FC2ブログ
あけましておめでとうございます!
2019/01/01(Tue)
2019年あけましておめでとうございます!

日本は、私たちは、どこへ向かおうとしているのでしょうか?
同じ過ちを繰り返そうとしているようで…
あまりにも生命が軽んじられているようで…
不安を通り越して恐怖や怒りすら感じます。
自分を見失わず、自由に言いたいことが言えるよう…
流されないようにしなければと心引き締める新年です!

今年も相変わらずのブログになりそうですが、平和あってこそのものです。

画像は2018年に初めて撮影できた生き物たちです。
(以前見かけはしたものの画像に残せていなかったものと
初めて出会って撮影できたものです)

アカツクシガモ(初見初撮)
アカツクシガモdk1802

トラツグミ(初撮)
トラツグミos18206

ハイタカ(飛翔中以外では初撮)
ハイタカyg18305

エリマキシギ(初見初撮)
エリマキシギ♀dk181001

アサカミキリ(初見初撮)
アサカミキリhd180604

モモグロハナカミキリ(初見初撮)
モモグロハナカミキリan18502

マイコアカネ(初見初撮)
マイコアカネ♂osk181005

ハネビロトンボ(初撮)
ハネビロトンボ♂osk181001

ハラボソトンボ(初見初撮)
ハラボソトンボ♂at18901

今年はどんんな生き物と出会えるのか?面白く魅力的な人と出会うのか?
そして、いつまでもそこに生命があり続けますように!!


変わらずお付き合いの程よろしくお願いいたします。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あけましておめでとうございます!
2017/01/01(Sun)
img003.jpg
今年も色んなところで歌い続けます
何卒よろしくお願いいたします!

コミミズク1b
また、キミに出会いたい…

いつまでも平和で穏やかに日々が過ぎていきますように…
皆様のご多幸をお祈りいたします。
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
今年もお世話になりました!
2016/12/31(Sat)
今年も色々な出会いや発見がありました。
来年はどんなステキな出会いが待っているのでしょう?
img004.jpg

securedownload.jpg
皆様よいお年をお迎えください!
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
9月初めの阿蘇 ②
2016/09/16(Fri)
昨日から福岡市に行き、今日はハチクマの渡りを観察してきました。

さて、所用がつづき間が空いてしまいましたが阿蘇のつづきです。

トゲトゲクロサルゾウムシ(サルゾウムシ亜科)
トゲトゲクロサルゾウムシat1601
植栽されたツクシフウロ(フウロソウ科:絶滅危惧種)の花に初見の微小なゾウムシが…
トゲトゲクロサルゾウムシat1602
ゲンノショウコなどフウロソウ科の花びらを食べるようです。
トゲトゲクロサルゾウムシat1603
体長2.6~3.2㎜。

ウグイスナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
ウグイスナガタマムシat1602
倒れたネムノキの幹を数個体が動き回っていました。どこにいるか分かりますか?
ウグイスナガタマムシat1603
アップしてみます。
ウグイスナガタマムシat1601
交尾を邪魔する?オス(左からオス・オス・メスです)。
体長4~7㎜。

クズノチビタマムシ(チビタマムシ亜科)
クズノチビタマムシat1601
名前の通りクズの葉に付く微小なタマムシです。左は食痕。
体長3~4㎜。

アカハネムシの一種(アカハネムシ科)
アカハネムシat1601
春の虫(4から5月)なのですが・・・なんで今頃?
体長10~15㎜前後。

アカスジカメムシ(カメムシ亜科)
アカスジカメムシat1601
中々シックな装いのカメムシです。
体長9~12㎜。

ツマジロカメムシ(カメムシ亜科)
ツマジロカメムシat1601
金属光沢があります。
体長10㎜前後。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:マイクロニッコール85㎜
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
樫原湿原 ②
2016/09/01(Thu)
今夜は久しぶりに揺れました。

さて、今日はトンボ編です。

ハッチョウトンボ♂(トンボ科)
ハッチョウトンボ♂ks1602
日本最小のトンボで、世界でも最小の部類に入るようです。
ハッチョウトンボ♂ks1605
繁殖シーズンも終わりでメスの姿は見つけられませんでした。
ハッチョウトンボ♂ks1606
体長17~21㎜。

ベニイトトンボ♂(イトトンボ科)
ベニイトトンボ♂ks1601
広い湿原の中で草むらに紛れていると中々見つかりません。
ベニイトトンボ♂ks1602
体長32~43㎜。

キイトトンボ♀(イトトンボ科)
キイトトンボ♀ks1601
こちらは前種より個体数も多く見つけやすかったです。


キイトトンボ♂ks1601
オスは綺麗な黄色です。
体長31~44㎜。

ヒメアカネ♂未熟個体(トンボ科)
ヒメアカネ♂ks1601
秋が深まると、体色が赤く染まっていく赤トンボ(アカネ)の仲間です。
体長28~38㎜。

ギンヤンマ♀産卵①(ヤンマ科)
ギンヤンマ♀ks1601

ギンヤンマ♀ks1602
これはオス型で腰部が青味を帯びています。

♀②
ギンヤンマ♀ks1603

ギンヤンマ♀ks1604
こちらは腰から腹部が黒っぽく違う種と間違えました。
体長65~84㎜。

コフキトンボ♂(トンボ科)
コフキトンボ♂yt1601
帰りに立ち寄ったクリーク公園にたくさんいました。
コフキトンボ♂yt1602
シオカラトンボに似ていますが、複眼が大きくややズングリムックリに見えます。


コフキトンボ♀yt1601
メスだと思うのですが…
体長37~48㎜。

ウチワヤンマ(サナエトンボ科)
ウチワヤンマyt1601
ヤンマと名が付きますがサナエトンボの仲間です。
尾の先端にウチワ状の突起があります。
体長70~87㎜。クリーク公園。

カメラ:ニコンD7100、1V3
レンズ:マイクロニッコール85㎜、1ニッコール70-300VR。
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ