FC2ブログ
マイフィールド巡回 ①
2019/06/15(Sat)
今週(月~木)も空いた時間に地元をあちこち回ってみました。

アカメガシワ(トウダイグサ科)
アカメガシワkr190601
先週もお知らせしましたが、アカメガシワの花が咲き始め、早い所では満開状態となっています。花にはハチやアブ、チョウ、コガネムシやカミキリ等いろいろな昆虫が蜜や花粉を求めて集まってきます。幹や枝にも生木・枯木をかじって産卵する昆虫や樹液を求めてカブトムシやクワガタもやってきます。昆虫好きには要注目の樹木です。

ウリノキ(ウリノキ科→ミズキ科ウリノキ属)
ウリノキyy190601
葉が大きくウリの葉に似ているところから名づけられました。
可愛い花は長さ5㎝程になります。

イチヤクソウ(イチヤクソウ科→ツツジ科イチヤクソウ属)
イチヤクソウyy190601
丸い葉の間から一本の花茎(15~20㎝)を伸ばして3~10数個の花を付けます。
全草を乾燥させて薬草として利用されていたのが名前の由来です。

ウメガサソウ(イチヤクソウ科→ツツジ科ウメガサソウ属)
ウメガサソウyy180602
こちらは10㎝程の茎の先に1個の花を付けます。
ウメガサソウyy180601
数年ぶりに花期に間に合いました。
以前は前種と同じ場所に群生していたのですが、盗掘の影響か両種とも僅かに見られるだけとなりました。

エグリトラカミキリ(カミキリ亜科)
エグリトラカミキリkr190603
伐採木の上で交尾中のペア。
体長9~13.5㎜。

トビイロカミキリ(カミキリ亜科)
トビイロカミキリyy190601
また違うクリの花で見つけました。
体長11~20㎜。

ラミーカミキリ(フトカミキリ亜科)
ラミーカミキリyy190601
カラムシの群落でたくさん見かけるようになりました。
体長10~15㎜。

シコクヨツスジハナカミキリ(ハナカミキリ亜科)
ヨツスジハナカミキリkr190601
アジサイの花にやってきました。
ヨツスジハナカミキリkr190602
飛んでいると一見ハチに見えます。
体長12~20㎜。

タテジマ(ホソ)カミキリ(ハナカミキリ亜科)
タテジマハナカミキリyy190601
ニンフ(ホソ)ハナカミキリに似ていますが、触覚の白い部分の形状で同定しました。
体長9~16㎜。

イヨヒメハナカミキリ九州亜種(ハナカミキリ亜科)
ニセヨコモンヒメハナカミキリyy190601
ヒメハナカミキリ(ピドニア属)の仲間はどれも小さいので撮影には苦労します。
ニセヨコモンヒメハナカミキリyy190602
見つけるのも大変です。ニセヨコモンヒメハナカミキリの可能性もありますが…
嬉しい初対面でした!体長7~9㎜。

フタオビヒメハナカミキリ(ハナカミキリ亜科)
フタオビチビハナカミキリyy190601
ピドニア属の中でもかなり小さい…。ネットイン後撮影しリリースしました。
体長4~8㎜。

ホソアシナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
ホソアシナガタマムシgy190602
クリの伐採枝上を動き回ったり、飛んでは戻ったりしていました。
体長5~8㎜。

オオウグイスナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
オオウグイスナガタマムシgy190601
同じ場所で…産卵行動。
体長6.5~9㎜。

ヒシモンナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
ヒシモンナガタマムシkr190602
上部を刈られた細いエノキの幹にたくさん集まっていました。
体長5~8㎜。

アシナガオニゾウムシ♂(クチカクシゾウムシ亜科)
アシナガオニゾウムシyy190602
同じエノキで。メスを探して上下行ったり来たりを繰り返していました。
体長12㎜前後。

アカスジキンカメムシ(キンカメムシ科)
アカスジキンカメムシyy190601
地元でも発見!
体長17~20㎜。

ハサミツノカメムシ♀(ツノカメムシ科)
ハサミツノカメムシyy190601
オスの生殖節には一対の赤くて長い突起があります。
体長18㎜前後。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
6月最初の8864の会 ①
2019/06/12(Wed)
6月8日(土)は、恒例の音楽イベント『千恵美ちゃんを偲ぶ会』に参加し、そのまま熊本県の七城温泉に泊り。翌朝、阿蘇高森町へ向かい8864の会の『チョウと花の生息調査(環境省モニタリング1000)』に参加しました。10名の参加がありましたが、その時に見つけた生き物たちです(全てではありません)。

ウラギンヒョウモン♂(タテハチョウ科)
ウラギンシジミ♂at190601
草原で一番多く見かけたヒョウモンチョウです。
前翅長27~36㎜。

メスグロヒョウモン(タテハチョウ科)

メスグロヒョウモン♂at190601

メスグロヒョウモン♀at190601
分かりにくいですが…
前翅長30~40㎜。

キタテハ(タテハチョウ科)
キタテハat190601
夏型です。
前翅長22~34㎜。

コチャバネセセリ(セセリチョウ科)
コチャバネセセリat190601
複眼がカワイイ!
前翅長14~19㎜。

ルリシジミ(シジミチョウ科)
ルリシジミat190601
普通種ですが…
前翅長12~19㎜。

ベニスズメ(スズメガ科)
ベニスズメat190601
羽化して間もないのか綺麗な個体でした!
体長55~65㎜。

オジロアシナガゾウムシ(アナアキゾウムシ亜科)
オジロアシナガゾウムシat190601
クズをホストにするパンダ模様(鳥の糞に擬態)のゾウムシです。
体長9㎜。

シロコブゾウムシ(クチブトゾウムシ亜科)
シロコブゾウムシat190601
マメ科植物がホストの大きいゾウムシです。
シロコブゾウムシat190602
体長13~17㎜。

ナガカツオゾウムシ(カツオゾウムシ亜科)
ナガカツオゾウムシat190601
ヨモギをホストにします。
体長9~13㎜。

ヒメケブカチョッキリ(チョッキリゾウムシ亜科)
ヒメケブカチョッキリat190601
キイチゴの葉から飛び立つ寸前でした。
体長4.5㎜。

アカスジキンカメムシ(キンカメムシ科)
アカスジキンカメムシat190601
シーズン到来でたくさんの個体を見つけました!
アカスジキンカメムシat190602
初めて出会った黒化型の個体です。
体長17~20㎜。

シライトソウ(シュロソウ科)
シライトソウat190601
まだ…
シライトソウat190602
咲き残っていました!

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 観察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ブッポウソウ
2019/05/29(Wed)
ちょっとブログをさぼっている間に梅雨を迎えようとしています。
この間、あちこち生き物を求めて画像もかなり撮り貯めてしまいました。
FBでは随時アップしていたのですが、これじゃいかんということで久々のブログ更新です。
5月28日、ブッポウソウを今年初確認できました。その他、虫たちをアップします。

ブッポウソウ(ブッポウソウ科)
ブッポウソウyy190501
今年は渡って来るのが遅かったのか、
ブッポウソウyy190502
GWから4度目にしてようやく1羽を確認できました。
ブッポウソウyy190503
電線からしきりに飛び立っては戻る(トンボを捕食?)を繰り返していました。
ブッポウソウyy190504
全長29㎝。

キクスイモドキカミキリ(フトカミキリ亜科)
キクスイモドキカミキリyy190501
久しぶりの再会でしたが、ホスト等詳細は分かりません。
キクスイモドキカミキリyy190502
全長6~11㎜。

ヒメリンゴカミキリ(フトカミキリ亜科)
ヒメリンゴカミキリyy190501
クスノキ科をホストにします、で、同科のケクロモジの葉裏に潜んでいました。
ヒメリンゴカミキリyy190502
全長13~16.5㎜。

ムナグロツヤハムシ?(ヒゲナガハムシ亜科)
ムナグロツヤハムシyy190501
色彩変異が多いので…
全長4.5~5.8㎜。

クロヒカゲ(タテハチョウ科)
クロヒカゲyy190501
前翅長23~33㎜。

ホソオビヒゲナガ♂(ヒゲナガガ科)
ホソオビヒゲナガ♂yy190501
ヒゲナガの仲間は美麗種が多い!
開張14-17㎜。

ビロードナミシャク(シャクガ科)
ビロードナミシャクyy190501
複雑な模様ですがちゃんとシンメトリーです。
開帳30~40㎜。

クロキシタアツバ(ヤガ科)
クロキシタアツバyy190501
ガの仲間は同定が難しいです…隣はバッタの幼虫。
開帳28~35㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春が早い ②
2019/03/12(Tue)
今日は木に咲く花と野鳥や蝶を少し…

アセビ(ツツジ科)
アセビz190201
漢字で馬酔木と表し、馬も酔った様になるうという意味で有毒植物です。
アセビz190202
コツバメ(シジミチョウ科)幼虫はこの花の蕾を食べて育ちます。

イヌガシ(クスノキ科)
イヌガシz190201
ちょっと前に撮っていた画像ですが種名が分からず…
詳しい友人のN君に教えてもらいました。

アケビ(アケビ科)
アケビの蕾z190301
可愛い蕾を付けていました。

クサイチゴ(バラ科)
クサイチゴz190301
草のように見えますが小低木になります。
いわゆる野イチゴで、5月には甘い実になります。

ジョウビタキ♀(ヒタキ科)
ジョウビタキ♀z190201
そろそろ北国へ帰って行きます。

ルリビタキ♀タイプ(ヒタキ科)
ルリビタキ♀z190301
こちらは本州の高山などへ移動します。

ヤマガラ(シジュウカラ科)
ヤマガラz190201
こちらはパートナーを見つけて巣作りが始まります。

ルリシジミ(シジミチョウ科)
ルリシジミz190302
ナガバノモミジイチゴ(木苺)の花にやって来ました。
ルリシジミz190301
時折翅を広げます。

ベニシジミ(シジミチョウ科)
ベニシジミz190301
綺麗な新成虫です!

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
    1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6VR
    タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自然観察会 ③
2019/02/01(Fri)
観察会のつづき(最後)です。
広域公園からちょっと下流にある、大藤で有名なN公園まで足を延ばしました。

ホオジロ(ホオジロ科)留鳥
ホオジロ♂ck190101
葦原にいて時々茎の上部や木の枝に止まります。地鳴きは「チチッ」と2音。
全長16㎝。

ミヤマホオジロ(ホオジロ科)冬鳥
ミヤマホオジロnk190101
冠羽と黄色が特徴で地鳴きは「チッ」と小さく1音。
全長16㎝。

アオジ(ホオジロ科)漂鳥
アオジck190101
こちらは緑と黄色が混じった羽毛で地鳴きは「チッ」と鋭く1音。
全長16㎝。

カワラヒワ(アトリ科)留鳥
カワラヒワck190101
前種によく似た羽色ですが、嘴が太く「キリリコロロ」と鳴きます。
全長14㎝。

シメ(アトリ科)漂鳥または冬鳥
シメnk190101
嘴が太く警戒心が強い。「ピチッ」とか「シ―ッ」と鳴きます。
全長19㎝。

シロハラ(ヒタキ科)
シロハラck190101
ツグミの仲間で、ハゼ等の木の実や地上でミミズ等を採餌します。
全長24㎝。

ムクドリ(ムクドリ科)留鳥
ムクドリnk190101
何処でも(我が家の前の家の軒で営巣)見かけるのであまり注目されませんが綺麗な鳥です。
ムクドリnk190102
全長24㎝。

メジロ(メジロ科)留鳥
メジロnk190101
公園のサザンカの花の蜜を吸いに来ました。
メジロnk190102
全長12㎝。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 観察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ