FC2ブログ
チョウを求めて…①
2018/08/14(Tue)
11日(土)は、とあるチョウの生息状況調査で阿蘇からくじゅうを終日探索しました。
目的のチョウは確認できたものの撮影は叶いませんでした。
貴重な(自生している)花にも出会えたのでまずは花から…

コオニユリ(ユリ科)
コオニユリas18801
緑の草原で大きなオレンジの花は目立ちます。

ノヒメユリ(ユリ科)
ノヒメユリas18801
前種に比べると花はかなり小さく径5㎝もありません。
ノヒメユリas18802
「ノ」が付かないヒメユリは花期がもっと早く上向きの花を付けます。

カワラナデシコ(ナデシコ科)
カワラナデシコas18801
阿蘇くじゅうでは至る所に自生しています。

ヤツシロソウ(キキョウ科)
ヤツシロソウas18803
たくさん自生していてビックリ!
ヤツシロソウas18801
キキョウの花は一輪ずつ別れて付きますが…
ヤツシロソウas18802
こちらは花の塊です。

サイヨウシャジン(キキョウ科)
サイヨウシャジンas18801
花は意外に小さい。

シロバナサイヨウシャジン
シロバナサイヨウシャジンas18801

シロバナサイヨウシャジンas18802
白花もありました。

バアソブ(キキョウ科)
バアソブas18801
婆に対して爺(ジイ)ソブ(ツルニンジンの別名)というのもあります。
ソブとはソバカスのことで花冠の裏の斑点を老婆のソバカスに例えた種名。

タチフウロ(フウロソウ科)
タチフウロas18801
これもたくさん咲いていました!
淡いピンクがなんとも風情があります。
タチフウロas18802
雨に濡れた花…

ワレモコウ(バラ科)
ワレモコウas18801
調査していたチョウは、幼虫の一時期をこの花に依存しているのです。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
6月初旬の樫原湿原 ①
2018/06/12(Tue)
ちょっと遅くなりましたが…久しぶりの樫原湿原を訪れました。
この時期はトキソウの花が咲き乱れています。
そして、その周りをトンボやチョウたちが飛び回ります。

トキソウ(ラン科)
トキソウks18601
薄紅色の花びらの色が鳥のトキの羽色に似ていることから名付けられました。
トキソウks18602
湿原のいたる所に群生しています。
トキソウks18603

トキソウks18604
しかし、環境の変化(盗掘の影響も?)によってだんだん数を減らしつつあるようです。

シロバナトキソウ
白花トキソウks18601

白花トキソウks18602
こちらは珍しい白花です。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
    1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スズランと…①
2018/05/21(Mon)
昨日は阿蘇市波野までスズランを観に行ってきました。
そして、スズラン以外にも花や虫との出会いがありました。

スズラン(キジカクシ科スズラン亜科)
スズランan18501
ユリ科から再編されたようです。
スズランan18502
阿蘇は自生南限となっていて、自生地は保護されています。
スズランan18503

スズランan18504

スズランan18505

スズランan18506
蕾もカワイイ
スズランan18507
数年ぶりに訪れましたが、可憐な花は健在でした。

シライトソウ(ユリ科)
シライトソウan18502
こちらはユリ科のままのようです。
シライトソウan18501
近付くとバニラのような甘い香りがしました。

オカオグルマ(キク科)
オカオグルマan18501

オカオグルマan18502
阿蘇の草原ではよく見かけます。

イブキトラノオ(タデ科)
イブキトラノオan18501
ここでは初めて見ました。咲き始めのようです。

ニシキウツギ(スイカズラ科)
ニシキウツギan18501
花の色が白から紅に変わっていきます。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 野の花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
草原の花
2018/05/14(Mon)
先週末、福岡県内某所(高地草原)で撮ってきた花たちです。

カノコソウ(オミナエシ科)
カノコソウhd18501
草原の至る所で群生していました。
カノコソウhd18502
蕾の様子が絞り染めの『鹿の子絞り』に似ていることから名付けられました。

タツナミソウ(シソ科)
タツナミソウhd18501
タツナミソウの仲間は色々あるので…
タツナミソウhd18502
これは何タツナミでしょう?

ホタルカズラ(ムラサキ科)
ホタルカズラhd18501

ホタルカズラhd18502
青く輝く花をホタルの光に見立てた命名のようです。

ヤマサギソウ(ラン科)
ヤマサギソウhd18501
日当たりの良い草地で見られますが多くはありません。
ヤマサギソウhd18502
草むらにあると目立ちません。

シラン(ラン科)
シランhd18501
よく民家の庭先に植えられることがりますが…
シランhd18502
日本の自生(野生)ランの一種です。
シランhd18503
盗掘でかなり数を減らしているようです。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
連休前半…③
2018/05/07(Mon)
GW前半分の最後です。
阿蘇編はまた明日以降に…

由布岳からくじゅう(長者原)~瀬の本を経由して帰って来ました。

ハルリンドウ(リンドウ科)
ハルリンドウkj18401
阿蘇くじゅうの春を代表する花のひとつです。

リュウキンカ(キンポウゲ科)
リュウキンカkj18401
早春の湿地を彩る花ですが、まだ残っていました。
リュウキンカとサクラソウkj18401
サクラソウと一緒に…

キスミレ(スミレ科)
キスミレyd18402
これもまた阿蘇くじゅうを代表する唯一の黄色いスミレです。
キスミレyd18401
黄色の絨毯を敷き詰めたような群生を見たことがあります。

ヒゴイカリソウ(メギ科)
ヒゴイカリソウasn18403
イカリソウの仲間は淫羊霍(いんようかく)という生薬(強壮・強精剤)として利用さるそうです。
ヒゴイカリソウasn18402
30年くらい前からこの自生地で観察できています。
ヒゴイカリソウasn18401
草丈は30㎝前後になります。

ギンリョウソウ(イチヤクソウ科→ツツジ科ギンリョウソウ属)
ギンリョウソウtz18401
林下の腐植土に生える腐生植物。
ギンリョウソウtz18402
別名ユウレイタケともいわれます。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ