6月2回目の8864の会 ①
2018/06/19(Tue)
8864の前にこの時期(梅雨時)にしか見られないシジミチョウの仲間を探しました。
樹上性のミドリシジミの仲間を総称してゼフィルス(西風の神)と呼び、日本には25種が生息します。
翅表が緑や青の金属光沢がある種が多く憧れのチョウです。

ハヤシミドリシジミ♂(シジミチョウ科)
ハヤシミドリシジミ♂at18601
早朝より待ち続け…
ハヤシミドリシジミ♂at18602
太陽の陽を受けて、ようやく翅を開いてくれました。
ハヤシミドリシジミ♂at18603
遠い高木の葉上で開翅するオス。
ハヤシミドリシジミ♂at18604
僅かに翅の青色が見えています。
ハヤシミドリシジミ♂at18605
カメラとレンズを換えて撮った画像
ハヤシミドリシジミ♂at18606
同じく…発色が微妙に違うかなぁ…?

エゾミドリシジミ♂(シジミチョウ科)
エゾミドリシジミ♂at18601
その場にいた5名で、「であろう…」との結論に達しました。
開翅することなく飛んで行ってしまいました…

ウラジロミドリシジミ♂(シジミチョウ科)
ウラジロミドリシジミ♂at18601
長時間待ったものの、こちらも撮影する間もなく飛び去りました。
ウラジロミドリシジミ♂at18602
微かに翅表の青緑色が…

ミズイロオナガシジミ(シジミチョウ科)
ミズイロオナガシジミat18601
残念ながら複眼が見えず…


以下は、ゼフィルス以外のチョウたちです…

ヒメシロチョウ夏型(シロチョウ科)
ヒメシロチョウat18601
こちらも絶滅が心配される草原性のチョウです。崖の土で吸水中。
ヒメシロチョウat18602
飛び方が優雅で特徴があり、草原の貴婦人と呼ばれます。

モンキチョウ(シロチョウ科)
モンキチョウat18601
ノアザミの花にとまったところを…

ヒメキマダラセセリ(セセリチョウ科)
ヒメキマダラセセリとノアザミat18601
こちらもノアザミの花と一緒に…

ウラギンヒョウモン(タテハチョウ科)
ウラギンヒョウモンat18603
ヒョウモンチョウの仲間も増えてきました。

ミドリヒョウモン(タテハチョウ科)
ミドリヒョウモン♀at18601
林床の葉上でじっとしていました。

オオウラギンスジヒョウモン(タテハチョウ科)
オオウラギンスジヒョウモンat18601
翅を開いたり…
オオウラギンスジヒョウモンat18600
閉じたり…

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
    1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
GW後半…②
2018/05/08(Tue)
オオルリシジミ以外にも色々なチョウと出会いました。

ギンイチモンジセセリ(セセリチョウ科)
ギンイチモンジセセリat18501
こちらも数を減らしている草原性のチョウです。
ギンイチモンジセセリat18502
翅に目立つ白い一文字が名前の由来です。

ダイミョウセセリ(セセリチョウ科)
ダイミョウセセリat18501
こちらは普通種で平地でも見られます。

ミヤマセセリ(セセリチョウ科)
ミヤマセセリat18501

ミヤマセセリat18502
このチョウの季節もそろそろ終わりです。

ミヤマチャバネセセリ(セセリチョウ科)
ミヤマチャバネセセリat18501
知らない人が見ると「ガ」と間違えられそうなチョウです。

トラフシジミ(シジミチョウ科)
トラフシジミat18501
春翅の個体。珍しく今年初撮りでした。

ツバメシジミ(シジミチョウ科)
ツバメシジミ♀at18501
新鮮なメスです。
ツバメシジミat18501
交尾態。下のオスはかなりボロボロ状態ですが…

キャンプat18501
そして午後3時頃にキャンプ場へ移動しセッティング後、焼肉!!

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オオルリシジミ
2018/05/06(Sun)
GW後半は、5~6日で阿蘇で観察会&いつもの皆さんとキャンプでした。
この時期の目的は絶滅危惧種の蝶『オオルリシジミ』。日本では長野県と阿蘇地域でしか見られない貴重なチョウです。
マメ科のクララを食草としますのでその群落と共に早急な保護が求められます。
なお、熊本県の条例で保護されていますので捕獲は罰せられます!!

オオルリシジミ(シジミチョウ科)
オオルリシジミat18501
身近なベニシジミ等に比べると一回り大きいです。
オオルリシジミat18504

オオルリシジミat18505
TG-3の広角側で思いっきり寄って背景を入れてみました。
オオルリシジミat18502
交尾態を発見!
オオルリシジミat18503
下がオスですが、だいぶ擦れています。


オオルリシジミ♂at18501
まだ綺麗な個体が開翅してくれました。左下にメスがいます。


オオルリシジミ♀at18501
翅表にも黒い斑点があるのがメスの特徴。
オオルリシジミ♀at18502
手(指)乗りチョウ!
オオルリシジミ♀at18503
飛翔シーン

毎年変わらずにチョウたちの営みが続くことを願って、今私にできることは…?
他の生き物たちは明日以降につづきます…

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3、オリンパスTG-3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春のチョウたち
2018/04/24(Tue)
先週末は八女市の山間部や阿蘇を回り色々な生き物に出会いました。
まずはチョウの仲間から…

アオスジアゲハ(アゲハチョウ科)
アオスジアゲハyg18401
ミカドアゲハの状況を確認に行ったのですがまだちょっと早かった。

(ナミ)アゲハ(アゲハチョウ科)
ナミアゲハyg18401
同じ場所で…

ナガサキアゲハ♀(アゲハチョウ科)
ナガサキアゲハ♀mh18401
我が家のツツジの花にやって来たところをアップで!

コツバメ(シジミチョウ科)
コツバメyh18401
かなり擦れていて違う種かと思いましたが…スプリングエフェメラル!

サツマシジミ(シジミチョウ科)
サツマシジミgy18401
頭部が隠れてます…

ツバメシジミ♀(シジミチョウ科)
ツバメシジミ♀gy18401
数が増えてきました。
ツバメシジミ♂yh18401

ツバメシジミ♂at18401
こちらは♂

サカハチチョウ(タテハチョウ科)
サカハチチョウat18401
春翅の綺麗な個体です。
サカハチチョウat18402
翅裏は複雑な模様です。

コミスジ(タテハチョウ科)
コミスジat18401
こちらも出始め…

ミヤマセセリ(セセリチョウ科)
ミヤマセセリat18401
ちょっと擦れていますが…スプリングエフェメラル!

ヒメシロチョウ(シロチョウ科)
ヒメシロチョウat18401
真打登場です!なかなか止まってくれません…
ヒメシロチョウat18402
ようやく止まって産卵を始めました。
ヒメシロチョウat18403
スミレで吸蜜!

これからチョウの仲間はさらに増えていきます。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チョウいろいろ…
2018/03/19(Mon)
昨日のつづきです。
女山から矢部川沿いへ移動。越冬後のタテハチョウの仲間や新成虫のチョウたちをたくさん見ることができました。

ルリタテハ(タテハチョウ科)
ルリタテハz18301
越冬後で翅がボロボロです。

アカタテハ(タテハチョウ科)
アカタテハz18301
こちらも越冬後の個体。
アカタテハz18302
別個体。

ヒメアカタテハ(タテハチョウ科)
ヒメアカタテハyg18301
前種に似てますが一回り小さい。
ヒメアカタテハyg18302
矢部川沿いの菜の花に…

キタテハ(タテハチョウ科)
キタテハyg18301
一番の普通種ですが数はまだ少ないようでした。

テングチョウ(タテハチョウ科)
テングチョウz18301

テングチョウz18302
至る所で見かけました。

ルリシジミ(シジミチョウ科)
ルリシジミz18301
新成虫です。オオイヌノフグリの花に…
ルリシジミz18303
羽化不全のようです。斑紋も消失してます。
ルリシジミz18302
同一個体を正面から…
ルリシジミ♂z18301
翅表の色が綺麗なオスです。
ルリシジミ♂z18302
同一個体。
ルリシジミ♀yg18300
矢部川沿いの菜の花で、セイヨウミツバチと一緒に。
ルリシジミ♀yg18301
同一個体が翅を開いたらメスでした。

ベニシジミ(シジミチョウ科)
ベニシジミyg18302
翅表に青い紋様(画像では白っぽくなってます)が綺麗に表れた個体。

キアゲハ(アゲハチョウ科)
キアゲハyg18301
もう出ていてビックリ!既に尾状突起が無くなっています。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ