カラス科
2014/01/31(Fri)
カラスと聞いてあまり良いイメージを持つ人はいないと思いますが、
結構知恵があり賢い鳥のようです。
そんなカラスの仲間たちです。

ハシブトガラス
ハシブトガラスyg01
カラスと言えばハシブトかハシボソが一般的です。
こちらは額(デコ)が高く嘴が太いのが特徴です。
ハシブトガラスyn01
「カーカー」と鳴きます。
全長56㎝。撮影地、柳川市。

ハシボソガラス
ハシボソガラスck01
額は低く嘴も若干細めです。
ハシボソガラスck02
「ガーガー」とか「ガララガララ」と濁った声で鳴きます。
全長50㎝。撮影地、筑後市。

ミヤマガラス
ミヤマガラスi00
嘴が白っぽく細く尖っているのが特徴です。
大陸より西日本に渡ってくる冬鳥で、大群で行動します。
ミヤマガラスi01
農耕地でよく見られます。「ガァァ」としゃがれた声で鳴きます。
稀に、コクマルガラスが混じることがありますが、今回は発見できず…です。
全長47㎝。撮影地、柳川市。

カササギ
カササギyn00
佐賀県と福岡県、熊本県の一部で見られます。
カササギyn01
豊臣秀吉が朝鮮出兵の際連れ帰ったと言う説もあります。
カササギyn02
「カシャカシャ」という鳴き声を「カチカチ」と聞きなしカチガラスとも呼ばれます。
全長45㎝。撮影地、みやま市。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
                    トキナーAT-X80-400mmズーム
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
K.Country HC-650
2014/01/30(Thu)
久々の音楽ネタです。
今後、週一位は音楽ネタで行こうかなと思っていますが…??
ウォッシュボードとオートハープは既に紹介しましたので、その他の楽器を紹介していきます。

まずはメイン楽器の「ギターシリーズその①」です。
kc01.jpg
最初に買ったギターは高校2年生の時の『KASUGA(春日楽器)W-150』。安いギターでした。それでも、学校に行っている時以外は常に側に於いて、一生懸命練習?しました。
そして、高校卒業後就職して最初のボーナス(1974年12月)で買ったのが、このギター『K.Country(Kカントリー)HC-650(同じく春日楽器)』です。型番の数字に「0」2つ付けると、その当時の国産ギターの定価でした。
実は最初、アメリカの老舗メーカーMartin(マーチン)と提携していたTOKAI(東海楽器)のギターをと思っていたのですが、楽器店で弾き比べてみると。こちらの方が良い(好みの)音だったのです。Gallagher(ギャラガー:同じくアメリカのメーカー)のコピーモデルです。
今の若者は、普通にマーチンやGibson(ギブソン:同じくアメリカの老舗メーカー)を弾いていますが、当時の私にはこれが精いっぱいでした。でも今や「ジャパニーズヴィンテージギター(昔のギターは材が良い)」として、当時作られたギター達が持てはやされているようです。
今は職場に置いて、毎日施設の利用者の歌の伴奏に活躍しています。
歴戦の勇士(弾き続けて40年)で傷だらけになっていますが…今日もデカくて歯切れの良い音を聞かせてくれています。
kc02.jpg
トップ(表板):スプルース単板
kc10.jpg

kc03.jpg

kc04.jpg
サイド&バック(側板&後板):ローズウッド合板
ネック:マホガニー
kc05.jpg
ヘッド表のメーカーロゴ
kc06.jpg
ヘッド裏とペグ:グローバータイプのメーカーオリジナル?
kc07.jpg

kc08.jpg
指板&ブリッジ:エボニー(黒檀)
kc09.jpg
ピックガード:べっ甲風
長年のピッキングで穴が開きそうです。
kc11.jpg
10年以上?前の演奏写真。
この記事のURL | 楽器 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
中山公園 アオジとシロハラ
2014/01/29(Wed)
アオジ(ホオジロ科)
アオジyn01
駐車場に車を止めて降りてすぐ、目の前の木に止まりましたが
すぐに飛んで行きました。小枝がちょっと邪魔ですが…
全長16㎝。

シロハラ(ツグミ科)
シロハラyn01
公園内で数個体越冬しているようで、歩く先々で足元から飛び去ります。
シロハラyn02
こちらは別個体です。
シロハラyn03
割と地味なので地面に降りていると目立ちません。
シロハラyn04
全長24㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
橋本・大和干拓(柳川市) オオバンとチョウゲンボウ
2014/01/28(Tue)
オオバン(クイナ科)
オオバンyg01
水路に十数羽のオオバンがいました。
オオバンyg02
でも近付くとやはり離れて行きます。
オオバンyg03
地上に上がった所を初めて見ました。
全長39㎝。

チョウゲンボウ(ハヤブサ科)
チョウゲンボウyg01
帰りがけ電柱の上にいるところを発見。
チョウゲンボウyg02
車でそっと近付き車中から撮影。
チョウゲンボウyg03
糞をして飛んでいきました。
全長33~38cm、翼開長69~76cm。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
                    トキナーAT-X80-400mmズーム
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
橋本・大和干拓(柳川市) ミサゴ
2014/01/26(Sun)
ミサゴ(タカ科)
ミサゴyg005
ミサゴもここではよく見かけます。
ミサゴyg004
畑の一角に2羽(番?)を発見。
ミサゴyg003
そっと車で近付いて撮影します。以上同一個体。
ミサゴyg001
近い方の個体です。
ミサゴyg002
微妙に顔つきが違います。
ミサゴyg006
何をしているのでしょうか?
ミサゴyg007
結構近付きましたが中々逃げませんでした。
ミサゴyg008
と思っていると飛び立ちました。
ミサゴyg01
違う場所では飛び回っている個体がいました。
ミサゴyg02

ミサゴyg03
全長55~63cm、翼開長157~174cm。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
                    トキナーAT-X80-400mmズーム
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
橋本・大和干拓(柳川市) タゲリ
2014/01/22(Wed)
今朝はうっすらと雪が積もっていました。
一日寒かったです。

さて先日の撮影の目的の一つタゲリです。

タゲリ(チドリ科)
タゲリyg04
毎年ここの干拓地では見ることができます。
タゲリyg03
今年も数十羽が越冬しているようです。
タゲリyg05
最初に出会ったのは10羽の小群でした。
タゲリyg06
そのうちの3羽です。
タゲリyg07
風に吹かれて
タゲリyg08
ブルブルッ

広い干拓内を車で移動し大きな違う群れに出会いました。
タゲリyg01
頭部の羽飾りが特徴です。
タゲリyg02
結構近くまで来てくれました。
タゲリyg09
羽の色と光沢がとても美しいです。
タゲリyg10
ユーラシア大陸で繁殖し
タゲリyg12
冬鳥としてやって来ます。
タゲリyg11
全長32㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
                    トキナーAT-X80-400mmズーム

明日から出張で、土曜日の夜帰ってきますので、次回更新は日曜日(26日)の予定です。
この記事のURL | 野鳥 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
カワセミ
2014/01/21(Tue)
カワセミも再登場です。
なんかカワセミづいてきましたね~
昨日につづき筑後広域公園と中山公園での撮影です。

カワセミ♂(カワセミ科)
カワセミck001
筑後広域公園で、タシギを探していると水路の向こう岸にカワセミを発見しました。
嘴が黒いのでオスのようです。


木々の向こうから「チーッチッチッ」というカワセミの声が…
カワセミ♀yn01
そっと近付くと、たまたま通りがかった親子連れに驚いたのか
こちらへ飛んできて近くの木に止まってくれました。
カワセミ♀yn02
下嘴が朱いのでメスのようです。
カワセミ♀yn03
中山公園にて
全長17㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ジョウビタキ
2014/01/20(Mon)
また、ジョウビタキ…警戒心も薄れだいぶ撮影しやすくなって来ました。

筑後広域公園でも、昨日の柳川(干拓)の帰りに寄った、
広域公園のさらに下流にある、大藤で有名な『中山公園』でも
じっくり観察することができました。


ジョウビタキ♀ck01

ジョウビタキ♀ck02

ジョウビタキ♀ck03
メスは地味ですが目が可愛いですね。


ジョウビタキ♂ck01
桜の木に止まってくれました。
ジョウビタキ♂ck02

ジョウビタキ♂ck03
以上筑後広域公園にて撮影。

さらに近くでモデルになってくれました。
ジョウビタキ♂yn01
腹部のオレンジが鮮やかです。
ジョウビタキ♂yn02

ジョウビタキ♂yn03
以上中山公園にて撮影。
全長15㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
筑後広域公園 イソシギ
2014/01/19(Sun)
今日は、この冬初の柳川市の干拓(有明海)へ行ってきました。
目的はタゲリと猛禽でしたが結果は後日アップします。

イソシギ(シギ科)
イソシギck01
前にもアップしましたが、今回は結構近くまで来てくれました。
イソシギck02
色は地味ですが結構可愛い顔をしています。
イソシギck03
尾をしきりと上下に動かします。
イソシギck04
全長20㎝。

クサシギ(シギ科)
クサシギyy01
イソシギによく似たこちらは、先日の千間土居公園での撮影です。
全長24㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
筑後広域公園 タシギ
2014/01/18(Sat)
いつもこちらが見つける前に逃げられてばかりですが、この日はちょっとゆっくり観察できました。
大陸で繁殖し冬鳥として渡って来ます。

タシギ(シギ科)
タシギck01
どこにいるか判りますか?
タシギck02
拡大してみました。
タシギck03
近付いて違う方向から…
タシギck04
枯れ草などの中にいると本当に判りません。
タシギck05
休息に入りました
タシギck06
違う個体です
タシギck07
水中に嘴を突っこんで餌を探しています
タシギck08
何かみつけたのかな?
タシギck10
深い場所では頭部まで水の中に突っ込みます
タシギck09
全長27㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クイナの仲間
2014/01/17(Fri)
筑後広域公園での撮影です。

クイナ(クイナ科)
クイナck01
北日本でも繁殖しますが、多くは冬鳥として渡って来ます。
いつも草藪の中にいて、中々姿を見せてくれません。
クイナck02
この時もあっという間に草の中に隠れてしまいました。
全長29㎝。

バン(クイナ科)
バンck01
赤に黄色の嘴が特徴の留鳥です。
バンck02
こちらも水際の草の中に隠れていますが、時々川面を泳いでいるところを見かけます。
バンck03

バンck04
この日はすぐ近くで観察できました。
バンck05
幼鳥
嘴がまだ赤くなっていませんし、羽色も薄いです。
全長32㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イカルチドリ
2014/01/16(Thu)
久しぶりに観たチドリです。

イカルチドリ(チドリ科)
イカルチドリyy01
川の中流域~上流域で見られますが、
イカルチドリyy02
ここでは個体数がそう多い方ではないと思われます。
イカルチドリyy03
川岸の石の周りに2個体がいました。
イカルチドリyy04

イカルチドリyy05
以上、千間土居公園にて撮影。

公園の水路に3個体いましたが、近付くと飛んで逃げます。
イカルチドリck01

イカルチドリck03
上の個体はまだ幼鳥のようです。
イカルチドリck02
以上、筑後広域公園にて。
全長21㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
                    トキナーAT-X80-400mmズーム
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
公園のカモの仲間
2014/01/15(Wed)
昨夜は会議で福岡市まで出かけて帰りが遅くなり、ブログ更新ができませんでした。

さて、今日からは、千間土居公園と筑後広域公園で観たものをアップしていきます。

マガモ(カモ科)
マガモyy02
今年は結構あちこちで見かけます。
マガモyy03
川の中にいて結構警戒心が強く、ちょっと近付くとすぐに遠くに離れて行きます。
千間土居公園にて。
全長59㎝。

コガモ(カモ科)
コガモyy00
まずは千間土居公園の川にいたコガモです。
コガモyy01
マガモ同様近付くとすぐに離れて行きます。
コガモyy03
伸びをしています。

ここからは筑後広域公園の水路にいたものです
コガモck001
人慣れしていて、結構近くで観察できます。
コガモ♂ck01
オスです。
コガモ♀ck01
メスは地味ですね。でもこれが天敵から身を守る保護色になります。
全長38㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
                    トキナーAT-X80-400mmズーム
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
千間土居公園 カイツブリとアオサギ
2014/01/13(Mon)
カイツブリ冬羽(カイツブリ科)
カイツブリyy01
いつもよく見かけるのですが、すぐに水中に潜られてしまうので
中々シャッターチャンスに恵まれません。
カイツブリyy02
久しぶりにゆっくり撮らせてくれました。
カイツブリyy03
スッと水に潜って思いもよらない場所から浮かび上がります。
カイツブリyy04
全長26㎝。

アオサギ(サギ科)
アオサギyy01
お馴染みの大型のサギ。
何か獲物を見つけたようでソッと動き始めました。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
千間土居公園 ホオジロとモズ
2014/01/12(Sun)
今日は、いつもの筑後広域公園へ行ってきました。
この冬初撮りの野鳥もいました。

ホオジロ♀(ホオジロ科)
ホオジロ♀yy01
ホオジロはここでは普通に見られます。
ホオジロ♀yy02
この個体はメスのようですね。
ホオジロyy03
全長16cm。

モズ♀(モズ科)
モズ♀yy02
モズも普通に見られますが結構縄張りが広いようで
ここではこの個体以外に見つけられませんでした。
モズyy01
背景は赤い橋です。
全長20cm。こちらもメスです。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
                    トキナーAT-X80-400mmズーム
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
千間土居公園 カワセミ
2014/01/11(Sat)
いつも矢部川沿いではよく見かけるのですが、久しぶりにゆっくり観察できました。
ここには数百メートルの距離に2~3個体が生息しているようです。

カワセミ(カワセミ科)
カワセミyy01

カワセミyy04
川や池の水面を「チーッ」と鳴きながら飛んでいきます。
カワセミyy02
川の中の岩上や水面に張り出した木の枝上から、
カワセミyy03
また時にはホバリングしながら水中の小魚めがけてダイビングします。
カワセミyy07
今回はまったりとした画像が多くなりました。
カワセミyy08
街中の公園などでも見かけることがあります。
カワセミyy09
警戒心は強いですが意外と身近な存在です。
カワセミyy10

カワセミyy11

カワセミyy12
全長17㎝と実際はスズメほどの大きさです。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
                    トキナーAT-X80-400mmズーム
この記事のURL | 野鳥 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
千間土居公園 ジョウビタキ
2014/01/10(Fri)
女山を下って少し行くと矢部川です。
いつもの筑後広域公園より上流(八女市)に千間土居公園があり、ここまで楠の大木林が続いています。昨年の九州北部豪雨以降立ち入りが規制されていましたがようやく入れるようになりました。ここにも色々な生き物がいます。

ジョウビタキ♂(ヒタキ科)
ジョウビタキyy06
メスはとっくに撮影していたのですが…
ジョウビタキ♂yy01
オスも我が家の裏で見かけることはあっても撮影できずにいました。
ジョウビタキ♂yy03
ようやくゆっくり観ることができました。
ジョウビタキ♂yy02
日本へは冬鳥として大陸より渡って来ます。
ジョウビタキyy04
平野部の民家の近くから山地まで見られます。
ジョウビタキyy05
全長15㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
                    トキナーAT-X80-400mmズーム
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
女山森林公園 エナガ&猛禽
2014/01/09(Thu)
今日は天気は良かったですがかなり寒く、夜になってさらに冷え込んでいます。

エナガ(エナガ科)
エナガz001
ルリビタキを撮っていると、「ジュリジュリ」という声と共にエナガの群れが…
エナガz002
ヤマハゼの実を啄みながら、すぐ側までやって来ました。
エナガz003
これ以上近づくとピントが合いません。
前の小枝が惜しいです。

エナガの群れに猛禽が突っ込んで行きました。
たぶんハイタカだと思いますが、あっという間でカメラを構える間もありませんでした。
この日は何度か目の前をハイタカが横切りました。
そして上空を見上げると…

ノスリ(タカ科)
ノスリz001
悠々と円を描きながら舞っています。
ノスリz002

ノスリz003
獲物を探しているのでしょうが、とっくに私の存在にも気付いているはずです。
ノスリz004
全長52~57㎝。

女山を下ってすぐ、畑の電柱に…

チョウゲンボウ後姿(ハヤブサ科)
チョウゲンボウz01
一度畑へ降りて何かを捕まえましたが、警戒してすぐに遠くへ行ってしまいました。
全長33~38㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
女山森林公園 ルリビタキ
2014/01/08(Wed)
今日は新年初の雨となりました。明日は雪の予報も出ていますが…

ルリビタキ♂(ツグミ科)
ルリビタキ♂z001
この時期の女山では、やはりこの鳥に会わない訳にはいきません。
前回よりも近くへ、そしてゆっくりと姿を見せてくれました。
ルリビタキ♂z002
前回同様、藪の中から突然姿を現しました。
ルリビタキ♂z003

ルリビタキ♂z004
あっち向いたりこっち向いたり…
ルリビタキ♂z005
小さなタラの木の天辺へ移動しました。
ルリビタキ♂z006

ルリビタキ♂z007
ちょっと向こうの小さな木で日向ぼっこを始めました。
ルリビタキ♂z008

ルリビタキ♂z009


ルリビタキ♀z001
別の場所で撮ったメスです。
名前に「ヒタキ」と付きますがヒタキ科ではなくツグミ科です。
全長14㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 野鳥 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
女山森林公園 ホオジロの仲間とシロハラ
2014/01/07(Tue)
正月4日と5日、陽気に誘われ今年初の鳥見に行きました。
場所はいつもの女山森林公園から八女市の千間土居公園(2日連続)です。
少しずつアップしていきます。
まずは女山森林公園です。
車道を上ってすぐ、森林地帯の傍にセイタカアワダチソウが群生する荒地があります。
ホオジロの仲間の地鳴き「チッチッチッ」という声が枯れた叢の中から聞こえますが、中々
姿を見せてくれません。

ミヤマホオジロ♀(ホオジロ科)
ミヤマホオジロ♀z01
ようやく木の上に止まりましたが直ぐに飛んでいきました。
なのでブレブレです。
大陸から渡って来る冬鳥で全長16㎝。

アオジ(ホオジロ科)
アオジz01
冬期に暖地へ移動してきます。
アオジz02
こちらはちょっと留まってくれました。
アオジz03
全長16㎝。

シロハラ(ツグミ科)
シロハラz01
大陸で繁殖し冬鳥として渡って来ます。
シロハラz02
腹部が白っぽいから白腹ですが、腹部が赤いアカハラという種もいます。
全長24㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
筑後広域公園 留鳥
2014/01/05(Sun)
今年の正月は結構暖かかったです。
陽気に誘われて、今日は今年初のバードウォッチングに行ってきました。
結果は明日以降に…

ということで、筑後広域公園の最後です。

スズメ(ハタオリドリ科)
スズメc01
人の生活に依存していて、山地などでは見られません。
スズメc02
一番普通に見られる野鳥ですが、意外と他の鳥がスズメと思われている場合も多そうです。
昔に比べて何となく数が減ったような気がします。
両足を揃えてピョンピョン歩き(跳び)ます。
全長14.5㎝。

ムクドリ(ムクドリ科)
ムクドリc01
こちらは最近数を増やしています。
子どもの頃にはほとんど見かけませんでした。
ムクドリc02
センダンの実に群れていました。
ムクドリc03
足を交互に動かしてヨチヨチと歩きます。
全長24㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
筑後広域公園 サギとハイタカ
2014/01/04(Sat)
アオサギを撮影中、林から突然猛禽が飛び立ちました。

コサギ(サギ科)
コサギc001
コサギが水路の中で魚を狙っていました。

ダイサギ(サギ科)
ダイサギc01
ダイサギは休憩中です。
ダイサギc02

アオサギ(サギ科)
アオサギc01
アオサギもじっとして動きません。

ハイタカ(タカ科)
ハイタカc00
冬期に暖地へ移動してくるハト位の大きさの鷹です。
小鳥を狙って森の中を飛び回ります。
ハイタカc01
飛び出した時はチョウゲンボウかと思いましたが、
よく観るとハイタカのようです。
ハイタカc02
段々と高く遠くへ舞って行きました。
ハイタカc03
オスの全長32㎝、メスの全長39㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
筑後広域公園 カモ
2014/01/03(Fri)
公園内の水路にカモの仲間がいます。

コガモ♂(カモ科)
コガモ♂01
ここでは毎年数羽~十数羽が越冬しています。
すでにオスの羽は繁殖羽に変わっていました。

コガモ♀c01
メスは地味です。
全長38㎝。

ハシビロガモ♀(カモ科)
ハシビロガモ♀c01
ここでは初見の淡水ガモの仲間で冬鳥です。
ハシビロガモc02
他のカモに比べても嘴の大きさが際立っています。
ハシビロガモc03
残念ながらこの日はオスには出会えませんでした。
全長43㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
筑後広域公園 セキレイ
2014/01/01(Wed)
あけましておめでとうございます!
無事新年を迎えられたことに感謝です。
今年もよろしくお願いします。

今年一発目はセキレイの仲間です。

ハクセキレイ(セキレイ科)
ハクセキレイc01
ここでは冬期に多く見られるセキレイの仲間です。
ハクセキレイc02
この日は結構近くまで来てくれてゆっくり観察できました。
ハクセキレイc03
枯葉の下の虫を探しているのでしょうか?
ハクセキレイc04
全長21㎝。

セグロセキレイ(セキレイ科)
セグロセキレイc01
前種に似ていますが黒い部分がより多くなっています。
セグロセキレイc02
年間を通して観られる日本特産種です。
全長21㎝。

キセキレイ(セキレイ科)
キセキレイc01
川の中・上流部で繁殖し、冬期には平地にも降りてきます。
キセキレイc02
ハクセキレイに追いかけられていました。
キセキレイc03
全長20㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 野鳥 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |