FC2ブログ
アオイトトンボの水辺へ ③
2018/11/08(Thu)
トンボのつづきです…

マユタテアカネ♂
マユタテアカネ♂yg181103
水流をバックに…
マユタテアカネ♂yg181101
顔面に眉班があるのでヒメアカネと見分けられます。
マユタテアカネ♀yg181102
メスは翅端に褐色を帯びるものとそうでないものがいます。
マユタテアカネ♀yg181101
褐色を帯びていないメスです。
マユタテアカネ交尾態yg181101
交尾態。
体長30~43㎜。

ノシメトンボ♂
ノシメトンボ♂yg181103
真っ赤にならない大型のアカネの仲間です。
ノシメトンボ♂yg181101
2・3枚目はどちらもメスのようです。
ノシメトンボ♂yg181102
体長37~52㎜。

アキアカネ♂
アキアカネ♂yg181101
顔面~胸部は赤くなりません。
体長32~46㎜。

ネキトンボ♂
ネキトンボ♂yg181101
このトンボのシーズンもそろそろ終わりかな…
体長39~48㎜。

ハグロトンボ♀
ハグロトンボ♀yg181101
まだ残っていたとは…
ハグロトンボ♀yg181102
11月に観たのは初めてです。
ハグロトンボ♀yg181103
体長54~66㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
    1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アオイトトンボの水辺へ ②
2018/11/07(Wed)
アカトンボ(トンボ科アカネ属)の仲間もまだたくさんいました。

ヒメアカネ♂
ヒメアカネ♂yg181101
アカネ属中最小のトンボです。
ヒメアカネ♂yg181102
繁殖の最盛期のようでたくさんいました。
ヒメアカネ♂yg181104
顔面が白く眉班等が無いのが特徴です。

ヒメアカネ交尾態yg181102
交尾態
ヒメアカネ交尾態yg181101
圧倒的にオスの方が個体が多く、
ヒメアカネ交尾態yg181104
メスを獲得するのは中々厳しいようです。
ヒメアカネ交尾態yg181103
ハート型に見えますか?

連結産卵
ヒメアカネ連結産卵yg181101
この草むらの下に水流があります。
ヒメアカネ連結産卵yg181102
体長28~38㎜。

リスアカネ♂
リスアカネ♂yg181101
雌雄とも翅の先端が褐色を帯びます。

交尾態
リスアカネ交尾態yg181101
オスはコノシメトンボに似ていますが
リスアカネ交尾態yg181102
顔面から胸部は真っ赤になりません。
体長31~46㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アオイトトンボの水辺へ ①
2018/11/06(Tue)
11月4日(日)は、天気にも恵まれ、今年最後(?)のトンボ観察に出かけました。
ここは、FB友のKさんに案内頂いたアオイトトンボ科3種が生息しています。
他にも色々な生き物と出会いました。

アオイトトンボの仲間は翅を半開にして止まるのが特徴です。
白粉の有無や胸部の模様、翅にある縁紋の形や複眼の色などで判別します。

アオイトトンボ♂
アオイトトンボ♂yg181101
前回来た時(9月)は結構多くの個体を見つけたのですが…
アオイトトンボ♂yg181102
今日観たのはこの個体のみでした。2枚目はフラッシュ使用。
成熟すると胸部に白粉が生じます(他2種は生じない)。体長34~48㎜。

オオアオイトトンボ♂
オオアオイトトンボ♂yg181101
3種の中ではメタリックグリーンのボディが一番美しいと思います。
オオアオイトトンボ♂yg181102
複眼は青みがかった緑色。
オオアオイトトンボ♂yg181103
裏(腹)側から…
オオアオイトトンボ♂yg181104
体長40~55㎜。

コバネアオイトトンボ♂
コバネアオイトトンボ♂yg181101
この日一番個体数が多かったです。
コバネアオイトトンボ♂yg181102
環境省のレッドリストでは絶滅危惧Ⅰ類となっています。
コバネアオイトトンボ♂yg181103

コバネアオイトトンボ♂yg181104

コバネアオイトトンボ♂yg181105
複眼のコバルトブルーが奇麗です!


コバネアオイトトンボ♀yg181101
メスも奇麗です!
コバネアオイトトンボ♀yg181102

コバネアオイトトンボ♀yg181103
メスは腹(尾)端が太くなっています。

連結産卵
コバネアオイトトンボ連結産卵yg181101
抽水植物の茎や葉に産卵します。
コバネアオイトトンボ連結産卵yg181102
別のペアです。
コバネアオイトトンボ連結産卵yg181103
時間をかけて産卵するようです。
体長38~44㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋のトンボ探索 番外編
2018/10/31(Wed)
先週末、空いた時間に地元を回ってみました。
まずはトンボから…
筑後広域公園と星野村です。

アオモンイトトンボ(イトトンボ科)
アオモンイトトンボ♂yh181011

まだ元気に活動していました。
アオモンイトトンボck181001
交尾態。

赤トンボ(アカネ)の仲間も…

ネキトンボ♂(トンボ科)
ネキトンボ♂ck181001
ぽつんと枝先に…

マユタテアカネ♂(トンボ科)
マユタテアカネ♂ck181001
こちらも一人?で…

タイリクアカネ♂(トンボ科)
タイリクアカネ♂ck181001

タイリクアカネ♀ck181001
こちらは♀

キトンボ(トンボ科)
キトンボyh181011
黄というより橙色ですが
キトンボyh181012

キトンボyh181013
翅まで黄色に染まっています。
キトンボyh181014

キトンボyh181015
これもアカネの仲間です。
キトンボyh181016
すぐ近くまで寄らせてくれました。

最後にトンボではありませんが…

ミドリヒョウモン(タテハチョウ科)
ミドリヒョウモンyh181001
翅がボロボロになりながらもまだ元気に飛び回っていました。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
    1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋のトンボ探索 ⑤
2018/10/26(Fri)
このシリーズ最後は、赤くないトンボたちです。

ハラボソ(腹細)トンボ♂(トンボ科シオカラトンボ属)
ハラボソトンボ♂osk181001
腹部が極端に細くなっています。
ハラボソトンボ♂osk181002
これも南方系の種です。
ハラボソトンボosk181003
コノシメトンボを捕食しています。
体長48~62㎜。

シオカラトンボ♂(トンボ科シオカラトンボ属)
シオカラトンボ♂osk181001
一番身近なトンボです。
シオカラトンボ♂osk181002
あまり綺麗ではない水辺にもいます。
メス
シオカラトンボ♀osk181001
キタキチョウを捕食しています。
体長47~61㎜。

ギンヤンマ(ヤンマ科ギンヤンマ属)
ギンヤンマ連結産卵osk181001
連結産卵に入るところ…
ギンヤンマ連結産卵osk181002
メスは水棲植物などの茎に産卵します。
体長65~84㎜。

アオモンイトトンボ(イトトンボ科アオモンイトトンボ属)
アオモンイトトンボ♂osk181001
もっとも普通に見られるイトトンボです。
交尾態
アオモンイトトンボ交尾態osk181001
単独で植物の茎に産卵しています。
アオモンイトトンボ♀産卵osk181001
体長29~38㎜。

アオイトトンボ♂(アオイトトンボ科アオイトトンボ属)
アオイトトンボ♂osk181001
秋にたくさん観られるトンボです。
アオイトトンボ♂osk181002
複眼の濃いブルーが綺麗です。
体長34~48㎜。

トンボが連結産卵する理由は、他のオスにメスを奪われない(自分の遺伝子を守る)ためだといわれています。他にも近くでホバリングしながら警護したりメス複眼の後ろに直立したりする種も観られます。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6

明日はマウンテンゴリラのコンサートです!!
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ