カミキリムシ色々
2017/05/23(Tue)
バンドの集まりの翌日、久留米市の山に行ったのですが人が多くゆっくり観察できそうもなかったので、急遽いつもの女山~清水山へ行きました。

トガリシロオビサビカミキリ(フトカミキリ亜科サビカミキリ族)
トガリシロオビサビカミキリz1703
フジの太い枯れ蔓に5個体まとまっていました。

キスジトラカミキリ(カミキリ亜科トラカミキリ族)
キスジトラカミキリz1704
この日もいました。

キバネニセハムシハナカミキリ(ハナカミキリ亜科ハイイロハナカミキリ族)
キバネニセハムシハナカミキリz1702
先週の個体と同じ個体でしょう。私の指と比べるといかに小さいかが分かりますね。

ヒトオビアラゲカミキリ(フトカミキリ亜科アラゲカミキリ族)
ヒトオビアラゲカミキリz1702
伐採木の細枝にペアを発見。
ヒトオビアラゲカミキリz1703
こちらも私の指と比較を…

ホシベニカミキリ(フトカミキリ亜科ヒゲナガカミキリ族)
ホシベニカミキリz1703
タブの木の枝先がしおれていのを発見しよく見るとカミキリがいます。
ホシベニカミキリz1702
一旦網で捕獲し撮影後リリースしました。
ホシベニカミキリz1701
そこそこ大型のカミキリです。

ヨツキボシカミキリ(フトカミキリ亜科トホシカミキリ族)
ヨツキボシカミキリz1701
今年もこのカミキリのシーズン到来です。
ヨツキボシカミキリz1702
ヌルデの葉裏で見つかります。
ヨツキボシカミキリz1703
つぶらな瞳が見えませんが…小さくて可愛いカミキリです。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カミキリムシ
2017/05/19(Fri)
GWが終わった翌週はいつもの女山森林公園へ。
カミキリムシの仲間を中心に色々出会えました。

エグリトラカミキリ(カミキリ亜科)
エグリトラカミキリz1701
超普通種ですが今年初でした。

シラケトラカミキリ(カミキリ亜科)
シラケトラカミキリz1702
この日は割と近くまで寄れました。

ヒメクロトラカミキリ(カミキリ亜科)
ヒメクロトラカミキリz1701
模様が前種に似ていますが、こちらはうんと小さいです。

キスジトラカミキリ(カミキリ亜科)
キスジトラカミキリz1701
ある種のハチに擬態しています。
キスジトラカミキリz1702
この日は違う場所で3個体見つけたのですが、
キスジトラカミキリz1703
いずれも伐採されたアカメガシワの枯れ枝ににいました。

キバネニセハムシハナカミキリ(ハナカミキリ亜科)
キバネニセハムシハナカミキリz1701
伐採木置き場で…しかし小さい!

ツマグロハナカミキリ(ハナカミキリ亜科)
ツマグロハナカミキリz1702

ツマグロハナカミキリz1703
今が旬のようであちこちで見かけます。

ベニカミキリ(カミキリ亜科)
ベニカミキリz1701
クリの枯れ枝に飛んで来てすぐに飛び去りました。

ヒトオビアラゲカミキリ(フトカミキリ亜科)
ヒトオビアラゲカミキリz1701
いるだろうとは思っていたが、突然足元に…

ナカジロサビカミキリ(フトカミキリ亜科)
ナカジロサビカミキリz1701
木肌に見事に溶け込んでします。

ワモンサビカミキリ(フトカミキリ亜科)
ワモンサビカミキリz1701
フェンスの金網に絡みついた蔓にペアが…

トガリシロオビサビカミキリ(フトカミキリ亜科)
トガリシロオビサビカミキリz1702
枯れ枝の下側にいると目立ちません。
トガリシロオビサビカミキリz1701
切り株の上に移動してもらいました。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
この記事のURL | 甲虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
GWの成果 ⑦
2017/05/17(Wed)
GWシリーズもいよいよラストです。
場所は前々回と前回につづく山間部です。

トゲヒゲトラカミキリ(カミキリムシ科)
トゲヒゲトラカミキリyy1701
コバノガマズミの花に次々にやって来ます。

ヒナルリハナカミキリ(カミキリムシ科)
ヒナルリハナカミキリyy1701
次種と共にエノキの枯れ枝を行ったり来たりしていました。

ナカジロサビカミキリ(カミキリムシ科)
ナカジロサビカミキリyy1701
サビカミキリの仲間にもようやく会えました。

コウゾチビタマムシ(タマムシ科)
コウゾチビタマムシyy1701
3㎜程の微小種でコウゾ(楮:和紙の原料)の葉にいます。

ムネアカナガタマムシ(タマムシ科)
ムネアカナガタマムシyy1701
これもエノキの枯れ枝に…

キクビアオハムシ(ハムシ科)
キくビアオハムシyy1701
金属光沢が美しいハムシです。

トビサルハムシ(ハムシ科)
トビサルハムシyy1701
いつもはすぐ逃げられるのですが、この個体はゆっくり撮らせてくれました。

トホシクビボソハムシ(ハムシ科)
トホシクビボソハムシyy1701
初見の綺麗なハムシでちょっとテンション上がりました。

ムナキルリハムシ(ハムシ科)
ムナキルリハムシyy1701
こちらはちゃんと撮ろうと動いたら逃げられました。

コアオハナムグリ(コガネムシ科)
コアオハナムグリyy1701
から秋まで色々な花を訪れます。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初ゾウムシと…
2017/02/25(Sat)
広域公園では、今年初の甲虫(ゾウムシ)に出会いました。
他にも久しぶりの…

モンイネゾウモドキ(ゾウムシ科)
モンイネゾウモドキck1702
柳をホストとするゾウムシだそうですが、私にくっ付いてたらしく帰宅後に気付きました。
モンイネゾウモドキck1701
そういえばヤナギの木の下に一時留まっていましたから、その時付いたのでしょう。
モンイネゾウモドキck1703
自宅で撮影後、翌日現地に帰しました。
モンイネゾウモドキck1704
全長4~4.5㎜。

チョウセンイタチ(イタチ科
チョウセンイタチck1701
水路の向こう岸からこちらへ渡って来ました。
チョウセンイタチck1702
可愛いけど大陸からの移入種(特定外来生物)です。
頭胴長25~39 cm、尾長13~21 cm。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     マイクロニッコール85㎜
この記事のURL | 甲虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
秋のゾウムシ
2016/09/27(Tue)
昨日(9/26)、ようやくコナラシギゾウムシに出会えたので、先々週撮影していたものと合わせて、
秋のゾウムシ達をアップします。

ハイイロチョッキリ(チョキリゾウムシ科)
コナラh1601
隣市の公園の雑木林、コナラの木の下にドングリの付いた小枝を発見。周りにもたくさん落ちています。
コナラh1602
小枝は綺麗に切られています。
コナラh1603
ドングリを拾ってよく見ると産卵痕が…


ハイイロチョッキリuk1601
小枝の落とし主です。
ハイイロチョッキリuk1602
ドングリに産卵後切り落とします。


ハイイロチョッキリ♂uk1601
肩にトゲがあるのでオスのようです。
口吻を除く体長6.3~8㎜。

コナラシギゾウムシ♀(シギゾウムシ亜科)
コナラシギゾウムシ♀h1600
高所のコナラのドングリにシギゾウを発見。
コナラシギゾウムシ♀h1601
アップにしてみます。
コナラシギゾウムシ♀h1602
長い口吻でドングリに穿孔し産卵します。
コナラシギゾウムシ♀h1603
珍しく殻斗(帽子)部分に穿孔しています(通常は実本体に穿孔)。
コナラシギゾウムシuk1301
参考のため、夏前に撮った過去画像を添付します。
口吻除く体長5.5から10㎜。

クヌギシギゾウムシ(シギゾウムシ亜科)
クヌギシギゾウムシuk1601
クヌギのドングリ(画像右方)を探していたら落ちてきました。
クヌギシギゾウムシuk1602
この日は2個体発見。体色は少し黒っぽいですね。
クヌギシギゾウムシuk1603
手乗り…
体長6~10㎜。

なお、同じコナラを主に利用するハイイロチョッキリとコナラシギゾウムシは、発生時期に少しズレがあります。まずハイイロチョッキリが出現し産卵後小枝ごと切り落とします。これはコナラシギゾウムシに先駆けて、より多くの子孫を安全に残すための戦略ではないでしょうか?コナラシギゾウムシは残ったドングリに産卵し枝を切り落とさず、自然落下を待つようです。
なお、過去記事にハイイロチョッキリが枝を切る画像を載せています。 ここです!

カメラ:ニコンD7100、1V3
レンズ:マイクロニッコール85㎜、1ニッコール70-300VR。
この記事のURL | 甲虫 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ