FC2ブログ
阿蘇へ(8864) 後編
2019/08/09(Fri)
8864の終了後はルリボシカミキリの観察に行き、そのまま阿蘇市へ向かいました。
暑い中でも、(昔の)少年たちはよく遊び回りました!
今日は甲虫の仲間です。

アカハナカミキリ(ハナカミキリ亜科)
ノリウツギ(アジサイ科)の花にやって来ました。
ノリウツギat190801
ノリウツギやリョウブ等の白い花には色々な昆虫がやって来ます。
アカハナカミキリat190801
体長12~22㎜。

トガリシロオビサビカミキリ(フトカミキリ亜科)
トガリシロオビサビカミキリat190801
草の上にいる所をYさんが発見!
体長12~16㎜。

クビアカトラカミキリ♀(カミキリ亜科)
クビアカトラカミキリ♀at190801
産卵中だったのか産卵管が伸びています。
体長7~13㎜。

フタオビミドリトラカミキリ(カミキリ亜科)
フタオビミドリトラカミキリat190801
葉上や伐採木でよく見かけますが花にも来ます。
フタオビミドリトラカミキリat190802
体長7.5~15㎜。

ルリボシカミキリ(カミキリ亜科)
ルリボシカミキリat190801
この日も次々に見つかりました。
ルリボシカミキリat190802
本州などいる所では普通種みたいですが…
ルリボシカミキリat190803
九州では見かける機会が少ないので見つけたらテンション上がります⤴
体長14~29㎜。上からオス、メス、メス

エゴヒゲナガゾウムシ(ヒゲナガゾウムシ科)
エゴヒゲナガゾウムシaa190801
エゴノキの低い位置の実に沢山いたので観察しやすかった!
体長3.5~5.5㎜。

オオゾウムシ(オサゾウムシ科)
オオゾウムシaa190801
針葉樹でも広葉樹でもみつかります。
体長12~24㎜。

エダナナフシ(トビナナフシ科)
エダナナフシat190801
大きかったので成虫だと思われます。
体長75~95。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3、オリンパスTG-3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カミキリムシ ②
2019/07/22(Mon)
色んなフィールドで見つけたカミキリムシたちです。

クスベニカミキリ(クスベニカミキリ族)
クスベニカミキリz190702
地元で3年振りに出会えました。リョウブの花に来たところをネットイン
クスベニカミキリz190703
撮影後リリースしました。福岡県RDBにも記載されています。ホストはクスノキ科
体長14.5~19㎜。

クワカミキリ(シロスジカミキリ族)
クワカミキリat190701
桑の木から落ちてきました。
体長32~45㎜。

ヒメヒゲナガカミキリ(ヒゲナガカミキリ族)
ヒメヒゲナガカミキリyy190701
生木、枯木問わず様々な樹に付きます。
体長9.5~18.5㎜。

トガリシロオビサビカミキリ(サビカミキリ族)
トガリシロオビサビカミキリz190701
フジの枯蔓によくいます。
体長12~16㎜。

ヤツメカミキリ(トホシカミキリ族)
ヤツメカミキリkrs190701
隣のサクラの葉上から飛んできました。
体長12~18㎜。

ラミーカミキリ(トホシカミキリ族)
ラミーカミキリyh190701
この画像中に4頭います。
ラミーカミキリz190701
オスです。ホストはカラムシやムクゲ。
体長10~15㎜。

ニセリンゴカミキリ(キクスイカミキリ族)
ニセリンゴカミキリz190701
ホストはスイカズラ。
体長11~18.3㎜。

ヘリグロリンゴカミキリ(キクスイカミキリ族)
ヘリグロリンゴカミキリau190701
ホストはヨモギやアザミ。
体長7.5~13㎜。

フタオビミドリトラカミキリ(トラカミキリ族)
フタオビミドリトラカミキリyy190701
ノリウツギなどの花や伐採木にやって来ます。
体長7.5~15㎜。

ヨツスジハナカミキリ(ハナカミキリ族)
ヨツスジハナカミキリat190701
ムラサキシキブの花にやって来ました。
体長12~20㎜。

日本には800種を超えるカミキリが生息するといわれていて、その形態や生息場所等も様々ですが、どれも樹や草花(生枯問わず)に依存している植食性です。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
カミキリムシ ①
2019/07/20(Sat)
今日はカミキリムシの仲間を…
チョウを探す傍らカミキリムシも探していたんですが、2年振りや初見のカミキリと出会いました。

ルリボシカミキリ(ルリボシカミキリ族)
2年振りの再会でした。学名ロザリア、日本のシンボル甲虫と言われます。
ルリボシカミキリat190701

1頭目。以前から気になっていた材置き場に行ってみたところ数個体がやって来ました。
ルリボシカミキリat190702

2頭目。個体はみんな斑紋(黒星)が微妙に異なります。
ルリボシカミキリat190703

以下3枚は同一個体(3頭目)。アップした画像には5個体が写っています。
ルリボシカミキリat190704

ルリボシカミキリat190705

ルリボシカミキリat190706

4頭目。是非斑紋を見比べてください。
ルリボシカミキリat190707

5頭目。
ルリボシカミキリat190708
体長18~29㎜。

同じ場所には他にも…

キスジトラカミキリ(トラカミキリ族)
キスジトラカミキリat190701
好きなトラカミキリです。
キスジトラカミキリat190702
ある種のハチに擬態していて一見ハチに見えます。
体長10.5~18㎜。

ゴマダラカミキリ(ヒゲナガカミキリ族)
ゴマダラカミキリat190701
生木を食害するので果樹害虫と言われる普通種です。
体長25~35㎜。

ゴマフカミキリ(ゴマフカミキリ族)
ゴマフカミキリat190701
地味ですが初見のカミキリでした。
体長10~15㎜。

ナガゴマフカミキリ(ゴマフカミキリ族)
ナガゴマフカミキリat190701
こちらはよく見かける普通種です。
体長11~20㎜。

ヤツメカミキリ(トホシカミキリ族)
ヤツメカミキリat190701
目の前に飛んできました(サクラ材もありました)。
体長12~18㎜。

アトジロサビカミキリ(サビカミキリ族)
アトジロサビカミキリat190701
小さくて地味なカミキリです。
体長7~11㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
6月のカミキリムシ Ⅰ
2019/06/23(Sun)
まだ雨が降りません…
今週半ば位から降るという予報は出てますが、大雨も不安です。

さて、6月に入り色々な昆虫の種類が増えてきました。地元を回ったりちょっと遠出したりして出会った生き物たちです。
まずは、昆虫から…

ネムノキ(マメ科)
ネムノキz190601
地元では既に花が終わりかけています。
山ではこれからでしょうか?

セミスジコブヒゲカミキリ♀(フトカミキリ亜科コブヒゲカミキリ族)
セミスジコブヒゲカミキリ♀ky190601
オスの触覚の第3節はコブ状に肥大しています(種名の由来)。
体長10~20㎜。地元で。

ヤハズカミキリ(フトカミキリ亜科ヒゲナガカミキリ族)
ヤハズカミキリhrd190601
上翅の後端が矢筈状に尖っているのが特徴です。
ヤハズカミキリhrd190602
体長12.5~24㎜。北九州。

アサカミキリ(フトカミキリ亜科トホシカミキリ族)
アサカミキリhrd190601
環境省RDBでは絶滅危惧Ⅱ類に指定された希少種です。
アサカミキリhrd190602
麻の害虫だったものが、麻の栽培の禁止や草原の開発などから
アサカミキリhrd190603
急激に生息地を減らしています。
アサカミキリhrd190604
今は、アザミやヨモギ等をホストとして利用しているようです。
アサカミキリhrd190605
複眼がカワイイカミキリです。
アサカミキリhrd190606
体長10~15㎜。北九州。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
6月最初の8864の会 ②
2019/06/12(Wed)
6月に入り、カミキリの仲間が多く観られるようになりました!
チョウはゼフィルスのシーズン突入です。ウラゴマダラシジミを数頭確認できました。残念ながら止まってくれなかったので画像はありません…(*_*;

ホソキリンゴカミキリ(フトカミキリ亜科)
ホソキリンゴカミキリat190601
腹部が黒っぽいのが特徴です。
ホソキリンゴカミキリat190602
ホストはハギ類、フジ。
体長12~19㎜。

ニセリンゴカミキリ(フトカミキリ亜科)
ニセリンゴカミキリat190601
ホストのスイカズラの葉脈部分を食べるので、
ニセリンゴカミキリat190602
食べられた葉にはスリット状の食痕があります。
ニセリンゴカミキリat190603
体長11~18.3㎜。

モモグロハナカミキリ(ハナカミキリ亜科)
モモグロハナカミキリat190601
よく見ると胸背部にコブがあります。
モモグロハナカミキリat190602
体長7~15㎜。

ニセシラホシカミキリ(フトカミキリ亜科)
ダイセンカミキリat190601
帰り際再訪したらサワフタギの葉上にたくさんいました!
ダイセンカミキリat190602
別名ダイセンカミキリとも言います。ミズキやナツツバキ等の葉上でも見かけます。
ダイセンカミキリat190603
体長8~12㎜。

つづいてハムシの仲間です。

キボシツツハムシ(ツツハムシ亜科)
キボシツツハムシat190601
ホストはコナラやシイ類となっていますが、ここではハギによくいます。
キボシツツハムシat190603
複眼が長くてオモシロイ!手に乗せると米粒みたいです。
キボシツツハムシat190602
体長34.3㎜。

ジュウシホシクビナガハムシ(クビボソハムシ亜科)
ジュウシホシクビナガハムシat190601
アスパラガスの害虫として有名。阿蘇では同じ仲間のキジカクシにいます。
体長6~7㎜。

モンキアシナガハムシ(ヒゲナガハムシ亜科)
モンキアシナガハムシat190601
ホストはダイズやウリ類。
体長3.6~4㎜。

カタクリハムシ(ノミハムシ亜科)
カタクリハムシat190601
ユリ科植物を加害します。
体長5~6.9㎜。

ムネアカサルハムシ(サルハムシ亜科)
ムネアカサルハムシat190601
ホストはクマイチゴとクリの花。
体長4.2~5.5㎜。

最後はこれです!
クズノチビタマムシ(チビタマムシ亜科)
クズノチビタマムシat190601
名前の通りクズの葉がホストです。
体長3~4㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ