FC2ブログ
9月の阿蘇へ ③
2018/09/25(Tue)
9月の阿蘇の最後は野草を中心に…

オオバショウマ(キンポウゲ科)
オオバショウマat18901
よく似たサラシナショウマというのもあります。
オオバショウマat18902
草丈40~120㎝。

ハガクレツリフネ(ツリフネソウ科)
ハガクレツリフネat18901
阿蘇では3種のツリフネソウが観られます。
ハガクレツリフネat18902
これは名前の通り葉の下に花を付けます。

キツリフネ(ツリフネソウ科)
キツリフネat18901
黄色いツリフネソウ。

ツルフジバカマ(マメ科)
ツルフジバカマat18901
ヒメシロチョウの幼虫の食草になります。
次種に比べ出会う機会は少ないです。

クサフジ(マメ科)
クサフジat18901
前種より花が小さく色も青味が強いようです。

フシグロセンノウ(ナデシコ科)
フシグロセンノウat18901
林下に群生することがあります。
花径は4~5㎝。

ワレモコウ(バラ科)
ワレモコウat18901
この花をうたった歌(作詞:笠木透)があります。

アカスジキンカメムシ(キンカメムシ科)
アカスジキンカメムシat18901
5齢幼虫のようで、このまま越冬するのでしょう。
体長15㎜位。

オオカマキリ(カマキリ科)
オオカマキリat18901
こういう体色は珍しい?複眼の緑が綺麗です。
体長70~95㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天山へ ②
2018/09/20(Thu)
天山のつづきです!

アキチョウジ(シソ科)
アキチョウジtz18901
花の形がチョウジ(丁子:クローブ)に似ている。

ツリフネソウ(ツリフネソウ科)
ツリフネソウtz18901
ホウセンカの仲間なので、熟した種を触ると弾けます。
ツリフネソウtz18902
横から見ると舟を吊るしたように見えます。

ゲンノショウコ(フウロソウ科)
ゲンノショウコtz18902
漢方で健胃薬として処方されます。
ゲンノショウコtz18901
群生していました。

ツルリンドウ(リンドウ科)
ツルリンドウtz18901
蔓性のリンドウで秋に咲きます。

ヤマハッカ(シソ科)
ヤマハッカtz18901
所謂ハッカ(ペパーミント)のような芳香はありません。
ヤマハッカtz18902

ヤマハッカtz18903
群生することも多い。

ヤマホトトギス(ユリ科)
ヤマホトトギスtz18901
一輪見つけました。不思議な形の花です。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天山へ ①
2018/09/18(Tue)
秋の花に会いたくなって、久しぶりに佐賀県の天山(標高1046.2m)に登りました。
秋は紫色系の花が多いなぁ…

ツクシアザミ(キク科)
ツクシアザミtz18901
株立ちががっしりしていて大きめの花は横向きに咲きます。

ヒメアザミ(キク科)
ヒメアザミtz18901
花は小さめです。

ホソバシュロソウ(ユリ科)
ホソバシュロソウtz18901
地味ですが渋美しい花です。小さな花をアップで!

シギンカラマツ(キンポウゲ科)
シギンカラマツtz18901
図鑑等では林内に咲くとありますが、
シギンカラマツtz18902
日当たりの良い笹の間に咲いていました。

マツムシソウ(マツムシソウ科)
マツムシソウtz18901
マツムシが鳴く頃に咲くからこの名が付いたとか…
マツムシソウtz18902
阿蘇やくじゅうでもよく見ます!

タンナトリカブト(キンポウゲ科)
タンナトリカブトtz18901
トリカブトの仲間は猛毒があることで有名です。
タンナトリカブトtz18902
タンナ(耽羅)とは、韓国済州島の古名で、この花も分布するようです。

レイジンソウ(キンポウゲ科)
レイジンソウtz18901
前種同様トリカブト属の花ですが花はかなり小さいです。

キュウシュウコゴメグサ(ゴマノハグサ科→ハマウツボ科)
キュウシュウコゴメグサtz18901
小さな花が集まって咲きます。
キュウシュウコゴメグサtz18902
ツクシコゴメグサなどコゴメグサ属には似た種がたくさんあります。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
平尾台へ ③
2018/09/07(Fri)
野草のつづきです。

ヤナギアザミ(キク科)
ヤナギアザミhd18901
ノアザミに比べると、葉が細く花冠も少し小さめで棘も少ない。
ヤナギアザミhd18902
草丈60~120㎜。

アキノノゲシ(キク科)
アキノノゲシhd18901
普通種で平地でも見られます。
アキノノゲシhd18902
草丈60~200㎝。

コウゾリナ(キク科)
コウゾリナhd18901
前種に似ていますが、こちらの方が黄色が濃い。

ガガイモ(ガガイモ科はキョウチクトウ科へ)
ガガイモhd18901
独特の姿形の花を咲かせます。
ガガイモhd18902

ガガイモhd18903
蔓植物。

ヘクソカズラ(アカネ科)
ヘクソカズラhd18901
花の匂いから名前が付きました。別名ヤイトバナで、ヤイトはお灸のこと。
これも生薬になるらしい。蔓植物。

キセワタ(シソ科)
キセワタhd18901
結構背が高く(60~100㎝)なります。
キセワタhd18902

キンミズヒキ(バラ科)
キンミズヒキhd18901
ミズヒキは赤くタデ科になります。
草丈50~100㎝。

クズ(マメ科)
クズhd18901
花はシクラメンに似た甘い香りがする。
蔓植物。

ツルマメ(マメ科)
ツルマメhd18901
小さくて可愛い花です。
蔓植物。

ヌスビトハギ(マメ科)
ヌスビトハギhd18901
林縁や草原などで普通に見られます。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
平尾台へ ①
2018/09/04(Tue)
久しぶりに北九州の平尾台へ出かけました。
ここは石灰岩のカルスト台地として有名ですが、貴重な動植物の宝庫でもあります。
まずは夏の終りの野草を…

キキョウ(キキョウ科)
キキョウhd18901
キキョウと言えば秋の七草の一つですが、花期は7~8月が最盛期です。
キキョウhd18903
9月に入りましたが、まだ花が残っていました。
キキョウhd18902
清楚なイメージの花です。
キキョウhd18904
最盛期ほど背丈が高くならず他の草の陰に隠れていました。
キキョウhd18905
蕾は風船のようです。
草丈40~100㎝。

ノヒメユリ(ユリ科)
ノヒメユリhd18901
こちらも7~8月が最盛期ですが、まだ何とか残っていました。
ノヒメユリhd18902
下から青空をバックに撮ってみました。
ノヒメユリhd18903
花径は25~40㎜と小さく、可憐な花をうつむき加減に咲かせます。
草丈50~150㎝。

サイヨウシャジン(キキョウ科)
サイヨウシャジンhd18901
こちらも花の最盛期は過ぎているようでした。
同じキキョウ科ですが、キキョウよりはるかに花は小さく10~15㎜程です。

ミシマサイコ(セリ科)
ミシマサイコhd18901
3㎜程の小さな花をたくさん付けます。
根が柴胡(さいこ)という生薬になり解熱・鎮痛作用があるそうです。
草丈30~50㎝。

ボタンヅル(キンポウゲ科)
ボタンヅルhd18901
次種とよく似ていますがこちらは少しクリーム色を帯びています。
ボタンヅルhd18902
オシベ・メシベがより長いのが特徴ですが、白いのは花弁ではなく萼片です。
花径は20㎜ほど。

センニンソウ(キンポウゲ科)
センニンソウhd18901
こちらも白いのは花弁ではなく萼片です。
センニンソウhd18902
花ば少し大きく25~30㎜になります。
両種とも蔓性植物です。

ニラ(ユリ科)
ニラhd18902
道路脇にたくさん自生?していました。
ニラhd18901
草丈30~40㎝。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ