FC2ブログ
8月の阿蘇の野の花
2019/08/30(Fri)
お盆過ぎの阿蘇は夏の花と秋の花が入り乱れて咲いていました。

ヒゴタイ(キク科)
ヒゴタイas190801
阿蘇くじゅうの秋を代表する花です。
ヒゴタイas190802
ポツンと一株が咲き始めていました。球形の総状花がボンボンみたいです。
環境省RDB絶滅危惧Ⅱ類。熊本県特定野生動植物種指定。

タムラソウ(キク科)
タムラソウas190801
アザミに似ていますが葉にトゲが無いので
タムラソウas190802
アザミの仲間ではありません。

サイヨウシャジン(キキョウ科)
サイヨウシャジンas190801
ツリガネニンジンの仲間です。

バアソブ(キキョウ科)
バアソブas190801
名前は老婆のソバカスという意味で花の内側の斑紋からきています。
バアソブas190802
ジイソブ(ツルニンジン)というのもあります。

オミナエシ(オミナエシ科)
オミナエシas190801
秋の七草のひとつです。

キンミズヒキ(バラ科)
キンミズヒキas190801
キンが付かないミズヒキはタデ科です。

コオニユリ(ユリ科)
コオニユリas190801
草原の緑の中にあると良く目立ちます。

ヤマホトトギス(ユリ科)
ヤマホトトギスas190801
ヤマジノホトトギスとの見分けが難しい…

フシグロセンノウ(ナデシコ科)
フシグロセンノウas190801
マツモトセンノウに似ますが花弁に切れ込みがありません。

ママコナ(ハマウツボ科)
ママコナas190801
下花弁の白い粒をを飯子(ママコ)に見立てた命名。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
    1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
梅雨時期の花
2019/07/21(Sun)
ジメジメと鬱陶しい梅雨。この時期山野を歩いていて出会う花たちは、一服の清涼剤のようです。

ツクシマツモト(ナデシコ科)
ツクシマツモトat190701
阿蘇の特産種で草原の中にぽつぽつと咲いていました。
ツクシマツモトat190702
環境省RDB絶滅危惧ⅠB類、熊本県希少野生動植物種。

クサレダマ(サクラソウ科)
クサレダマat190701
ツクシマツモトの近くにポツンと二株…
クサレダマat190702
腐れ玉ではなく草連玉の意味で、マメ科の木本類レダマ似た草本類という意味です。

ツクシクガイソウ(ゴマノハグサ科)
ツクシクガイソウat190701
これも阿蘇くじゅうの特産種。野草園にて。
環境省RDB絶滅危惧ⅠB類、熊本県希少野生動植物種。

アソノコギリソウ(キク科)
アソノコギリソウat190701
阿蘇の名を冠したノコギリソウの仲間。
葉がノコギリ状になっています。

キツリフネ(ツリフネソウ科)
キツリフネat190701
黄色のツリフネソウの意味で、
キツリフネat190702
花が船を吊り下げたような形状です。

クサフジ(マメ科)
クサフジat190701
フジの花のような形状の草本類(花は小さく可愛い)。

コマツナギ(マメ科)
コマツナギyh190701
駒(馬)を繋いでも千切れないほど根や茎が強いと言われます。

ヤマホトトギス(ユリ科)
ヤマホトトギスat190701
鳥のホトトギスの胸模様に紫斑が似ているということから命名。

ユウスゲ(キスゲ・ユリ科→ススキノキ科)
ユウスゲau190701
夕方に開花し翌朝には萎んでしまう花です。

シモツケ(バラ科)
シモツケat190701
ホシミスジ(タテハチョウ科)の食草となる木本類です。
シモツケat190702
花には色々な昆虫がやって来ます。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野の花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遅ればせながら春の花を…②
2019/03/30(Sat)
今日は木に咲く花を中心に…

コブシ(モクレン科)
コブシsk190301

コブシsk190302

コブシsk190303
この白い花も花期は短くすぐに色褪せていきます。

サクラ①(バラ科)
サクラsk190301
ソメイヨシノ?

サクラ②
サクラsk190302

サクラsk190303
種名が分かりません

サクラ③
サクラsk190304
カワズザクラかな?

モモ(バラ科)
モモsk190301

モモsk190302
濃いピンク色で良く目立ちます。

ネコノメソウ(ユキノシタ科)
ネコノメソウygd190301



ネコノメソウz190301
何となく猫の目に見えませんか?

ノアザミ(キク科)
ノアザミsk190301

ノアザミsk190302
早すぎる一輪を発見!

ハコベの仲間(ナデシコ科)
ハコベz190301
ハコベも似た種が多く、同定が難しい(;^_^A

ムラサキサギゴケ(ハエドクソウ科)
ムラサキサギゴケsk190301
一面に群生していると紫色の絨毯のようです。

フデリンドウ(リンドウ科)
フデリンドウz190301
春を代表するリンドウの仲間。まだちょっと早かった…

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野の花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遅ればせながら春の花を…①
2019/03/29(Fri)
大授搦はまだ続きますが、ちょっと時期を逃しそうなので、今月見つけた花たちをアップします。彼方此方で観たものが混ざっています。

オドリコソウ(シソ科)
オドリコソウz190301

オドリコソウz190302
子どもの頃、よく花弁を抜いて蜜を吸ってました。

カキドオシ(シソ科)
カキドオシygd190301
まだ背丈が低いですがこれからどんどん伸びていきます。

キュウリグサ(ムラサキ科)
キュウリグサygd190301
2~3㎜の可愛い小さな花です。葉や茎を揉むとキュウリの匂いがします。

コスミレ(スミレ科)
コスミレygd190301

コスミレygd190302
春早く咲き始めます。花色に変異が多いのも特徴です。

スミレ(スミレ科)
スミレz190301

スミレz190302

スミレz190303
何も付かないただのスミレです。学名スミレアンジュリカ。

タチツボスミレ(スミレ科)
タチツボスミレygd190301
これも花期は早い方です。

ナガバノタチツボスミレ(スミレ科)
ナガバノタチツボスミレygd190301
前種に比べ葉が長く葉先が尖ります。

ツボスミレ(スミレ科)
ツボスミレsk190301
白い小さなスミレ。別名ニョイスミレ。

ノジスミレ(スミレ科)
ノジスミレsk190301
平地では早くから咲いています。

シロバナタンポポ(キク科)
シロバナタンポポz190301
在来種のタンポポで、地元ではこれが普通種です。

タビラコ(キク科)
タビラコz190301
スッと伸びた茎の先に小さな黄色い花を付けます。
仲間のコオニタビラコは春の七草の「ホトケノザ」です。

ハハコグサ(キク科)
ハハコグサz190301
春の七草のひとつ「ゴギョウ」とはこれのことです。

タネツケバナ(アブラナ科)
タネツケバナygd190301
これを幼虫の食草とするツマキチョウにはまだ会えません。

ユリワサビ(アブラナ科)
ユリワサビz190301
ワサビに比べるとかなり小さな株です。

つづく…

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6VR
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春が早い ①
2019/03/11(Mon)
久しぶりの『natureネタ』でのブログ更新です。
今年の冬は暖かい日が多かったためか、季節の進み具合が早いようです。
冬鳥たちはめっきり数が減り、春の草花が既に咲き誇っている場面にもよく遭遇します。
まずはスミレの仲間から…
スミレの仲間は、花の大きさや色、葉の形、花弁や茎の有毛・無毛で判別しますが経験が必要です。

ナガバノタチツボスミレ(スミレ科)
ナガバノタチツボスミレz190201
地元フィールドで春一番に見かけるコスミレは既に咲き終わったようで…
ナガバノタチツボスミレz190202
このスミレが咲いていました。葉が長く先が尖るのが特徴で名前の由来です。
ナガバノタチツボスミレz190301
花は薄紫色が普通ですが、稀に白化するものもあります。

ヒメスミレ(スミレ科)
ヒメスミレz190201
花が小さく1㎝もありません。
ヒメスミレz190301
花色は濃い紫色です。

ノジスミレ(スミレ科)
ノジスミレz190302
これも早くから咲き始めるスミレで、
ノジスミレz190303

ノジスミレz190301
生育場所によって花色に若干の変異が見られます。

ホトケノザ(シソ科)
ホトケノザz190302
春の七草のホトケノザ(コオニタビラコ)とは違います。
ホトケノザz190303

ホトケノザz190301
冬でも陽だまりで群生しています。

ムラサキケマン(ケシ科ケマンソウ属)
ムラサキケマンz190302
この花も今からが盛りを迎えます。
ムラサキケマンz190301
花をアップで…

オオイヌノフグリ(オオバコ科クワガタソウ属)
オオイヌノフグリz190301
これも春早くから陽だまりで群生している場面をよく見ます。
花は1㎝もありません。ヨーロッパ原産の外来種。

フラサバソウ(オオバコ科クワガタソウ属)
フラサバソウz190301
同じくヨーロッパ原産の外来種です。花は5㎜程。

タネツケバナ(アブラナ科タネツケバナ属)
タネツケバナz190301
春の七草のナズナ(ぺんぺん草)によく似ていますが種の形が違います。
ツマキチョウの食草になります。外来種のミチタネツケバナの可能性も…?!

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
    1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6VR
    タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ