FC2ブログ
10月の東よか干潟へ ③
2020/10/12(Mon)
干潟の堤防の後背地は公園(東よか干潟公園)になっています。
遊具や広場、疎林等が整備され、レクリエーション施設として親子連れを中心に多くの人が遊びに訪れます。潮が引いた後時間があったので公園を散策してみました。

ベニトンボ♂(トンボ科)
ベニトンボ♂dk201001
公園を取り囲む堀の岸辺で見つけました。
ベニトンボ♂dk201002
観たのはこの個体だけですが…
ベニトンボ♂dk201003
体長34~43㎜。

堀を後に林へ向かったら渡り途中の夏鳥たちと出会いました。

アオスジアゲハ(アゲハチョウ科)
アオスジアゲハdk201001
季節外れのサクラ(ソメイヨシノ)の花で吸蜜中。
前翅長30~45㎜。

ホタルガ(ホタルガ亜科)
ホタルガmp201001
昼行性の蛾が足元に飛んできました。
前翅長25~30㎜。

コサメビタキ(ヒタキ科)
コサメビタキdk201001
疎林の中を行ったり来たり…
体長13㎝。夏鳥。

サメビタキ(ヒタキ科)
サメビタキdk201001
前種より腹部の黒斑が強かったので判断しましたが…
サメビタキdk201002
間違っていたらご指摘ください。
体長13.5㎝。夏鳥。

メボソムシクイ(ムシクイ科)
メボソムシクイdk201001
体形はウグイス体色はメジロに似ています。
メボソムシクイdk201002
何気に初見でした。
体長13㎝。夏鳥。

コゲラ(キツツキ科)
コゲラmp201001
こちらは留鳥です。
体長15㎝。

ヤマガラ(シジュウカラ科)
ヤマガラmp201001
これも留鳥です。
体長13~15㎝。

コゲラやヤマガラは、秋から翌春にかけて他の小鳥たちと群を形成しますが、これをカラ類の混群といいます。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マイフィールド巡回 ③
2020/10/02(Fri)
とりあえず最後は広域公園です。公園の整備が進み奇麗になり訪れる人が増えたことと常に雑草刈作業があっているためか、観られる生き物(特に野鳥やトンボ)の種類も数も減っています。

イソシギ(シギ科)
イソシギck200901
腹部の白が肩まで切れ込んでいることで次種と区別できます。
イソシギck200902
体長20㎝。

クサシギ(シギ科)
クサシギck200901
前種より少し大きい。
クサシギck200902
体長24㎝。

コムラサキ(タテハチョウ科)
コムラサキ♂ck200901
水路沿いの植栽されたヤナギが発生源です。
コムラサキ♂ck200902
オスの翅表は紫色で見る角度次第ではくっきり見えます。
コムラサキ♀ck2009023JPG
メスの翅表は薄茶色です。

セスジイトトンボ♀(イトトンボ科)
セスジイトトンボ♀ck200901
草と見分けがつきません。

ハグロトンボ♀(カワトンボ科)
ハグロトンボ♀ck200901
水中の植物の茎に産卵中。

10月に入りアカトンボの仲間も増えてきたので、これからトンボや渡ってくる冬鳥の投稿が増えてきます。

カメラ:ニコン1Ⅴ3
レンズ:1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マイフィールド巡回 ②
2020/10/02(Fri)
2日目は星野村のいつもの池へ…
目的のトンボとは出会えませんでしたが、ここでは初確認のミヤマアカネと遭遇しました。
そして、10月初日の今日再訪してみました。

ミヤマアカネ♂(トンボ科)
ミヤマアカネ♂yh200901
突然飛んで来て手すりの上に…翅の茶色帯が特徴です。
阿蘇やくじゅうでは普通に見つかるのですがここでは初見でした。

リスアカネ♂(トンボ科)
リスアカネ♂yh200901
水辺でもテリトリーを張り始めていました。

マユタテアカネ♂(トンボ科)
マユタテアカネ♂yh200902

マユタテアカネ♂yh200901
この枝先に別のトンボが…
ベニイトとマユタテ♀yh200901

ベニイトトンボ♂(イトトンボ科)
ベニイトトンボ♂yh200901
ここでは秋に見かけることが多いような…

アオモンイトトンボ(イトトンボ科)
アオモンイトトンボyh200901
羽化したて

モノサシトンボ♂(モノサシトンボ科)
モノサシトンボ♂yh200901
脚の数が少ないような…?

そして、以下は今日(10/1)の撮影です。

キトンボ♂(トンボ科)
キトンボ♂yh201001
ようやく今年も出会えましたが、これから増えていくのでしょう。
キトンボ♂yh201002
これもアカトンボの仲間です。

ネキトンボ♂(トンボ科)
ネキトンボ♂yh201001
これはいつも出会うのですが…
ネキトンボ♂yh201002
今日は目の前に止まってくれました。

ヒメアカネ♂(トンボ科)
ヒメアカネ♂yh201001
ここでは初めて観たような…
ヒメアカネ♂yh201002
ミゾソバの花と一緒に

ミゾソバ(タデ科)
ミゾソバyh201001
池の岸辺に群生していました。

キンモクセイ(モクセイ科)
キンモクセイyh201001
良い香りがすると思ったら目の前の林縁に…

他にも、写真は撮れませんでしたがタカネトンボの飛翔を確認。しかし、オオルリボシヤンマとは会えずじまいです。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:NIKKOR18~135㎜DX。
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マイフィールド巡回 ①
2020/09/30(Wed)
先週は、マイ観察フィールドを3ヶ所回りました。
最初は、久しぶりに隣町の古墳とその周辺です。

オオアオイトトンボ(アオイトトンボ科)
オオアオイトトンボ♀sj200901
メスです。この辺りで会ったのは30年位振り?
とあるクリの木の下が雨で湿地状態になっていて
オオアオイトトンボ♂sj200901
そこにたくさんいました。こっちはオスです。

クロマダラソテツシジミ(シジミチョウ科)
クロマダラソテツシジミ♂sj200901
食草のソテツが2株植栽されていてその周りで観られます。
クロマダラソテツシジミ♂sj200902
こちらはオスですが尾状突起が欠損しています。
こっちはメスです。ムラサキシキブの実と…
クロマダラソテツシジミ♀sj200901
ソテツの花穂(雄花)に…
クロマダラソテツシジミ♀sj200902
越冬態は様々なようです。

ヤマトシジミ♂(シジミチョウ科)
ヤマトシジミsj200901
キツネノマゴの花に…
幼虫越冬。

ウラギンシジミ♀(シジミチョウ科)
ウラギンシジミ♀sj200901
翅裏は純白
ウラギンシジミ♀sj200902
翅表は青白い斑紋(オスはオレンジ色)
成虫越冬。

キタキチョウ(シロチョウ科)
キタキチョウsj200901
成虫で越冬します。

オオカマキリ♀(カマキリ科)
オオカマキリ♀sj200901
ケイトウセロシアの花で昆虫を待ち伏せ?

ツルボ(キジカクシ科)
ツルボsj200901
草むらに一輪。

ママコノシリヌグイ(タデ科)
ママコノシリヌグイsj200901
茎のトゲから名づけられました。

ニラ(ヒガンバナ科)
ニラsj200901
畑の脇に群生していました。

明日から10月!

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋の水辺へ ③
2020/09/28(Mon)
こちらの最後は野草を中心に…
この日、ヒガンバナが最盛期を迎えていました。

ヒガンバナ(ヒガンバナ科)
ヒガンバナhj200901

ヒガンバナhj200902

ヒガンバナhj200903

ハラビロカマキリhj200901
ハラビロカマキリが花の上に…

ナミアゲハhj200901
ナミアゲハは吸蜜に訪れます。

ムラサキシジミ(シジミチョウ科)
ムラサキシジミhj200901
翅裏は地味ですが表は紫に輝きます。

ムラサキツバメ(シジミチョウ科)
ムラサキツバメhj200901
前種に似ていますが一回り大きく尾状突起があります。

ナミルリモンハナバチ(ミツバチ科)
ナミルリモンハナバチhj200901
ここでもキツネノマゴ(キツネノマゴ科)の花にブルービー!

シロバナサクラタデ(タデ科)
シロバナサクラタデhj200901
ピンクのサクラタデはあまり見かけません。

ヒメキンミズヒキ(バラ科)
ヒメキンミズヒキhj200901
キンミズヒキに比べ背丈が低く花もまばら。

ヌマダイコン(キク科)
ヌマダイコンhj200901
湿地や水辺に多い。

ソメイヨシノ(バラ科)
ソメイヨシノhj200901
台風で葉が落ち春と勘違いしたのか季節外れのサクラ…

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ