阿蘇へ ②
2017/06/16(Fri)
11日(日)午前中はパークボランティアの観察会に参加させていただき、午後は野草園内を皆さんと歩いて回りました。残寝ながらゼフィルスの仲間とは会えませんでした。

シライトソウ(ユリ科)
シライトソウat1701
間近で香りを嗅ぎましたが、バニラのような甘い香りがします。

バイカウツギ(アジサイ科?)
バイカウツギat1701
梅の花に似た可愛い花を付けます。

キタキチョウ(シロチョウ科)
キタキチョウat1701
目の前のノアザミの花に…

ウラギンヒョウモン(タテハチョウ科)
ウラギンヒョウモンat1701
ツマグロヒョウモンは別として、今年初のヒョウモンチョウです。

メスグロヒョウモン♂(タテハチョウ科)
メスグロヒョウモン♂at1701
メスは全く違う色彩(黒を基調とした色合い)です。

メスグロウラギンat1701
傍にウラギンヒョウモンがやって来ました。

テングチョウ(タテハチョウ科)
テングチョウat1701
赤味の強い個体です。

ヒメセダカカスミカメ(カスミカメムシ科)
ヒメセダカカスミカメat1701
オカトラノオの穂先にいた微小なカメムシです。

アカスジキンカメムシ(キンカメムシ科)
アカスジキンカメムシat1701
昨年は成虫をほとんど見かけなかったのですが…
アカスジキンカメムシat1702
今年はたくさん見ました。

カメラ:ニコンD7100、 1V3 オリンパスTG-3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 観察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
佐賀へ その③
2017/06/15(Thu)
佐賀の最後です。トンボ以外の生き物たちです。

ラミーカミキリ(カミキリムシ科)
ラミーカミキリ♂ks1701
普通種ですが今年初!
ラミーカミキリ♀ks1701
こちらは顔が黒いのでメスです。

クロボシツツハムシ(ハムシ科)
クロボシツツハムシks1701
ハムシの仲間はいたる所にいます。

アカクビナガハムシ(ハムシ科)
アカクビナガハムシks1701
小さくても赤が目立ちます。

ニンフホソハナカミキリ(カミキリムシ科)
ニンフホソハナカミキリks1701
コガクウツギの花にやって来ました。

タテハモドキ(タテハチョウ科)
タテハモドキks1701
夏翅の個体です。

カワラヒワ♂(アトリ科)
カワラヒワks1701
ノアザミの種を狙っていました。
カワラヒワks1702
こちらはメスのようです。

トノサマガエル(アカガエル科)
トノサマガエルks1701
かなり久しぶりに見ました。

モウセンゴケ(モウセンゴケ科)
モウセンゴケks1701
食虫植物。花はもう少し先です。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 観察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
佐賀県へ
2017/06/09(Fri)
6/4(日)は佐賀方面へ出かけました。
友人のUさんと一緒に湿原や川の花とトンボを中心に観察しました。

まずは…

トキソウ(ラン科)
トキソウks1701
湿原に咲く可憐な希少種です。
トキソウks1702

トキソウks1703
トキ色(薄紅色)が主ですがここでは白花も見られます。

ハッチョウトンボ♀(トンボ科)
ハッチョウトンボ♀ks1701
日本最小(体長2㎝程)のトンボです。メスは地味です。

ハッチョウトンボ羽化ks1701
羽化したばかりの♂

ハッチョウトンボ未熟♂
腹端を上げるのは太陽光の当たる範囲を少なくし、体温の上昇を抑えるためだともいわれます。
ハッチョウトンボ未熟♂ks1702

ハッチョウトンボ未成熟♂ks1701

ハッチョウトンボ未成熟♂ks1702
未成熟♂

ハッチョウトンボ♂ks1701
成熟♂
ハッチョウトンボ♂ks1702
オスは成熟すると真っ赤になります。
ハッチョウトンボ♂ks1703
トキソウの花に囲まれて…

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ブッポウソウ再び
2017/06/05(Mon)
6/3(土)は隣市矢部村へ、そして今日は佐賀県の樫原湿原まで出かけました。
成果(昆虫が多いです)を少しずつアップしていきます。
まずは、矢部村編その①です。

ブッポウソウ(ブッポウソウ科)
ブッポウソウペアyy1700
ペアが仲良く並んで止まっていました。
ブッポウソウペアyy1701
時々オスが飛び立っては虫を咥えて帰って来ます
ブッポウソウペアyy1702

ブッポウソウペアyy1703
メスへ求愛給仕です。何度も繰り返します。
ブッポウソウペアyy1704
残念ながら?交尾シーンは見られませんでした。

サイハイラン(ラン科)
サイハイランyy1702
2週間前はまだ蕾でしたが満開を迎えていました。
サイハイランyy1701
花の集まりをアップ!

フタリシズカ(センリョウ科)
フタリシズカyy1701
ヒトリシズカより遅れて梅雨前に咲きます。
フタリシズカyy1702
花穂が2本

つづく…

カメラ:ニコンD7100
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 自然 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
初夏の矢部村へ
2017/05/23(Tue)
5/20は、八女市の山間部へ出かけました。平地は汗ばむような陽気だったようですが風が心地よかったです。特に滝の傍はマイナスイオンが…
アザミの花が最盛期で色々な昆虫たちがやって来ました。
他にも貴重な野草が開花を迎えていましたが、予想に反してまだ蕾の野草も…。

カラスアゲハ(アゲハチョウ科)
カラスアゲハyy1701
アザミの花に次々と…他にオナガアゲハやジャコウアゲハも…

モンシロチョウ(シロチョウ科)
モンシロチョウyy17011
山間部では珍しいモンシロチョウです。

ヒメキマダラセセリ(セセリチョウ科)
ヒメキマダラセセリyy1701
この角度からは可愛い複眼が見えにくい…

アオハナムグリ(コガネムシ科)
アオハナムグリyy1701
鮮やかなグリーンです。

ムネアカクロハナカミキリ♂(カミキリムシ科)
ムネアカクロハナカミキリ♂yy1701
メスは胸部が赤味を帯びます。

ここから林道へ向かいます。

キバナチゴユリ(ユリ科からイヌサフラン科へ変更されたようです)
キバナチゴユリyy1701

キバナチゴユリyy1702
自生地が限定される貴重な花です。今年は良い時期に出会えました。

フタオビヒメハナカミキリ(カミキリムシ科)
フタオビヒメハナカミキリyy1701
毎年この花にやって来ます。大きさ5㎜前後の微小種です。

エサキモンキツノカメムシ(カメムシ科)
エサキモンキツノカメムシyy1701
背中のハートマークが可愛い出会えればラッキーなカメムシ。

キイロクビナガハムシ(ハムシ科)
キイロクビナガハムシyy1701
アカクビナガのような気がしましたがキイロだと思います。
傍にキュウシュウヒゲボソゾウムシが…

ムナグロツヤハムシ(ハムシ科)
ムナグロツヤハムシyy1701
体色に変異の多い種です。

ギンラン(ラン科)
ギンランyy1701
花を付けた株は多かったのですが、この株が一番綺麗な状態でした。

ギンリョウソウ(シャクジョウソウ科)
ギンリョウソウyy1701
複雑な生態を持つ腐生植物。

コケイラン(ラン科)
コケイランyy1701
エビネランを細くしたような姿からイトエビネとも言われます。

コミヤマスミレ(スミレ科)
コミヤマスミレyy1701
しばし群生するのですが一輪ポツンと咲いてました。

ラショウモンカズラ(シソ科)
ラショウモンカズラyy1701
まだ花が残っていました。

トラマルハナバチ(ミツバチ科)
トラマルハナバチyy1701
ラショウモンカズラの花に潜ることで受粉を媒介します。

ミズタビラコ(ムラサキ科)
ミズタビラコyy1701
平地に咲くキュウリグサによく似ています。

ヒゲナガオトシブミ♂(オトシブミ科)
ヒゲナガオトシブミ♂yy1701
林縁のクロモジやアブラチャンの葉を探すと見つかります。

ヒメクロサナエ(サナエトンボ科)
ヒメクロサナエyy1701
連結ペアなのですが下のメスは葉陰にいます。

ヤマキマダラヒカゲ(タテハチョウ科)
ヤマキマダラヒカゲyy1701
サトキマダラヒカゲとの見分けが難しい…

帰りにはブッポウソウ(カップルになってました)にも出会えました!

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ