フトカミキリ亜科 ②
2015/07/31(Fri)
今日はつぶらな瞳?のカミキリ達です。
トホシカミキリ族は、小型で美麗種揃いです。

ヤツメカミキリ(トホシカミキリ族)
子どもキャンパスとその翌日の撮影です。
ヤツメカミキリz1503
いつもの立ち枯れかけたサクラの幹にいました。
ヤツメカミキリz1504
体長12~18㎜。女山森林公園。

ラミーカミキリ(トホシカミキリ族)
カラムシ(ラミーと同じイラクサ科)の群落があれば平地でも普通に見つかります。
ラミーカミキリz1503
体長8~17㎜。女山森林公園。

ヨツキボシカミキリ(トホシカミキリ族)
ヨツキボシカミキリh1501
ヌルデの葉裏で見なくなったと思っていたら。
ヨツキボシカミキリh1502
伐採されたヌルデの細い幹を這いまわっていました。
ヨツキボシカミキリh1503
体長8~11㎜。星野村。

ヒメリンゴカミキリ(トホシカミキリ族)
ゾウムシを探していたら目の前に飛んできました。
リンゴカミキリyy1501
体長13~16.5㎜。矢部村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フトカミキリ亜科 ①
2015/07/30(Thu)
梅雨明けと同時に猛暑日がつづいています。

今日は地味目のカミキリです。

センノカミキリ(ヒゲナガカミキリ族)
大型のカミキリです。
センノカミキリa1501
センノキやタラノキ(どちらも幹にトゲがあります)等ウコギ科の木に付きます。
センノカミキリa1502
体長15~40㎜。阿蘇。

トガリシロオビサビカミキリ(サビカミキリ族)
トガリシロオビサビカミキリa1501
今年は出会う機会が多いなぁ…
トガリシロオビサビカミキリhn1501
体長12~16㎜。阿蘇&中津江村。

アトジロサビカミキリ(サビカミキリ族)
アトジロサビカミキリhn1501
こちらも前種以上によく出会います。
7~10㎜。中津江村。

クワサビカミキリ(サビカミキリ族)
こちらは、久しぶりの出会いでした。
クワサビカミキリhn1501
体長6~10㎜。中津江村。

シラオビゴマフケシカミキリ(モモブトカミキリ族)
シラオビゴマフケシカミキリhn1501
今期3種目、初見のケシカミキリです。
シラオビゴマフケシカミキリhn1502
私の爪と比べると大きさが分かると思います。
シラオビゴマフケシカミキリhn1503
体長4.8~9㎜。中津江村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハナカミキリ亜科
2015/07/28(Tue)
昨日は宿直明けで休日だったため、またまた、大分との県境(矢部村、日田市中津江・前津江村)まで出かけてきました。前日の台風の影響で雨の心配もありましたが、時々陽が射すなど何とか天気は持ってくれました。その成果も加えていきます。

山野では、リョウブやノリウツギの白い花が目立ち始めています。その花にカミキリムシがやって来ます。

ヨツスジハナカミキリ
ヨツスジハナカミキリa1501
もっとも普通に見られるハナカミキリですが、黄色と黒の縞は綺麗です。
ヨツスジハナカミキリa1502
阿蘇では、オオバギボウシの花に来ていました。

ヨツスジハナカミキリh1501
星野村では、アジサイやリョウブ、ノリウツギの花に…
ヨツスジハナカミキリh1502

中津江村ではノリウツギの花です。
ヨツスジハナカミキリhm1501
体長12~20㎜。

オオヨツスジハナカミキリ
オオヨツスジハナカミキリz1501
前種より一回り大きいハナカミキリです。
オオヨツスジハナカミキリz1502
子どもキャンパス(女山森林公園)で子どもたちに見せるために手に取ってみました。

星野村では、直径40㎝ほどの折れた杉の幹に産卵していました。
オオヨツスジハナカミキリh1502
上翅の紋様は個体変異があります。
オオヨツスジハナカミキリh1501
体長20~31㎜。

アカハナカミキリ
アカハナカミキリa1501
こちらは個体ごとの変異は少ないようです。
アカハナカミキリa1502
阿蘇にて

アカハナカミキリh1501
星野村にて
アカハナカミキリh1502
体長12~22㎜。

ニンフホソハナカミキリ
飛んでいると小さなハチに間違えやすいカミキリです。
ニンフホソハナカミキリhm1501
ノリウツギの花に来ていました。
ニンフホソハナカミキリhm1502
体長9~13㎜。中津江村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明日以降…
2015/07/27(Mon)
こちらは、台風の被害もほとんどありません。
被災された皆様、お見舞い申し上げます。

さて、昨日は早朝より阿蘇へ…
そして夕方からはバンドの合宿で筑紫野市へ。
mongori002.jpg
練習前に既に酒盛りが始まってしまいました。

ビール3種の飲み比べ…。
mongori001.jpg
結果、北海道が一番人気(ホップが効いてキレがある)、2位福岡。名古屋人気はいまひとつでした。

この他にも、赤ワインと日本酒1升が空きました。

今朝速く解散となったので、そのまま星野村を回って昼過ぎに帰宅。
夜は仕事(グループホーム支援の夜勤)です。
よって、先週の続きと、昨日・今日の成果は明日以降アップしていきます。
乞うご期待!
この記事のURL | バンド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トラカミキリ族
2015/07/24(Fri)
今日はカミキリ亜科トラカミキリ族の仲間です。

エグリトラカミキリ
エグリトラカミキリh1501
もっとも普通に見られるトラカミキリです
エグリトラカミキリh1502
広葉樹の伐採木や枯枝に産卵にやって来ます。
エグリトラカミキリh1503
体長9~13.5㎜。星野村の粗朶場にて。

キスジトラカミキリ
キスジトラカミキリh1502
ハチに擬態していると思われる体色(模様)です。
キスジトラカミキリh1504
毎年どこかで出会いますが、そう多くは見かけません。
キスジトラカミキリh1505
体長10.5~18㎜。星野村。同じく粗朶場にて。

フタオビミドリトラカミキリ
フタオビミドリトラカミキリh1501
道路脇のカシの伐採木に飛んできました。
フタオビミドリトラカミキリh1502
体長7.5~15㎜。

女山ではヨツスジトラカミキリを見たのですが、画像は残せませんでした。再チャレンジです。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED

明日日中は阿蘇へ出かける予定です。
そして夜は、久々にバンドの合宿で筑紫野市です。
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゴマフカミキリなど…
2015/07/23(Thu)
台風の動きがちょっと気になります…
明日からまた暑くなりそうです。

今日はちょっと地味目のカミキリたちです。

タテスジゴマフカミキリ(フトカミキリ亜科ゴマフカミキリ族)
タテスジゴマフカミキリh1501
林道脇のカシの伐採木に初見のカミキリが…ちょっと掌の上へ
タテスジゴマフカミキリh1502
最初カタジロゴマフかと思ったのですが、何か違和感があり…
タテスジゴマフカミキリh1503
体長10~12㎜。星野村。

ナガゴマフカミキリ(フトカミキリ亜科ゴマフカミキリ族)
ナガゴマフカミキリh1501
こちらは最も普通に見られるゴマフカミキリです。
体長12.5~22㎜。星野村。

ナカジロサビカミキリ(フトカミキリ亜科サビカミキリ族)
今年はよく出会います。
ナカジロサビカミキリh1501
体長8~10㎜。星野村。

アトジロサビカミキリ(フトカミキリ亜科サビカミキリ族)
こちらも今年はナガゴマフ以上によく出会います。
アトジロサビカミキリh1501
体長8~11㎜。星野村。

アトモンマルケシカミキリ(フトカミキリ亜科モモブトカミキリ族)
ケシと名前にある通りとても小さいカミキリです。
アトモンマルケシカミキリh1501
体長3.5~7㎜。星野村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タマムシいろいろ
2015/07/22(Wed)
今日は一日雨でした。まぁどうせ仕事なのではありますが…
土日は晴れて欲しいなぁ…

さて、今日はタマムシの仲間です。
どれも小さいので、かなりの数シャッターを切りました、それなりに見れるのは数枚でした。

ウグイスナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
ウグイスナガタマムシh1503
既アップのタマムシですが…。例の粗朶場にて。
ウグイスナガタマムシh1504
脇に付いた赤いものはダニです。
体長4~8㎜。星野村。

クロナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
道路脇にカシと思しき伐採木が転がっていました。
クロナガタマムシh1501
気になって近付くと…すぐに飛んで近くの赤土の上へ…
クロナガタマムシh1502
ナガタマムシの中では大きい方です。
体長11.5~15.5㎜。星野村。

ムネアカチビナカボソタマムシ(ナガタマムシ亜科)
微小な初見のタマムシをカラムシの葉上に発見。
ムネアカチビナカボソタマムシz1501
アカメガシワに付くタマムシですが…近くにアカメガシワもありました。
ムネアカチビナカボソタマムシz1502
別のアカメガシワの葉でも数個体発見しました。
ムネアカチビナカボソタマムシz1503
体長3.5~5㎜。女山森林公園。

ムツボシタマムシ(ムツボシタマムシ亜科)
例の粗朶に小さな動く個体が…、目を凝らしてみると綺麗なムツボシタマムシでした。
ムツボシタマムシh1502
一見地味に見えますが、光の当たり具合で美麗種にも見えます。
ムツボシタマムシh1501

ムツボシタマムシh1503
樹皮の隙間に産卵していました。
体長7~12㎜。星野村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ゾウムシなどなど…
2015/07/22(Wed)
今日から、星野村(7/15)、子どもキャンパス(7/18)、女山(7/20)での撮影をアトランダムにアップしていきます。

オオゾウムシ(オサゾウムシ科)
朝方雨が降ったようで、雨に濡れて黒くなったオオゾウムシです。
オオゾウムシh1501
体長12~24㎜。星野村。

ホホジロアシナガゾウムシ(ゾウムシ科)
同じく雨に濡れたのか下草の上に佇んでいました。
ホホジロアシナガゾウムシh1501
体長8㎜程。星野村。

シロヒゲナガゾウムシ♀(ヒゲナガゾウムシ科)
粗朶の上にじっとしていました。オスの触角はもっと長くなります。
シロヒゲナガゾウムシ♀h1501
体長8~12㎜。星野村。

ミスジマルゾウムシ(ゾウムシ科)
子どもキャンパスでボランティアの女子高生が見つけてくれました。
ミスジマルゾウムシz1501
とにかく小さい!
ミスジマルゾウムシh1502
体長2.5㎜程。女山森林公園。

ヒメクロオトシブミ(オトシブミ科)
まだまだ活動しています。
ヒメクロオトシブミh1501
体長4~5㎜。星野村。

エゴツルクビオトシブミ♀(オトシブミ科)
こちらもまだ葉を巻いていました。
エゴツルクビオトシブミ♀h1501
体長6~7㎜(メス)。星野村。

ヒメトラハナムグリ(コガネムシ科)
小さくて可愛らしいハナムグリですが見かける機会は少ないようです。
ヒメトラハナムグリh1501
体長9~12㎜。星野村。

ハンミョウ(ハンミョウ科)
いつ見ても鮮やかな模様が綺麗です。
今回唯一の肉食昆虫です。
ハンミョウz1501
体長18~20㎜。女山森林公園。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ヤンマとチョウ
2015/07/20(Mon)
『ちくご子どもキャンパス2015~矢部川中流域の自然観察と体験~』は無事終了しました。昨日は疲れてブログ更新する余力がありませんでした。

さて、I池のトンボのつづきです。そしてチョウも…

ウチワヤンマ♂(サナエトンボ科)
ウチワヤンマ♂mi1501
名前にヤンマと付きますが、大型のサナエトンボの仲間です。
ウチワヤンマ♂mi1502
尾の先の下部がウチワ状に広がっています。
体長77~87㎜。

ギンヤンマ♀(ヤンマ科)
こちらはヤンマ科です。
ギンヤンマ♀産卵mi1501
水草に産卵していました。
ギンヤンマ産卵後mi1501
遠くでは連結産卵中のカップルも…
ギンヤンマ♀産卵mi1502
体長65~84㎜。

キアゲハ(アゲハチョウ科)
キアゲハmi1501
数個体が池の傍の草叢を飛び回っていました。
キアゲハmi1502
前翅長36~70㎜。

クロヒカゲ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
クロヒカゲmi1501
林縁などのちょっと薄暗い所を飛び回ります。
前翅長23~33㎜。

ヒメウラナミジャノメ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ヒメウラナミジャノメmi1501
こちらは普通種ですが、良く似たウラナミジャノメには中々出会いません。
前翅長18~24㎜。

ヤマトシジミ(シジミチョウ科)
ヤマトシジミmi1501
これも普通種です。
前翅長9~16㎜。

撮影機材 カメラ:ニコンD71000、1V3
レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
     1 NIKKOR VR 70-300 f/4.5-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
イトトンボ
2015/07/17(Fri)
I池のつづきでイトトンボ科の仲間です。

アオモンイトトンボ♂
アオモンイトトンボ♂mi1501
最も普通種で、色々な水辺で見られます。


アオモンイトトンボ♀mi1501
メスは個体変異(色違い)があり同定に苦労します。
FBで意見をいただきました。
体長29~38㎜。

クロイトトンボ♂
クロイトトンボ♂mi1501
こちらも前種程ではありませんが良く見かけます。
クロイトトンボmi1501
体長27~36㎜。

セスジイトトンボ♂
セスジイトトンボ♂mi1501
こちらと次種は見かける機会がぐんと減ります。
セスジイトトンボmi1502
また良く似ているので同定にはいつも???です。


セスジイトトンボ♀mi1501
体長27~37㎜。

ムスジイトトンボ♂
ムスジイトトンボ♂mi1501
複眼の色を同定の決め手にしましたが…?
ムスジイトトンボ♂mi1502
体長30~39㎜。

撮影機材 カメラ:ニコンD71000、1V3
レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
     1 NIKKOR VR 70-300 f/4.5-5.6

明日から1泊2日で、ちくご子どもキャンパス「矢部川中流域の自然観察と体験」を実施します。
今年はどんな子どもたちが参加するのか楽しみです!
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チョウトンボなど…
2015/07/17(Fri)
一昨日、昨日と休みだったのですが、一昨日は雨で午後3時頃から晴れてきたので、みやま市高田町のI池までトンボの観察に出かけました。
昨日は午後から所用のため午前中が勝負と星野村まで出かけました。

I池はオニバスで有名だったのですが、ハスやホテイアオイが繁茂し今や見る影もありません。ただトンボは結構多くこの時期チョウトンボが最盛期を迎えています。

チョウトンボ♂(トンボ科)
チョウトンボ♂mi1501
初めて訪れた10年以上前に比べると個体数がかなり減っています。
チョウトンボ♂mi1502
朝までの大雨でハスの花は今ひとつでした。
チョウトンボ♂mi1503

チョウトンボ♂mi1504
体長34~42㎜。

ショウジョウトンボ♂(トンボ科)
近くの公園でも見られる普通種ですが…
ショウジョウトンボ♂mi1501
真っ赤なボディはよく目立ちます。
ショウジョウトンボ♂mi1502
体長41~55㎜。

コフキトンボ♂(トンボ科)
この日見つけた唯一の個体です。
コフキトンボ♂mi1501
体長37~48㎜。

ウスバキトンボ(トンボ科)
南から世代交代をしながら北上してきます。
ウスバキトンボmi1501
台風の後はよく大発生します。
体長44~52㎜。

一昨年たくさんいたアオビタイトンボは見つかりませんでした。

撮影機材 カメラ:ニコン1V3、レンズ:1 NIKKOR VR 70-300 f/4.5-5.6
この記事のURL | トンボ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
あっちこっちでシジミチョウ
2015/07/14(Tue)
明日は振り休となりました。晴れてくれないかなぁ…

サツマシジミ
サツマシジミi1500
新鮮な個体に出会いました。
サツマシジミi1501

サツマシジミi1502

サツマシジミi1503
前翅長16㎜前後。八女市。

ルリシジミ
ルリシジミ♀yy1501
こちらも綺麗な個体でした。
ルリシジミ♀yy1502
前翅長16㎜前後。矢部村。

ツバメシジミ
尾状突起とオレンジのワンポイントが特徴です。
ツバメシジミa1501
前翅長16㎜前後。阿蘇。

ムラサキシジミ
サクラの木の下で日光浴…
ムラサキシジミz1501
前翅長14~22㎜。女山森林公園。

撮影機材 カメラ:ニコンD71000、1V3
レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED、1ニッコール30-110㎜
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タテハチョウとセセリチョウ
2015/07/12(Sun)
今日は台風9号の影響か風が結構強く今も外は荒れています。

さて先日の阿蘇で観たチョウたちを…

オオウラギンスジヒョウモン(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
オオウラギンスジヒョウモン♂a1501
天候のせいかあまり動かずゆっくり撮らせてくれました。
オオウラギンスジヒョウモン♂a1502
前翅長34~43㎜。

ホシミスジ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
ホシミスジa1501
初撮りでしたが、翅がちょっと傷んでいますね。
ホシミスジa1502
翅裏の付け根付近の黒い星(点々)が特徴です。
前翅長23~34㎜。

キマダラモドキ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
キマダラモドキa1501
初見のチョウです。生息数は少ないと思われます。
キマダラモドキa1502
前翅長25~36㎜。

スジグロチャバネセセリ(セセリチョウ科)
スジグロチャバネセセリa1501
よく似た種にヘリグロチャバネセセリがいます。
スジグロチャバネセセリa1502
別個体です。この種も個体数は多い方ではありません。
前翅長12~17㎜。

撮影機材 カメラ:ニコンD71000、1V3
レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED、1ニッコール30-110㎜
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
カミキリムシ 女山編
2015/07/11(Sat)
林道脇の粗朶には地味目のカミキリがたくさんいました。

ワモンサビカミキリ(フトカミキリ亜科サビカミキリ族)
ワモンサビカミキリz1501
久しぶりに見つけました。
ワモンサビカミキリz1502
フラッシュを炊いたので警戒されてしまいました。
体長9.5~14.5㎜。

アトジロサビカミキリ(フトカミキリ亜科サビカミキリ族)
あっちにもこっちにもたくさんいました。
アトジロサビカミキリz1501
体長7~11㎜。

ナガゴマフカミキリ(フトカミキリ亜科ゴマフカミキリ族)
今年は見かける機会が意外に少ないです。
ナガゴマフカミキリz1501
体長13~22㎜。

ヒメヒゲナガカミキリ(フトカミキリ亜科ヒゲナガカミキリ族)
こちらも良く見かけます。
ヒメヒゲナガカミキリk1501
体長10~18㎜。

セミスジコブヒゲカミキリ(フトカミキリ亜科コブヒゲカミキリ族)
オスの触角の第1.3節がコブ状に膨らんでいます。
セミスジコブヒゲカミキリ♂z1501
体長10~20㎜。

ヨツスジハナカミキリ(ハナカミキリ亜科ハナカミキリ族)
ヨツスジハナカミキリz1501
天気が良かったためか、花の周りを飛ぶ個体を多く見かけました。
ヨツスジハナカミキリz1502
体長12~20㎜。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゾウムシ 女山編
2015/07/09(Thu)
来週土~日曜日(18~19日)は、所属するNPOまちづくりネットワークちくごで、恒例の『ちくご子どもキャンパス~矢部川中流域の自然観察と体験~』を実施します(小学4~6年生対象)。詳細はリンクを参照ください。
その下見で女山(ぞやま)森林公園へ行ってきました。その時の成果です。

エゴシギゾウムシ(ゾウムシ亜科)
エゴシギゾウムシk1501
久しぶりに間近で撮影できました。
エゴシギゾウムシk1502
模様が特徴的ですが葉蔭にいると中々見つけきれません。
エゴシギゾウムシk1503
エゴノキの下のイヌビワの葉上にいました。
エゴシギゾウムシk1504
シギゾウの仲間は好きなゾウムシです。
エゴシギゾウムシk1505
体長6~7㎜。

ホソクチカクシゾウムシ(アナアキゾウムシ亜科)
林道脇の粗朶にたくさんいましたが…
ホソクチカクシゾウムシz1501
小さ過ぎて近くに寄ってみて存在に気付きます。
ホソクチカクシゾウムシz1502
体長3.7~5.3㎜。

クチブトゾウムシの仲間
DSC_0401.jpg
体長5~6㎜程でした。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゾウムシとカミキリムシ 阿蘇編
2015/07/08(Wed)
7月4日は生憎の天気でしたが意を決して阿蘇へ
雨の中で見つけた虫さん達です。

タテジマカミキリ(フトカミキリ亜科)
初見のカミキリがタラノキの幼木に張り付いていました。
タテジマカミキリa1501
カクレミノに付くことで有名ですが、タラノキも同じウコギ科でした。
タテジマカミキリa1502
体長17~24㎜。

ニセシラホシカミキリ(フトカミキリ亜科トホシカミキリ族)
ニセシラホシカミキリ♀a1501
この日もいました。別名ダイセンカミキリ。
ニセシラホシカミキリ♀a1502
体長8~12㎜。

フタオビミドリトラカミキリ(カミキリ亜科トラカミキリ族)
今期初撮りです。ビジターセンターの壁で雨宿り?
フタオビミドリトラカミキリa1501
体長7.5~15㎜。

ホソアナアキゾウムシ(アナアキゾウムシ亜科)
体にダニがくっ付いていますが、このゾウムシではよく見かける光景です。
ホソアナアキゾウムシa1504
体長5~8㎜。

ツバキシギゾウムシ(ゾウムシ亜科)
ツバキシギゾウムシa1501
大きくなったツバキの実に産卵のために口吻を差し込んで穿孔中でした。今期初撮り。
ツバキシギゾウムシa1502
体長6~9㎜(口吻の方が長い)。

オオシロオビゾウムシ(オサゾウムシ科)
クワの葉上で雨に打たれていました。
シロオビオサゾウムシa1501
体長9~15㎜。

スジクワガタ(クワガタムシ科)
下草の葉上にいました。コクワガタとばかり思っていましたが、
スジクワガタ♀a1501
パソコンで確認すると、上翅のスジは正しくスジクワガタのようです。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
トンボと蝶
2015/07/07(Tue)
アップし忘れそうになっていたトンボと蝶です。
全て矢部村での撮影です。

アサヒナカワトンボ♀(カワイトトンボ科)
アサヒナカワトンボ♀yy1501
シーズンももうそろそろ終わりかな?
アサヒナカワトンボ♀yy1502
体長42~56㎜。

クロサナエ♀(サナエトンボ科)
クロサナエ♀yy1501
いつも岩清水を汲みに行く所の脇にいました。
クロサナエ♀yy1502
体長42~56㎜。

ダビドサナエ♂(サナエトンボ科)
ダビドサナエ♂yy1501
林道脇の渓流辺に…
ダビドサナエyy1502
体長42~56㎜。

アカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
アカタテハyy1501
平地から山地で見られる普通種。
アカタテハyy1502
前翅長30~35㎜。

サカハチチョウ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
サカハチチョウ夏翅yy1501
夏翅の個体が飛び回っていました。
サカハチチョウ夏翅yy1502
前翅長20~25㎜。

テングチョウ(タテハチョウ科テングチョウ亜科)
テングチョウyy1501
中々良い場所には止まってくれませんでした。
テングチョウyy1502
前翅長19~29㎜。

スジグロシロチョウ(シロチョウ科)
釈迦ヶ岳登山口のヒメウツギ?の花に…
スジグロシロチョウyy1501
前翅長24~35㎜。

撮影機材 カメラ:ニコンD71000、1V3
       レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED、1ニッコール30-110㎜
この記事のURL | 昆虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
タマムシの仲間
2015/07/05(Sun)
もう一つのタマムシの画僧と一緒にアップしようと思っていたのですが、生息場所へ中々行けそうもないので…タマムシです。

マスダクロホシタマムシ(タマムシ亜科)
いつも矢部や星野等高標高地でばかり見ていたので思いもよらぬ所での出会いでした。
マスダクロホシタマムシi1500
周りにはスギ林も見当たりません。
マスダクロホシタマムシi1501
止まっていた葉も(たぶん)エビヅル…
マスダクロホシタマムシi1502
見る角度で赤味が強かったり緑になったり…
マスダクロホシタマムシi1503
体長7~13㎜。八女市(岩戸山古墳)。

クズノチビタマムシ(チビタマムシ亜科)
クズノチビタマムシyy1501
クズがあればかなりの確率でいます。
クズノチビタマムシyy1502

クズノチビタマムシyy1503
体長3~4㎜。矢部村。

コウゾチビタマムシ(チビタマムシ亜科)
コウゾチビタマムシyy1501
同定には悩みましたが…
コウゾチビタマムシyy1502
体長2.6~4.2㎜。矢部村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2015/07/03(Fri)
ハムシの仲間も見つけたら撮るようにしています。

アカガネサルハムシ
アカガネサルハムシyy1501
美麗種です。
アカガネサルハムシyy1502
体長5.5~7.5㎜。矢部村。

ムナグロツヤハムシ?
これも個体変異でしょうか?
DSC_9837.jpg
体長4.5~6㎜。矢部村。

タケトゲハムシ
タケトゲハムシz1501

タケトゲハムシz1502
体長5~6㎜。女山森林公園。

ムネアカサルハムシ
ムネアカサルハムシyy1501
体長4~4.5㎜。矢部村。

チビルリツツハムシ
ノミハムシの仲間と思ったら…
サルハムシyy1501
体長3.5㎜前後。黒木町。

ルリクビボソハムシ
ルリクビボソハムシyy1501
体長5.5~6.6㎜。矢部村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、D7000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ゾウムシとカミキリムシ ②
2015/07/02(Thu)
昨日のつづきです。

ワシバナヒメキクイゾウムシ(キクイゾウムシ亜科)
とにかく小さうえに風が吹くので撮影は大変でした。
種名は不確実です…
ワシバナヒメキクイゾウムシyy1501
体長2.6~3.6㎜。中津江村。

アオバネサルゾウムシ(サルゾウムシ亜科)
アオバネサルゾウムシyy1502
これまた微小種です。
アオバネサルゾウムシyy1501
体長2.5~3㎜。矢部村。

ムネアカクロハナカミキリ♀(ハナカミキリ亜科ハナカミキリ族)
胸が赤いのはメスだけです(オスは既アップ済)。
ムネアカクロハナカミキリ♀yy1501
伐採されたヤマザクラ?に産卵していました。
ムネアカクロハナカミキリ♀yy1502
体長12~18㎜。中津江村。

ムネマダラトラカミキリ(カミキリ亜科トラカミキリ族)
ムネマダラトラカミキリyy1501
てっきりウスイロトラカミキリだと思って撮影していましたが…
ムネマダラトラカミキリyy1502
パソコンで確認したら初見のムネマダラトラでした。
ムネマダラトラカミキリyy1503
体長9~17㎜。中津江村。

ルリカミキリ(フトカミキリ亜科ルリカミキリ族)
ルリカミキリyy1501
これも中々出会えなかったちょっと可愛いカミキリです。
ルリカミキリyy1502
カマツカ(バラ科)の葉裏にいました。
ルリカミキリyy1503
体長9~11㎜。中津江村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゾウムシとカミキリムシ ①
2015/07/01(Wed)
大分県との県境、矢部村(現八女市)と中津江村(現日田市)辺りを歩いてみました。
ここには、釈迦ヶ岳と御前岳という1000m級の山があり、山麓も含め周辺にはまだ自然も多く残っています。

ハスジカツオゾウムシ(カツオゾウムシ亜科)
この時期よく見かける普通種です。
ハスジカツオゾウムシyy1501
体長9~14㎜。矢部村。

エグリクチブトゾウムシ(クチブトゾウムシ亜科)
上翅の模様で同定しましたが…?初見です!
エグリクチブトゾウムシyy1501
体長5.3~7.1㎜。矢部村。

ホソキリンゴカミキリ(フトカミキリ亜科トホシカミキリ族)
飛んで来てクヌギの葉に止まったので判定に迷いましたが
リンゴカミキリyy1503
腹部が黒っぽいので特定しました。
リンゴカミキリyy1504
体長12~19㎜。矢部村。

ミヤマケシカミキリ(フトカミキリ亜科モモブトカミキリ族)
ミヤマケシカミキリyy1501
既知のアトモンマルケシカミキリかと思っていましたが、初見のカミキリでした。
ミヤマケシカミキリyy1502
体長3.5~6.2㎜。矢部村。

アトジロサビカミキリ(フトカミキリ亜科サビカミキリ族)
今年はあちこちでよく見かけます。
アトジロサビカミキリyy1503
体長7~11㎜。中津江村。

タテジマハナカミキリ(ハナカミキリ亜科ハナカミキリ族)
タテジマハナカミキリyy1501
既アップのニンフハナによく似ています。
タテジマハナカミキリyy1502
体長9~15㎜。中津江村。

トゲヒゲトラカミキリ(カミキリ亜科トラカミキリ族)
ヤマザクラの伐採枝に産卵していました。
トゲヒゲトラカミキリyy1505
体長8~11.5㎜。中津江村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |