FC2ブログ
秋のトンボ ②
2020/10/22(Thu)
今日はアカネ属以外のトンボたちです。
赤トンボ以外でも秋遅くまで活動する種や越冬種(3種)もいます。

オオアオイトトンボ♂(アオイトトンボ科)
オオアオイトトンボ♂yh201001
アオイトトンボの仲間の中でも一番遅くまで見られます。
オオアオイトトンボ♂yh201002

オオアオイトトンボ♂yh201003
池の山。

オオアオイトトンボ♀sj201001

オオアオイトトンボ♀sj201002
S古墳の周りで。

アオイトトンボ♀(アオイトトンボ科)
アオイトトンボ♀swa201001
S公園。

ベニイトトンボ♂(イトトンボ科)
ベニイトトンボ♂yh201001
陽だまりの中でまだ元気です。
池の山。

ベニトンボ♂(トンボ科)
ベニトンボ♂swa201001
南方系の種ですがここの池では定着しているようです。
ベニトンボ♂swa201002
メスに寄り添って飛ぶオス
ベニトンボ♂swa201003
S公園。

ハネビロトンボ♂(トンボ科)
ハネビロトンボ♂swa201001
こちらも定着しているようです。
S公園。

ギンヤンマ♂(ヤンマ科)
ギンヤンマ♂swa201001
常にパトロール飛翔
ギンヤンマ♂swa201002
S公園。

ハラボソトンボ♂(トンボ科)
ハラボソトンボ♂swa201001
名前の通りかなり細い腹部です。
これも南方系。S公園。

ウスバキトンボ(トンボ科)
ウスバキトンボswa201001
これは南から北へ世代交代をしながら移動していきます。
ウスバキトンボswa201002
お盆以降は各地で大群が観られます。S公園。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     NIKKOR 18~135㎜DX。
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋のトンボ ①
2020/10/21(Wed)
今日は赤トンボ(トンボ科アカネ属)の仲間です。

キトンボ(黄蜻蛉)♂
キトンボ♂yh201001
体色は橙色に近い黄色で翅も橙黄色を帯びます。
体長37~47㎜。星野村池の山。

ネキトンボ(根黄蜻蛉)♂
ネキトンボ♂yh201001
頭部と胸部も赤くなり翅の基部に黄色い斑紋。
体長39~48㎜。池の山。

リスアカネ(リス茜)♂
リスアカネyh201001
翅先が茶色を帯び腹部が赤くなります。
体長34~46㎜。池の山。

コノシメトンボ(小熨斗目蜻蛉)♂
コノシメトンボ♂swa201001
翅先が茶色でリスアカネに似ていますが
コノシメトンボ♂swa201002
頭部や胸部まで赤くなり腹節に黒班が出ます。
コノシメトンボ♂swa201003
体長38~48㎜。県南部S公園。

マイコアカネ(舞妓茜)
マイコアカネ♂swa201001
顔面の青白色と腹部の赤色を舞妓の白粉と着物に見立てた種名です。
マイコアカネ♀swa201001
メスは他のアカネ同様真っ赤になりません。
マイコアカネ♀swa201002
小さくて草に紛れると目立ちません。
体長29~40㎜。S公園。生息場所が限定的で数も少ない。

タイリクアカネ(大陸茜)♂
タイリクアカネ♂swa201001
翅が橙色味を帯びます。
タイリクアカネ♂swa201002
体長42~49㎜。S公園。

マユタテアカネ(眉立茜)♂
マユタテアカネ♂swa201001
この画像では判りにくいですが顔面の眉班が特徴です。
体長31~43㎜。S公園。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:ZOOMNIKKOR 18~135㎜DX。
    1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋の水辺へ ①
2020/09/24(Thu)
連休2日目は南下し隣県の水辺へ。ここは湧水源があり清流が流れ、開けた広い池と樹林に囲まれた小さな池、その周りに湿地や田んぼがあり多様性に富んだ環境です。そして、絶滅危惧種のコバネアオイトトンボの生息地でもありトンボの種類も多様です。
今日はアオイトトンボ3種です。まだ繁殖活動は見られませんでした。

コバネアオイトトンボ(アオイトトンボ科)
コバネアオイトトンボ♂hj200901
オスは金緑色のボディにコバルトブルーの複眼が綺麗です。
コバネアオイトトンボ♂hj200902
こちらはノーフラッシュで撮影。
コバネアオイトトンボ♂hj200903
フラッシュ使用。
コバネアオイトトンボ♂hj200904
ノーフラッシュ。
コバネアオイトトンボ♂hj200905
縁紋(翅にある小さな紋)が短い長方形。
以下はメスです。
コバネアオイトトンボ♀hj200901

コバネアオイトトンボ♀hj200902
産卵しているわけではありません。翅の掃除で腹部を上げ下げ。
コバネアオイトトンボ♀hj200903
体長38~44㎜。

アオイトトンボ(アオイトトンボ科)
アオイトトンボ♂hj200901
こちらは複眼が濃青色。
アオイトトンボ♂hj200902
この種のみ成熟個体は胸部に白粉を帯びます。
メスの腹端は膨らんでいます。
アオイトトンボ♀hj200901
縁紋は長い長方形。
アオイトトンボ♀hj200902
体長35~48㎜。

オオアオイトトンボ♂(アオイトトンボ科)
やっと見つけた1個体。複眼は緑青色。
オオアオイトトンボ♂hj200901
縁紋は長い長方形。
体長40~55㎜。

クロイトトンボ未成熟♂(イトトンボ科)
クロイトトンボ♂hj200901
水路脇の草むらを飛んでいました。
体長27~36㎜。

アオイトトンボの仲間は翅を半開にして静止します。クロイトトンボと見比べてください。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月後半のトンボたち ②
2020/08/29(Sat)
赤トンボ以外のトンボです。

アオビタイトンボ♀(トンボ科)
アオビタイトンボ♀ibi200801
ようやくメスと出会えました。
アオビタイトンボ♀ibi200802
黄色と黒のトラ模様が綺麗です。
オスとの体色の違いに別種かと思ってしまいます。
アオビタイトンボ♀ibi200803
まだ産卵行動に入る前で池の周りの草むらにいました。
アオビタイトンボ♀ibi200804
体長31~38㎜。

チョウトンボ♂(トンボ科)
チョウトンボ♂ibi200801
まだ健在でオス2匹が縄張り争いをしていました。
チョウトンボ♂ibi200802
体長34~42㎜。

シオカラトンボ(トンボ科)
シオカラトンボ♂gy200801
これはオス
シオカラトンボ♀gy200801
スは別名ムギワラトンボと言われるような体色。
体長47~61㎜。

オオヤマトンボ♂(ヤマトンボ科)
オオヤマトンボ♂ck200801
池の岸辺沿いにパトロール飛翔を繰り返します。
体長78~88㎜。

ミヤマサナエ♂(サナエトンボ科)
ミヤマサナエ♂aso200801
山間部のちょっと開けた所ででよく見かけます。
体長50~59㎜。

オナガサナエ(サナエトンボ科)
オナガサナエ♂gy200801
オスの腹端の尾部付属器が長いのが特徴です。
オナガサナエ♀gy200801
こちらはメスです。
オナガサナエ♀gy200802
体長55~66㎜。

ベニイトトンボ(イトトンボ科)
ベニイトトンボ♂gy200801
クモの巣に飛び込んだオスを救出したら指の上に…
ベニイトトンボ♂gy200802
その後草に移動し腹部と翅をこすり合わせて掃除…
ベニイトトンボ♂gy200803
クモの巣がまだ残っていたのでしょうか?
ベニイトトンボ交尾態gy200801
交尾態も含め草むらからたくさん飛び立ちました。
体長32~45㎜。

モノサシトンボ♂(モノサシトンボ科)
モノサシトンボgy200801
ベニイトトンボの傍にいました。
体長39~50㎜。

ハグロトンボ(カワトンボ科)
ハグロトンボ交尾態ck200801
交尾態が綺麗なハート形になっていました。
ハグロトンボ♀ck200801
交尾後メスが産卵を始めました(時に水中に潜ることもあります)
体長54~68㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月後半のトンボたち ①
2020/08/28(Fri)
お盆を過ぎてもまだ猛暑がつづいていますが、朝晩は少し涼しくなってきました。水辺では赤トンボ(アカネ属)の仲間が増えてきました。撮影地は福岡県南部地域です。

ネキトンボ♀
ネキトンボ♀ky200801
翅の元部が橙黄色なのでネキ(根黄)トンボです。
ネキトンボ♀ky200802
画像は全てメスです。
ネキトンボ♀gy200801
成熟オスは顔面から腹部まで真っ赤になります。
体長38~46㎜。

リスアカネ♂
リスアカネ♂gy200801
顔面に斑紋はありません。
リスアカネ♂gy200802
オスもメスも翅先が茶色になります。
リスアカネ♂gy200803
名前のリスはスイスのトンボ学者からきているそうです。
体長34~46㎜。

マユタテアカネ♂
マユタテアカネ♂gy200801
顔面に眉班があり腹部が赤くなります。
メスの翅先は茶色ですがオスは透明です。
体長31~43㎜。

ヒメアカネ未成熟♂
ヒメアカネ♂gy200802
成熟オスは顔面が白く腹部が赤くなります。
ヒメアカネ♂gy200801
アカネ属中最小種で生息地は限定されます。
ヒメアカネ♀gy200801
こちらは未成熟メス
体長28~38㎜。

ハネビロトンボ♂
ハネビロトンボ♂ibi200801
赤い体色ですがアカネ属ではありません。
ハネビロトンボ♂ibi200802

ハネビロトンボ♂ibi200804
別個体です。
体長51~58㎜。

ベニトンボ♂
べにトンボ♂gy200802
これもアカネ属ではありません。
べにトンボ♂gy200803
オスを5個体確認。
べにトンボ♂gy200801

べにトンボ♀gy200802
メスも2個体確認
べにトンボ♀gy200801
体長32~43㎜。

いずれも暑い日でオベリスク姿勢をとるトンボが多かった。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ