サクラメジロ
2017/04/16(Sun)
サクラ(ソメイヨシノ)もそろそろ終わりですが、咲き始めに撮っていたサクラにメジロとその他の留鳥をアップします。

メジロ(メジロ科)
サクラメジロks1701
サクラメジロ色々…
サクラメジロks1702

サクラメジロks1703

サクラメジロks1704

ヒヨドリ(ヒヨドリ科)
ヒヨドリck1701

サクラヒヨドリmk1701
こちらはサクラヒヨドリ

コゲラ(キツツキ科)
コゲラoys1701

ヤマガラ(シジュウカラ科)
ヤマガラoys1701

モズ(モズ科)
モズ♂oys1701

コサギ(サギ科)
コサギck1700
繁殖羽が綺麗でした。

カメラ:ニコンD7100、 1V3、 オリンパスTG-3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
    1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春の渡り~名残を惜しんで…
2017/04/15(Sat)
冬鳥たちもだいぶ数が少なくなりました。
そして、夏鳥が少しずつ渡って来ているようです。
アップが遅くなりましたが…

オオジュリン(ホオジロ科)
オオジュリンck1702

オオジュリンck1703
広域公園でも既に見られなくなっているようです。

ツリスガラ(ツリスガラ科)

ツリスガラ♂ck1703

ツリスガラ♀ck1704

ツリスガラ♀ck1703
こちらももう姿が無いようです。

イソヒヨドリ♂(ヒタキ科)
イソヒヨドリ♂ck1703

イソヒヨドリ♂ck1704

イソヒヨドリ♂ck1705
こちらは渡り鳥ではないのですが…

ミヤマホオジロ♀(ホオジロ科)
ミヤマホオジロ♀oys1701

ミヤマホオジロ♀oys1702
まだ見れるポイントもあるようです。

ウグイス(ウグイス科)
ウグイスz1701
誰でも知っている鳥ですが、姿を現すことは稀です。

コチドリ(チドリ科)
コチドリck1705
羽繕い中!
夏鳥なのでこれから繁殖活動です。

コチドリ(左)とタシギ(右)
コチドリとタシギck1701
タシギには全く気づきませんでした。

タシギ(シギ科)
タシギck1705
カメラ(望遠レンズ)を覗いていて存在に気付きました。

ヨシガモ(左)とヒドリガモ(右)(カモ科)
ヨシ.ヒドリck1701

ヨシガモとヒドリガモck1701
ヨシガモ♂ck1703
カモ達もほとんどいなくなりました。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久しぶりの名水100選へ
2017/03/30(Thu)
くじゅうの男池は名水100選で有名ですが、貴重な植物や野鳥、昆虫類の宝庫でもあります。今月半ばに訪れた時は残念ながら、花は見られませんでしたが色々な野鳥が観られました(昨日もアップしましたが…)。

ミソザザイ(ミソサザイ科)
ミソサザイko1701
国内でも最小の部類に入る小鳥です。
ミソサザイko1702
体は小さくとも森中に響く綺麗な声で囀っています。
ミソサザイko1703
全長10㎝。

ヒレンジャク(レンジャク科)
ヒレンジャクko1702
森の中で聞き覚えのある声がたくさん聞こえてきました。
ヒレンジャクko1704
数十羽の群れがスギの枝葉の中に潜み、時々高所のヤドリギの実を食べに集まって来ます。
全長17㎝。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カラ類の混群
2017/03/29(Wed)
シジュウカラ科やエナガを中心に秋から翌春まで群で行動する様子が頻繁に観られます。これをカラ類の混群と言います。

今日はその混群を構成する鳥たちです。

シジュウカラ(シジュウカラ科)
シジュウカラko1701
科名を代表する種です。地上に降りて採餌中でした。
胸から腹部の黒いネクタイが特徴。
くじゅう男池。

ヤマガラ(シジュウカラ科)
ヤマガラko1702

ヤマガラko1701
清流に降りてきて水浴びを始めました。
くじゅう男池。

エナガ(エナガ科)
エナガyh1701
「ジュリジュリ…」という声で群れが近付いて来るのが分かります。長い尾が特徴。
星野村。

コゲラ(キツツキ科)
コゲラko1701
小さなキツツキで「ギーッ」という声と「コッコッ…」という木をつつく音で存在に気付きます。
くじゅう男池。

以上の鳥たちにメジロ(メジロ科)などが混じった群れは平地でも見られます。

ヒガラ(シジュウカラ科)
ヒガラyh1703
平地では中々見られません。胸の黒い三角タイと頭頂の羽が立つのが特徴。
ヒガラyh1704
冬季は高い山から低山(丘陵地)にまで下りて来ます。
星野村。

コガラ(シジュウカラ科)
コガラko1701
こちらは冬季でも高標高地でしか見たことがありません。
コガラko1702
黒い帽子が目立ち胸のネクタイは小さく目立ちません。
くじゅう男池。

ゴジュウカラ(ゴジュウカラ科)
ゴジュウカラko1701
こちらも局地的で低山や平地にはやって来ません。
ゴジュウカラko1702
色々な格好で樹の幹や枝に止まります。
くじゅう男池。

群れていた鳥達も繁殖シーズンを迎え、ペア(番)での行動に変わって行きます。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月半ばの有明海へ ③
2017/03/28(Tue)
有明海の最後です。

まずは嘴が下方に大きく湾曲した大型のよく似たシギ2種から…

ダイシャクシギ(シギ科)
ダイシャクシギdk1705
こちらの方が数は多いようでした。
ダイシャクシギdk1706
翼の下面や腹部が白っぽいのが特徴です。

ホウロクシギ(シギ科)
ホウロクシギdk1701
こちらは翼の下面や腹部が褐色をおびています。
ホウロクシギdk1702

ホウロクシギdk1703
飛翔シーンだと特徴がよく分かりますね。

オグロシギ(シギ科)
オグロシギdk1701
数羽が突然降りてきて
オグロシギdk1702
またすぐに飛び去りました。

トウネン(シギ科)
トウネンdk1701
小さなシギです。

ハマシギ(シギ科)
ハマシギの大群dk1701
右へ左へ上へ下へ、数えきれない程の大群が一斉に飛翔します。

ダイゼン(チドリ科)
ダイゼンdk1704

ダイゼンdk1703
こちらもハマシギ程ではありませんが数は多いです。

シロチドリ(チドリ科)
シロチドリdk1703
大きさはトウネン位で、遠目には見分けがつきません。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
    1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野鳥 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ