早春の花や昆虫 後日編②
2018/04/12(Thu)
つづきです…

スギタニルリシジミ♂(シジミチョウ科)
スギタニルリシジミ♂yy18405

スギタニルリシジミ♂yy18406
飛翔シーンに再挑戦!

シュンラン(ラン科)
シュンランgy18401
漢字で春蘭と書くように春一番に咲くランです。
シュンランgy18403

シュンランgy18402
乱獲などで自生株が減りつつあります。

フデリンドウ(リンドウ科)
フデリンドウgy18401
林縁の陽だまりのあちらこちらに…
フデリンドウgy18402

フデリンドウgy18403
背丈が低いので腹ばいになって撮影。

シハイスミレ(スミレ科)
シハイスミレgy18401

シハイスミレgy18402
シハイは紫背と書き葉裏が紫色を帯びることからの命名です。
シハイスミレgy18403
ピンクの可愛い花を付けます。

ニオイタチツボスミレ(スミレ科)
ニオイタチツボスミレgy18401
タチツボスミレに比べると花弁がふっくらした感じです。
ニオイタチツボスミレgy18402
微かに甘い香りがします。
ニオイタチツボスミレgy18403
この色がよく見る花色です。

ヒメハギ(ヒメハギ科)
ヒメハギgy18401
ハギの花に似た小さな花の集まりです。

ヒメオドリコソウ(シソ科)
ヒメオドリコソウgy18401
大きいオドリコソウは在来種ですが、こちらは外来種です。

マムシグサ(サトイモ科)
マムシグサgy18401
不思議な形の花です。
マムシグサgy18402
この形が名前の由来。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
早春の花や昆虫 後日編①
2018/04/10(Tue)
違うフィールドでも色々な出会いがありましたが、先週末は寒波の影響で昆虫類は殆んど活動していませんでした。
アセビやミツバツツジの前でかなり待ったのですが、コツバメは現れませんでした。

イロハモミジ(ムクロジ科)
イロハモミジgy18401
5㎜程の小さな花をたくさん付けていました。
この花には色んな昆虫がやって来ます。

ウリカエデ(ムクロジ科)
ウリカエデgy18401
前種とは趣の違う花序を付けていました。
カエデ科はムクロジ科に再分類されたようです。

コバノミツバツツジ(ツツジ科)
ミツバツツジgy18401

ミツバツツジgy18402
まだ蕾が多い木もあれば満開の木も…

ミヤマセセリ(セセリチョウ科)
ミヤマセセリgy18401
唯一現れたスプリングエフェメラルの一つ。
ミヤマセセリgy18402
渋美しいチョウです。

タベサナエ♀(サナエトンボ科)
タベサナエ♀gy18401
春一番に現れるサナエトンボです。

ヒメクロオトシブミ(オトシブミ科)
ヒメクロオトシブミgy18401
バラ科(種名不明)の幼木の葉に数個体見つけました。

クロマルハナバチ(ミツバチ科)
クロマルハナバチgy18401
たくさんの個体が花を訪れていました。

ビロードツリアブ(ツリアブ科)
ビロードツリアブgy18401
こちらは数が少なかったです。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春の陽気に誘われて…
2018/03/12(Mon)
今日は、春の陽気となった一日でした。
矢部川沿いに色々歩いてみました。
鳥にも色々出会えましたが、菜の花が咲きチョウも飛び回っていました。

ノジスミレ(スミレ科)
ノジスミレyg18301
今年初スミレの花です。土手に咲いていました。

ホトケノザ(シソ科)
ホトケノザyg18301
冬の陽だまりの中でも咲き続ける花です。

オオイヌノフグリ(オオバコ科)
オオイヌノフグリyg18302
ゴマノハグサ科から再分類されたようです。

オオイヌノフグリyg18301
オオイヌノフグリとホトケノザ

モンシロチョウ(シロチョウ科)
モンシロチョウyg18302
蛹で越冬。食草はアブラナ科。
モンシロチョウyg18303
ちょっとピンボケ…
モンシロチョウyg18301
交尾態発見!

モンキチョウ(シロチョウ科)
モンキチョウyg18301
幼虫で越冬
モンキチョウyg18302
食草はシロツメクサ等のマメ科。

ベニシジミ(シジミチョウ科)
ベニシジミyg18301
幼虫越冬。食草はスイバやギシギシ等のタデ科。

カメラ:ニコン1Ⅴ3
レンズ:1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年初の8864の会
2018/03/04(Sun)
今年初の8864(葉っぱ虫)の会の観察会(阿蘇高森町)に参加しました。
所用で午前中メインで生き物も少なくトンボ帰りでしたが、久しぶりの皆さんとお会いできて楽しかったです。

エナガ(エナガ科)
エナガat18301
混群で目の前までやって来ました。

ゴジュウカラ(ゴジュウカラ科)
ゴジュウカラat18301
ここでは普通に見られますが、地元では会えないので久しぶりに会えて良かったです。

オウレン(キンポウゲ科)
オウレンat18301
早春の花で唯一出会えた花です。九州には自生せず植栽されたものです。
オウレンat18302
花の大きさは1㎝もありません。漢方に利用される植物です。

カメラ:ニコンD7100、オリンパスTG-3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 観察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年初のチョウ
2018/02/26(Mon)
一昨日(2/24)は日中気温が上がり、ダウンジャケットでは汗ばむくらいでした。
午前から午後は女山森林公園~清水山を回り、午後2時過ぎから広域公園へ向かいました。
女山では、陽気に誘われてテングチョウが現れました。

ルリビタキ(ヒタキ科)
ルリビタキ♀z18201
声はするもののあまり目立つ場所へ現れず、貴重なショット。

アトリ(アトリ科)
アトリ♂18201
数十羽の群が林床へ降りてきて、落ちた木の実や草の実を啄みます。
アトリ♂z18202
近付くとすぐに飛び立ちます…
アトリz18202
木の陰からそっと写しました。

メジロ(メジロ科)
メジロz18201
メジロだけはいつ来てもたくさん観られます。

テングチョウ(タテハチョウ科)
テングチョウz18201
メジロを撮っているとヒラヒラと近くの細い木へやって来ました。
テングチョウz18202
今年初のチョウです。望遠レンズの最短焦点距離で撮影。
テングチョウz18203
成虫越冬なので陽気に誘われて現れたようです。
テングチョウz18204
翅を目一杯広げて陽射しを受け、体温を上げます。
テングチョウz18205
体温を上げることで動きが活発になります。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 自然 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ