春の虫たち ②
2018/04/05(Thu)
山間部ではこの時期にしか見られないチヨウを探しました。
早春の短い時期にしか会えない花や昆虫たちを『スプリングエフェメラル(春の儚い命)』と呼びます。

スギタニルリシジミ(シジミチョウ科)
スギタニルリシジミ♂yy18401
スプリングエフェメラルのひとつ。
スギタニルリシジミ♂yy18402
渓谷の陽だまりに集まり吸水していました。
スギタニルリシジミ♂yy18403
吸水するのはオスばかりです。
スギタニルリシジミ♂yy18405
開翅してくれず表の瑠璃色はかすかに見えているだけです。
スギタニルリシジミ♂yy18404
飛翔シーンを捕らえるのも難しい…

ツバメシジミ(シジミチョウ科)
ツバメシジミ♂z18401
尾状突起がある、平地でも普通にみられるチヨウです。

ヤマトシジミ(シジミチョウ科)
ヤマトシジミz18401
翅裏が見えにくく種が分かりにくい画像です。
普通種です。

シオヤトンボ未成熟♂(トンボ科)
シオヤトンボz18401
今年初トンボは想定外のこのトンボでした!

残念ながら、ツマキチョウ、コツバメ、ミヤマセセリの3種のチヨウとは出会えませんでした。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春の虫たち ①
2018/04/04(Wed)
4月になりました!
このところの陽気で昆虫の種類や数も増えてきました。
1日前後で地元の山間部を歩いてみました。

まずは甲虫の仲間を中心に…

ヒメスギカミキリ(カミキリムシ科)
ヒメスギカミキリyy18401
伐採された杉の貯木場にたくさんいました。
ヒメスギカミキリyy18402

ヒメスギカミキリyy18403
体長7~12㎜。

ホソアナアキゾウムシ(ゾウムシ科)
ホソアナアキゾウムシyy18401
同じ場所で杉の木口を歩いていました。
体長5~8㎜。

イチゴハナゾウムシ(ゾウムシ科)
イチゴハナゾウムシz18401
キイチゴやサクラなどバラ科の若葉や花でよく見つかります。
体長2.7~3.5㎜。

ヒメクロオトシブミ(オトシブミ科)
ヒメクロオトシブミz18401
今年初オトシブミです。
ヒメクロオトシブミz18402
いつものナガバモミジイチゴの葉上にいました。
体長4~5㎜。

チャバネアオカメムシ(カメムシ科)
チャバネアオカメムシkk18301
初カメムシ!
体長10~12㎜。

ツマジロカメムシ(カメムシ科)
ツマジロカメムシyy18401
光沢があるカメムシ。
ツマジロカメムシyy18402
体長10㎜前後。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
生命(いのち)満開 ④
2018/03/31(Sat)
このシリーズ最後は昆虫です。

イタドリハムシ(ハムシ科)
イタドリハムシkk18301
あちこちの草むらで飛び回っていました。
イタドリハムシkk18302

イタドリハムシkk18303
体長7㎜ほど。

タテハモドキ(タテハチョウ科)
タテハモドキsj18301
越冬個体でちょっと翅が傷んでいます。

アカタテハ(タテハチョウ科)
アカタテハsj18301
アセビの花にコツバメを探していたのですが…こちらが3頭飛び回っていました。

キタテハ(タテハチョウ科)
キタテハsj18301
こちらも越冬個体で翅がボロボロです。

ルリシジミ(シジミチョウ科)→サツマシジミに訂正
ルリシジミkk18301
これとベニシジミはよく見かけるようになりました。
ルリシジミkk18302

ルリシジミkk18303
種名のご教示がありました。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初ハムシ
2018/03/19(Mon)
つづきです…
甲虫の仲間もようやく動き始めました。

その前に、
ホトケノザ(シソ科)
ホトケノザyg18302

ホトケノザyg18303
菜の花の根元に白花のホトケノザを見つけました。

イタドリハムシ(ハムシ科)
イタドリハムシz18301
春一番に現れるハムシです。
イタドリハムシz18302
イタドリやスイバなどタデ科の葉を食べます。

コガタルリハムシ(ハムシ科)
コガタルリハムシyg13801
ギシギシ(タデ科)の葉を食べます。メスの腹部は卵で膨らんでいます。

ヒレルクチブトゾウムシ(ゾウムシ科)
ヒレルクチブトゾウムシz18301

ヒレルクチブトゾウムシz18302
トウカエデの樹皮の陰にいたペア。

ビロードツリアブ(ツリアブ科)
ビロードツリアブz18301

ビロードツリアブz18302
早春に現れ、このモフモフ感で人気がある昆虫です。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チョウいろいろ…
2018/03/19(Mon)
昨日のつづきです。
女山から矢部川沿いへ移動。越冬後のタテハチョウの仲間や新成虫のチョウたちをたくさん見ることができました。

ルリタテハ(タテハチョウ科)
ルリタテハz18301
越冬後で翅がボロボロです。

アカタテハ(タテハチョウ科)
アカタテハz18301
こちらも越冬後の個体。
アカタテハz18302
別個体。

ヒメアカタテハ(タテハチョウ科)
ヒメアカタテハyg18301
前種に似てますが一回り小さい。
ヒメアカタテハyg18302
矢部川沿いの菜の花に…

キタテハ(タテハチョウ科)
キタテハyg18301
一番の普通種ですが数はまだ少ないようでした。

テングチョウ(タテハチョウ科)
テングチョウz18301

テングチョウz18302
至る所で見かけました。

ルリシジミ(シジミチョウ科)
ルリシジミz18301
新成虫です。オオイヌノフグリの花に…
ルリシジミz18303
羽化不全のようです。斑紋も消失してます。
ルリシジミz18302
同一個体を正面から…
ルリシジミ♂z18301
翅表の色が綺麗なオスです。
ルリシジミ♂z18302
同一個体。
ルリシジミ♀yg18300
矢部川沿いの菜の花で、セイヨウミツバチと一緒に。
ルリシジミ♀yg18301
同一個体が翅を開いたらメスでした。

ベニシジミ(シジミチョウ科)
ベニシジミyg18302
翅表に青い紋様(画像では白っぽくなってます)が綺麗に表れた個体。

キアゲハ(アゲハチョウ科)
キアゲハyg18301
もう出ていてビックリ!既に尾状突起が無くなっています。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ