科)
オオセンチ(8/14アップ済み)程ではありませんが、体色に個体変異があります。
センチコガネat1501
センチとは雪隠(セッチン=トイレ)が訛ったものでこれも糞中の仲間です。

センチコガネat1502
別個体ですが、メタリックグリーンが綺麗です。
センチコガネat1503
見る角度や光の当たり具合で色が違って見えます。
センチコガネat1504

センチコガネat1505
体長12~22㎜。阿蘇。

撮影機材 カメラ:ニコンD71000
レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏の終わり(初秋)の花
2015/09/20(Sun)
野草も撮っていました。

ハキダメギク(キク科)
名前に似合わず径5㎜程の可愛い花を付けます。
ハキダメギクyy1501
矢部村。

メリケンムグラ(アカネ科)
北米原産の帰化植物。
メリケンムグラyy1501
径13㎜程の純白の花を付けます。矢部村。

ツリフネソウ(ツリフネソウ科)
園芸種のホウセンカの仲間で、実が熟すと種を弾き飛ばします。
ツリフネソウyy1501
葉より上に花を付けます。矢部村。

ハガクレツリフネ(ツリフネソウ科)
こちらは葉の下に花を付けます。花の色も淡いピンクです。
ハガクレツリフネat1501
阿蘇。

キツリフネ(ツリフネソウ科)
名前のごとく黄色いツリフネソウです。
キツリフネat1501
阿蘇。

ツクシフウロ(フウロソウ科)
径3cm程の大きな濃いピンクの花を付けます。
ツクシフウロat1501
野生状態では中々見つかりません。南阿蘇、野草園。

イヨフウロ(フウロソウ科)
こちらも貴重種です。
イヨフウロat1501
南阿蘇、野草園。

ツルボ(キジカクシ科、以前はユリ科)
秋の初め、畑の畔などでも見られます。
ツルボat1501
好きな花です。南阿蘇。

撮影機材 カメラ:ニコンD71000、レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 野草 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
夏の終わりの…つづきです
2015/09/17(Thu)
先週末に父が永眠しました。ある程度は覚悟していたのですが…
近しい親族だけで家族葬として静かに見送ることができました。
今日、初七日も終わりちょっと落ち着いたので…久しぶりのブログ更新です。

ルリモンハナバチ(ミツバチ科)
ルリモンハナバチat1501
ブルービーの愛称で呼ばれ幸福を運ぶという青い蜂です。
ルリモンハナバチat1502
キツネノマゴの花に来ていました。
体長13~14㎜。阿蘇。

キンケハラナガツチバチ(ツチバチ科)
ハラナガツチバチat1501
このハチも花に集まって来ます。
体長16~27㎜。阿蘇。

オオクロセダカカスミカメ(カスミカメムシ科)
オオセダカカスミカメyy1501
微小なカメムシです。
体長4㎜。矢部村。

ホソヘリカメムシ(ヘリカメムシ科)
ホソヘリカメムシyy1501
これは成虫ですが、幼虫はアリにそっくりです。
体長14~17㎜。矢部村。

ホシハラビロヘリカメムシ(ヘリカメムシ科)
ホシハラビロヘリカメムシyy1501
背面の2個の黒点(星)が特徴です。
ホシハラビロヘリカメムシyy1502
体長12~15㎜。矢部村。

トゲカメムシ(カメムシ科)
トゲカメムシyy1503
肩(胸端)のトゲはいつ見てもカッコイイです。
トゲカメムシyy1504
体長7~11㎜。矢部村。

セグロヒメツノカメムシ(ツノカメムシ科)
セグロヒメツノカメムシyy1501
前種に似ていますがこちらはさらにカッコイイですね。
体長6~8㎜。矢部村。

撮影機材 カメラ:ニコンD71000、レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 昆虫 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
夏の終わりならぬ…
2015/09/11(Fri)
関東~東北地方は大変な災害が…
自然の前には人間は本当に無力ですね。被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
安保法制の審議なんてやってる場合ではないぞ!

気を取り直して…
トンボやバッタはまだまだこれからが本番です。

ナツアカネ(トンボ科)
成熟オスは前身真っ赤になります。
ナツアカネyy1501
体長33~43㎜。矢部村。

オツネントンボ(アオイトトンボ科)
目の前の小枝に…。オツネンは越年と書き成虫で越冬します。
オツネントンボat1501
体長35~41㎜。阿蘇。

ハネナガヒシバッタ?(ヒシバッタ科)
ニセハネナガかも知れません。
ハネナガヒシバッタyy1501
体長10㎜程。矢部村。

ヒメギス(キリギリス科)
ヒメギスat1501
体長17.5~25.5㎜。阿蘇。

エダナナフシ(ナナフシ科)
触角が長いのがエダナナフシで短ければナナフシです。
エダナナフシa1501
体長65~112㎜。阿蘇。

トゲナナフシ(ナナフシ科)
トゲナナフシz1501
ちょっと個性的な風貌です。
トゲナナフシz1502

トゲナナフシz1503
体長57~75㎜。女山森林公園。

撮影機材 カメラ:ニコンD71000、レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 昆虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
夏の終わりのゾウムシ
2015/09/10(Thu)
ゾウムシ(ゾウムシ上科)の仲間も少なくなってきました。

シロコブゾウムシ(クチブトゾウムシ亜科)
まだいてくれました。メスの圧倒的な大きさ!!
シロコブゾウムシat1501
体長13~15㎜。阿蘇。

クチブトゾウムシの仲間(クチブトゾウムシ亜科)
カシワクチブトかなとも思ったのですが…?
クチブトゾウムシat1501
体長5㎜前後。阿蘇。

タデノクチブトサルゾウムシ(サルゾウムシ亜科)
タデノクチブトサルゾウムシat1501
ママコノシリヌグイ(タデ科)の葉にいた微小なゾウムシ。
タデノクチブトサルゾウムシat1502
体長2.4~2.6㎜。阿蘇。

ハスジカツオゾウムシ(カツオゾウムシ亜科)
ヨモギの葉にいます。
ハスジカツオゾウムシyy1501
体長9~14㎜。矢部村。

ヒメケブカチョッキリ(チョッキリゾウムシ科)
春から初夏の虫だと思っていたのですが…
ヒメケブカチョッキリyy1501
バラの茎に傷を付けて産卵します。
ヒメケブカチョッキリyy1502
体長4.5㎜。矢部村。

ヒメコブオトシブミ(オトシブミ亜科)
ヒメコブオトシブミyy1501
結構遅くまで見られます。
ヒメコブオトシブミyy1502
ひっくり返ってしまいました。
体長6~6.5㎜。矢部村。

撮影機材 カメラ:ニコンD71000
レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏の終わりのカミキリムシ
2015/09/07(Mon)
昨日5日は阿蘇へ、今日は雨の合間に佐賀の大授搦へ行ってきました。

矢部村や阿蘇で見つけたカミキリ達です。
秋は甲虫の数も種類も段々と少なくなってくるのでちょっと寂しい気分です。

ナガゴマフカミキリ(フトカミキリ亜科)
定番のカミキリがケヤキの伐採木にいました。
ナガゴマフカミキリyy1501
体長13~22㎜。矢部村。

トガリシロオビサビカミキリ(フトカミキリ亜科)
珍しくススキの葉にいました。
トガリシロオビサビカミキリyy1501
体長1317㎜。矢部村。

クビアカトラカミキリ(カミキリ亜科)
クビアカトラカミキリyy1501
ブドウトラカミキリによく似ています。
クビアカトラカミキリyy1502
体型がずんぐりむっくりです。
クビアカトラカミキリyy1503
体長9~13㎜。

アカジマトラカミキリ(カミキリ亜科)
アカジマトラカミキリat1501
夏の終わりから秋にかけて見られる珍しいカミキリです。
アカジマトラカミキリat1502
シシウドの花にいるところを見つけました。
アカジマトラカミキリat1503
3年ぶりの再会でした。
アカジマトラカミキリat1504

アカジマトラカミキリat1505
体長12.5~17㎜。阿蘇。

撮影機材 カメラ:ニコンD71000、レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
グリーンピア八女へ ③
2015/09/03(Thu)
セミの声もあまり聞かなくなってきました。

ツクツクボウシ♀(セミ科)
ツクツクボウシgy1501
2枚目はフラッシュ使用
ツクツクボウシgy1502
体長40~47㎜。

キバラヘリカメムシ(ヘリカメムシ科)
キバラヘリカメムシgy1501
腹部の黄色が鮮やかなカメムシです。
キバラヘリカメムシgy1502
青リンゴの匂いがするそうですが…
キバラヘリカメムシgy1503
まだ確認したことはありません(ちょっと勇気が…)
キバラヘリカメムシgy1504
マユミ等ニシキギ科の木で見られます。
体長14~17㎜。

マダラバッタ?(バッタ科)
種名に自信なしです。
マダラバッタgy1501
体長27~31㎜。

マダラスズ幼虫(ヒバリモドキ科)
5㎜程の小さな幼虫を見つけました。
マダラスズgy1501
成虫の体長6~12㎜。

撮影機材 カメラ:ニコンD71000、レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | カメムシ目 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
グリーンピア八女へ ②
2015/09/03(Thu)
アカトンボの仲間が色付き始めました。

マユタテアカネ♂
マユタテアカネ♂gy1501
残念ながら種名を特徴付ける顔面の眉班が見えません。
体長31~43㎜。

マユタテアカネ♂gy1502
こちらはナツアカネの♂ではとのご指摘をいただきました。ありがとうございます!

ヒメアカネ♀
ヒメアカネ♀gy1501
小さいアカトンボです。
ヒメアカネ♀gy1502
メスの体長29~38㎜。


ヒメアカネ♂gy1501

ヒメアカネ♂gy1502
オスの体長28~38㎜。

オオシオカラトンボ♂
オオシオカラトンボgy1501
体長49~61㎜。

以上、全てトンボ科です。

野草も少し咲いていました。

ネジバナgy1501
ネジバナ(ラン科)
ネジバナgy1502
まだ新鮮な一株が…

ヒツジグサ(スイレン科)
ヒツジグサgy1501
樫原湿原にもありました…

サワギキョウ(キキョウ科)
サワギキョウgy1501
これも樫原湿原で見ました。

ミソハギ(ミソハギ科)
ミソハギgy1501
これも湿地に咲き、しばし群生します。
が、最盛期は過ぎていました。

撮影機材 カメラ:ニコンD71000、1V3
       レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED、1 NIKKOR VR 70-300 f/4.5-5.6
この記事のURL | トンボ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
グリーンピア八女へ ①
2015/09/02(Wed)
30日日曜日、午後からグリーンピア八女まで行ってきました。
ここではお馴染みの昆虫に再会できました。

ハイイロチョッキリ(チョッキリゾウムシ科)
コナラ
コナラgy1501
林縁を歩いていると、コナラのドングリが付いた小枝がたくさん落ちています。
ハイイロチョッキリgy1501
切り落としたのはハイイロチョッキリです(ドングリには産卵痕があります)。
ハイイロチョッキリgy1502
ちょっと毛深く、私はついついアリクイを連想してしまいます。
ハイイロチョッキリgy1503
フラッシュで複眼が宝石のように輝きます。
体長7~9㎜。

キマダラヒゲナガゾウムシ(ヒゲナガゾウムシ科)
キマダラヒゲナガゾウムシgy1501
普通種ですが、今年ちゃんと見たのはこの日が初です。
キマダラヒゲナガゾウムシgy1502
体長6㎜前後。

ミツギリゾウムシ♂(ミツギリゾウムシ科)
2年ぶりの再会でした。
ミツギリゾウムシgy1501
口吻がキバ状なのでオスです(メスは所謂ゾウムシ型)。
ミツギリゾウムシgy1502
体長11~24㎜。

ヒメヒゲナガカミキリ(カミキリムシ科)
カミキリはあまり見つけられませんでしたが…
ヒメヒゲナガカミキリgy1501
体長10~18㎜。

ゴマダラカミキリ(カミキリムシ科)
ゴマダラカミキリgy1501
子どもの頃、色々な樹で最も普通に見つけていた大型カミキリです。
ゴマダラカミキリgy1502
体長25~35㎜。

撮影機材 カメラ:ニコンD71000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |