FC2ブログ
カミキリムシの仲間 ⑤
2020/07/07(Tue)
カミキリムシを英語でLonghorn Beetleといいますが、フトカミキリ亜科の中でもヒゲナガカミキリ属の触覚は本当に長く、特にオスの触覚は体長の倍以上になるものもいます。正にロングホーンの名に相応しいカミキリではないでしょうか。

ヒメヒゲナガカミキリ(フトカミキリ亜科)
ヒメヒゲナガカミキリky200701
体色は樹肌に溶け込み保護色になります。
ヒメヒゲナガカミキリ交尾態ky200601
交尾態。ホストは各種広葉樹。
体長10~18㎜。

ヤハズカミキリ(フトカミキリ亜科)
ヤハズカミキリky200701
他のカミキリを待っていたら目の前に落ちてきました。
ヤハズカミキリky200702
スマートでカッコ良い!ホストは各種広葉樹。
体長12.5~24㎜。

ハイイロヤハズカミキリ(フトカミキリ亜科)
ハイイロヤハズカミキリyy200701
車道脇のススキの葉上に初見のカミキリが…
ハイイロヤハズカミキリyy200702
ホストである竹に付くものだと思っていました。
体長12~20.5㎜。矢部村。

ヤハズとは上翅の後端が弓矢の矢筈の形をしているからです。

ホシベニカミキリ(フトカミキリ亜科)
ホシベニカミキリky200701
下草の上にいたのでシャッターを切ったとたん飛び立ちました。
ホシベニカミキリky200601
ホストは、タブノキやクスノキ等クスノキ科の生木。
体長18~25㎜。

ゴマダラカミキリ(フトカミキリ亜科)
ゴマダラカミキリky200601
平地でも割と見かける普通種です。
ゴマダラカミキリz200601
ミカンやイチジクなど生木を加害します。
体長25~35㎜。

ヤツメカミキリ(フトカミキリ亜科)
ヤツメカミキリky200601
ホストであるサクラの古木に産卵に来ていました。
ヤツメカミキリky200602
昨日アップしたシラホシカミキリ等と同じトホシカミキリ族。
ヤツメカミキリky200603
体長11~18㎜。

ナガゴマフカミキリ(フトカミキリ亜科)
ナガゴマフカミキリaso200601
ゴマフカミキリ族の普通種。
ナがゴマフカミキリky200701
体長13~22㎜。

アトジロサビカミキリ(フトカミキリ亜科)
アトジロサビカミキリky200701
サビカミキリ族。
体長8~11㎜。

ワモンサビカミキリ(フトカミキリ亜科)
ワモンサビカミキリky200701
クモの巣に引っかかっていましたが、この後無事脱出しました。
体長9.5~14.5㎜。

ゴマフカミキリやサビカミキリの仲間は樹肌や鳥の糞のような色模様に擬態した地味な種が多いですね。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カミキリムシの仲間 ④
2020/07/06(Mon)
今年はフィールドへ出かける度に新顔のカミキリムシと出会うようです。ただし、まだ本命とは出会えていませんが…

ヤノトラカミキリ(カミキリ亜科)
ヤノトラカミキリky200601
ちょっと大型でずんぐり体型のトラカミキリの仲間です。
ヤノトラカミキリky200602
図鑑等には生息は局地的で稀とありますが、まさか地元で会えるとは…
ヤノトラカミキリky200701
昨日のオオムツボシタマムシもそうですが…
出会える条件さえ合えば身近に生息しているのではと推測します。
ヤノトラカミキリky200702
ホストであるエノキの伐採木に数個体飛んできました。(姿も羽音もハチそっくりです)
体長15~19㎜。

ウスイロトラカミキリ(カミキリ亜科)
ウスイロトラカミキリaso200601
阿蘇で見つけた初見のトラカミキリです。
一見シラケトラに似ていますが上翅の色や雰囲気が違いました。
ウスイロトラカミキリaso200602
ホストは各種広葉樹の枯死木。
体長11~18.5㎜。

クビアカトラカミキリ(カミキリ亜科)
以前アップしたものはコナラの伐採木に来たものですが
クビアカトラカミキリky200701
今回は新しいエノキの伐採木でお祭り状態でした。
体長7~13㎜。

トゲヒゲヒメカミキリ(カミキリ亜科)
トゲヒゲヒメカミキリky200701
伐採木に産卵に来ました。
トゲヒゲヒメカミキリky200702
ホストは各種広葉樹。成虫は花にもやって来ます。
体長11~17㎜。

タテジマハナカミキリ(ハナカミキリ亜科)
タテジマハナカミキリyy200701
ニンフホソハナカミキリに似ていますが、大きさと触覚の白色部に違いがあります。
ホストはサクラ等。
体長9~16㎜。矢部村。

ヨツスジハナカミキリ(ハナカミキリ亜科)
ヨツスジハナカミキリky200601
最も普通に見られるハナカミキリで色々な花にやって来ます。
ホストは針葉樹、広葉樹問わず利用します。
体長9~20㎜。

シラホシカミキリ(フトカミキリ亜科)
シラホシカミキリyy200701
上翅中央に六角形状に6つの白紋(星)が並びます。
ホストはウツギ等。
体長8~13㎜。矢部村。

ニセシラホシカミキリ(フトカミキリ亜科)
ニセシラホシカミキリaso200601
前種に似ていますが白紋に個体差があります。
別名ダイセンカミキリ。
ホストはサワフタギやウツギ、ミズキ等。
体長8~12㎜。阿蘇。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
タマムシの仲間 ③
2020/07/05(Sun)
地元の里山(低山)で、7月に入りタマムシ科の真打、タマムシ(ヤマトタマムシ)が出始めました。他にもここで色々なタマムシの仲間が見られました。
成虫はホストの葉等を食べますが、材に産卵に来るのを待つ方が見つかる確率大です。

タマムシ(ルリタマムシ亜科又はタマムシ亜科)
タマムシky200701
他の種と区別するためにヤマトタマムシという場合もあります。
タマムシky200702
日中木の葉の上で日光を浴びていると中々目立ちません。
ホストはエノキやケヤキ、サクラ、クヌギ等広葉樹の立枯れや伐採木。
体長30~41㎜。

アオマダラタマムシ(ルリタマムシ亜科又はタマムシ亜科)
アオマダラタマムシky200601
これも綺麗なタマムシです。
アオマダラタマムシky200602
タマムシは材に産卵に来ますのでその時がシャッターチャンスです。
アオマダラタマムシky200603
ホストはモチノキ科のようです。
体長17~29㎜。

マスダクロホシタマムシ(ルリタマムシ亜科又はタマムシ亜科)
マスダクロホシタマムシky200601
小さくて美麗なタマムシです。
マスダクロホシタマムシky200701
タマムシの上翅は構造色なので光の具合で色が変化します。
ホストはスギやヒノキ。
体長7~13㎜。

オオムツボシタマムシ(クロタマムシ亜科又はタマムシ亜科)
オオムツボシタマムシky200601
めったに出会えないタマムシで今回2度目の出会いです。
オオムツボシタマムシky200602
前回はクリの立枯れ、今回コナラの伐採木にやって来ました。
オオムツボシタマムシky200603
ホストはブナ科だろと推測されます。
体長14~20㎜。

ムツボシタマムシ(クロタマムシ亜科又はタマムシ亜科)
ムツボシタマムシky200601
前種の半分くらいの大きさです。
ムツボシタマムシky200602
こちらの方が光沢感があります。
ホストはブナ科を中心とした各種広葉樹。
体長7~12㎜。

ミヤマナカボソタマムシ(ナガタマムシ亜科)
ミヤマナカボソタマムシaso200601
よく見かけるシロオビナカボソタマムシより一回り大きい綺麗なタマムシ。
ホストはサワフタギのようです。
体長10~13㎜。これのみ阿蘇で撮影。

ムネアカチビナカボソタマムシ(ナガタマムシ亜科)
ムネアカチビナカボソタマムシz200601
これも微小な光沢のあるタマムシです。
ムネアカチビナカボソタマムシz200602
ホストはアカメガシワ。腹部が少しくびれているので中細(ナカボソ)です。
体長4~5㎜。

シラホシナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
シラホシナガタマムシky200702
濃緑色の光沢のあるタマムシ。
シラホシナガタマムシky200701
ホストであるエノキの伐採木に次々に飛来しました。
体長9~14㎜。

クロナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
クロナガタマムシz200601
青みがかった黒色が美しいタマムシです。
ホストはブナ科。
体長10~15㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
6月の蝶 ②
2020/07/05(Sun)
後編です。

イチモンジチョウ(タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科)
イチモンジチョウyy200501
ホストはスイカズラ科。
イチモンジチョウyy200502
同じ亜科に属するチョウを…。

コミスジ
コミスジyh200501

コミスジyh200502
ホストはマメ科。

ミスジチョウ
ミスジチョウyy200701
翅模様が…ゴマダラチョウかと思うくらいの大型個体でした。
ホストはカエデ類。これだけ7月撮。

イシガケチョウ
イシガケチョウz200601
複雑な模様です。
ホストはイヌビワ。

サカハチチョウ夏型(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
サカハチチョウ夏型aso200601
春型と夏型では翅の色や模様が全く違って別種に見えます。
ホストはイラクサ科。

ゴマダラチョウ(タテハチョウ科コムラサキ亜科)
ゴマダラチョウck200501
ホストはエノキ。
ゴマダラチョウ春型♀aso200601
春型白化個体のメスがエノキの小枝に産卵していました。

コジャノメ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
コジャノメky200501
ホストはイネ科のチヂミザサやススキなど。

オナガアゲハ(アゲハチョウ科)
オナガアゲハyy200501
ホストはミカン科のサンショウ、コクサギやカラスザンショウ。

カラスアゲハ(アゲハチョウ科)
カラスアゲハyh200501
ホストはミカン科。

スジグロシロチョウ集団(シロチョウ科)
スジグロシロチョウyy200601
吸水していると思ったらサワガニの死骸に…
ホストはアブラナ科。

サツマシジミ(シジミチョウ科)
サツマシジミky200601
ホストはハイノキ科、レンプクソウ科、、モチノキ科等多岐にわたる。

クロセセリ(セセリチョウ科)
クロセセリyy200601
元々南方系のチョウです。
クロセセリyy200602
ホストはショウガ科。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
6月の蝶 ①
2020/07/03(Fri)
あっという間に7月、蝉の声が聞こえ始めました。
撮り貯めていた6月のチョウを2回に分けて紹介します。
まずは、ヒョウモンチョウをはじめとしたオレンジ色系のタテハチョウ科のチョウたちです。既にウラギンスジヒョウモンとミドリヒョウモンはアップ済みです。
九州で観られるヒョウモンチョウ類は、ツマグロヒョウモンを除き5月末から出現し始め、7~8月の猛暑期は夏眠し8月末から9月にかけて再活動することが知られています。幼虫はスミレ類を食べます、

ウラギンヒョウモン♀
ウラギンヒョウモンks200601
後翅の後縁を縁取る白斑はカマボコ形です。
ウラギンヒョウモンks200602
草原に多く見られます。

オオウラギンヒョウモン♀
オオウラギンヒョウモン♀aso200601
こちらは躯体も大きく白斑はハート形です。
オオウラギンヒョウモン♀aso200602
草原性。絶滅危惧ⅠA類。

クモガタヒョウモン♀
クモガタヒョウモン♀yy200501
どちらかと言えば森林性で林縁の草むらでよく見られます。
クモガタヒョウモンyh200501
こちらは♂です

ツマグロヒョウモン♂
ツマグロヒョウモン♂aso200601
もともと南方系のチョウなので年中見られます。
庭のパンジーでも発生します。

コムラサキ♂
コムラサキ♂ck200501
光の加減で翅表が紫色に見えます。
コムラサキ♂ck200502
高い木の枝先でテリトリーを張るオス
コムラサキ♀ck200601
強風で下草に降りていたメス
ホストはヤナギ類。

アカタテハ
アカタテハck200501
高所で翅の色が判り難いですね…
ホストはイラクサ科。

ヒメアカタテハ
ヒメアカタテハyy200501
前種より小さく翅色も赤というより黄色に近い朱色です。
ホストはキク科のヨモギやハハコグサ、イラクサ科。

タテハモドキ
タテハモドキ夏型ck200601
夏型翅の個体がたくさん飛んでいました。
ホストはイワダレソウ、スズメノトウガラシ、オギノツメなど。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ