FC2ブログ
トンボの季節 ⑤
2019/09/13(Fri)
今日も県南部の公園へトンボ探索に出かけましたが、残暑厳しくアカネの仲間は全く見かけませんでした。
八女市の山間部で見つけたトンボたちです。

ベニトンボ♂(トンボ科)
ベニトンボ♂gy190901
ここの池では3年ぶりの再会となりました。
ベニトンボ♂gy190902
ちょっと遠かったのですが、草をかき分けて水辺へ近付いて撮りました。
ベニトンボ♂gy190903
紅色が綺麗な南方系のトンボです。
ベニトンボ♂gy190904
ここでは定着しているのでしょうか?
ベニトンボ♂gy190905
全長34~43㎜。

ネキトンボ(トンボ科)
ネキトンボ♂yh190901
アカネの仲間で、割と早くから赤く色付きます。
ネキトンボ♀gy190901
メス(上画像)もそこそこ赤くなります。
ネキトンボ♂gy190902
頭上にいたオスを真下から狙いました。
ネキトンボ♂gy190901
羽の付根が黄(橙)色を帯びるので根黄トンボです。
全長38~48㎜。

マユタテアカネ(トンボ科)
マユタテアカネ♂gy190901
顔面に黒い斑紋(眉条斑)があるのが特徴です。
マユタテアカネ♀gy190901
メスは翅の先が茶色を帯びるものが多い。
マユタテアカネ♂gy190902
全長30~43㎜。

リスアカネ♂(トンボ科)
リスアカネ♂yh190901
オスもメスも翅端が茶色を帯びます。
全長34~46㎜。

コオニヤンマ♀(サナエトンボ科)
コオニヤンマ♀gy190901
体系に比べて頭部が小さいるのが特徴です。
全長75~90㎜。

オナガサナエ♀(サナエトンボ科)
オナガサナエ♀gy190901
こちらは一回り小さくなります。
全長55~62㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トンボの季節 ④
2019/09/12(Thu)
筑後広域公園と隣市の溜池を回ってトンボ探してみました。

アオビタイトンボ♂(トンボ科)
アオビタイトンボ♂ib190901
南方系のトンボで、ため池では毎年見かけていたのですが今年もようやく出会えました。
アオビタイトンボ♂ib190902
複眼の付根(額)が金藍色に光っています。
アオビタイトンボ♂ib190903
腹(尾)端を上げる姿勢をオベリスクと言い、
アオビタイトンボ♂ib190904
太陽光の当たる範囲を少なくし体温の上昇を防ぐ行動だと言われています。
全長32~43㎜。

チョウトンボ♂(トンボ科)
チョウトンボ♂ib190901
まだ少数が飛び回っていました。
チョウトンボ♂ib190902
全長34~42㎜。

コフキトンボ(トンボ科)
コフキトンボ♂ck190901
こちらは公園内の池でまだたくさん飛び回っています。
全長37~48㎜。

シオカラトンボ(トンボ科)
シオカラトンボib190901
池の岸辺で産卵行動するメス(左)とそれを警護するオス(右上)。
全長47~61㎜。

ギンヤンマ♂(ヤンマ科)
ギンヤンマ♂ck190901
メスを探して縄張りを飛び回るオス。
ギンヤンマ♂ib190901
ちょっと休憩…
全長67~83㎜。

オオヤマトンボ♂(ヤマトンボ科)
オオヤマトンボ♂ck190901
オニヤンマと間違われやすいですが生息環境が違います。
全長78~88㎜。

ウチワヤンマ♂(サナエトンボ科)
ウチワヤンマ♂ck190901
次種とよく似ていますが、見分け方は過去記事をご参照ください。
全長77~87㎜。

タイワンウチワヤンマ♂(サナエトンボ科)
タイワンウチワヤンマ♂ck190901
こちらの方が観られる期間が長いようです。
タイワンウチワヤンマ♂ib190901
溜池の方ではこちらしか見かけませんでした。
タイワンウチワヤンマ♂ib190902
全長70~81㎜。

アオモンイトトンボ(イトトンボ科)
アオモンイトトンボib190901
交尾態を発見!
全長29~38㎜。

カルガモ(カモ科)
カルガモib190901
溜池にいますが警戒心が強く中々人前には出てきません。
全長約61㎝。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トンボの季節 ③
2019/08/22(Thu)
阿蘇や地元の平野部から山間部を回って撮ったトンボたちです。

オオルリボシヤンマ(ヤンマ科)
オオルリボシヤンマ♂as190801
ブルーの斑紋が美しい大型のヤンマです。
オオルリボシヤンマ♂as190802
阿蘇でゴマシジミ探索中の再会でした。
オオルリボシヤンマ♂as190803
体長76~94㎜。

ホソミイトトンボ(イトトンボ科)
ホソミイトトンボ♂as190801
これも同じ場所で。
ホソミイトトンボ♀as190801
体長30~38㎜。

ウチワヤンマ♂(サナエトンボ科)
広域公園の池で
ウチワヤンマ♂ck190801
腹端の突起の形状です。大きく黄色班があります。
ウチワヤンマ♂ck190802
体長77~87㎜。
ウチワヤンマ♀
ウチワヤンマ♀ck190801
体長70~84㎜。

タイワンウチワヤンマ♂(サナエトンボ科)
同じ池で
タイワンウチワヤンマ♂ck190801
腹端の突起部は小さく黄色班はありません。
タイワンウチワヤンマ♂ck190802
体長70~81㎜。

オオヤマトンボ♀(ヤマトンボ科)
オオヤマトンボ♀ck190801
同じ池の岸辺伝いに産卵行動中でした。
体長79~92㎜。

コフキトンボ(トンボ科)
コフキトンボ♂ck190801
あちらこちらに沢山いました。
コフキトンボ♂ii190801
体長37~48㎜。

ショウジョウトンボ未成熟♂(トンボ科)
ショウジョウトンボ♂ii190801
金色に輝いています。
ショウジョウトンボ♂ii190802
体長41~55㎜。

アキアカネ(トンボ科)
アキアカネ♂yy190801
地元山間部にて。
アキアカネ♂yy190802
体長32~46㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
    1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
    タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | トンボ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
トンボの季節 ②
2019/08/15(Thu)
トンボは環境指標生物の一つと言われます。
どんなトンボが生息するかでその場所(地域)の自然度が分かるということです。
どのような環境にも適応できるトンボ(代表がシオカラトンボ)と限定された(自然)環境にしか生息できないトンボ。とくに後者には生息環境の悪化や消滅により絶滅の危機に瀕した種が多くいます。弱く小さなトンボが生きにくい環境というのは人にとっても生きにくい環境なのではないでしょうか。

チョウトンボ(トンボ科)
チョウトンボ♂ck190601
生息場所や数は多いですが、どこにでもいるというわけでもありません。
チョウトンボ♂ck190602
今日も隣市のため池で見てきました。
チョウトンボ♂ib190601

チョウトンボ♂ib190602
ハスの花もまだ咲いていて、花との組み合わせはやはり絵になります。
チョウトンボ♂ib190603

チョウトンボ♂ib190604
体長34~41㎜。

アオモンイトトンボ♂(イトトンボ科)
アオモンイトトンボ♂ck190601
平地や公園の池などでも見られるイトトンボ。
体長30~37㎜。

セスジイトトンボ♂(イトトンボ科)
セスジイトトンボ♂ck190601
前種と同じような水辺で見られますが個体数は少ないです。
体長27~36㎜。

ハグロトンボ♂(カワトンボ科)
ハグロトンボ♂ck190601
平野部の小川や水路でも見られるカワトンボの仲間です。
ハグロトンボ♂ck190602
体長57~68㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
    1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
    タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トンボの季節 ①
2019/08/14(Wed)
連日の猛暑と盆の準備で家で外出するのもままならず…さらには大型台風も接近中でちょっとストレス溜まり気味です。
暑いと水辺が恋しくなりますが、水辺にはトンボが付きものということで、撮り貯めていたトンボの画像をアップします。

オオシオカラトンボ♂(トンボ科)
オオシオカラトンボ♂ck190601
シオカラトンボより青みが強く翅の付け根が紺色を帯びます。
オオシオカラトンボ♂ib190601
体長49~61㎜。

シオカラトンボ♂(トンボ科)
シオカラトンボ♂ib190601
最も普通に見られるトンボです。
体長47~61㎜。

コフキトンボ(トンボ科)

コフキトンボ♂ck190601
前2種に似ていますが体長に比べて複眼が大きいのが特徴。
コフキトンボ♂ck190602
オスは成熟すると白粉を吹きます。

コフキトンボck190601
腹部側面に黄色が入ります。
コフキトンボck190602
体長37~48㎜。

ヨツボシトンボ(トンボ科)
ヨツボシトンボib190601
7月には姿を消してしまうトンボです。
体長38~52㎜。

ショウジョウトンボ♂(トンボ科)
ショウジョウトンボ♂ib190601
オスは真っ赤になりますがアカネ(所謂赤トンボ)の仲間ではありません。
体長41~55㎜。

ミヤマカワトンボ♂(カワトンボ科)
ミヤマカワトンボ♂yy190701
丘陵地から山地の渓流で見られます。
体長65~80㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ