FC2ブログ
春から初夏へ…⑥
2019/04/30(Tue)
今日はカミキリの仲間とタマムシの仲間です!

その前に昨日見つけたオトシブミとゾウムシです。

ナラルリオトシブミ?(アシナガオトシブミ亜科)
ルリオトシブミgy190401
コナラの若葉にいました。カシルリオトシブミほど多くありません。
全長3.5~4㎜。

セダカシギゾウムシ(ゾウムシ亜科)
セダカシギゾウムシgy190401
ホストであるコバノガマズミの葉裏にいた微小種。
セダカシギゾウムシgy190402
指先に乗せてみました。
全長3~4㎜。

カミキリムシの仲間です。

ハラアカコブカミキリ(フトカミキリ亜科)
ハラアカコブカミキリat190401
対馬からの移入種でシイタケの原木等をホストに利用しています。
全長16~27㎜。

ナカジロサビカミキリ(フトカミキリ亜科)
ナカジロサビカミキリks190401
フジの太弦にいたペアです。
全長6.5~10㎜。

ヒトオビアラゲカミキリ(フトカミキリ亜科)
ヒトオビアラゲカミキリz190401
アカメガシワの枯れ枝に付いていました。
ヒトオビアラゲカミキリz190402
全長7~10㎜。

ヒメスギカミキリ(カミキリ亜科)
ヒメスギカミキリyh190401
春早くからスギの伐採木で見られます。
ヒメスギカミキリks190401
樹皮下に産卵中の個体。
全長7~12㎜。

キバネニセハムシハナカミキリ(ハナカミキリ亜科)
キバネニセハムシカミキリks190401

キバネニセハムシカミキリz190401
ハムシと間違えるくらい小さいカミキリ。
キバネニセハムシカミキリz190402
全長4~8㎜。

そしてタマムシの仲間です。

シロオビナカボソタマムシ(ナガタマムシ亜科)
シロオビナカボソタマムシz190401
キイチゴ類の葉上で観られます。
全長5~9㎜。

オオウグイスナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
オオウグイスナガタマムシgy190401
コナラのひこばえを食べていました。
オオウグイスナガタマムシgy190402
ナガタマムシの中では大きい方です。
全長6.5~9㎜。

ヒシモンナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
ヒシモンナガタマムシks190401
ケヤキ等伐採された広葉樹によくいます。
全長5~8㎜。

ホソアシナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
ホソアシナガタマムシgy190401
ブナ科の立ち枯れでよく見ます。
全長5~8㎜。

ダンダラチビタマムシ(チビタマムシ亜科)
ダンダラチビタマムシgy190401
チビと名が付くようにこの仲間は微小種ばかりです。クヌギなどの葉を食べます。
全長3~4.2㎜。

この時期に見られるカミキリやタマムシは一般的に知られる大型種は少なく花や若葉を食べる微小種が多く、夏が近付くにつれて大型種がみられる様になります。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
この記事のURL | 甲虫 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
春から初夏へ…⑤
2019/04/29(Mon)
先日、今期最後?の大授搦へ出かけて来ました。潮目が良く日曜日と重なったことで多くのバードウォッチャーやカメラマンで賑わっていました。
春の渡りを迎え夏羽に換わった鳥たちもチラホラ観られました。
そしてこの日の目玉は世界的にも貴重種の『ヘラシギ』。その動きでその場の観察者の注目の的でした。

シギ・チドリ(略してシギチ)の群
シギチの群dk190401
ハマシギを中心にトウネンやメダイチドリ等が混じった大きな群の一部です。

ヘラシギ(シギ科)
ヘラシギdk190401
小さいうえに遠い、そしてよく動き回るので…
ヘラシギdk190402
ベストショットは望めず記録写真止まりです。
全長14~16㎝。

ハマシギ(シギ科)
ハマシギdk190401
夏羽に換わっているものが多くなっていました。
全長16~22㎝。

トウネン(シギ科)
トウネンdk190401
夏羽に換わった小型のシギの仲間ですが数は多いです。
全長13~16㎝。

キョウジョシギ(シギ科)
キョウジョシギdk190402
夏羽の個体。この日見たのは2羽です。
全長21~22.5㎝。

ウズラシギ(シギ科)
ウズラシギdk190401
唯一観たこちらも夏羽個体です。
全長17~22㎝。

コオバシギ(シギ科)
コオバシギdk190401
腹部が真っ赤になった夏羽個体です。
全長23~25㎝。

オオソリハシシギ(シギ科)
オオソリハシシギdk190401
夏羽と冬羽が入り混じっています。
全長37~41㎝。

チュウシャクシギ(シギ科)
チュウシャクシギdk190401
ここでは主に旅鳥です。
全長40~46㎝。

ホウロクシギとダイシャクシギ(シギ科)
ホウロクシギとダイシャクシギdk190401
両種が混じっているようです。
全長50~66㎝。

ミヤコドリ(ミヤコドリ科)
ミヤコドリdk190401
この日観たのはこの1羽のみ…
全長40~46㎝。

オオメダイチドリ?(チドリ科)
オオメダイチドリdk190401
メダイチドリの可能性も…
全長22~25㎝。

ムナグロ(チドリ科)
ムナグロdk190401
数は少ないですが、こちらも夏羽冬羽どちらも…。
全長23~26㎝。

ダイゼン(チドリ科)
ダイゼンdk190401
ムナグロに似ていますがより大きくなります。
全長27~30㎝。

クロツラヘラサギ(トキ科)
クロツラヘラサギdk190401
未だ渡らずに残っていました。
全長74㎝。

ヘラサギ(トキ科)
ヘラサギdk190401
ここではこちらの方が希少種です。横にいるのはセグロカモメ。
全長86㎝。

ダイサギ(サギ科)
ダイサギdk190401
クロツラヘラサギの群れの中に降りて行きます。
全長89㎝。

ツクシガモ(カモ科)
ツクシガモdk190401
数がだいぶ減っていました。
全長63㎝。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6

この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春から初夏へ…④
2019/04/27(Sat)
オトシブミもチョッキリもゾウムシ上科に分類される広い意味でゾウムシの仲間です。
今日はゾウムシ達も一緒に…

ベニホシハマキチョッキリ(チョッキリゾウムシ科)
ベニホシハマキチョッキリyh190401
ドロハマキチョッキりの西日本亜種でこの仲間の中では1・2位を争う美麗種です。
ベニホシハマキチョッキリ♂yh190401
肩にトゲがあるこちらはオスです。
ベニホシハマキチョッキリ♀yh190401
こっちはメスです。ブナ科。ケヤキ、ヤマザクラ、イタドリ等を葉巻状に葉を巻きます。
ベニホシハマキチョッキリyh190402
メス1に絡むオス2と離れたところにもう1匹。
体長6㎜前後。

コナライクビチョッキリ(チョッキリゾウムシ科)
コナライクビチョッキリgy190401
ホストはコナラ。オトシブミほど凝った巻き方はしません。
体長3.5~4.5㎜。

イチゴハナゾウムシ(ゾウムシ亜科)
イチゴハナゾウムシks190401
キイチゴやサクラなどバラ科の花や葉でよく見られます。
イチゴハナゾウムシks190402
体長3㎜。

レロフチビシギゾウムシ(ゾウムシ亜科)
レロフチビシギゾウムシgy190401
これも微小種でコナラやクヌギにいます。
体長1.8~2.7㎜。

クロハモグリゾウムシ(ゾウムシ亜科)
クロハモグリゾウムシz190401
ハゼの新葉の根元にいました。
クロハモグリゾウムシz190402
指に乗せるとゴマ粒のようです。
体長2.6~2.8㎜。

カシワクチブトゾウムシ(クチブトゾウムシ亜科)
カシワクチブトゾウムシyh190401
コナラやクヌギなどブナ科の葉にいます。
体長4.7~5.1㎜。

ツンプトクチブトゾウムシ(クチブトゾウムシ亜科)
ツンプトクチブトゾウムシyh190401
前種と同じような環境で見られますが、より稀です。
体長5.5~6.8㎜。

キュウシュウヒゲボソゾウムシ?(クチブトゾウムシ亜科)
ヒゲボソゾウムシks190401
似たような種が多いので…
体長8.5㎜。

チャバネキクイゾウムシ(キクイゾウムシ亜科)
チャバネキクイゾウムシks190401
伐られたフジ弦に集まっていました。
チャバネキクイゾウムシks190402
体長3.5㎜前後。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春から初夏へ…③
2019/04/27(Sat)
木々が新葉を広げ始め、若葉を利用する虫たちが活動を始めます。

オトシブミやチョッキリの仲間は成虫は若葉を食べ、葉を綺麗に巻いて中に産卵し、孵ったら幼虫の食料になります。
種類によって利用する植物(ホストと言います)が違い、巻き方も違いますが完成した形はよく似ています。
これを揺籃と言い、この形からオトシブミ(落とし文)と名付けられました。
江戸時代思いを寄せる人に伝えるために、文を巻いてそっと道に落としたというのがオトシブミの名の由来です。

ヒメクロオトシブミ(オトシブミ亜科)
ヒメクロオトシブミz190401
春一番に活動を始めます。葉を持つ私の手(指)と比べてもその小ささが分かると思います。
ヒメクロオトシブミks190401
ホストはブナ科やバラ科マメ科など多岐にわたります。
ヒメクロオトシブミgy190401
葉を巻き始める時はまず葉を齧って切込みを入れます。体長4~5㎜。

ヒメクロオトシブミの揺籃
ヒメクロオトシブミ揺籃gy190401
このように木に残したままのものや切り落とされる場合もあります。

ウスモンオトシブミ(オトシブミ亜科)
ウスモンオトシブミyh190401
ホストはキブシとゴンズイです。
体長6.5~7㎜。

エゴツルクビオトシブミ♂(オトシブミ亜科)
エゴツルクビオトシブミ♂z190401
メスの首は長くありません。ホストはエゴノキです。
エゴツルクビオトシブミ♂z190402
体長8~9.5㎜。

ヒゲナガオトシブミ♂(オトシブミ亜科)
ヒゲナガオトシブミ♂yh190401
ひげも長いですが日本産オトシブミ中最長の首です。
ヒゲナガオトシブミ♂yh190402
ホストはクロモジやアブラチャンなどクスノキ科とコブシ、稀にイタドリです。
体長12㎜前後。

アシナガオトシブミ♂(アシナガオトシブミ亜科)
アシナガオトシブミ♂gy190401
4月初めに観たのは初めてでした。しかもホストではないエノキで…
アシナガオトシブミ♂gy190402
ホストはコナラやクヌギ、カシなどブナ科です。
アシナガオトシブミ♂gy190403
体長6.5~8㎜。

カシルリオトシブミ(アシナガオトシブミ亜科)
カシルリオトシブミyh190401
ルリオトシブミの仲間はオトシブミの中でも特に微小種ばかりです。
ホストはイタドリやブナ科です。
体長3.5㎜前後。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春から初夏へ…②
2019/04/25(Thu)
今年は蝶にも例年より早く出会ってきました。
特にスプリングエフェメラルと呼ばれるチョウは、九州には生息しないギフチョウ以外の全てを観ることができました。

そのスプリングエフェメラルのチョウたちから…

コツバメ(シジミチョウ科)
コツバメgy190401
いつものアセビの花に…そっと傍まで近づいて撮影できました。
コツバメgy190402
今年は色々な所で出会うことができました。
前翅長11~16㎜。

ミヤマセセリ(セセリチョウ科)
ミヤマセセリgu190401
飛び回ってばかりで中々留まってくれませんでしたが…
ミヤマセセリyh190401
クサイチゴの花に
ミヤマセセリ&コチャバネセセリyh190401
そこへコチャバネセセリがやって来た!
前翅長14~22㎜。

スギタニルリシジミ♂(シジミチョウ科)
スギタニルリシジミ♂yy190402
渓谷の水場へ吸水に集まって来ます。
スギタニルリシジミ♂yy190404
一瞬だけ翅を半開にしてくれました。
スギタニルリシジミ♂yy190401
飛翔写真に挑戦しましたが…ピン甘です…
スギタニルリシジミ♂yy190403
間近で…
前翅長12~16㎜。

ツマキチョウ♂(シロチョウ科)
ツマキチョウ♂gy150401
意外と身近にいるのですが、モンシロチョウと間違えられている可能性も…
前翅長20~30㎜。

以上、4月が終われば来春まで見られなくなるチョウ達です。

以下はいつものシジミチョウ達です。

ベニシジミ
ベニシジミz190401
前翅長13~19㎜。

ヤマトシジミ♂
ヤマトシジミ♂sj190401
前翅長9~16㎜。

ツバメシジミ♀
ツバメシジミ♀sj190401
前翅長9~19㎜。

ウラギンシジミ♀
ウラギンシジミ♀si190401
越冬個体。
前翅長19~27㎜。

ムラサキシジミ
ムラサキシジミz190401
越冬個体。
前翅長14~22㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
    1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
    1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春から初夏へ…①
2019/04/23(Tue)
ソロライブ以降ちょっと気が抜けて(ライブは大成功でした!)ブログ更新をサボっている間にも季節は進んでしまいました。
この間FBには色々とアップしていたのですが、久しぶりのブログ更新です。
4月に入って冬鳥はほぼ去り行き、夏鳥が渡って来ています。

まずは去り行く前の冬鳥たちです。

アトリ(アトリ科)
アトリsj190403
全長16㎝。

ジョウビタキ♀(ヒタキ科)
ジョウビタキ♀z190301

ジョウビタキ♂(ヒタキ科)
ジョウビタキ♂z190301
我が家の裏で最後に見た個体です。
全長15㎝。

シロハラ(ヒタキ科)
シロハラsj190401
まだ残っているものがいます。
全長24㎝。

ツグミ(ヒタキ科)
ツグミsj190401
サクラの花は散ってしまいました…
全長24㎝。

ミヤマホオジロ(ホオジロ科)
ミヤマホオジロ♀sj190401
結構遅くまで残っていました。
全長16㎝。

オナガガモ♂(カモ科)
オナガガモ♂sk190301
全長75㎝。

キンクロハジロ♂(カモ科)
キンクロハジロ♂ygd190301
全長44㎝。

ハシビロガモ♂(カモ科)
ハシビロガモ♂sk190301
全長51㎝。

そして渡って来た夏鳥たち…

リュウキュウサンショウクイ(サンショウクイ科)
リュウキュウサンショウクイz190401
秋以降も声を聴くことがあります…
全長20㎝。

センダイムシクイ(ムシクイ科)
センダイムシクイz190401
「焼酎一杯グイーッ」の聞きなしで有名。
センダイムシクイz190402
全長12㎝。

キビタキ♂(ヒタキ科)
キビタキ♂z190401
いつもの林の中で…
キビタキ♂z190402
あまり私を警戒しませんでした。
全長14㎝。

オオルリには会えませんでしたが、これから夏鳥が増えてくることでしょう。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ