FC2ブログ
チョウを求めて…②
2018/08/15(Wed)
さて、今日はお待ちかね?のチョウです。

ウラギンシジミ♀(シジミチョウ科)
ウラギンシジミ♀as18801
普通種ですが翅裏の白(銀)が映える。
ウラギンシジミ♀as18802
オスの翅表は朱色が入ります。

ウラナミシジミ(シジミチョウ科)
ウラナミシジミas18801
昔は秋になるとたくさん見られたのですが、最近は数が減ったような…
ウラナミシジミas18802
ハギをホストにします。

トラフシジミ夏型(シジミチョウ科)
トラフシジミ夏型as18801
最初に行ったポイントで…目の前に降りて来ました。

ハヤシミドリシジミ(シジミチョウ科)
ハヤシミドリシジミkj18801
まだ残っていました。くじゅうのポイントにて…たぶんメス。

ミズイロオナガシジミ(シジミチョウ科)
ミズイロオナガシジミkj18801
こちらもまだ…前種と同じポイントで…
ミズイロオナガシジミkj18802
まさかゼフを2種も観られるとは…

サトキマダラヒカゲ(ジャノメチョウ亜科)
サトキマダラヒカゲas18801
これもくじゅうのポイント。

ツマグロキチョウ(シロチョウ科)
ツマグロキチョウas18801
各地で数を減らしています。食草のカワラケツメイ(マメ科)に…。

少ないながら甲虫の仲間も…

ゴマダラカミキリ(カミキリムシ科)
ゴマダラカミキリas18801
カミキリムシといえば、多くの人がこれをイメージする程の普通種。

センチコガネ(センチコガネ科)
センチコガネas18801
道路脇の側溝に落ちて瀕死の状態でした。

実は調査していたのはゴマシジミという絶滅危惧種のチョウで、
後日、この時の同行者が数個体とりあえずの無事を確認したそうです。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
この時期はやっぱり矢部村へ ②
2018/07/30(Mon)
今日もチョウのつづきをアップします!
色模様がよく似たチョウ3種から…

イチモンジチョウ(タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科)
イチモンジチョウyy18701
湯布院編でもアップしましたが…
イチモンジチョウyy18702
幼虫の食草はスイカズラです。
前翅長24~36㎜。

コミスジ(タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科)
コミスジyy18701
平地でも見られる普通種です。
コミスジyy18702
幼虫の食草はクズやフジなどマメ科。
前翅長22~30㎜。

サカハチチョウ夏型(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
サカハチチョウ夏型yy18702
夏翅は黒字に白い逆さ八の模様が特徴です。
サカハチチョウ夏型yy18701
イチモンジチョウを小さくした感じ…、食草はコアカソ。
前翅長24~36㎜。

アサギマダラ♂(タテハチョウ科マダラチョウ亜科)
アサギマダラ♂yy18701
今年も出会えた…渡りをするチョウとして有名。
アサギマダラ♂yy18702
ヒヨドリバナによく集まってきます。
幼虫は毒のあるガガイモ科植物を食べるので、成虫になっても体内に毒を持っています。
前翅長43~65㎜。

ウラギンシジミ(シジミチョウ科)
ウラギンシジミyy18701
クヌギの梢を飛び回ってオオムラサキに追いかけられていました。
食草はクズやフジなどの花や蕾。
前翅長19~27㎜。

スジグロシロチョウ(シロチョウ科)
スジグロシロチョウyy18701
吸水するスジグロシロチョウの傍へキタキチョウがやって来ました。
食草はアブラナ科のイヌガラシなど。
前翅長24~35㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
この時期はやっぱり矢部村へ ①
2018/07/29(Sun)
空いた時間に矢部村へチョウをメインに出かけました。
すでにシーズンを終えたのかキリシマミドリシジミには会えませんでしたが…
まずは、大型のチョウから…

カラスアゲハ(アゲハチョウ科)
カラスアゲハ♂yy18702
水が染み出た林道のあちこちで多くの個体が吸水していました。
カラスアゲハ♂yy18703
ちなみに給水するのは、ほぼオスです。
カラスアゲハ♂yy18701
前翅長45~80㎜。

オオムラサキ♂(タテハチョウ科コムラサキ亜科)
オオムラサキ♂yy18701
今年も出会えました!
オオムラサキ♂yy18702
日本の国蝶です。枝先で吸蜜中。
オオムラサキ♂yy18703
3頭のオスがテリトリーを争って追っかけ合いを繰り返していました。
オオムラサキ♂yy18704
枝先でテリトリーを見張るオス。
オオムラサキ♂yy18705
なぜか電線にもとまります。
オオムラサキ♂yy18706
見えにくかったのですが、翅表の青紫が奇麗です。
オオムラサキ♂yy18707
前翅長43~68㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
     タムンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
湯布院へ ①
2018/07/24(Tue)
昨年見つけたカミキリ達にもう一度会いたくて出かけましたが、前日までの天気とは打って変わって雨…。残念ながらカミキリは現れず…でした。
少ないながらも姿を見せてくれた昆虫たちです。

イチモンジチョウ(タテハチョウ科)
イチモンジチョウyf18701
すぐ近くに留まったので、間近で撮ることができました。
イチモンジチョウyf18702
翅裏の模様がキレイです!
イチモンジチョウyf18703
前翅長24~36㎜。

コチャバネセセリ(セセリチョウ科)
コチャバネセセリyf18701
好きなシルエットです。
前翅長14~19㎜。

ホソバセセリ(セセリチョウ科)
ホソバセセリyf18701
前種より見かける機会は少ないです。これも好きなセセリ!
前翅長16~21㎜。

ジャノメチョウ(ジャノメチョウ亜科)
ジャノメチョウyf18701
真横から撮ろうとしたら逃げられました。
前翅長28~42㎜。

カワラナデシコ(ナデシコ科)
カワラナデシコyf18701
草原の中に見つけた一輪!

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
6月2回目の8864の会 ①
2018/06/19(Tue)
8864の前にこの時期(梅雨時)にしか見られないシジミチョウの仲間を探しました。
樹上性のミドリシジミの仲間を総称してゼフィルス(西風の神)と呼び、日本には25種が生息します。
翅表が緑や青の金属光沢がある種が多く憧れのチョウです。

ハヤシミドリシジミ♂(シジミチョウ科)
ハヤシミドリシジミ♂at18601
早朝より待ち続け…
ハヤシミドリシジミ♂at18602
太陽の陽を受けて、ようやく翅を開いてくれました。
ハヤシミドリシジミ♂at18603
遠い高木の葉上で開翅するオス。
ハヤシミドリシジミ♂at18604
僅かに翅の青色が見えています。
ハヤシミドリシジミ♂at18605
カメラとレンズを換えて撮った画像
ハヤシミドリシジミ♂at18606
同じく…発色が微妙に違うかなぁ…?

エゾミドリシジミ♂(シジミチョウ科)
エゾミドリシジミ♂at18601
その場にいた5名で、「であろう…」との結論に達しました。
開翅することなく飛んで行ってしまいました…

ウラジロミドリシジミ♂(シジミチョウ科)
ウラジロミドリシジミ♂at18601
長時間待ったものの、こちらも撮影する間もなく飛び去りました。
ウラジロミドリシジミ♂at18602
微かに翅表の青緑色が…

ミズイロオナガシジミ(シジミチョウ科)
ミズイロオナガシジミat18601
残念ながら複眼が見えず…


以下は、ゼフィルス以外のチョウたちです…

ヒメシロチョウ夏型(シロチョウ科)
ヒメシロチョウat18601
こちらも絶滅が心配される草原性のチョウです。崖の土で吸水中。
ヒメシロチョウat18602
飛び方が優雅で特徴があり、草原の貴婦人と呼ばれます。

モンキチョウ(シロチョウ科)
モンキチョウat18601
ノアザミの花にとまったところを…

ヒメキマダラセセリ(セセリチョウ科)
ヒメキマダラセセリとノアザミat18601
こちらもノアザミの花と一緒に…

ウラギンヒョウモン(タテハチョウ科)
ウラギンヒョウモンat18603
ヒョウモンチョウの仲間も増えてきました。

ミドリヒョウモン(タテハチョウ科)
ミドリヒョウモン♀at18601
林床の葉上でじっとしていました。

オオウラギンスジヒョウモン(タテハチョウ科)
オオウラギンスジヒョウモンat18601
翅を開いたり…
オオウラギンスジヒョウモンat18600
閉じたり…

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
    1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ