ハチやアブ ①
2014/07/12(Sat)
ハチやアブ、ハエはあまり撮影しないのですが、中には綺麗だったり面白い形だったり
思わずカメラを向けてしまうこともあります。
そんなハチ(膜翅)目、ハエ(双翅)目の昆虫たちです。
ハエ目の仲間は、通常2対(4枚)ある翅が退化し前翅が1対あるだけです。

クロスズメバチ(ハチ目スズメバチ科)
クロスズメバチa1401
スズメバチと聞いただけでちょっとビビってしまいますが、
そんな中でもちょっと可愛いと思えるスズメバチです。
体長(女王)15~16㎜、(働き蜂)10~12㎜。阿蘇。

ムツバセイボウ(ハチ目セイボウ科)
ムツバセイボウa1401
セイボウの仲間は漢字で青蜂と表しどれも金属光沢があり綺麗です。
ムツバセイボウa1402
この仲間はスズバチ等に寄生するので、その巣の近くで見つかることが多いようです。
ムツバセイボウa1403
体長10~12㎜。阿蘇。

トガリハチガタバチ?(ハチ目ハバチ科)
トガリハチガタバチa1401
ハバチの仲間の幼虫は草や木の葉を食べます。
同定に自信なしですが…サルトリイバラに付くようです。
体長10㎜。阿蘇。

セダカコガシラアブ(ハエ目コガシラアブ科)
セダカコガシラアブa1401
背中の隆起が特徴的なアブで、色々な花に集まります。
体長6~8㎜。阿蘇。

ハラボソムシヒキ?(ハエ目ムシヒキアブ科)
ハラボソムシヒキy1401
これまた同定に自信なしです。
ムシヒキアブの仲間は他の昆虫を捕えて餌にします。
バンザイのような前脚が面白くて思わずシャッターを切りました。
体長9~11㎜。矢部村。

マダラホソアシナガバエ(ハエ目アシナガバエ科)
マダラホソアシナガバエy1401
金緑色が綺麗なハエの仲間です。植物の葉上によくいます。
体長5~6㎜。矢部村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | ハチ・アブ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
アブとかハチとか
2014/04/14(Mon)
グリーンピア八女で観たアブやハチの仲間です。

ビロードツリアブ(ツリアブ科)
ビロードツリアブgy1401
これも春にのみ現れるのでスプリングエフェメラルと言ってもいいかな…
ビロードツリアブgy1402
尖った長い口吻でホバリングしながら花の蜜を吸います。
ビロードツリアブgy1403
この日も色々な花で観られました。
ビロードツリアブgy1404
幼虫は、土中に巣を作るハナバチ類の幼虫や蛹に寄生するそうです。
ビロードツリアブgy1405
体長8~12㎜。

マガリケムシヒキ(ムシヒキアブ科)
マガリケムシヒキz1401
小さなハエやガガンボ等を捕まえて食べます。
体長15~20㎜。

ニッポンヒゲナガハナバチ(コシブトハナバチ科)
ニッポンヒゲナガハナバチgy1401
こちらも春にのみ現れるようです。
ニッポンヒゲナガハナバチgy1402
オスの触角が長いのが特徴で、色々な花にやってきます。
体長14㎜前後。

ニホンミツバチ(ミツバチ科)
ニホンミツバチgy1401
蜂蜜を採るために飼育されるのはセイヨウ(西洋)ミツバチです。
ニホンミツバチgy1402
こちらは日本在来種で体色が黒っぽいのが特徴です。
手前の個体は後脚に花粉団子を付けています。
体長13㎜前後。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | ハチ・アブ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
アブ、ハチ撮った
2013/03/24(Sun)
今日は、朝方パラッと雨が降りましたがすぐに回復し気温も上がりだしたので、昨日につづき筑後広域公園を散策しました。お昼近くには花見の人であふれていました。

さて、「虻蜂取らず」とは言いますが、どちらも撮りました~?!

クマバチ(ハチ目コシブトハナバチ科クマバチ亜科)
クマバチ
ずんぐり体系の黒い大きなハチです。花粉や蜜を集めます。
温厚なハチでこちらが攻撃をしない限り襲ってくることはありません。
特に縄張りでホバリングするオスは羽音も大きく恐怖感がありますが、オスには針が無く刺すことはありません。

クマバチではなくクロマルハナバチ(ミツバチ科マルハナバチ亜科)が正解でした。訂正しておきます。

ホソヒラタアブ(ハエ目ハナアブ科ヒラタアブ亜科)
ホソヒラタアブ
体調8~11㎜、幼虫はアブラムシを食べ、成虫越冬します。
体の模様は変異があるようですが、アップで見たら綺麗な模様でした。

シマハナアブ(ハエ目ハナアブ科ハナアブ亜科)
シマハナアブ
体調10~13㎜、各種の花を訪れます。
幼虫は水生で腐食物を食べるそうです。

オオハナアブ(ハエ目ハナアブ科ハナアブ亜科)
オオハナアブ
こちらも、幼虫は水生で腐食物を食べるそうです。
画像では分かりにくいですが、複眼に綺麗な模様があります。
ハナアブの仲間はハエ目に属するため翅は2枚(1対)です。
昆虫の翅は4枚(2対)が普通ですが、ハエ目では後翅が退化しているそうです。


撮影機材 カメラ:ニコンD90 レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | ハチ・アブ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |