あけましておめでとうございます!
2017/01/01(Sun)
img003.jpg
今年も色んなところで歌い続けます
何卒よろしくお願いいたします!

コミミズク1b
また、キミに出会いたい…

いつまでも平和で穏やかに日々が過ぎていきますように…
皆様のご多幸をお祈りいたします。
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
今年もお世話になりました!
2016/12/31(Sat)
今年も色々な出会いや発見がありました。
来年はどんなステキな出会いが待っているのでしょう?
img004.jpg

securedownload.jpg
皆様よいお年をお迎えください!
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
9月初めの阿蘇 ②
2016/09/16(Fri)
昨日から福岡市に行き、今日はハチクマの渡りを観察してきました。

さて、所用がつづき間が空いてしまいましたが阿蘇のつづきです。

トゲトゲクロサルゾウムシ(サルゾウムシ亜科)
トゲトゲクロサルゾウムシat1601
植栽されたツクシフウロ(フウロソウ科:絶滅危惧種)の花に初見の微小なゾウムシが…
トゲトゲクロサルゾウムシat1602
ゲンノショウコなどフウロソウ科の花びらを食べるようです。
トゲトゲクロサルゾウムシat1603
体長2.6~3.2㎜。

ウグイスナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
ウグイスナガタマムシat1602
倒れたネムノキの幹を数個体が動き回っていました。どこにいるか分かりますか?
ウグイスナガタマムシat1603
アップしてみます。
ウグイスナガタマムシat1601
交尾を邪魔する?オス(左からオス・オス・メスです)。
体長4~7㎜。

クズノチビタマムシ(チビタマムシ亜科)
クズノチビタマムシat1601
名前の通りクズの葉に付く微小なタマムシです。左は食痕。
体長3~4㎜。

アカハネムシの一種(アカハネムシ科)
アカハネムシat1601
春の虫(4から5月)なのですが・・・なんで今頃?
体長10~15㎜前後。

アカスジカメムシ(カメムシ亜科)
アカスジカメムシat1601
中々シックな装いのカメムシです。
体長9~12㎜。

ツマジロカメムシ(カメムシ亜科)
ツマジロカメムシat1601
金属光沢があります。
体長10㎜前後。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:マイクロニッコール85㎜
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
樫原湿原 ②
2016/09/01(Thu)
今夜は久しぶりに揺れました。

さて、今日はトンボ編です。

ハッチョウトンボ♂(トンボ科)
ハッチョウトンボ♂ks1602
日本最小のトンボで、世界でも最小の部類に入るようです。
ハッチョウトンボ♂ks1605
繁殖シーズンも終わりでメスの姿は見つけられませんでした。
ハッチョウトンボ♂ks1606
体長17~21㎜。

ベニイトトンボ♂(イトトンボ科)
ベニイトトンボ♂ks1601
広い湿原の中で草むらに紛れていると中々見つかりません。
ベニイトトンボ♂ks1602
体長32~43㎜。

キイトトンボ♀(イトトンボ科)
キイトトンボ♀ks1601
こちらは前種より個体数も多く見つけやすかったです。


キイトトンボ♂ks1601
オスは綺麗な黄色です。
体長31~44㎜。

ヒメアカネ♂未熟個体(トンボ科)
ヒメアカネ♂ks1601
秋が深まると、体色が赤く染まっていく赤トンボ(アカネ)の仲間です。
体長28~38㎜。

ギンヤンマ♀産卵①(ヤンマ科)
ギンヤンマ♀ks1601

ギンヤンマ♀ks1602
これはオス型で腰部が青味を帯びています。

♀②
ギンヤンマ♀ks1603

ギンヤンマ♀ks1604
こちらは腰から腹部が黒っぽく違う種と間違えました。
体長65~84㎜。

コフキトンボ♂(トンボ科)
コフキトンボ♂yt1601
帰りに立ち寄ったクリーク公園にたくさんいました。
コフキトンボ♂yt1602
シオカラトンボに似ていますが、複眼が大きくややズングリムックリに見えます。


コフキトンボ♀yt1601
メスだと思うのですが…
体長37~48㎜。

ウチワヤンマ(サナエトンボ科)
ウチワヤンマyt1601
ヤンマと名が付きますがサナエトンボの仲間です。
尾の先端にウチワ状の突起があります。
体長70~87㎜。クリーク公園。

カメラ:ニコンD7100、1V3
レンズ:マイクロニッコール85㎜、1ニッコール70-300VR。
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ゾウムシの仲間いろいろ
2016/08/15(Mon)
今日は終戦記念日でした。
今、戦後が戦前になりつつあるような不安を感じます。知らない間に流されてしまわないよう常に意識する必要を感じています。

さて、盆も今日で終わり、明日からまだフィールドへ出かけられるかな?と思っていますが、連日の猛暑にウンザリしてしまいます。

今日は、小さくて渋めの虫たちです!

チュウジョウアナアキゾウムシ(ゾウムシ科)
チュウジョウアナアキゾウムシyy1601
初見のゾウムシが粗朶の上に現れました。
体長4.3~4.9㎜。大分との県境(矢部村、日田市中津江村)。

ワモントゲトゲゾウムシ(ゾウムシ科)
ワモントゲトゲゾウムシyy1601
これも初見のゾウムシが同じ場所に…
ワモントゲトゲゾウムシyy1602
体長6~7.4㎜。県境。

ナガアシヒゲナガゾウムシ(ヒゲナガゾウムシ科)
ナガアシヒゲナガゾウムシyy1601
これも同所で。種名が分からなかったのですが…たぶん間違いないと思います。
ナガアシヒゲナガゾウムシyy1602
体長4.8~8.5㎜。県境。

オオシロオビゾウムシ(オサゾウムシ科)
オオシロオビゾウムシat1601
久しぶりに間近で観ました。
体長9~15㎜。阿蘇野草園。

ゴボウゾウムシ(ゾウムシ科)
ゴボウゾウムシat1601
定番のアザミの葉上にいました。
体長5.6~8.5㎜。阿蘇野草園。

ハスジカツオゾウムシ(ゾウムシ科)
ハスジカツオゾウムシat1601
背面の鱗粉がだいぶ剥げています。
体長9~14.1㎜。阿蘇野草園。

ヒョウタンゾウムシの仲間(ゾウムシ科)
ヒョウタンゾウムシat1601
背面が良く見えず同定ができませんでした。

ヒメクロオトシブミ(オトシブミ科)
ヒメクロオトシブミyy1601
オトシブミの仲間もまだ見られます。
体長4~5㎜。矢部村。

ゴマダラオトシブミ(オトシブミ科)
ゴマダラオトシブミat1601
こちらもまだ見られるとは…何故かウリカエデの葉裏に…
体長6~8㎜。阿蘇野草園。

ウスモンオトシブミ(オトシブミ科)
ウスモンオトシブミat1601
まだキブシの葉を巻いていました。
体長6.5~7㎜。阿蘇野草園。

ヒメコブオトシブミ(オトシブミ科)
ヒメコブオトシブミat1602
こちらはコアカソの葉を…
体長6~7.2㎜。阿蘇野草園。

カメラ:ニコンD7100、1V3
レンズ:マイクロニッコール85㎜、1ニッコール70-300VR。
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ