FC2ブログ
シジミチョウ
2019/07/19(Fri)
久しぶりのブログ更新です(;^_^A
この間、阿蘇くじゅうや地元山間部を生き物求めて探索していました。
梅雨も末期で大雨が(台風も)心配です。
梅雨時期のチョウと言えばゼフィルスと呼ばれるミドリシジミの仲間です。
活動時間や生息場所が限定されるので出会うにはそれなりの知識や情報が必要になります。
すでにウラゴマダラシジミやミズイロオナガシジミはアップしていましたが、新規のアップです。

ハヤシミドリシジミ♂
ハヤシミドリシジミ♂au190701
阿蘇やくじゅうのいたる所にカシワの疎林が点在します。
ハヤシミドリシジミ♂au190702
そのカシワ(ブナ科)の葉を食草とするのがこのチョウです。
ハヤシミドリシジミ♂au190703
オスの翅表は緑青色に輝きます。
ハヤシミドリシジミ♂au190704
広い空間に面したカシワの葉上で翅を広げてテリトリーを張ります。
ハヤシミドリシジミ♂au190705

ハヤシミドリシジミ♀au190701
メスの翅表は地味です。
ハヤシミドリシジミ♀au190702
前翅長15~22㎜。

ウラミスジシジミ
ウラミスジシジミhk190701
別名ダイセンシジミというミドリシジミの仲間です。
ウラミスジシジミhk190702
翅裏の模様が好きです。食草はクヌギやコナラなどブナ科全般。
ウラミスジシジミhk190703
この日開翅しなかったので過去画像を…
前翅長14~21㎜。

ミズイロオナガシジミ
ミズイロオナガシジミau190701
この日行く先々で出会いました。食草はブナ科全般。
ミズイロオナガシジミhk190701
前翅長11~18㎜。

以下のシジミチョウ達は尾状突起がありますがミドリシジミの仲間ではありません。
でも好きなチョウたちです。

ミヤマカラスシジミ
ミヤマカラスシジミat190701
6月にアップしたカラスシジミより一か月ほど遅れて現れます。
ミヤマカラスシジミat190702
別個体です。食草はクロウメモドキ科。
前翅長18㎜前後。

トラフシジミ夏型
トラフシジミ夏型at190701
食草はフジやノイバラ、ウツギなど多岐にわたります。
前翅長16~21㎜。

ウラナミシジミ
ウラナミシジミat190701
秋に見かける機会が多いチョウです。
食草はマメ科。
前翅長13~18㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久しぶりの野鳥
2019/07/10(Wed)
しばらくブログをさぼっている間にセミが鳴き始めすっかり夏の様相を呈しています。
6月末から今月初めに見た鳥たちです。

ヤイロチョウ(ヤイロチョウ科)
ヤイロチョウyy190701
想定外の出会いにビックリでしたが、いかんせん鳥用のレンズではなかったので証拠写真止まり…
全長18㎝。矢部村。

ホオアカ(ホオジロ科)
ホオアカhrd190601
木のてっぺんで鳴く鳥が…ホオジロと思ったら鳴き声が違う…
ホオアカhrd190602
望遠レンズで覗くとホオアカでした。
全長16㎝。北九州市。

カッコウ(カッコウ科)
カッコウau190701
遠くの電線に…
全長35㎝。阿蘇。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
6月のカミキリムシ Ⅰ
2019/06/23(Sun)
まだ雨が降りません…
今週半ば位から降るという予報は出てますが、大雨も不安です。

さて、6月に入り色々な昆虫の種類が増えてきました。地元を回ったりちょっと遠出したりして出会った生き物たちです。
まずは、昆虫から…

ネムノキ(マメ科)
ネムノキz190601
地元では既に花が終わりかけています。
山ではこれからでしょうか?

セミスジコブヒゲカミキリ♀(フトカミキリ亜科コブヒゲカミキリ族)
セミスジコブヒゲカミキリ♀ky190601
オスの触覚の第3節はコブ状に肥大しています(種名の由来)。
体長10~20㎜。地元で。

ヤハズカミキリ(フトカミキリ亜科ヒゲナガカミキリ族)
ヤハズカミキリhrd190601
上翅の後端が矢筈状に尖っているのが特徴です。
ヤハズカミキリhrd190602
体長12.5~24㎜。北九州。

アサカミキリ(フトカミキリ亜科トホシカミキリ族)
アサカミキリhrd190601
環境省RDBでは絶滅危惧Ⅱ類に指定された希少種です。
アサカミキリhrd190602
麻の害虫だったものが、麻の栽培の禁止や草原の開発などから
アサカミキリhrd190603
急激に生息地を減らしています。
アサカミキリhrd190604
今は、アザミやヨモギ等をホストとして利用しているようです。
アサカミキリhrd190605
複眼がカワイイカミキリです。
アサカミキリhrd190606
体長10~15㎜。北九州。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
久しぶりに広域公園 ①
2019/06/21(Fri)
7月20~21日の『子どもキャンパス』(NPO法人まちづくりネットワーク筑後主催)に向けて、久ぶりに筑後広域公園へ行ってきました。
コアジサシがたくさん渡ってきていました。また、ここでは初めてチョウトンボを複数確認できました。公園化によって見られなくなった生き物と逆に住み着くようになったものとがいるようです。まだ整備工事は続いていますので、推移を見守りたいと思います。

コアジサシ(カモメ科)
コアジサシck190601
環境省RDBでは絶滅危惧Ⅱ類の指定を受けています。
コアジサシck190602
日本へは本州以南に夏鳥として渡ってきて砂浜や河原の石の間等で子育てをします。
コアジサシck190603
今までは1~2番を確認するだけでしたが、10羽以上が渡ってきていると推測されます。
コアジサシck190604
公園内の人工池の上を飛び交っていました。
コアジサシck190607
時折水面にダイブし小魚を捕える様子が頻繁に見られました。
コアジサシck190605
獲物の奪い合いが頻繁に起こります。
コアジサシck190606
3羽で奪い合い
コアジサシck190608
時々行うホバリングはシャッターチャンス!
コアジサシck190609
常に飛び続けるので撮影はなかなか大変でした。
コアジサシck190610
全長28㎝、翼開長53㎝。

アオサギ(サギ科)
アオサギck190601
サギの中でも最大級の種で、ここでは年間を通して観られます。
全長93㎝。

ヒバリ(ヒバリ科)
ヒバリck190601
「ピーチク、パーチク…」の鳴き声で有名な留鳥です。
全長17㎝。

ムクドリ(ムクドリ科)
ムクドリck190601
左は今年生まれの幼鳥です。
全長24㎝。

カイツブリの親子(カイツブリ科)
カイツブリib190601
隣市の貯め池にて…
全長26㎝。

バンの雛(クイナ科)
バンの雛ib190601
同じ池で…親もいたのですがハスの間に隠れてしまいました。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
梅雨はどこへ…阿蘇へ(後編)
2019/06/19(Wed)
今日はお湿り程度の雨が降りましたが…
阿蘇の後編です。

ウラギンヒョウモン♂(ドクチョウ亜科)
ウラギンヒョウモン♂at190602
ヒョモンチョウの種類も増えてきました。一番数が多かったのがこのチョウです。
前翅長27~36㎜。

ミドリヒョウモン♂(ドクチョウ亜科)
ミドリヒョウモン♂at190601
これから増えていく種です。
ミドリヒョウモン♀at190601
こちらは♀です。
前翅長31~40㎜。

モンキチョウ(シロチョウ科)
モンキチョウat190601
ここのヒメジョオンには色々なチョウがやってきます。
前翅長22~33㎜。

ヒメキマダラセセリ(セセリチョウ科)
ヒメキマダラセセリat190601
そろそろ一化目は終わりかな…
ヒメキマダラセセリat190602
前翅長12~17㎜。

アイヌハンミョウ(ハンミョウ科)
アイヌハンミョウat190601
環境省RDBでは準絶滅危惧種となっています。
アイヌハンミョウat190602
体長15~20㎜。

ミドリクチブトゾウムシ(クチブトゾウムシ亜科)
チビアオゾウムシat190601
チョウを撮っていたら手に止まっていました(^^♪
体長4~5㎜。

ヨツキボシカミキリ(フトカミキリ亜科)
ヨツキボシカミキリat190601
ヌルデの樹の下で…
ヨツキボシカミキリat190602
別の樹の下にも…
ヨツキボシカミキリat190603
横から…
体長8~11㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ