9月はじめの生き物 ①
2017/09/05(Tue)
9月最初は阿蘇編です。
2日の『8864の会』は仕事の都合で参加できませんでしたが、翌3日に阿蘇へ出かけました。
南阿蘇へのルートが開通しアクセスがちょっと楽になりました。

まずは甲虫たちです。
9月になり見られる甲虫の仲間もだんだん減っていきます。

タマムシ(タマムシ科)
タマムシat1705
まだまだ健在で、飛び回る個体もいました。
タマムシat1706
体長25~40㎜。

シラホシナガタマムシ(タマムシ科)
シラホシナガタマムシat1705
こちらもまだ見られました。
シラホシナガタマムシat1706
体長9~14㎜。

アシナガオニゾウムシ(ゾウムシ科)
アシナガオニゾウムシat1705
オスの長い前脚が特徴的!
アシナガオニゾウムシat1706
体長12㎜前後。

トゲトゲクロサルゾウムシ(ゾウムシ科)
トゲトゲクロサルゾウムシat1701
ゲンノショウコ(フウロソウ科)の花にいた微小なゾウムシ。
トゲトゲクロサルゾウムシat1702
体長2.6~3.2㎜。

ヤノトラカミキリ(カミキリムシ科)
ヤノトラカミキリat1705
模様がよく似たハチが近くにいました。
ヤノトラカミキリat1706
体長15~19㎜。

アカジマトラカミキリ(カミキリムシ科)
アカジマトラカミキリat1701
この日の目的種に何とか遭遇。
アカジマトラカミキリat1702
秋に出現するカミキリです。
アカジマトラカミキリat1703
生息地は限られるようです。
アカジマトラカミキリat1704
シシウドの白い花に赤と黒のコントラストが映えます。
アカジマトラカミキリat1705
1ペアと単独、計3個体を確認。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月の生き物たち ③
2017/08/29(Tue)
秋が近付き、夏から秋に観られるトンボ(特にアカトンボ)の種類が増えてきたように感じます。

オオルリボシヤンマ♂(ヤンマ科)
オオルリボシヤンマ♂aso1700
九州では局地的分布です。
オオルリボシヤンマ♂aso1701
阿蘇。

ミヤマアカネ♂(トンボ科)
ミヤマアカネ♂at1701
翅の褐色帯が特徴。


ミヤマアカネ♀at1701
阿蘇

オオヤマトンボ♂(ヤマトンボ科)
オオヤマトンボgy1701
池の岸に沿って行ったり来たりを繰り返します。
オオヤマトンボgy1702
グリーンピア八女。

オニヤンマ(オニヤンマ科)
オニヤンマgy1701
目の前に止まってくれました。
グリーンピア八女。

オナガサナエ♂(サナエトンボ科)
オナガサナエ♂gy1701

オナガサナエ♂gy1702
この日はたくさん見ました。


オナガサナエ♀yg1701
グリーンピア八女。

ネキトンボ(トンボ科)
ネキトンボ♂gy1701
ネキも数が多かった。
グリーンピア八女。

リスアカネ(トンボ科)
リスアカネ♂gy1701
翅の先端の茶色で識別できます。
リスアカネ♂gy1702
グリーンピア八女。

コシアキトンボ♂(トンボ科)
コシアキトンボ♂gy1701
グリーンピア八女。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月の生き物たち ②
2017/08/29(Tue)
今日は甲虫の仲間です。
初見の種もいます!

イッシキキモンカミキリ(フトカミキリ亜科)
イッシキキモンカミキリat1701
初見のカミキリです!
イッシキキモンカミキリat1702
クワの葉を食べヌルデの幹に産卵に来ます。
阿蘇。

キボシカミキリ(フトカミキリ亜科)
キボシカミキリat1702
こちらは産卵もクワ!
阿蘇。

ヒメヒゲナガカミキリ(フトカミキリ亜科)
ヒメヒゲナガカミキリat1703
阿蘇。

ヤノトラカミキリ(トラカミキリ亜科)
ヤノトラカミキリat1703
ハチに擬態
ヤノトラカミキリat1704
阿蘇。

クビアカトラカミキリ(トラカミキリ亜科)
クビアカトラカミキリat1701
伐られたばかりのクヌギに…
クビアカトラカミキリat1702
阿蘇。

アメイロカミキリ(カミキリ亜科)
アメイロカミキリaso1701
シシウドの花に…
阿蘇。

シラホシカミキリ(フトカミキリ亜科)
シラホシカミキリaso1701
阿蘇。

ヤマトタマムシ(タマムシ科)
ヤマトタマムシat1701
やっぱりキレイ!!
ヤマトタマムシat1702
阿蘇。

ウバタマムシ(タマムシ亜科)
ウバタマムシat1701
前種のメスではありません。別種です。
阿蘇。

シラホシナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
シラホシナガタマムシat1703
阿蘇。

アシナガオニゾウムシ(ゾウムシ科)
アシナガオニゾウムシat1703
たくさんの個体が次々に現れます。
アシナガオニゾウムシat1704
阿蘇。

マダラメカクシゾウムシ(ゾウムシ科)
マダラメカクシゾウムシat1701
木のコブに見えました。
阿蘇。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月の生き物たち①
2017/08/28(Mon)
所用がつづき更新が滞ってしまいました。
フィールドにもあまり出ていませんが、8月に観た生き物たちをアップしていきます。

まずはチョウを時系列に…。

ミヤマカラスアゲハ(アゲハチョウ科)
ミヤマカラスアゲハyh1701
林道脇で吸水場所を求めて…
星野村。

カラスアゲハ(アゲハチョウ科)
カラスアゲハyh1701
清水の滴る崖に…
星野村。

シータテハ(タテハチョウ科)
シータテハyh1701
葉上でテリトリーを張る
シータテハyh1702
星野村。

サトキマダラヒカゲ(タテハチョウ科)
サトキマダラヒカゲaso1701
阿蘇。

ルリタテハとジャノメチョウ(タテハチョウ科)
ルリタテハとジャノメチョウaso1701
阿蘇。

ゴマシジミ(シジミチョウ科)
ゴマシジミaso1701
ワレモコウとシワクシケアリが生息条件。
ゴマシジミaso1702
絶滅危惧種で熊本県の条例で保護されています。
ゴマシジミaso1703
それでも採集者が後を絶ちません。
ゴマシジミaso1704
阿蘇。

オオムラサキ♂(タテハチョウ科)
オオムラサキ♂aso1701
ちょっと立ち寄ったヒゴタイ公園で…
阿蘇。

クロアゲハ(アゲハチョウ科)
クロアゲハ♂gy1701
グリーンピア八女。

クロシジミ(シジミチョウ科)
クロシジミgy1701
アブラムシとクロオオアリに依存する。
グリーンピア八女。

ムラサキツバメ(シジミチョウ科)
ムラサキツバメgy1701
グリーンピア八女。

テングチョウ(タテハチョウ科)
テングチョウgy1701
グリーンピア八女。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月後半に観た昆虫たち ②
2017/08/07(Mon)
今日はタマムシやハムシの仲間を中心に…

マスダクロホシタマムシ(タマムシ科)
マスダクロホシタマムシyy1701
伐採されたばかりのスギの貯木場に次々と飛来。
マスダクロホシタマムシyy1702
グリーンメタリックの個体。
マスダクロホシタマムシyy1703
こちらは赤味の強い金色の個体。
矢部村。

コクロナガタマムシ(タマムシ科)
コクロナガタマムシky1701
伐採されたカラスザンショウの切り株に多数群れていました。
清水山。

クロナガタマムシ(タマムシ科)
クロナガタマムシat1701
折れたクリの太枝に…
阿蘇。

ムネアカナガタマムシ(タマムシ科)
ムネアカナガタマムシat1701
倒木エノキに…
阿蘇。

シロテンナガタマムシ(タマムシ科)
シロテンナガタマムシat1701
倒木エノキに多数。
阿蘇。

ウグイスナガタマムシ(タマムシ科)
ウグイスナガタマムシyy1701
カシの伐採枝に…
矢部村。

キベリクビボソハムシ(ハムシ科)
キべりクビボソハムシat1701
あまり見かけないハムシ。
阿蘇。

クロオビツツハムシ(ハムシ科)
クロオビツツハムシhd1701
いる所には多数います。
福岡県。

ジュウシホシツツハムシ(ハムシ科)
ジュウシホシツツハムシhd1701
オカトラノオやマルバハギに付きます。
福岡県。

ヨツスジトラカミキリ(カミキリムシ科)
ヨツスジトラカミキリky1701
夏の定番種。
ヨツスジトラカミキリky1702
カラスザンショウの花に…
清水山。

ウスバカミキリ(カミキリムシ科)
ウスバカミキリc1701
夜行性の大型カミキリ。
筑後市。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ