FC2ブログ
オトシブミ科 ②
2014/04/29(Tue)
今日は雨が上がったので、久しぶりに佐賀県の大授搦へシギ・チドリ類の観察に行ってきました。

さて、オトシブミの仲間その②です。

ベニホシハマキチョッキリ(チョッキリゾウムシ亜科ハマキチョッキリ族)
ベニホシハマキチョッキリy1401
チョッキリの中の美麗種筆頭格ではないでしょうか?
ベニホシハマキチョッキリy1405
ドロハマキチョッキリの西日本亜種とされています。
ベニホシハマキチョッキリy1406
矢部村の林道沿いのウリカエデの幼木の葉を巻いていました。この中に産卵します。
ベニホシハマキチョッキリy1407
葉柄の根元を齧って葉を萎れさせてから巻き始めます。
ベニホシハマキチョッキリy1404
葉から落ちて地面の枯枝?の先へ
ベニホシハマキチョッキリy1402
そして…飛び立ちます
ベニホシハマキチョッキリy1403
胸部前縁のトゲが見えるのでオスですね。
ベニホシハマキチョッキリy1408
こちらはトゲが無いのでメスです。
ベニホシハマキチョッキリy1409
全部で4個体(2ペア)がいました。
全長5~7㎜。

なお、亜科ではなくチョッキリゾウムシ科とする説もあります。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |