10月後半のトンボなど ②
2016/11/04(Fri)
昨日の野鳥と同じ場所で撮ったトンボやチョウです。
まだ赤トンボやアオイトトンボの仲間は健在です。

アオイトトンボ(アオイトトンボ科)
アオイトトンボii1601
翅が擦れた個体が増えてきましたが、まだ繁殖活動をしていました。
アオイトトンボii1602
ここでも他人の恋路を邪魔する輩が…?
アオイトトンボii1603
体長34~48㎜。

アオモンイトトンボ(イトトンボ科)
アオモンイトトンボnk1601
こちらもまだ活動中!
体長29~38㎜。

ギンヤンマ♂(ヤンマ科)
ギンヤンマ♂nk1601
そこそこピントが合った飛翔シーンが撮れました。
ギンヤンマ♂nk1602
体長67~83㎜。

タイリクアカネ♂(トンボ科)
タイリクアカネ♂nk1601
ここにもいました。
体長41~49㎜。

マユタテアカネ♂(トンボ科)
マユタテアカネ♂nk1601
まだ結構残っています。


マユタテアカネ♀nk1601
メスの一部は翅端が茶色。
体長30~43㎜。

ノシメトンボ♂(トンボ科)
ノシメトンボ♂yg1601
成熟しても真っ赤ではなく茶色っぽい(渋い)赤になります。
ノシメトンボ♂yg1602
オスもメスも翅端は茶色。
体長37~51㎜。

コノシメトンボ♂(トンボ科)
コノシメトンボ♂nk1601
「コ」が付く方は赤くなります。
コノシメトンボ♂nk1602
オスもメスも翅端は茶色。
体長38~48㎜。

ネキトンボ♂(トンボ科)
ネキトンボ♂nk1601
TG-3のワイド側で指が当たりそうな位まで近寄って撮影しました。
ネキトンボ♂nk1602
生息環境(池)の雰囲気が伝わりますか?
ネキトンボ♂nk1603
体長39~48㎜。

アカタテハ(タテハチョウ科)
アカタテハnk1601
足元の石段の上に…
前翅長30~35㎜。

イチモンジセセリ(セセリチョウ科)
イチモンジセセリnk1601
ミゾソバの群落の中に…
前翅長15~21㎜。

カメラ:ニコンD7100、1V3、オリンパスTG-3
レンズ:マイクロニッコール85㎜、1ニッコール70-300VR。
    1ニッコール30~70㎜。
    タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | トンボ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
秋のトンボいろいろ ⑤
2016/10/20(Thu)
繁殖活動の画像をアップします。

アオイトトンボ(アオイトトンボ科)
アオイトトンボyg1601
抽水植物の茎に連結したまま産卵します。

アオモンイトトンボ交尾態(イトトンボ科)
アオモンイトトンボyg1601
オスタイプのメスでブルーが綺麗。

ショウジョウトンボ♀(トンボ科)
ショウジョウトンボ♀ck1602
単独打水産卵をする近くで、オスが警護飛翔をしていました。

マユタテアカネ交尾態(トンボ科)
マユタテアカネgy1601
メスの翅先は褐色を帯びます。

リスアカネ交尾態(トンボ科)
リスアカネyg1602
オスもメスも翅先が褐色を帯びます。
リスアカネyg1601
連結空中産卵。メスの腹端に白い卵が見えます。

ネキトンボ(トンボ科)
ネキトンボgy1601
連結打水産卵。
ネキトンボgy1602

ネキトンボgy1603
時々腹端を水面に打ち付けて産卵します。

ギンヤンマ(ヤンマ科)
ギンヤンマck1603
連結産卵(メスが単独で産卵する場合もあります)。
ギンヤンマck1604
水中の水草の茎などに産卵します。
ギンヤンマck1605

ギンヤンマck1606
警戒心の弱いカップルで50㎝程の間近まで寄れました。

カメラ:ニコンD7100、1V3
レンズ:マイクロニッコール85㎜、1ニッコール70-300VR。
     1ニッコール30-70㎜。
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | トンボ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
秋のトンボいろいろ ④
2016/10/20(Thu)
今日は一日曇りでした。

トンボはもう少しつづきます。
あちこちで撮影したトンボたちです。

キトンボ♂(トンボ科)
キトンボ♂yh1601
晩秋まで見られるトンボです。
キトンボ♂yh1603

キトンボ♂yh1602

キトンボ♂yh1604
10:00過ぎから正午位までが活動が活発になるようです。


キトンボyg1602
こちらはメスのようです。
キトンボyg1601
奥にいるのはタイリクアカネ。
体長37~47㎜。

タイリクアカネ♂(トンボ科)
翅が微かに橙色を帯びる。
タイリクアカネ♂yg1601
手前はキトンボ。
体長41~49㎜。

ネキトンボ♂(トンボ科)
ネキトンボ♂yg1601
今年は本当によく見ます。
体長39~48㎜。

マユタテアカネ♂(トンボ科)
マユタテアカネ♂gy16011
まだ見られます。
体長31~43㎜。

ヒメアカネ♂(トンボ科)
ヒメアカネ♂km1601
地元で見られる中では一番小さなアカネ。
体長28~38㎜。

ノシメトンボ(トンボ科)
ノシメトンボkm1601
翅端が褐色になるオスでも真っ赤に色付かない赤トンボです。
ノシメトンボkm1602
体長37~53㎜。

オオルリボシヤンマ♂(ヤンマ科)
オオルリボシヤンマ♂yh1601
翅がボロボロになりながらもパトロール飛翔を繰り返していました。
体長76~94㎜。

ベニイトトンボ♂(イトトンボ科)
ベニイトトンボ♂yh1601
今年は遅くまで見かけます。
ベニイトトンボ♂gy1601
小昆虫を捕食中。
ベニイトトンボ♂gy1602
メスにも見えますが未成熟オスのようです。
体長32~43㎜。

カメラ:ニコンD7100、1V3
レンズ:マイクロニッコール85㎜、1ニッコール70-300VR。
    タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | トンボ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
秋のトンボいろいろ ③
2016/10/18(Tue)
今日は、ジョウビタキの初(地)鳴きを聞きました。
姿は未見ですが、いよいよ冬鳥の季節到来です。

アオイトトンボ科アオイトトンボ属3種の見分け方の参考に画像をアップします。
なお、コバネアオイトトンボは福岡県レッドデータブックでは、絶滅危惧ⅠA類に指定され、県内1ヶ所の生息地も危機的状況だそうで、今回の画像はFB友のKさんに案内いただいた県外の生息地での撮影です(アオイトトンボも同地で撮影)。オオアオイトトンボは隣の八女市での撮影です。いずれも秋に繁殖活動を行います。

アオイトトンボ♀
アオイトトンボ♀yg1601
オスタイプのメスです。オスに比べ腹部が太く先端が膨らみます。
体長35~48㎜。


アオイトトンボ♂yg1601
オスは胸部と腹端に白粉を帯びます。
アオイトトンボ♂yg1603
複眼のブルーは一番濃い(特徴が出るようフラッシュ使用、他2種共)
アオイトトンボ♂複眼
縁紋の横幅は縦幅の3倍位。
アオイトトンボ♂縁紋
腹端の形状は3種共微妙に違います。
アオイトトンボ♂腹端
体長34~48㎜。

コバネアオイトトンボ♀
コバネアオイトトンボ♀yg1601
腹端の産卵管が黒味を帯びないそうです。
体長38~43㎜。


コバネアオイトトンボ♂yg1601
胸部は水色で白粉を帯びず腹端のみ白粉を帯びます。
コバネアオイトトンボ♂yg1602

コバネアオイトトンボ♂yg1604

コバネアオイトトンボ♂yg1605
相対的に翅が短く見えます。
コバネアオイトトンボ♂複眼
複眼は水色を濃くした感じ(コバルトブルー?)。
コバネアオイトトンボ♂縁紋
縁紋の横幅は縦幅の1.5倍位。
コバネアオイトトンボ♂腹端
腹端
体長39~44㎜。

オオアオイトトンボ♂
オオアオイトトンボ♂yh1601
他の2種より金属光沢が強いように感じます。
オオアオイトトンボ♂yh1602
体長も一番大きいです。
オオアオイトトンボ♂複眼
他2種に比べ複眼は緑味があります。
オオアオイトトンボ♂縁紋
縁紋の横幅は縦幅の2.5倍位。
オオアオイトトンボ♂腹端
腹端の白粉は第10節のみと狭いです。
体長40~55㎜。

カメラ:ニコンD7100、1V3
レンズ:マイクロニッコール85㎜
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | トンボ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
秋のトンボいろいろ ②
2016/10/14(Fri)
ため池のつづきです。

チョウトンボ(トンボ科)
チョウトンボ♂mi1601
6・7月が最盛期のイメージですが、まだ健在でした。
チョウトンボ♂mi1602
体長31~42㎜。

アオモンイトトンボ(イトトンボ科)
アオモンイトトンボmi1601
何処へ行ってもまず目に入るのはこのトンボです。
体長29~38㎜。

ベニイトトンボ♂(イトトンボ科)
ベニイトトンボ♂mi1601
以前は多くの個体を見かけたのですが、ここ数年は見かける機会が少ないような…
体長32~43㎜。

タイワンウチワヤンマ♂(サナエトンボ科)
タイワンウチワヤンマmi1601
これもヤンマと付きますがサナエトンボ仲間です。
タイワンウチワヤンマmi1602
前回はウチワヤンマばかりでしたが、今回はタイワン…ばかりでした。
体長70~81㎜。

ギンヤンマ♀(ヤンマ科)
ギンヤンマ♀mi1601
普通種ですが、オスは常に池の上を飛翔していて中々写真を撮らせてくれません。
産卵時は撮影のチャンスです。
体長65~84㎜。

ホテイアオイ(ミズアオイ科)
ホテイアオイmi1601
南アメリカ原産の水草で各地で野生化しています。
ホテイアオイmi1602
池の一部に群生しています。

カメラ:ニコンD7100、1V3
レンズ:マイクロニッコール85㎜、1ニッコール70-300VR。
    タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | トンボ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ