子どもキャンパス2018 ③
2018/07/22(Sun)
ちょっと間が空きましたが、キャンパスの最後です。

2日目の朝はラジオ体操の後、メイン会場の周りを散策しました。

のどかな田園風景が広がります。
環境ck18701
ベージュ色の壁の建物がメイン会場の公民館。

ウスバカミキリ(フトカミキリ亜科)
ウスバカミキリck18701
前夜のセミの羽化観察中に飛んできた夜行性の大型カミキリです。

ゴマダラチョウ(タテハチョウ科)とシロテンハナムグリ(コガネムシ科)
ゴマダラチョウck18701
境内のカシの木の樹液に集まっていました。

イチモンジセセリ(セセリチョウ科)
イチモンジセセリck18701
朝陽を受けて日光浴中。

イタドリハムシ(ハムシ科)
イタドリハムシck18701
公民館の玄関をウロウロしていました。

アオモンイトトンボ?(イトトンボ科)
アオモンイトトンボ♀ck18701
メスの未成熟個体だと思われます。

カブトエビ(カブトエビ科)
カブトエビck18701
生きた化石と言われるカブトエビを参加者の男子が田んぼで見つけました。
カブトエビck18702
今回の大ヒット発見。
福岡県レッドデータブックでは絶滅危惧ⅠA類となっています。

ツユクサ(ツユクサ科)
ツユクサck18701
緑の中のブルーにホッと癒されます。

さて、来年は…?!

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 観察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
子どもキャンパス2018 ②
2018/07/20(Fri)
最初に観察したのは清水山です。
あまりの暑さに昆虫も休眠中なのか、見つけた種類も数も少なかったような気がします。
白いリョウブの花にチョウやカミキリの仲間が…

ウラギンシジミ♂(シジミチョウ科)
ウラギンシジミ♂ky18701
指先に乗っけてみました。

モンキアゲハ(アゲハチョウ科)
モンキアゲハz18701
リョウブの花にやって来た黒いアゲハチョウ3種の中のひとつ。
白く見える紋は死ぬと黄色くなるそうです。

カラスアゲハ(アゲハチョウ科)
カラスアゲハz18701
いろいろな色があるきれいなアゲハです。

ナガサキアゲハ♂(アゲハチョウ科)
ナガサキアゲハ♂z18701
尾状突起がないアゲハでオスは白い斑紋が消えます。

テングチョウ(タテハチョウ科)
テングチョウky18701
渓流辺に降りて来ました。

ビロウドハマキ(ハマキガ科)
ビロウドハマキz18701
昼間活動するきれいなガで右上先端が頭部です。

ニイニイゼミ(セミ科)
ニイニイゼミz18701
樹肌に同化しています。

サトジガバチ(ジガバチ科)
サトジガバチky18701
イモムシやクモなど、狩りをするハチの一種です。

ヨツスジトラカミキリ(カミキリ亜科)
ヨツスジトラカミキリky18701
リョウブの花に来たところを捕虫網でゲット!

オオヨツスジハナカミキリ(ハナカミキリ亜科)
オオヨツスジハナカミキリz18701
同じく網でゲット。上翅の紋は個体差があります。
オオヨツスジハナカミキリz18702
2匹目も…。撮影後リリースしました。

(ヤマト)タマムシ(タマムシ科)
タマムシky18701
落ちた枯れ枝の上を歩いていましたが、羽化不全の個体でした。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
子どもキャンパス2018 ①
2018/07/18(Wed)
今年の「ちくご子どもキャンパス『矢部川中流域の自然観察と体験』」は、小学1~6年生15名の参加のもと、一泊二日のプログラムで実施しました。
猛暑を考慮して途中プログラムの変更等もありましたが、事故や怪我もなく無事終了することができました。
詳細は『まちづくりネットワークちくご』のHPに近々掲載されると思いますので、当ブログでは観察した生き物をアップしていきたいと思います。
筑後広域公園に近い公民館をメイン(宿泊)会場に、清水山でも観察しました。
その中でもメインは『セミの羽化観察』、公民館が神社の境内にあり樹木もあり、遠くへ出かけることなく羽化を観察することができました。

クマゼミの羽化
クマゼミ幼虫ck18701
発見!
クマゼミ幼虫ck18702
18:00頃、ボランティアスタッフのS君が低いブロックの上を歩くクマゼミの幼虫を発見。
クマゼミ幼虫ck18703
まだ明るいので羽化できる安全な場所を求めて歩き回ります。
クマゼミ幼虫ck18704
最終的に神社の鳥居に登り始めました。
クマゼミの羽化ck18701
鳥居の天辺を行ったり来たりしていましたが、19:30頃ようやく場所が決定。
クマゼミの羽化ck18702
足場を固めて間もなく背中が割れ始めました。
クマゼミの羽化ck18703
割れ目がだんだん広がっていきます。
クマゼミの羽化ck18704
頭部が出て来ました。
クマゼミの羽化ck18705

クマゼミの羽化ck18706

クマゼミの羽化ck18707
翅も少し伸びて「天使の羽」状態です。
クマゼミの羽化ck18708

クマゼミの羽化ck18709
そのまま反り返りじっと動きません(この間が長い…)
クマゼミの羽化ck187010

クマゼミの羽化ck187011

クマゼミの羽化ck187013
ようやく体を起こし始め…
クマゼミの羽化ck187014
最後に尾端が抜けました。
クマゼミの羽化ck187015
そして翅に体液が送られ少しづつ伸びて(広がって)いきます。
クマゼミの羽化ck187016

クマゼミの羽化ck187017
時計を見ると20:30を過ぎていました。
クマゼミの羽化ck187018

クマゼミの羽化ck187019
翅も伸びセミの形になったので観察はここで終了。
クマゼミ♂ck18701
翌朝、別の場所で朝方羽化したのか、飛び立つ前のクマゼミを発見!

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3、オリンパスTG-3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
この記事のURL | カメムシ目 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いよいよ夏だ~③
2018/07/14(Sat)
明日から1泊2日で「ちくご子どもキャンパス『矢部川中流域の自然観察と体験』」本番です。今日もちょこっと宿泊会場(公民館)で準備してきました。
どんな子どもたちが参加するのか…毎年のことながらワクワクとドキドキが交錯しています。

ということで、イベント前に昨日のつづきの最期を…

ウグイスナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
ウグイスナガタマムシyy18701
アカメガシワの伐採木に…
ウグイスナガタマムシyy18702
微小なアリと比べても…小さい。
体長4~7㎜。

ナガゴマフカミキリ(フトカミキリ亜科)
ナガゴマフカミキリyy18701
普通種ですが、今年は中々会えなかったカミキリです。
ナガゴマフカミキリyy18702
体長13~21㎜。

ヒメヒゲナガカミキリ(フトカミキリ亜科)
ヒメヒゲナガカミキリky18701
長い触角が目立ちます。
体長10~18㎜。

ラミーカミキリ♀(フトカミキリ亜科)
ラミーカミキリ♀yy18701
カラムシの葉にたくさんいましたがすぐに飛んで逃げます。
ラミーカミキリ♂yy18701

体長8~17㎜。

ヒメトラハナムグリ(トラハナムグリ亜科)
ヒメトラハナムグリky18701
リョウブの花に来た個体。
ヒメトラハナムグリyy18701
伐採木に産卵に来た個体。
全長8~13㎜。

カオジロヒゲナガゾウムシ(ヒゲナガゾウムシ亜科)
カオジロヒゲナガゾウムシyy18701
材置き場にひっそりと…
体長7~9㎜。

アオゴミムシの一種(アオゴミムシ亜科)
アオゴミムシyy18701
アトモンかアトボシか…??
体長15㎜弱。

エダナナフシ(エダナナフシ科)
エダナナフシky18702
大きな成虫でした。
体長100㎜前後。

ヒメアトスカシバ交尾態(スカシバガ科)
ヒメアトスカシバky18701
ハチに見えますがガの仲間です。
開長21~29㎜。


カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いよいよ夏だ~②
2018/07/12(Thu)
大雨の後の林道の水溜り(水流)でオオシオカラトンボが産卵行動をしていました。

オオシオカラトンボ(トンボ科)
オオシオカラトンボyy18701
メスが水面に尾端を打ち付けて産卵します。
オオシオカラトンボ♀ky18701
オスが近くで警護飛翔をしています。
オオシオカラトンボ産卵ky18701
フラッシュを使ってオスの飛翔を写し止めてみました。
オオシオカラトンボ♂ky18701

オオシオカラトンボ♂ky18702
全長51~61㎜。

コオニヤンマ(サナエトンボ科)
コオニヤンマyy18701
ヤンマと付きますがサナエトンボの仲間です。
全長75~93㎜。

イチモンジセセリ(セセリチョウ科)
イチモンジセセリyy18701
よく見かけるセセリチョウです。
前翅長15~21㎜。

トラフシジミ夏型(シジミチョウ科)
トラフシジミky18701
リョウブの花にやって来ました。
前翅長16~21㎜。

ツバメシジミ♀(シジミチョウ科)
ツバメシジミ♀ky18701
メスは翅表が黒っぽくなります。
前翅長9~19㎜。

ルリシジミ(シジミチョウ科)
ルリシジミky18701
小さな花(不明種)にとまりました。
前翅長12~19㎜。

ヒメハルゼミ♂(セミ科)
ヒメハルゼミyy18701
これは矢部村で鳴き声を頼りに見つけました。
ヒメハルゼミyy18702
体長24~28㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ