FC2ブログ
10月半ばの大授搦 ④
2018/10/18(Thu)
このシリーズ最後です。

シギ・チドリの群が一斉に飛び立ちます。
シギチの群dk181001
小さな鳥たちも集団になると大きな生き物のようです。
シギチの群dk181002

ソリハシシギ(シギ科)
ソリハシシギdk181001
黄橙色の脚と上に反った嘴が特徴です。
体長22~25㎝。

オオソリハシシギ(シギ科)
オオソリハシシギdk181001
真ん中の嘴が長く上に反った2羽です。前種よりかなり大きい。
体長37~41㎝。

オグロシギ(シギ科)
オグロシギdk181001
前種によく似ていますが、嘴は反らず飛ぶと黒い尾羽が目立ちます。
体長36~44㎝。

オオハシシギ(シギ科)
オオハシシギdk181001
嘴が長いのは前種と同じですが体型が小さい。
体長27~30㎝。

ダイシャクシギ(シギ科)
ダイシャクシギdk181001
こちらは体格も大きく下方に湾曲した長い嘴が特徴。
ダイシャクシギdk181003
嘴が長いと羽繕いも大変そう…
ダイシャクシギdk181002
体長50~60㎝。

干潟から佐賀空港横の畑地へ移動します。

チョウゲンボウ(ハヤブサ科)
チョウゲンボウdk181001
遠くでホバリング。近くへは来てくれませんでした。
体長33~38㎝。

モズ(モズ科)
モズdk181001
珍鳥のオオカラモズが来ているということだったのですが…
時間切れで会えませんでした。
体長20㎝。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | ▲ top
10月半ばの大授搦 ③
2018/10/17(Wed)
まだつづきます…

ハマシギ(シギ科)
ハマシギdk181001
ここでの個体数は断トツではないでしょうか?
ハマシギdk181002
ハマシギを中心とした群飛
ハマシギdk181003
体長16~22㎝。

トウネン(シギ科)
トウネンdk181001
小さいけれどシギの仲間です。
トウネンdk181002
良く動き回るのでカメラマン泣かせです。
トウネンdk181003

トウネンdk181004
右はメダイチドリ。
トウネンメダイdk181001
体長13~16㎝。

メダイチドリ(チドリ科)
メダイチドリdk181001
夏羽ではもっと赤味が増します。
メダイチドリdk181002
体長19~21㎝。

シロチドリ(チドリ科)
シロチドリdk181001
メダイチドリより小さい。
体長15~17.5㎝。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | ▲ top
10月半ばの大授搦 ②
2018/10/16(Tue)
シギやチドリの仲間がつづきます。

ダイゼン(チドリ科)
ダイゼンdk181001
冬羽に換わっています。ここではハマシギの次に個体数が多いようです。
体長27~30㎝。

ムナグロ(チドリ科)
ムナグロdk181001
前種に似ていますが小さいうえにここでは数が少ない。こちらも冬羽です。
体長23~26㎝。

アカアシシギ(シギ科)
名前の通り脚が赤いです。
アカアシシギdk181002
右はムナグロ、真ん中はハマシギです。
アカアシムナグロdk181001
体長27~29㎝。

ツルシギ(シギ科)
ツルシギdk181001
前種に似ていますが、嘴がより長くなります。
オスの夏羽は黒くなります。真ん中はコアオアシシギ。
ツルコアオdk181001
体長29~32㎝。

3種のシギ
顔が分かりにくいので確実ではありませんが…
シギ3種dk181001
左から、オグロシギ、ツルシギ、アオアシシギ。

オバシギ(シギ科)
オバシギdk181001
数年前、大群が立ち寄ったことがあります。
周りはハマシギ。
オバシギdk181002
体長26~28㎝。

コオバシギ(シギ科)
コオバシギdk181001
左の個体です。前種に似ています。
体長23~25㎝。

エリマキシギ♀?(シギ科)
エリマキシギ♀dk181001
初見です。冬羽のメスだと思われます。
体長20~25㎝。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | ▲ top
10月半ばの大授搦 ①
2018/10/15(Mon)
今月も出かけてきました。
既に来ているらしいクロツラヘラサギとは出会えませんでしたが、先月より数も種類も増えていました。

ミヤコドリ(ミヤコドリ科)
ミヤコドリdk181001
ミヤコドリがすでに渡ってきていました。
ミヤコドリdk181002
黒、白、赤のコントラストが奇麗です。
体長40~46㎝。

アオアシシギ(シギ科)
アオアシシギdk181003
左はオグロシギです。
アオアシオグロdk181001
手前左の個体はコオバシギです。
アオアシコオバdk181001
スマートな体型に緑色の長い脚。
アオアシシギdk181001

アオアシシギdk181002
体長30~34㎝。

カラフトアオアシシギ(シギ科)
カラフトアオアシシギdk181001
アオアシシギより少し小さい稀な種。
カラフトアオアシシギdk181002
嘴の根元が太く脚が短い。
体長29~32㎝。

コアオアシシギ(シギ科)
コアオアシシギdk181001
アオアシシギよりぐっと小さくなります。
嘴も細く尖っています。
体長22~25㎝。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
9月の大授搦へ ③
2018/10/01(Mon)
9月の有明海の最後です。

オグロシギ(シギ科)
オグロシギdk18902
真っ直ぐ長い嘴と名前の通りの黒い尾羽が特徴です。
オグロシギdk18901
白い鳥はダイサギ(サギ科)です。
体長38㎝。

アオアシシギ(シギ科)
アオアシシギdk18901
数羽の群れがエサを探して干潟の上を
アオアシシギdk18902
あっちへ行ったりこっちへ来たり
アオアシシギdk18903
忙しなく動き回っていました。
アオアシシギdk18904
体長35㎝。

キアシシギ(シギ科)
キアシシギdk18901
突然足元から飛び立ったので存在に気付きました。
キアシシギdk18902
名前の通り黄色い脚が特徴です。
キアシシギdk18903
カニを捕まえたようです。
キアシシギdk18904

キアシシギdk18905
体長25㎝。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ