ジネズミ
2016/08/23(Tue)
矢部村の林道で…
久しぶりに哺乳類と出会いました。しかも初見の小動物です。
林道の真ん中に黒く小さな(5~6㎝)毛むくじゃらの塊が。
「モグラ?それともヒミズ?死んでる?」と思って近づくと突然動きました。FB友のKさんに『ジネズミ』と教えていただきました。

ジネズミ(トガリネズミ目ジネズミ科)
ジネズミyy1602
ネズミと付きますがモグラに近い仲間のようです。ただし土中にはもぐりません。
ジネズミyy1603
近付くと林道わきの草むらへ逃げますが、また道の真ん中へ出てきます。
ジネズミyy1601
体長は6~8㎝位になるようです。

カメラ:ニコンD7100、1V3
レンズ:マイクロニッコール85㎜、1ニッコール70-300VR。
この記事のURL | 哺乳類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
筑後広域公園 チョウセンイタチ
2014/02/16(Sun)
今日は天気もそこそこでちょっと暖かくなりました。
久しぶりに女山森林公園と矢部川沿いの千間土居公園へ行ってみました。
出会えたのはお馴染みの鳥さんたちでした。詳細は後日…。

チョウセンイタチ(イタチ科)
チョウセンイタチck01
タシギかクイナがいないかなと探していると、目の前をイタチが横切りヨシの中へ入って行きました。顔を撮る前に隠れてしまいましたが、チョウセンイタチのようです。
昨年見た個体と同じ個体でしょうか?
ちなみに昨年の撮影個体をアップします。
チョウセンイタチc01

チョウセンイタチc02
頭胴長28~39 cm(雄)、25~31 cm(雌)。尾長16~21 cm(雄)、13~16 cm(雌)。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 哺乳類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コウモリ
2013/10/08(Tue)
今日は台風が近付く(上陸の可能性も)ということで、緊迫していましたが夕方になってようやく風が吹き始めたかなという感じです。
職場(障害者支援施設)で、台風に備えて雨戸(シャッター)を下そうとしていたら、何やらフワッとした毛の塊が…。よく見るとなんとコウモリです。
そういえば、以前もシャッターを下ろす際バタバタと飛んでいく数匹の鳥のようなものを見ましたし、日が落ちて帰る頃、施設の周りを飛んでいるコウモリを見ていました。
嬉しくなって、思わずカメラを取ってきて撮影しました。
種類は、アブラコウモリだと思われます。

シャッターの裏側に…
アブラコウモリ01
ひっそりとしがみ付いていました。

下向きに
アブラコウモリ02
時間をおいて再度見に行ったら下向きになっていました。

足です
アブラコウモリ03
しっかり掴まっています。
なんだか健気ですねぇ…。

モコッ
アブラコウモリ04
とした感じです。

つぶらな瞳に
アブラコウモリ05
なんだか癒されますねぇ…。

アブラコウモリ(コウモリ亜目ヒナコウモリ科)
別名イエコウモリと言い、市街地(民家の近く)でも普通に見られます。
体長37~60㎜の小型のコウモリです。
腕の長さは30~36㎜ありますので、翼長はその倍以上ということになります。

国連環境計画という環境に関する活動を行っている国際連合の機関が、毎年「国際○○年」と動物種を指定して、その動物の保護や理解を深めていくよう大々的に宣言しているそうで、2011~2012年は国際コウモリ年だったそうです。
コウモリは家に住み付くと縁起が良いと言われ2匹いるとさらに幸運を呼び込み5匹いると…、富の象徴だそうです。

撮影機材:カメラ リコーR8
この記事のURL | 哺乳類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
筑後広域公園 2013年3月15日①
2013/03/15(Fri)
筑後広域公園 2013年3月15日①
鳥を観察していたら何やら明るい茶色の動くものが…。
良く見るとイタチです。
昨年も柳川の干拓地で見たのですが、チョウセンイタチのようです。
移入種で、貨物船に紛れ込んで日本(九州)に入り込んだといわれています。
ちょっとトボケた顔が可愛いです。

チョウセンイタチ(食肉目イタチ科イタチ属)
DSC_4593.jpg

春の陽気に日向ぼっこ?
DSC_4600.jpg

撮影機材 カメラ:ニコンD7000 レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 哺乳類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |