FC2ブログ
7月のトンボ
2020/07/21(Tue)
7月に入り水辺も賑やかになってきました。

マルタンヤンマ♀(ヤンマ科)
マルタンヤンマ♀ibi200701
珍しいトンボが産卵行動をしていました。
マルタンヤンマ♀ibi200702
出会う機会が少ないトンボでマイ撮影フィールドで出会えるとは…
マルタンヤンマ♀ibi200703
次は綺麗なコバルトブルーの複眼のオスと出会いたいものです。
体長72~84㎜。

タイワンウチワヤンマ♀(サナエトンボ科)
タイワンウチワヤンマ♀ibi200701
こちらも産卵行動が始まっていました。
タイワンウチワヤンマ♀ibi200702
別のメスです。
タイワンウチワヤンマ♂ibi200701
オスは一定の場所でテリトリーを張り
タイワンウチワヤンマ♂ibi200702
他のオスが近付くと追っかけあいが始まります。
体長70~81㎜。

コシアキトンボ♂(トンボ科)
コシアキトンボ♂ibi200701
成熟オスの腰部が白く目立ちます。
体長42~50㎜。

アオビタイトンボ♂(トンボ科)
アオビタイトンボ♂ibi200701
本当はメスに会いたかったのですが…
体長32~43㎜。

チョウトンボ♀(トンボ科)
チョウトンボ♀ibi200701
池の真ん中辺りで打水産卵していました。
チョウトンボ♀ibi200702
体長31~38㎜。

オオシオカラトンボ♂(トンボ科)
オオシオカラトンボ♂z200701
あちこちでたくさん見かけるようになりました。
体長49~61㎜。

マユタテアカネ♀(トンボ科)
マユタテアカネ♀z200701
アカネ(アカトンボ)の仲間でメスの翅先は褐色になります。
体長30~42㎜。

アキアカネ(トンボ科)
アキアカネat200701
アカネの代表種です。
体長32~46㎜。

アオイトトンボ(アオイトトンボ科)
アオイトトンボ♂ibi200701
秋に最盛期を迎えるトンボです。
アオイトトンボ♂ibi200702
ブルーの複眼が綺麗です。
体長34~48㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
地元の池を巡って…
2020/06/25(Thu)
今週はじめは、筑後広域公園の池と隣市の溜池を回ってトンボ探ししました。
ようやくチョウトンボが出始めたようです。
ハスの花に止まるトンボを狙ったのですが止まるのは蕾ばかり…

チョウトンボ♂(トンボ科)
チョウトンボ♂ibi200601
まだ数が少なくこの日見たのはオス3、メス1でした。
チョウトンボ♂ibi200602
体長34~42㎜。今福溜池。

アオビタイトンボ♂(トンボ科)
アオビタイトンボ♂ibi200601
こちらはオスばかりでメスは確認できませんでした。
アオビタイトンボ♂ibi200602
体長32~43㎜。今福溜池。

コシアキトンボ♂(トンボ科)
コシアキトンボ♂ibi200601
普通種ですがここでは意外に数が少ない…
体長43~50㎜。今福溜池。

ショウジョウトンボ♂(トンボ科)
ショウジョウトンボ♂ibi200601
真っ赤なトンボですが、「赤トンボ(アカネ属)」の仲間ではありません。
体長41~55㎜。今福溜池。

オオシオカラトンボ♂(トンボ科)
オオシオカラトンボ♂ibi200601
こちらも数は少ないです。
体長49~61㎜。今福溜池。

ムスジイトトンボ♂(イトトンボ科)
ムスジイトトンボ♂ck200601
青い複眼と肩条で同定しました(よく似たセスジイトトンボは複眼が緑)
体長30~39㎜。筑後広域公園:ここでは初確認。

アオモンイトトンボ♂(イトトンボ科)
アオモンイトトンボ♂ck200601
ここでは最も多く観られるイトトンボ。
アオモンイトトンボ交尾態ck200601
交尾態もあちこちで…
体長29~38㎜。筑後広域公園。

アキアカネ(トンボ科)
アキアカネck200601
赤トンボと言えばこのトンボ。羽化して間もない新鮮な個体。
暑い夏は避暑に行き秋に戻って来る頃にはオスは真っ赤になっています。
体長32~46㎜。筑後広域公園。

コフキトンボ(トンボ科)
コフキトンボck200601
前がオスのような感じですが…?
コフキトンボ♀ck200602
こちらはメスで警戒している時のポーズらしい…
コフキトンボ♂ck200602
こちらは成熟したオス。
体長37~48㎜。筑後広域公園。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サナエトンボの仲間など
2020/06/21(Sun)
サナエ(早苗)とは苗代を田に植える頃を指し、サナエトンボ科はその頃に最盛期を迎える中型~大型のトンボです。飛び回るより止まっていることが多いトンボです。

クロサナエ♂(サナエトンボ科)
クロサナエ♂yy200601
突然飛んで来てガードレールにとまりました。
クロサナエ♂yy200602
山間部の源流域で観られます。
クロサナエ♂yy200603
今年も新たな場所で何とか会えました。
クロサナエ♀yy200601
メスもいました
クロサナエ♀yy200602
すぐ側を渓流が流れています。
クロサナエ♀yy200603
体長36~51㎜。矢部村。

コオニヤンマ♀(サナエトンボ科)
コオニヤンマ♂ks200601
ヤンマと付きますがヤンマ科ではない大型のサナエです。
体長75~90㎜。佐賀県。

ウチワヤンマ♂(サナエトンボ科)
ウチワヤンマ♂ck200602
これもヤンマと付いてもヤンマにあらずです。
ウチワヤンマ♂ck200601
腹端にうちわ状の突起があるのが特徴です。
ウチワヤンマ♂ck200603
コフキトンボの止まり場所を奪おうと迫ります。
ウチワヤンマ♀ck200601
突然目の前にメスが飛んで来て産卵を始めました。
ウチワヤンマ♀ck200602
卵は粘着性のある糸で繋がっていて卵糸が見えます。
ウチワヤンマ♀ck200603
体長70~87㎜。筑後広域公園。

コフキトンボ♂(トンボ科)
コフキトンボ♂ck200601
ウチワヤヤンマと同じ池でたくさん見られます
下画像は♀です。
コフキトンボ♀ck200601
体長37~48㎜。筑後広域公園。

ムカシヤンマ♀(ムカシヤンマ科)
ムカシヤンマks200601
1属1種の日本特産種です。
ムカシヤンマks200602
アオハダトンボの川岸の崖で想定外の遭遇!
体長63~80㎜。佐賀県。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カワトンボの仲間など
2020/06/19(Fri)
樫原湿原の帰りにいつも立ち寄る川で今年も無事にアオハダトンボに出会えました。
その他大型のカワトンボの仲間などを…

アオハダトンボ(カワトンボ科)
アオハダトンボ♂ks200601
オスはメタリックグリーンの体に青藍色の翅。
アオハダトンボ♂ks200604
生息地が限定されるトンボです。
アオハダトンボ♂ks200602
時々翅を開く瞬間があります。
アオハダトンボ♂ks200603
初めて訪れた年に比べると個体数が減ってきているような気がします。
アオハダトンボ♀ks200601
メスは茶色っぽい翅に白い偽縁紋が目立ちます。
アオハダトンボ♀ks200602
メスの体もメタリックです、
体長55~63㎜。佐賀県。

ミヤマカワトンボ♂(カワトンボ科)
ミヤマカワトンボ♂yy200601
こちらもオスの体はメタリックグリーンです。
ミヤマカワトンボ♂yy200602
翅はこげ茶色。カワトンボの最大種です。
体長65~80㎜。矢部村。

ハグロトンボ♂(カワトンボ科)
ハグロトンボ♂ks200601
こちらもオスの体はメタリックグリーンです。
ハグロトンボ♂ck200601
平地でも普通に見られるトンボです。未成熟オスのようです。
体長57~68㎜。佐賀県、筑後広域公園。

ヤクシマトゲオトンボ♂(ヤマイトトンボ科)
ヤクシマトゲオトンボ♂yy200601
山地源流域の岩場から水が滴る様な薄暗い場所で見られます。
ヤクシマトゲオトンボ♂yy200602
林道が整備されるにつれ生息地が減ってきています。
ヤクシマトゲオトンボ♂yy200603
九州本土産はキュウシュウトゲオトンボとされる場合もあります。
翅を半開でとまります。体長41~51㎜。矢部村。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
樫原湿原のトンボ ②
2020/06/18(Thu)
樫原湿原のつづきで今日はイトトンボの仲間です。

キイトトンボ♂(イトトンボ科)
キイトトンボ♂ks200601
たくさん飛び回っていました。
キイトトンボks200601
連結産卵。
体長31~48㎜。

ベニイトトンボ♂(イトトンボ科)
ベニイトトンボ♂ks200601
キイトトンボに比べると若干少ない?
ベニイトトンボ♂ks200602
体長32~43㎜。

セスジイトトンボ♂(イトトンボ科)
セスジイトトンボ♂ks200601
ここでは初見です。
体長27~36㎜。

左クロイトトンボ♂(イトトンボ科)と
モノサシトンボ♂(モノサシトンボ科)
モノサシ・クロイト♂ks200601

モノサシトンボ♂
モノサシトンボ♂ks200601
体長39~50㎜。

ホソミオツネントンボ♂(アオイトトンボ科)
ホソミオツネントンボ♂ks200601
成虫越冬するのでオツネン(越年)です。
ホソミオツネントンボks200601
抽水植物の茎に連結産卵しています(下がメス)。
ホソミオツネントンボks200602
体長33~42㎜。

残念ながらモートンイトトンボには会えませんでしたので過去画像をアップします。
♂腹端がオレンジ色を帯びます
モートンイトトンボ♂ks020601
未成熟♀全身緋色から成熟すると黄緑色になります
モートンイトトンボ♀ks200601
体長22~32㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ