FC2ブログ
山間部の源流域へ
2020/06/25(Thu)
今日(6/25)は朝から大雨でしたが夕方前には少し晴れ間が…
一昨日は暑かったので星野村の源流域へちょっと涼みに…

ヤクシマトゲオトンボ(ヤマイトトンボ科)
ヤクシマトゲオトンボ♂yh200601
先日矢部村で観たものをアップしましたが、私の定番観察地はここです。
ヤクシマトゲオトンボ♂yh200602
草むらに紛れると見つけにくいのですが…
ヤクシマトゲオトンボ♂yh200604
オスが次々に目に飛び込んできました。
ヤクシマトゲオトンボ♂yh200603
オスの腹端上部の小さな突起(トゲ尾の由来)が分かりますか?
ヤクシマトゲオトンボ交尾態yh200602
メスの単体を探していてら交尾場面に遭遇しました。
ヤクシマトゲオトンボ交尾態yh200601
ハート形がちょっと歪んでいますが…

アサヒナカワトンボ(カワトンボ科)
アサヒナカワトンボ♀yh200601
珍しい赤銅色の雌雄でこちらはメスです。
アサヒナカワトンボ♂yh200601
成熟オスは白粉をふきます。

ミヤマカワトンボ♂(カワトンボ科)
ミヤマカワトンボ♂yh200601
太陽を浴びてボディが輝いています。

ミヤマカラスアゲハ夏型♂?(アゲハチョウ科)
ミヤマカラスアゲハyh200601
カラスアゲハとの判別が難しい…

ミドリヒョウモン♂(タテハチョウ科)
ミドリヒョウモンyh200601
ここではよく見られます。

スジグロシロチョウ(シロチョウ科)
スジグロシロチョウyh200601
新鮮な個体でした。

キタキチョウ(シロチョウ科)
キタキチョウyh200601
これも割と新鮮。

ヘリグロリンゴカミキリ(フトカミキリ亜科)
ヘリグロリンゴカミキリyh200601
ヨモギの草むらから飛び立って葉裏にとまりました。

ヒメクロオトシブミ(オトシブミ科)
ヒメクロオトシブミyh200601
結構長い期間見られます。

エサキモンキツノカメムシ(ツノカメムシ科)
エサキモンキツノカメムシyh200601
背中のハートマークが目印です。

アカハライモリ(イモリ科)
アカハライモリyh200601
通行止めの林道脇の水たまりにいました。

やはり山は涼しく特に水流の傍は気持良かったです。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花とチョウ
2020/05/16(Sat)
深山の渓谷沿いを歩いてきましたが、たまに登山者とすれ違う程度でした。
色々な花や昆虫に出会いました。まずは貴重な花とチョウたちです。

ギンラン(ラン科)
ギンランyy200501
小さなランです。白を銀に例えています。黄色いキン(金)ランはもっと大きくなります。
ギンランyy200502
まだ10㎝程度でしたがこれからまだ伸びていきます。
ギンランyy200503
花は1㎝もありません。

コケイラン(ラン科)
コケイランyy200501
別名イト(糸)エビネと言われるように
コケイランyy200502
エビネランに似た小さな花を付けます。

キバナチゴユリ(ユリ科)
キバナチゴユリyy200502
漢字で黄花稚児百合、花は1㎝前後、林縁で極稀に見られます。

ツクシタニギキョウ(キキョウ科)
ツクシタニギキョウyy200501
この花も1㎝ありません。

ラショウモンカズラ(シソ科)
ラショウモンカズラyy200501
次種よりも大きな花を付けます。

オウギカズラ(シソ科)
オウギカズラyy200501
ヒイラギorキクのような葉が特徴です。

ヤマフジ(マメ科)
ヤマフジyy200501
いまが盛りです。
ヤマフジyy200502
近付くと甘い香りがします。

ジャコウアゲハ♂(アゲハチョウ科)
ジャコウアゲハ♂yy200501
腹部が毒々しく見えますが、幼虫の食草がウマノスズクサという毒草
なので体内に毒を蓄積していてそれを目立たせるための腹部の色です。
ジャコウアゲハ♀yy200501
メスは翅色が薄茶色に見えます。

カラスアゲハ(アゲハチョウ科)
カラスアゲハyy200501
次種とよく似ています。

ミヤマカラスアゲハ(アゲハチョウ科)
ミヤマカラスアゲハyy200502
後翅の外縁に沿って白線が見えます。

ミヤマチャバネセセリ(セセリチョウ科)
ミヤマチャバネセセリyy200501
各地で数を減らしているチョウです。

ヒメキマダラセセリ(セセリチョウ科)
ヒメキマダラセセリyy200501
出始めのようで綺麗な個体でした。

スギタニルリシジミ(シジミチョウ科)
スギタニルリシジミyy200501
まだ見られましたが、さすがに翅は擦れていました。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あちこちで出会った生き物たち
2020/05/14(Thu)
先週末神社や山などで出会った生き物たちです。
アゲハチョウの仲間は既アップしましたが、オトシブミの仲間はまた別の機会に…

オオスカシバ(スズメガ科)
オオスカシバyng200501
翅が透明なので一見ハチに見えますが
オオスカシバyng200502

オオスカシバyng200503
昼間活動するガの仲間です。

ヒメクロホウジャク(スズメガ科)
ヒメクロホウジャクyy200501
前種に似ていますが翅が透明ではありません。

ホソオビヒゲナガ♀(ヒゲナガガ科)
ホソオビヒゲナガ♀yy200501
メタリックに輝く小さなガです。

サカハチチョウ(タテハチョウ科)
サカハチチョウ春型yy200501
春型翅の個体がヒロハコンロンソウの花に。

コミスジ(タテハチョウ科)
コミスジz200501
新鮮な個体でした。

トラフシジミ(シジミチョウ科)
トラフシジミyy200501
2個体見たうちの1頭です。
トラフシジミyy200502
こちらも新鮮な個体でした。

トラマルハナバチ(ミツバチ科)
トラマルハナバチyy200502
大きいですがおとなしいハチで、そっと観察すれば刺されることはありません。

ノウサギ(ウサギ科)
ノウサギyy200502
人気の無い林道を走行していたら突然目の前にノウサギの子どもが現れました。
ノウサギyy200501
脱兎のごとくではなく「進んでは止まる」の繰り返しで暫く遊んで?くれました。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春を見つけに ④
2020/03/25(Wed)
今日は花のつづきをと思っていたのですが、コツバメにリベンジできたので早速アップします。いつものアセビの傍に行くと2頭が既に花の周りを飛び回っていました。
全て今日(3/24)撮った画像の一部です。

コツバメ(シジミチョウ科)
コツバメgy200303
サナギで越冬し早春にだけ現れるスプリングエフェメラルの一つ。

コツバメgy200302
ほとんどのチョウは体温を上げるために開翅して陽を浴びるのですが

コツバメgy200304
このチョウは翅を閉じたまま翅を傾けて陽を受けるため翅表の紫色が見られません。

コツバメgy200301
体温を逃がさないよう体は毛深い(ノートリです)。

コツバメgy200305
食草はアセビなどツツジ科の花の蕾。

ルリタテハ(タテハチョウ科)
ルリタテハgy200301

ルリタテハgy200302

ルリタテハgy200303
コツバメ撮影中にやって来ました。

ミヤマセセリ(セセリチョウ科)
ミヤマセセリgy200300

ミヤマセセリgy200303

ミヤマセセリgy200304
ミヤマセセリもアセビの花にやって来ました。

ツバメシジミ(シジミチョウ科)
翅表が黒いのでメスです。
ツバメシジミ♀gy200301
幼虫越冬で食草はマメ科の花や蕾、新芽。

タチツボスミレ
タチツボスミレgy200302
スミレ類も花が増えていました。

シハイスミレ
シハイスミレgy200302

ミヤマホオジロ(ホオジロ科)
ミヤマホオジロ♂gy200301
桜の木に…

エナガ(エナガ科)
エナガgy200301
同じく桜の木に…

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山間部を回って
2020/03/14(Sat)
いつもの所や久しぶりの場所を回ってみました。

ナガバノモミジイチゴ(バラ科)の花がさいていました。
ナガバノモミジイチゴky200301

アセビ(ツツジ科)の花も咲いていましたがコツバメはまだ出ていないようです。
アセビyh200301

いたのは越冬明けのキタテハ(タテハチョウ科)です。
キタテハyh200301

キタテハyh200302

マヒワ(アトリ科)の群がハンノキに群れていました。
マヒワyh200301
オスです。
マヒワ♂yh200301

マヒワ♂yh200302
種を取り出しました!
マヒワ♂yh200303
こちらはメスです。
マヒワ♀yh200301

ルリビタキ♂(ヒタキ科)もいつもの場所に…
ルリビタキ♂ky200301

ルリビタキ♂ky200302

モズ(モズ科)や
モズog200201

カササギ(カラス科)は普通に見られます。
カササギog200201

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ