FC2ブログ
阿蘇も暑かった…③
2018/08/08(Wed)
阿蘇の最後は、その他の昆虫や野草たちです。

ミヤマアカネ♂(トンボ科)
ミヤマアカネ♂at18801
オスが赤く色付いてきました。
ミヤマアカネ♂at18802
平地では稀な種です。
ミヤマアカネ♀at18801
メスは赤くなりません。
体長30~41㎜。

ヤブヤンマ♀(ヤンマ科)
ヤブヤンマ♀at18801
野草園の湿地の草陰で産卵していました。
ヤブヤンマ♀at18802
体長79~93㎜。

エサキモンキツノカメムシ(ツノカメムシ科)
エサキモンキツノカメムシat18801
小楯板のハートマークで人気のあるカメムシです。
体長10~14㎜。

カセンソウ(キク科)
カセンソウat18801
日当たりのより湿地草原に自生する多年草。
草丈50~80㎝。

カワラナデシコ(ナデシコ科)
カワラナデシコat18801
草原や河原に自生する多年草で秋の七草のひとつ。
草丈1m程になる。

キツネノカミソリ(ヒガンバナ科)
キツネノカミソリat18801
林縁や草原にしばし群生する。
シベが花冠より突き出すオオキツネノカミソリというのもあります。
草丈30~50㎝。

ホソバシュロソウ(ユリ科)
ホソバシュロソウat18801
地味だけど存在感のある花を付けます。
草丈60~80㎝。

シデシャジン(キキョウ科)
シデシャジンat18801
細裂した花弁が特徴の花。
シデシャジンat18802
草丈50~100㎝。

ヤツシロソウ(キキョウ科)
ヤツシロソウat18801
九州の山地に稀に自生する多年草で阿蘇でも稀。
草丈30~100㎝。この画像は野草園に植栽されたものです。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 観察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
子どもキャンパス2018 ③
2018/07/22(Sun)
ちょっと間が空きましたが、キャンパスの最後です。

2日目の朝はラジオ体操の後、メイン会場の周りを散策しました。

のどかな田園風景が広がります。
環境ck18701
ベージュ色の壁の建物がメイン会場の公民館。

ウスバカミキリ(フトカミキリ亜科)
ウスバカミキリck18701
前夜のセミの羽化観察中に飛んできた夜行性の大型カミキリです。

ゴマダラチョウ(タテハチョウ科)とシロテンハナムグリ(コガネムシ科)
ゴマダラチョウck18701
境内のカシの木の樹液に集まっていました。

イチモンジセセリ(セセリチョウ科)
イチモンジセセリck18701
朝陽を受けて日光浴中。

イタドリハムシ(ハムシ科)
イタドリハムシck18701
公民館の玄関をウロウロしていました。

アオモンイトトンボ?(イトトンボ科)
アオモンイトトンボ♀ck18701
メスの未成熟個体だと思われます。

カブトエビ(カブトエビ科)
カブトエビck18701
生きた化石と言われるカブトエビを参加者の男子が田んぼで見つけました。
カブトエビck18702
今回の大ヒット発見。
福岡県レッドデータブックでは絶滅危惧ⅠA類となっています。

ツユクサ(ツユクサ科)
ツユクサck18701
緑の中のブルーにホッと癒されます。

さて、来年は…?!

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 観察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『子どもキャンパス』観察場所の下見
2018/07/04(Wed)
今月14~15日(土日)は、恒例となった所属するNPO「まちづくりネットワークちくご」主催の『ちくご子どもキャンパス~矢部川中流域の自然観察と体験~』を実施します。
今年は福岡県内の小学生15名が参加予定です。
そこで、1日(日)午前中は清水山へ下見に行きました。
なお、当日手伝っていただくボランティアを募集しています。興味を持たれた方はコメント欄よりお問い合わせください。年齢・性別は問いません。宿泊可能な方大歓迎!!

コアオハナムグリ(コガネムシ科)
コアオハナムグリky18701
アジサイの花の上に…

トゲアシクチブトゾウムシ(ゾウムシ科)
トゲアシクチブトゾウムシky18701
砂粒のようなゾウムシが石柱の上にちょこんといました。

ヨツスジハナカミキリ(カミキリムシ科)
ヨツスジハナカミキリky18701
咲き始めたリョウブの脇の下草の上に…

ホソキリンゴカミキリ(カミキリムシ科)
ホソキリンゴカミキリky18701
ここにもホストのハギがたくさんありました。

ナガヒラタムシの一種(ナガヒラタムシ科)
ナガヒラタムシky18701
暗い林道脇の草の上に地味~な甲虫が…

シモフリクチブトカメムシ(カメムシ科)
シモフリクチブトカメムシky18701
肩部のトゲがカッコいい!

エダナナフシ(エダナナフシ科)
エダナナフシky18701
ナナフシは触角が短いですがこちらは長い。

キタキチョウ交尾態(シロチョウ科)
キタキチョウky18701
ひらひらと飛んで来て近くの草にとまりました。

ゴマダラチョウ(タテハチョウ科)
ゴマダラチョウky18701
今年初のような気がします。

ウラギンシジミ(シジミチョウ科)
ウラギンシジミ♂ky18701
オレンジの翅表がきれいなオスです!メスは翅表の色が青白になります。

ベニシジミ(シジミチョウ科)
ベニシジミky18701
夏型をたくさん見かけるようになりました。

アサヒナカワトンボ♂(カワトンボ科)
アサヒナカワトンボ♂yy18701
もうすぐ見られなくなります。

モノサシトンボ(モノサシトンボ科)
モノサシトンボky18701
未成熟の個体です。ここでは初見。

ネジバナ(ラン科)
ネジバナky18701
この時期花が少ないのですが、空き地にたくさん咲いていました。

さて、本番当日は子供たちがどんな生き物を見つけてくれるのか…
梅雨明けを待ちわびながらも、とても楽しみです!

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 観察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
阿蘇deイロイロ…
2018/06/09(Sat)
遅くなりましたが阿蘇のつづきです。

テングチョウ(タテハチョウ科)
テングチョウat18601
この日いたるところで見かけました。

ミヤマチャバネセセリ(セセリチョウ科)
ミヤマチャバネセセリat18601
翅がボロになってきました。

ヒメキマダラセセリ(セセリチョウ科)
ヒメキマダラセセリat18601
この日はセセリチョウの仲間が多かった。

コチャバネセセリ(セセリチョウ科)
コチャバネセセリat18601
好きなセセリの一つです。

コマルハナバチ♂(ミツバチ科)
コマルハナバチat18601
かわいいマルハナバチで、メスは黒い色をしています。

バッタの幼虫
バッタの幼虫at18601
おそらくヤマトフキバッタの幼虫だと思われます。

キュウシュウクチブトカメムシ(カメムシ科)
キュウシュウクチブトカメムシat18601
キュウシュウが付かないのもいます。

ヨツボシカメムシ(カメムシ科)
ヨツボシカメムシat18601
ヨツボシが見えない…

ミヤコグサ(マメ科)
ミヤコグサat18601

ミヤコグサat18602
シルビアシジミの食草ですが…成虫は見かけませんでした。

バイカウツギ(アジサイ科)
バイカウツギat18601
花は終わりかけでした。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 観察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年初の8864の会
2018/03/04(Sun)
今年初の8864(葉っぱ虫)の会の観察会(阿蘇高森町)に参加しました。
所用で午前中メインで生き物も少なくトンボ帰りでしたが、久しぶりの皆さんとお会いできて楽しかったです。

エナガ(エナガ科)
エナガat18301
混群で目の前までやって来ました。

ゴジュウカラ(ゴジュウカラ科)
ゴジュウカラat18301
ここでは普通に見られますが、地元では会えないので久しぶりに会えて良かったです。

オウレン(キンポウゲ科)
オウレンat18301
早春の花で唯一出会えた花です。九州には自生せず植栽されたものです。
オウレンat18302
花の大きさは1㎝もありません。漢方に利用される植物です。

カメラ:ニコンD7100、オリンパスTG-3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 観察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ