5月の蝶 ①
2015/05/31(Sun)
今日は天気も回復しましたが、所用でフィールドに出られませんでした…

今日は蝶です。

ジャコウアゲハ♀(アゲハチョウ科)
幼虫の食草は毒のあるウマノスズクサ。そのため体内に毒を持っています。
ジャコウアゲハ♀yy1501
前翅長42~60㎜。矢部村。

モンキアゲハ(アゲハチョウ科)
中々写真に撮らせてくれない蝶なのですが…
モンキアゲハh1501
紋黄ではなく紋白に見えますが、死んだら黄色くなるようです。
モンキアゲハh1502
前翅長50~75㎜。星野村。

イチモンジチョウ(タテハチョウ科)
イチモンジチョウh1501
ウツギの花に来ていました。スイカズラ科を食草にします。
イチモンジチョウh1502
前翅長24~36㎜。星野村。

ヒオドシチョウ(タテハチョウ科)
ヒオドシチョウh1501
新成虫が出ていました。この後来年の春まで休眠(成虫越冬)します。
ヒオドシチョウh1502
数年ぶりに新鮮な個体を見ました。
前翅長32~42㎜。星野村。

撮影機材 カメラ:ニコンD71000、1V3
レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
     1ニッコール30-110㎜
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゾウムシ 5月 ④
2015/05/30(Sat)
今日は、久しぶりに南阿蘇ビジターセンターまで出かけて来ました。
生憎の天気で、午前中のみの観察となりました。成果は近々アップします。

さて、一昨日とは真逆の微小なゾウムシたちです。
撮影(ピント合わせ)には苦労します。

アカアシノミゾウムシ(ゾウムシ亜科)
アカアシノミゾウムシyy1501
ケヤキの葉を食害し、体色に個体変異があります。
アカアシノミゾウムシyy1502
強風に飛ばされたのか林道沿いのガードレールや下草の上に無数にいました。
アカアシノミゾウムシyy1503
体長2~3㎜。矢部村。

ガロアノミゾウムシ(ゾウムシ亜科)
カシの葉裏にいました。ノミゾウムシの仲間は後脚の腿節が発達(肥大化)しています。
ガロアノミゾウムシgy1501
体長2.2~2.6㎜。グリーンピア八女。

シギゾウムシの一種(ゾウムシ亜科)
シギゾウムシgy1501
サクラの葉裏にいましたが、同定できませんでした。
シギゾウムシgy1502
体長4㎜程。グリーンピア八女。

レロフチビシギゾウムシ(ゾウムシ亜科)
レロフチビシギゾウムシh1501
クヌギの葉にいました。
レロフチビシギゾウムシh1502
体長1.8~2.7㎜。星野村。

ヒサゴクチカクシゾウムシ(クチカクシゾウムシ亜科)
コナラの枯れ枝を歩いていました。
ヒサゴクチカクシゾウムシk1501
体長3.5~5.2㎜。女山森林公園。

チャバネキクイゾウムシ(キクイゾウムシ亜科)
チャバネキクイゾウムシz1501
クズの枯れた蔓にいました。
チャバネキクイゾウムシz1502
体長3~5㎜。女山森林公園。

ヒゲナガホソクチゾウムシ(ホソクチゾウムシ科)
ホソクチゾウムシの仲間はどれも微小です。
ヒゲナガホソクチゾウムシyy1501
体長2.6~3㎜。矢部村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、D7000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゾウムシ 5月 ③
2015/05/28(Thu)
今日はちょっと大きめのゾウムシを中心に…

オオシロオビゾウムシ(オサゾウムシ科)
オオシロオビゾウムシz1501
オオゾウムシよりちょっと小さめのゾウムシです。
オオシロオビゾウムシz1502
シダの葉上で見かけますが出会う機会は少ないです。
オオシロオビゾウムシgy1501
体長9~15㎜。女山森林公園&グリーンピア八女。

シロコブゾウムシ(クチブトゾウムシ亜科)
クズやハギなどマメ科植物の葉にいます。
シロコブゾウムシk1501
体長13~17㎜。清水山。

オジロアシナガゾウムシ(アナアキゾウムシ亜科)
クズの茎に噛み傷を付けて産卵します。
オジロアシナガゾウムシgy1501
体長9~10㎜。グリーンピア八女。

カツオゾウムシ(カツオゾウムシ亜科)
イタドリの葉でよく見つかります。赤褐色の鱗粉はすぐに剥げてしまいます。
カツオゾウムシh1501
体長8~12㎜。星野村。

ハスジカツオゾウムシ(カツオゾウムシ亜科)
こちらはヨモギの葉で見つかります。
ハスジカツオゾウムシh1501
体長9~14㎜。星野村。

アオヒゲナガゾウムシ(クチブトゾウムシ亜科)
今年もこの美麗なゾウムシに出会えました。
アオヒゲナガゾウムシyy1501
体長5~10㎜。矢部村。

コカシワクチブトゾウムシ(クチブトゾウムシ亜科)
これは結構小さい種です。
コカシワクチブトゾウムシk1502
体長4㎜。清水山。

オビモンヒョウタンゾウムシ(クチブトゾウムシ亜科)
3匹重なっています。
オビモンヒョウタンゾウムシyy1502
体長6.5~8.5㎜。矢部村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、D7000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
カミキリムシ 5月 ②
2015/05/27(Wed)
山野で、白い花や粗朶場を見かけると、ついカミキリやゾウムシ、タマムシ等を探してしまいます。

キクスイモドキカミキリ(フトカミキリ亜科シラホシサビカミキリ族)
キクスイモドキカミキリh1501
気付いたら粗朶の上を歩き回っていました。
体長6~11㎜。星野村。

ヒメヒゲナガカミキリ(フトカミキリ亜科ヒゲナガカミキリ族)
ヒメヒゲナガカミキリh1501
これも同じく粗朶にやって来ました。
体長9.5~18.5㎜。星野村。

ヤハズカミキリ(フトカミキリ亜科ヒゲナガカミキリ族)
ヤハズカミキリz1501
エゴノキの葉上にぽつんと佇んでいました。
体長12.5~24㎜。女山森林公園。

トガリシロオビサビカミキリ(フトカミキリ亜科サビカミキリ族)
トガリシロオビサビカミキリk1501
クズの枯れた細枝から葉の上へ移動してきました。
体長12~16㎜。清水山。

アトジロサビカミキリ(フトカミキリ亜科サビカミキリ族)
アトジロサビカミキリz1501
これもクズの枯枝で見つけました。
体長7~11㎜。女山森林公園。

ヨツキボシカミキリ(フトカミキリ亜科トホシカミキリ族)
ヨツキボシカミキリz1501
定番のヌルデの葉裏にいました。
体長8~11㎜。女山森林公園。

ホソキリンゴカミキリ(フトカミキリ亜科トホシカミキリ族)
ホソキリンゴカミキリgy1501
リンゴカミキリの仲間は種類も多いのですが、ハギの葉を食べていたので同定しました。
ホソキリンゴカミキリgy1502
体長12~19㎜。グリーンピア八女。

ラミーカミキリ(フトカミキリ亜科トホシカミキリ族)
ラミーカミキリz1501
カラムシの葉にようやく見つけました。
ラミーカミキリz1502
体長10~15㎜。女山森林公園。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、D7000、1V3
レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED、1ニッコール30-110㎜
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カミキリムシ 5月 ①
2015/05/26(Tue)
昨日今日と気温が30度くらいまで上がり真夏日でした。
じっとしていても汗ばみます。

さて、今日はカミキリムシ科の仲間です。

ホタルカミキリ(カミキリ亜科ホタルカミキリ族)
ホタルカミキリh1501
ヤマウルシの花に来ていました。
体長7~10㎜。星野村。

ニンフホソハナカミキリ(ハナカミキリ亜科ハナカミキリ族)
ニンフホソハナカミキリh1501
林縁のコガクウツギの花に次々と飛来しました。
ニンフホソハナカミキリh1502

ニンフホソハナカミキリh1503
体長9~13㎜。星野村。

エグリトラカミキリ(カミキリ亜科トラカミキリ族)
エグリトラカミキリh1501
伐採され小積まれた粗朶にやって来て産卵していました。
エグリトラカミキリh1502
体長9~13.5㎜。星野村。

ヒメクロトラカミキリ(カミキリ亜科トラカミキリ族)
前種と同じ場所にいました。
ヒメクロトラカミキリh1501
体長4.5~8㎜。星野村。

ムネアカクロハナカミキリ♂(ハナカミキリ亜科ハナカミキリ族)
メスの胸部は赤くなりますがオスは黒です。
ムネアカクロハナカミキリ♂h1501
ただし、似たような種がいますので同定に自信ありません。
ムネアカクロハナカミキリ♂h1502
体長12~18㎜。星野村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、D7000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アカシジミとキンカメムシ
2015/05/25(Mon)
未アップの画像はまだまだありますが、今日は旬の画像を…
FBには既にアップしていますので、ダブるかとも思いますが…
できるだけ別画像をアップします。

5月も後半に入り初夏を彩る昆虫たちが見られ始めました。

アカシジミ(シジミチョウ科)
アカシジミgy1500
今年は早々と23日に出会うことができました。
アカシジミgy1501
いよいよゼフィルスシーズン到来です。
アカシジミgy1502

アカシジミgy1503
前翅長16~22㎜。八女市。

アサギマダラ(タテハチョウ科マダラチョウ亜科)
アサギマダラh1501
渡りをする蝶として有名で、春(初夏?)のこの時期と秋に見られます。
アサギマダラh1502
前翅長43~65㎜。八女市。

イシガケチョウ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
イシガケチョウgy1501
これから最盛期を迎える蝶です。
イシガケチョウgy1502
前翅長26~36㎜。八女市。

ニシキキンカメムシ(キンカメムシ科)
錦金亀虫、昨日(24日)は、このカメムシに会うために久しぶりの登山でした。
ニシキキンカメムシks1501
初めての出会いとその美麗さに感動しました。
ニシキキンカメムシks1502
ツゲを食草とするので生息地は局限されます。
ニシキキンカメムシks1503
葉上から落ちたので手に乗ってもらいました。
体長16~20㎜。福岡県準絶滅危惧種。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、D7000、1V3
       レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
            タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
            1ニッコール30-110㎜
この記事のURL | 昆虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ゾウムシ 5月 ②
2015/05/24(Sun)
今日は、時折小雨がパラつきましたがお馴染みのフィールドへ出かけました。
運良くアカシジミに出会うことができました。ブログにも近々アップします。

さて、ちょっと地味ですが今日はヒゲナガゾウムシ科です。
ヒゲナガゾウムシの仲間は枯れ木や朽木に集まって来ます。
顔面アップで見るとどれも強面ですねぇ…

ハスジヒゲナガゾウムシ
ハスジヒゲナガゾウムシat1501
初見のゾウムシです。
ハスジヒゲナガゾウムシat1502
体長4~5.2㎜。阿蘇。

クロフヒゲナガゾウムシ
クロフヒゲナガゾウムシat1501
お馴染みのゾウムシです。
クロフヒゲナガゾウムシat1502
体長4.5~7.1㎜。阿蘇。

シロヒゲナガゾウムシ♀
シロヒゲナガゾウムシ♀k1501
微小種が多いので大きく感じます。
シロヒゲナガゾウムシk1502
体長7.51~1.5㎜。清水山。

キマダラヒゲナガゾウムシ
キマダラヒゲナガゾウムシh1501
一番の普通種かな?
キマダラヒゲナガゾウムシgy1501
体長4.2~5.8㎜。八女市星野村、黒木町。

チャマダラヒゲナガゾウムシ
チャマダラヒゲナガゾウムシh1501
久しぶりの出会いでした。
チャマダラヒゲナガゾウムシh1502
体長6~7.5㎜。星野村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、D7000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゾウムシ 5月 ①
2015/05/22(Fri)
今度の日曜日は、とある山まであるカメムシを観に行こうと思っているのですが…
天気がちょっと心配です。

さて、GWから5月半ばにかけて撮り貯めたゾウムシの仲間です。
まずはアナアキゾウムシ亜科のゾウムシです。

ホソアナアキゾウムシ
鳥の糞?と思いましたが、葉の裏に鳥の糞?と近付いてみると…
ホソアナアキゾウムシat1501
やはりゾウムシでした。
ホソアナアキゾウムシat1502
上翅は結構ボコボコで、この穴にダニがいっぱいくっ付いていることが多いのですが…
ホソアナアキゾウムシyy1501

ホソアナアキゾウムシyy1502
体長5~8㎜。阿蘇&矢部村。

ホホジロアシナガゾウムシ
ヤマウルシの小枝(新茎)に噛み傷を付けていました。
ホホジロアシナガゾウムシh1501

この後ここに産卵します。
ヌルデやハゼ等の小枝が折れていることで存在に気付くことが多いです。
ホホジロアシナガゾウムシh1502
体長6~9㎜。星野村。

キスジアシナガゾウムシ
キスジアシナガゾウムシyy1501
カラムシで良く見つかります。
キスジアシナガゾウムシyy1502
体長8~11㎜。矢部村。

マダラアシゾウムシ
マダラアシゾウムシh1501
朽ちかけたヌルデの立ち枯れの幹に20匹位が群れていました(ビックリ!)
マダラアシゾウムシh1502
ゴツゴツのボディが樹肌に溶け込んでいます。
マダラアシゾウムシh1503
体長15㎜前後。星野村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、D7000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハムシ 5月 ③
2015/05/21(Thu)
スケルトンになっていたりトゲトゲがあったり…
共通するのは、幼虫も成虫も草や木の『葉(柔らかそうな新葉)』を食べるということです。そして何より微小種が多いこと。
そこで閃いたのが『ミクロのベジタリアン』という言葉でした。

セモンジンガサハムシ
セモンジンガサハムシgy1501

セモンジンガサハムシgy1502

イチモンジカメノコハムシ
前種とよく似ています。
イチモンジカメノコハムシh1501

イチモンジカメノコハムシyy1501

キベリトゲハムシ
キベリトゲハムシyy1501

タケトゲハムシ
タケトゲハムシk1501

ムシクソハムシ
ムシクソハムシh1501

クロボシツツハムシ
クロボシツツハムシh1501

バラルリツツハムシ
バラルリツツハムシgy1502

バラルリツツハムシgy1503

クワハムシ
クワハムシh1501

カタクリハムシ
カタクリハムシat1501

ルリマルノミハムシ
ルリマルノミハムシat1501

ルリマルノミハムシとクロハナケシキスイat1501
隣にいるのはクロハナケシキスイ。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、D7000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED

この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハムシ 5月 ②
2015/05/20(Wed)
ハムシの仲間は葉上の宝石とも呼ばれます。
種によっては色彩の個体変異が顕著なものもあります。

イタドリハムシ
白っぽい個体です。
イタドリハムシyy1501

ヨモギモンキハムシ
前種にそっくりです。
ヨモギモンキハムシyy1501

ムナグロツヤハムシの個体変異
ムナグロツヤハムシyy1501

ムナグロツヤハムシyy1502

ムナグロツヤハムシyy1503

ムナグロツヤハムシyy1504

ムナグロツヤハムシyy1505

ムナグロツヤハムシyy1506

ズグロキハムシ
ズグロキハムシyy1501

ズグロキハムシyy1502

ヤナギハムシ
ヤナギハムシyy1501

キクビアオハムシ
キクビアオハムシyy1501

クロウリハムシ
クロウリハムシat1501

クロウリハムシyy1501

サンゴジュハムシ
サンゴジュハムシh1501

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、D7000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハムシ 5月 ①
2015/05/19(Tue)
ハムシの仲間は形状、色などどれも個性に富んでいます。
GWから5月半ばにかけて撮り貯めたハムシ(葉虫)の仲間たちです。
数が多いので名前だけで詳細は省略します。
詳しく知りたい方は、ハムシハンドブック等をご参照ください。

アカガネサルハムシ
アカガネサルハムシsk1501

アカガネサルハムシyy1501

カサハラハムシ
カサハラハムシh1501

トビサルハムシ
トビサルハムシgy1501

トビサルハムシgy1502

リンゴコフキ(サル)ハムシ
リンゴコフキハムシyy1501

ケブカサルハムシ
ケブカサルハムシk1501

ケブカクロナガハムシ
ケブカクロナガハムシh1501

アカクビナガハムシ
アカクビナガハムシh1501

キイロクビナガハムシ
キイロクビナガハムシyy1501

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、D7000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
GWの野鳥たち
2015/05/18(Mon)
今日は久しぶりに野鳥をアップします。

アオゲラ(キツツキ科)
この日は野草園内の低いところを行き来していました。
アオゲラat1503
体長29cm。阿蘇。

ビンズイ(セキレイ科)
ビンズイat1501
ビンズイを撮ったのは何年ぶりでしょうか?
ビンズイat1502
体長16㎝。阿蘇。

ミソサザイ(ミソサザイ科)
ミソサザイyy1501
国内最小種の一つです。
ミソサザイyy1502
巣作りの真っ最中だったようで警戒されてしましました。
ミソサザイyy1503
バックが白飛びで画像は今ひとつです。
ミソサザイyy1504
体長10㎝。矢部村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、ニコン1V3
       レンズ:1ニッコール30-110、70-300
            タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
GWのオトシブミ
2015/05/17(Sun)
今日はオトシブミの仲間です。
今日出かけた地元のフィールドでは、ヒメクロオトシブミがまだ揺籃を作っていました。
ヒメクロさんは結構活動期間が長いです。

ウスモンオトシブミ(オトシブミ亜科オトシブミ族)
この種も活動期間は長いですが、揺籃作りは今からが最盛期です。
ウスモンオトシブミat1501
体長5~7㎜。阿蘇。

ヒメコブオトシブミ(オトシブミ亜科オトシブミ族)
ヒメコブオトシブミat1501
こちらもこれからが最盛期です。
ヒメコブオトシブミyy1501
体長5~6.5㎜。阿蘇&矢部村。

エゴツルクビオトシブミ♀(オトシブミ亜科クビナガオトシブミ族)
エゴツルクビオトシブミ♀yy1501
メスの首はオスのように長くありません。
体長5~6.5㎜。矢部村。

ヒゲナガオトシブミ♂(オトシブミ亜科クビナガオトシブミ族)
ヒゲナガオトシブミ♂yy1501
林道沿いの至る所に、アブラチャン、クロモジ、ケクロモジがあり
どの木でも揺籃作りの真っ最中でした。

ヒゲナガオトシブミ♀yy1501
体長オス7~11㎜、メス6~8㎜。矢部村。

ケシルリオトシブミ(アシナガオトシブミ亜科ルリオトシブミ族)
小さい小さい…
ケシルリオトシブミyy1503
体長2.5~3㎜。矢部村。

コブルリオトシブミ(アシナガオトシブミ亜科ルリオトシブミ族)
見かける機会が少ないルリオトシブミです。
コブルリオトシブミyy1501
背中のコブ状の隆起が特徴です。
コブルリオトシブミyy1502
大きい葉を付けるカエデ類で見ることが多いです。
コブルリオトシブミyy1503
体長3~4.5㎜。矢部村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、D7000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
GWのチョッキリ
2015/05/16(Sat)
3種のハマキチョッキリです。

ベニホシハマキチョッキリ
何度もアップしますがいつ見ても美麗種です。
ベニホシハマキチョッキリat1503
体長5~7㎜。阿蘇。

イタヤハマキチョッキリ
イタヤとはイタヤカエデのことです。
イタヤハマキチョッキリat1504
ウリカエデやトウカエデの葉を巻いていました。
イタヤハマキチョッキリat1505
体長5.5~8.5㎜。阿蘇。

ファウストハマキチョッキリ
前種に似ていますが…
ファウストハマキチョッキリyy1501
こちらの方が一回り小さく翅の光沢が強いようです。
ファウストハマキチョッキリyy1502
ファウストとは昆虫学者の名前のようです。
ファウストハマキチョッキリyy1503
イロハモミジを巻いていました。
ファウストハマキチョッキリyy1504
体長4.9~5.5㎜。矢部村。

ミヤマイクビチョッキリ(イクビチョッキリ族)
ナラガシワの葉にいました。
ミヤマイクビチョッキリat1501
体長3.5~4.5㎜。阿蘇。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、D7000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
GWのタマムシ
2015/05/15(Fri)
タマムシとは言っても、ちょっと地味めのナガタマムシとチビタマムシの仲間です。
ナガタマムシの仲間は似た種が多いので同定に間違いがあるかもしれません。
チビタマムシの仲間はどれも3㎜前後というものばかりです。

ムネアカナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
ムネアカナガタマムシaj1501
福岡市へミカドアゲハを見に行ったときにエノキの下草で見つけました。
体長7~11㎜。

シロテンナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
シロテンナガタマムシyy1501
矢部村の釈迦ヶ岳登山口近くの草に飛んできました。
シロテンナガタマムシyy1502
頭上にはケヤキ等の木々がありました。
体長5~10㎜。

クズノチビタマムシ(チビタマムシ亜科)
クズの葉を食べます。
クズノチビタマムシaj1501
荒れ地などに生えるクズの葉を探すと胡麻粒のような本種が見つかります。
クズノチビタマムシaj1502
体長3~4㎜。福岡市。

ナミガタチビタマムシ(チビタマムシ亜科)
ナミガタチビタマムシgy1501
ケヤキの葉に付きます。
ナミガタチビタマムシyy1501

ナミガタチビタマムシyy1502
体長2.6~4㎜。八女市。

コウゾチビタマムシ(チビタマムシ亜科)
コウゾチビタマムシyy1502
和紙の原料となるコウゾなどクワ科の葉に付きます。
コウゾチビタマムシyy1503
体長2.6~4.2㎜。女山森林公園。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、D7000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
GWのカミキリ
2015/05/14(Thu)
今年はカミキリの出が遅れているのか思ったほど色々な種類に出会いません。
同じ種をあちこちでよく見かけはするのですが…

ナカジロサビカミキリ(フトカミキリ亜科サビカミキリ族)
倒木の上でカップルを見つけました。
ナカジロサビカミキリat1503
体長6.5~10㎜。阿蘇。

ヒメスギカミキリ(スギカミキリ族)
杉の伐採木に」産卵中です。
ヒメスギカミキリat1504
体長7~12㎜。阿蘇。

ホタルカミキリ(ホタルカミキリ族)
新鮮な個体でしたが、見かけたのはこれ1匹だけ。
ホタルカミキリat1502
体長7~10㎜。阿蘇。

シロスジドウボソカミキリ(ドウボソカミキリ族)
シロスジドウボソカミキリz1501
車道脇の草叢で見つけた初見のカミキリです。
シロスジドウボソカミキリz1502
セイタカアワダチソウの茎で触角をピンと伸ばしじっとしていました。
シロスジドウボソカミキリz1504
中々カッコ良いカミキリです。
体長13~19㎜。女山森林公園。

フタオビノミハナカミキリ(ヒメハナカミキリ族)
先日のキバナチゴユリを撮影中に花の中から小さな昆虫が出て来ました。これがオマケの正体です。
フタオビノミハナカミキリyy1501
慌ててカメラを向けると、久しぶりに出会うカミキリでした。
フタオビノミハナカミキリyy1502
ノミと名前に付くほど小さなカミキリです。
フタオビノミハナカミキリyy1503
体長4~6㎜。矢部村。

ヒトオビアラゲカミキリ(アラゲカミキリ族)
これまた久しぶりのカミキリが伐採枝の細枝に…
ヒトオビアラゲカミキリyy1501
枝を支える私の指と比べてもその小ささが分かると思います。
ヒトオビアラゲカミキリyy1502
体長7~10㎜。矢部村。

チャイロヒメハナカミキリ(ヒメハナカミキリ族)
チャイロヒメハナカミキリyy1501
既アップ済みですが…カワイイので…
体長6~8.5㎜。矢部村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
貴重な野草たち 矢部村
2015/05/12(Tue)
いつも、この時期に出会いを求めて出かける野草(花)たちです

キバナチゴユリ(ユリ科)
今年はちょうど花時に出会えました。白いチゴユリ(稚児百合)というのも当然あります。
キバナチゴユリyy1501
私は、ここではとある場所に数株知っているのみです。
キバナチゴユリyy1502
今年は嬉しい事におまけまで…それはまた後日…
キバナチゴユリyy1503
花は1㎝程、草丈は30㎝位になります。

ギンラン(ラン科)
ギンランyy1501
先日キンラン(金蘭)はアップしていましたが、
ギンランyy1502
今日はギンラン(銀蘭)です。
ギンランyy1503
花(5~6㎜)も草丈(15~30㎝)もキンランの半分程しかありません。

ギンリョウソウ(シャクジョウソウ科)
ギンリョウソウyy1501
別名ユウレイタケともいう腐生植物です。
草丈5~15㎝。

3種とも限られた場所の半日陰で目立たない場所にそっと咲いていました。
しかし、林道脇なので気付く人は気付くでしょうし可憐な花でもあるので、
心無い人に盗掘されないことを祈るばかりです。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
GWのチョウ ③
2015/05/11(Mon)
既アップのゴマダラチョウの幼虫。同じ固体かどうかは分かりませんが、
グリーンに色が変わった個体を同じ場所で見つけました。
セセリチョウの仲間は地味なものが多いです。

ゴマダラチョウ幼虫(タテハチョウ科)
ゴマダラチョウ幼虫yy1504
エノキの葉上に見つけました。
ゴマダラチョウ幼虫yy1505
5㎝ほどでした。矢部村。

コミスジ(タテハチョウ科)
コミスジat1501
新鮮な個体が飛び回っていました。
よく見ると体が虹色に輝いています。
コミスジat1502
前翅長22~30㎜。阿蘇。

サカハチチョウ(タテハチョウ科)
春型の個体が高所のミズキの花で吸蜜中です。
サカハチチョウat1501
前翅長22~25㎜。阿蘇。

ダイミョウセセリ(セセリチョウ科)
セセリチョウでは珍しく翅を広げて止まります。
ダイミョウセセリgy1501
前翅長15~21㎜。グリーンピア八女。

ギンイチモンジセセリ(セセリチョウ科)
各地で絶滅しつつある蝶です。
ギンイチモンジセセリat1501
前翅長15~21㎜。阿蘇。

ミヤマチャバネセセリ(セセリチョウ科)
平地では見られません。アザミで吸蜜中。
ミヤマチャバネセセリyy1501
前翅長16~21㎜。矢部村。

コチャバネセセリ(セセリチョウ科)
陽光に照らされて翅が輝いています。
コチャバネセセリyy1501
前翅長14~19㎜。矢部村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、D7000
       レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
GWのチョウ ②
2015/05/10(Sun)
阿蘇でのキャンプの目的の一つはオオルリシジミを見ることでした。
日本では長野県(危機的状況)と阿蘇でしか見ることができない貴重な蝶です。

オオルリシジミ(シジミチョウ科)
オオルリシジミat1501jpg

オオルリシジミat1502
多くの個体と出会えましたが、生憎の天気で開翅は望めませんでした。
オオルリシジミat1503
食草のクララ(マメ科)の上でじっとしています。
クララには毒があり、牛も食べないため放牧地に残ったクララがオオルリシジミの命を繋いでいます。
開発によりクララの群落が消えることでオオルリシジミも絶滅への途を辿ります。
オオルリシジミat1504
前翅長20㎜。阿蘇。

ツマキチョウ♀(シロチョウ科)
ツマキチョウ♀at1501
4月~5月初め頃しか見られないスプリングエフェメラルです。
ツマキチョウ♀at1502
阿蘇。


ツマキチョウ♂gy1501
オスの翅先は黄色で、これが名前の由来です。
前翅長20~30㎜。グリーンピア八女。

ヒメシロチョウ(シロチョウ科)
ヒメシロチョウat1501
モンシロチョウに比べ華奢な感じのする蝶で、
九州では阿蘇・くじゅうでしか見られません。
前翅長19~24㎜。阿蘇。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、D7000
レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
GWのチョウ ①
2015/05/09(Sat)
アオスジアゲハ(アゲハチョウ科アオスジアゲハ族)
アオスジアゲハym1501
幼虫の食草はクスノキ科のクスノキやタブノキ等。
アオスジアゲハym1502
成虫は様々な花にやって来ます。
アオスジアゲハym1503
食草や花の間を敏捷に飛び回ります。
前翅長30~45㎜。筑後地方。

ミカドアゲハ(アゲハチョウ科アオスジアゲハ族)
ミカドアゲハaj1501
幼虫の食草はモクレン科のオガタマノキ(稀にタイサンボク)。
ミカドアゲハym1501
オガタマノキは神社等に御神木として植栽されていることが多いようです。
ミカドアゲハym1502
成虫はトベラ等の花に吸蜜に来ます。
ミカドアゲハym1503
珍しい蝶であり、食草のある生息地には採集者が集中します。
ミカドアゲハym1504
できるだけ「採る」ではなく「撮る」ようにしてほしいものです。
ミカドアゲハym1505
前翅長40~50㎜。
ミカドアゲハym1506
1枚目は福岡市、それ以外は筑後地方。

初めてミカドアゲハを見たのは30年くらい前、福岡市動植物園でした。
5月の半ば頃、職場のレクで出かけた際です。
植物園のマーガレットの花に初めて見る蝶が…それがミカドアゲハでした。
その後、なかなか会えずにいましたが、3年前と今年、福岡市で再会しました。
そして数日前、地元(車で30分以内)にいることを知り、無事に出会うことができました。
地元のオジサンが「珍しい蝶らしいねぇ…採らんでおいてほしいなぁ…」と言っていたのが印象的でした。
貴重という意味ではミカドアゲハですが、アオスジアゲハも負けず劣らず美しい蝶です。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、ニコン1V3
レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
    1ニッコール30-110、70-300
タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ゾウムシ ③
2015/05/09(Sat)
今日は、クチブトゾウムシ亜科とオサゾウムシ科のゾウムシです。

キュウシュウヒゲボソゾウムシ
キュウシュウヒゲボソゾウムシyy1501
次種に似ていますが、色が地味です。
体長8.5㎜。矢部村。

リンゴコフキゾウムシ
リンゴコフキゾウムシyy1501

リンゴコフキゾウムシh1501
似たような種が多く同定に自信無しです。
リンゴコフキゾウムシh1503
体長8~8.5㎜。八女市内各地。

以上、クチブトゾウムシ亜科。以下はオサゾウムシ科

オオゾウムシ
オオゾウムシyy1501
日本最大種のゾウムシです。
12~29㎜。矢部村。

トホシオサゾウムシ
トホシオサゾウムシk1501
ツユクサで発生するそうですが
トホシオサゾウムシk1502
ハギの若葉の上にいました。
体長6~8㎜。清水山。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、D7000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゾウムシ ②
2015/05/07(Thu)
連休中に見つけたゾウムシ達です。
今日はクチブトゾウムシ亜科をメインに…

ウスヒョウタンゾウムシ
ウスヒョウタンゾウムシat1501
ハナウドやシシウド等セリ科植物の葉上で見られます。
ウスヒョウタンゾウムシat1502
体長9~13㎜。阿蘇。

オビモンヒョウタンゾウムシ
シロオビヒョウタンゾウムシyy1501
ダンコウバイの細枝でいつも見つかります。
体長6.5~8.5㎜。矢部村。

カシワクチブトゾウムシ
カシワクチブトゾウムシgy1501
コナラやクヌギ等の葉裏によくいます。
カシワクチブトゾウムシgy1502
上翅の模様に個体差があります。
カシワクチブトゾウムシh1501
体長4.7~5.1㎜。八女市。

コカシワクチブトゾウムシ
コカシワクチブトゾウムシk1501
前種によく似ています。
体長4㎜前後。みやま市清水山。

ツンプトクチブトゾウムシ
ツンプトクチブトゾウムシh1501
上翅の模様がはっきり分かります。
体長5.5~6.8㎜。星野村。

トゲアシゾウムシ
トゲアシゾウムシgy1501
前種に似ていますが、こちらはちょっと丸っこい感じです。
体長3.8~4㎜。グリーンピア八女。

コフキゾウムシ
コフキゾウムシyy1501
クズの葉上によくいます。綺麗なグリーンの体色もだんだんと剥がれて行きます。
体長3.6~7.5㎜。矢部村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100&D7000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
オトシブミぞくぞく…③
2015/05/06(Wed)
GWもあっという間に終わってしまいました。
ほとんど家にはいませんでしたが…、
生き物探訪の成果はおいおいとアップしていきます。

ルイスアシナガオトシブミ(アシナガオトシブミ亜科アシナガオトシブミ族)
ルイスアシナガオトシブミyy1501
山上に植栽されたケヤキの幼木にたくさんいました。
ルイスアシナガオトシブミyy1502
揺籃作りの真っ最中です。
ルイスアシナガオトシブミ揺籃yy1501
既に巻かれたものも…
ルイスアシナガオトシブミyy1503
オス同士でマッチョな前脚を振り回すように闘います。
体長4~6㎜。

ヒゲナガオトシブミ(オトシブミ亜科クビナガオトシブミ族)
ヒゲナガオトシブミ♂yy1501
オスは、長い首と触角をピンと伸ばして高さを競い合うように闘います。
ヒゲナガオトシブミyy1501
多くの個体が出現していました。
ヒゲナガオトシブミyy1502
こちらも揺籃作りに忙しそうでした。
ヒゲナガオトシブミ揺籃yy1501
巻き終えた葉…(枝先に残すものと切り落とすものがあるようです)
体長オス7~11㎜、メス6~8㎜。

エゴツルクビオトシブミ♂(オトシブミ亜科クビナガオトシブミ族)
エゴツルクビオトシブミ♂yy1501
前種と同じ場所のエゴノキで…
エゴツルクビオトシブミ♂yy1502
巻かれた葉もあったのですがメスが見つかりませんでした。
エゴツルクビオトシブミ♂yy1503
体長オス 6.0-8.0,メス 5.0-6.5㎜。

ウスモンオトシブミ(オトシブミ亜科オトシブミ族)
ウスモンオトシブミyy1501
こちらも同じ場所のキブシですが、未だ葉は巻かれていませんでした。
体長5~7㎜。
以上、4/29に全て八女市矢部村にて撮影。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
GW突入 ゾウムシ ①
2015/05/03(Sun)
昨日は、早朝からいつもの南阿蘇ビジターセンターで観察会。
その後、移動してキャンプとなりました。
久しぶりのキャンプでしたが、美味しい肉とビール、そして友人との会話と充実した時間を過ごすことができました。

ゾウムシも種類が増えて来ました。

アザミホソクチゾウムシ(ホソクチゾウムシ科)
アザミホソクチゾウムシgy1501
キツネアザミに付く小さいゾウムシです。
アザミホソクチゾウムシgy1502
蕾の上で…
体長2.8~3.1㎜。グリーンピア八女。

クロハモグリゾウムシ(ゾウムシ科)
クロハモグリゾウムシh1501
初見のゾウムシで、同定には自信ありません。
体長2.6~2.8㎜。星野村。

ガロアノミゾウムシ(ゾウムシ科)
ガロアノミゾウムシh1501
バラの蕾に口吻を突っ込んでいました。
2.2~2.6㎜。星野村。

エゴシギゾウムシ(ゾウムシ科)
エゴシギゾウムシh1501
エゴノキの葉上に発見、木の向こうは崖になっていて近付けませんでした。
体長5.5~7㎜。星野村。

セダカシギゾウムシ(ゾウムシ科)
セダカシギゾウムシh1500
ガマズミやコバノガマズミの葉裏でよく見つかります。
セダカシギゾウムシh1501
体長3~5㎜。星野村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED、
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カミキリ色々…
2015/05/02(Sat)
この時期のカミキリは小さい種が多く見つけるのに苦労します。
狙い目は白い花かな…。

ベニカミキリ(カミキリ亜科ベニカミキリ族)
ベニカミキリgy1501
孟宗竹などに産卵します。
ベニカミキリgy1502
カマツカ(バラ科)と思われる花に来ていました。
ベニカミキリgy1503
傍には竹林もあります。昔は超普通種でしたが最近はあまり見かけません。
体長12.5~17㎜。グリーンピア八女。

チャイロヒメハナカミキリ(ハナカミキリ亜科ハイイロハナカミキリ族)
チャイロヒメハナカミキリgy1501
こちらは、コバノガマズミの花にいました。
チャイロヒメハナカミキリgy1502
体長6~9㎜。グリーンピア八女。

ヒメクロトラカミキリ(カミキリ亜科トラカミキリ族)
ヒメクロトラカミキリgy1501
カマツカの葉裏にいるところを発見。
体長4.5~8㎜。

トゲヒゲトラカミキリ(カミキリ亜科トラカミキリ族)
トゲヒゲトラカミキリyy1501
こちらは苦労せずに見つかります。花粉まみれです。
トゲヒゲトラカミキリyy1502
コバノガマズミの花に無数に群れていました。
体長8~11.5㎜。矢部村。

キバネニセハムシカミキリ(ハナカミキリ亜科ハイイロハナカミキリ族)
キバネニセハムシカミキリyy1501
カエデの葉上で見つけましたが、すぐに落ちてしましました。
体長4~8㎜。矢部村。

アトモンサビカミキリ(フトカミキリ亜科サビカミキリ族)
アトモンサビカミキリyy1501
落ちた枯れ枝にいました。
体長7~10㎜。矢部村。

明日(2日)から1泊で阿蘇でキャンプしてきます!!

撮影機材 カメラ:ニコンD7100&D7000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |