FC2ブログ
アブとかハチとか
2014/04/14(Mon)
グリーンピア八女で観たアブやハチの仲間です。

ビロードツリアブ(ツリアブ科)
ビロードツリアブgy1401
これも春にのみ現れるのでスプリングエフェメラルと言ってもいいかな…
ビロードツリアブgy1402
尖った長い口吻でホバリングしながら花の蜜を吸います。
ビロードツリアブgy1403
この日も色々な花で観られました。
ビロードツリアブgy1404
幼虫は、土中に巣を作るハナバチ類の幼虫や蛹に寄生するそうです。
ビロードツリアブgy1405
体長8~12㎜。

マガリケムシヒキ(ムシヒキアブ科)
マガリケムシヒキz1401
小さなハエやガガンボ等を捕まえて食べます。
体長15~20㎜。

ニッポンヒゲナガハナバチ(コシブトハナバチ科)
ニッポンヒゲナガハナバチgy1401
こちらも春にのみ現れるようです。
ニッポンヒゲナガハナバチgy1402
オスの触角が長いのが特徴で、色々な花にやってきます。
体長14㎜前後。

ニホンミツバチ(ミツバチ科)
ニホンミツバチgy1401
蜂蜜を採るために飼育されるのはセイヨウ(西洋)ミツバチです。
ニホンミツバチgy1402
こちらは日本在来種で体色が黒っぽいのが特徴です。
手前の個体は後脚に花粉団子を付けています。
体長13㎜前後。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | ハチ・アブ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |