FC2ブログ
福岡県内とあるダム湖にて ①
2018/12/04(Tue)
先週末(12/2)ちょっと思い立って、とあるダムまで出かけました。
成虫越冬の昆虫や野鳥が観られました。

遊歩道
遊歩道ygd181201
ダム湖を周回できます。初冬というか晩秋の風景です。

イロハモミジ(ムクロジ科)
イロハモミジygd181201
ほぼ紅葉が終わり葉が散ってしまった中に所々残っていました。

サザンカ(ツバキ科)
サザンカygd181201
あちらこちらで満開を迎えていました。
サザンカygd181202
一輪をアップで!

シマカンギク(キク科)
アブラギクygd181201
別名アブラギクとも言います。ちょっとピンボケ…

マムシグサの実(サトイモ科)
マムシグサの実ygd181201
花も不思議な形ですが実はちょっと毒々しい感じです。

ハラビロカマキリ(カマキリ科)
ハラビロカマキリ♀ygd181201
腹部が膨らんでいるので産卵前のメスでしょう。
ハラビロカマキリ♀ygd181202
瞳のように見える黒い点は偽瞳孔といいホントの瞳ではありません。

キタテハ(タテハチョウ科)
キタテハygd181201
成虫越冬するので気温が上がると陽だまりを飛び回る姿が観られます。

ムラサキシジミ(シジミチョウ科)
ムラサキシジミygd181201
こちらも成虫越冬です。体温を上げるために開翅します。
ムラサキシジミygd181202
キレイな翅表です!

キイロスズメバチ(スズメバチ科)
キイロスズメバチygd181201
他にもオオスズメバチなど数種のスズメバチがサザンカの花を訪れていました。

アブラゼミ(セミ科)
アブラゼミ死骸ygd181201
原因はわかりませんがこの状態で死んでいました(翅が無い)。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 自然 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
久しぶりの野草園
2018/11/27(Tue)
市民カレッジの朝、ちょっと早く着いたので久しぶりに野草園を散策しました。
短時間だったのであまり見られなかったのですが…

エナガ(エナガ科)
エナガat181101
あちこちでカラ類の混群が忙しなく活動していました。
その中の1羽がすぐ側まで…

オオアカゲラ♀(キツツキ科)
オオアカゲラat181101
久しぶりの出会いでした。クヌギの樹上を先へ先へと移動します。
オオアカゲラat181102
背面の白黒模様が綺麗です。オスは後頭部が赤くなります。

ツグミ(ヒタキ科)
ツグミat181101
冬鳥として渡って来ます。
ツグミat181102
すでに結構な数が渡って来ていました。

アキアカネ(トンボ科)
まだ残っていました。
アキアカネ♀at181101
こちらはメス。

アキアカネ♂at181101
こちらはオス。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アオイトトンボの水辺へ ⑤
2018/11/10(Sat)
このシリーズ最後は野草や野鳥をアップします。

ヤマラッキョウ(ユリ科→ヒガンバナ科)
ヤマラッキョウyg181101
去年もここで見ていたことをすっかり忘れていました。
ヤマラッキョウyg181102

ヤマラッキョウyg181103

ヤマラッキョウyg181104
阿蘇やくじゅうで見る株と比べると花付きが今ひとつかなぁ…

コウゾリナ(キク科)
コウゾリナyg181101
結構群生していました。

ヨメナ(キク科)
ヨメナyg181101
ノギクの判別は難しいので自信ありませんが…

ヌマダイコン(キク科)
ヌマダイコンyg181101
湧き水の流れる水辺にたくさん咲いていました。

ジョウビタキ♂(ヒタキ科)
ジョウビタキ♂yg181101
メスもいて2羽で縄張り争いをしていました。
越冬地では雌雄でも争うのです。

ハシビロガモ(カモ科)
ハシビロガモyg181101
カモ類もたくさん渡って来ていたのですが。遠いうえに逆光で判別が難しく、
このカモだけは、シルエットでも大きな嘴が確認できて判別は容易です。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
地元で野鳥や植物など
2018/11/01(Thu)
トンボを探す合間に見つけました。

まずは野鳥から

コガモ(カモ科)
コガモck181001
一番乗りで渡って来たようです。
コガモck181002
エクリプス(非繁殖羽)なので雌雄の判別は難しいです。

クサシギ(シギ科)
クサシギck181001
近付いたら飛んでいきました。

セグロセキレイ(セキレイ科)
セグロセキレイck181001
ハクセキレイやキセキレイもいたのですが…

ジョウビタキ♂(ヒタキ科)
ジョウビタキ♂ck181001
渡ってきて間もないので、あちこちで縄張り宣言の地鳴きが聞こえます。
ジョウビタキ♀yh181001
こちらはメスです。

サクラタデ(タデ科)
サクラタデck181001

サクラタデck181002

サクラタデck181003
タデ科の中でも特に華やかな花ではないでしょうか?

イロハモミジ(カエデ科→ムクロジ科)
イロハモミジyh181001
山の方では色付き始めていました。

モッコク(モッコク科)
モッコクyh181011
先月はまだ青い実をアップしましたが、熟して割れていました。

キノコの一種
タケyh181001
食用になるヒラタケによく似ているのですが…
タケyh181002
キノコは難しいです。わかる方がいらっしゃったらご教示ください。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
    1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天山へ ③
2018/09/20(Thu)
天山の最後です。

チョウも僅かながら観られました。

イタドリ(タデ科)
イタドリtz18901
まとまって咲くので白い花が良く目立ちます。

ミズヒキ(タデ科)
ミズヒキtz18901
2㎜程の花もアップで見るとちゃんと花の形をしています。

ウド(ウコギ科)
ウドtz18901
春の目立ちは山菜として有名です。

イナカギク?(キク科)
イナカギクtz18901
野菊は種類が多く同定に悩みます。これも全く自信無しです。

ヤクシソウ(キク科)
ヤクシソウtz18901
黄色が目立っていました。

シュウブンソウ(キク科)
シュウブンソウtz18901
今までも見てはいたのでしょうが、初めて種名を認識しました。

ヤマハギ(マメ科)
ハギtz18901
ひと際鮮やかに花を付けていました。

イチモンジセセリ(セセリチョウ科)
イチモンジセセリtz18901
私には子どものころからお馴染みのチョウです。

ダイミョウセセリ(セセリチョウ科)
ダイミョウセセリtz18901
ツクシアザミの花にやって来ました。

サカハチチョウ(タテハチョウ科)
サカハチチョウtz18901

サカハチチョウtz18902
こちらはウドの花に…

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ