カミキリムシ
2018/05/28(Mon)
先週見つけたカミキリムシ科のムシたちです。
同じカミキリムシでも様々に多様化していて亜科(その下の族)に分類されます。

キイロトラカミキリ(カミキリ亜科トラカミキリ族)
キイロトラカミキリky18501
今年初トラカミキリです!
キイロトラカミキリky18502
伐採された小枝の上を動き回っていたカップル。
キイロトラカミキリky18503
体長13~19㎜。

ヒトオビアラゲカミキリ(フトカミキリ亜科アラゲカミキリ族)
ヒトオビアラゲカミキリky18501
今年も見つけることができました。
ヒトオビアラゲカミキリky18502
細枝(樹種不明)にジッとしていました。
体長5.5~9㎜。

アトジロサビカミキリ(フトカミキリ亜科サビカミキリ族)
アトジロサビカミキリky18501
前種と同じ樹の細い枝にジッとしていました。
アトジロサビカミキリky18502
近づいたら警戒態勢を取られました。
体長7~11㎜。

ベニカミキリ(カミキリ亜科ベニカミキリ族)
ベニカミキリgy18501
満開の栗の花に飛んできます。
ベニカミキリgy18502
体長12.5~18.6㎜。

以上、女山森林公園。
以下はグリーンピア八女

ラミーカミキリ(フトカミキリ亜科トホシカミキリ族)
ラミーカミキリgy18501
今年もこのカミキリのシーズン到来です。
体長10~15㎜。

ニンフホソハナカミキリ(ハナカミキリ亜科ハナカミキリ族)
ニンフホソハナカミキリgy18501
コガクウツギの花に誘われてやって来たようです。
ニンフホソハナカミキリgy18502
体長9~13㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スズランと…②
2018/05/23(Wed)
スズラン自生地とその周辺で見つけた昆虫たちです。

モモグロハナカミキリ(カミキリムシ科)
モモグロハナカミキリan18501
何気に初見のカミキリでした。
モモグロハナカミキリan18502
体長7~15㎜。

フタオビヒメハナカミキリ(カミキリムシ科)
フタオビヒメハナカミキリan18501
こちらは更に小さくて5~7㎜しかありません。

ニセシラホシカミキリ(カミキリムシ科)
ニセシラホシカミキリan18501
別名ダイセンカミキリとも言います。
体長8~12㎜。

ウスヒョウタンゾウムシ(ゾウムシ科)
ウスヒョウタンゾウムシan18501
セリ科植物の葉上で普通に見られます。
ウスヒョウタンゾウムシan18502
このフォルムは好きです。
体長9~13㎜。

カシルリオトシブミ(オトシブミ科)
カシルリオトシブミan18501
イタドリの葉がたくさん巻かれていました。
カシルリオトシブミan18502
体長3.5㎜。

ハムシの一種(ハムシ科)
ハムシan18501
似たような色のハムシが多く同定は後日持越し。

クロアシナガコガネ(コガネムシ科)
クロアシナガコガネan18501
ヒメアシナガの色彩変異かとも思いましたが…
体長6.5~9㎜。

イチモンジチョウ(タテハチョウ科)
イチモンジチョウan18501
絵になる所へはとまってくれませんでした。
前翅長29㎜。

ウラギンヒョウモン(タテハチョウ科)
ウラギンヒョウモンan18501
ヒョウモンチョウのシーズン到来!
ウラギンヒョウモンan18502
前翅長27~36㎜。

ダイミョウセセリ(セセリチョウ科)
ダイミョウせせりan18501
この日も翅を広げず…
全翅長18㎜。

ホソオビヒゲナガ♀(ヒゲナガガ科)
ヒゲナガ♀an18501
すぐ近くにオスもいたのですが…
ヒゲナガガの仲間は1㎝程と小さく、
オスは触角が異常に長く、光沢のある翅を持つ種が多い。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スズランと…①
2018/05/21(Mon)
昨日は阿蘇市波野までスズランを観に行ってきました。
そして、スズラン以外にも花や虫との出会いがありました。

スズラン(キジカクシ科スズラン亜科)
スズランan18501
ユリ科から再編されたようです。
スズランan18502
阿蘇は自生南限となっていて、自生地は保護されています。
スズランan18503

スズランan18504

スズランan18505

スズランan18506
蕾もカワイイ
スズランan18507
数年ぶりに訪れましたが、可憐な花は健在でした。

シライトソウ(ユリ科)
シライトソウan18502
こちらはユリ科のままのようです。
シライトソウan18501
近付くとバニラのような甘い香りがしました。

オカオグルマ(キク科)
オカオグルマan18501

オカオグルマan18502
阿蘇の草原ではよく見かけます。

イブキトラノオ(タデ科)
イブキトラノオan18501
ここでは初めて見ました。咲き始めのようです。

ニシキウツギ(スイカズラ科)
ニシキウツギan18501
花の色が白から紅に変わっていきます。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 野の花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
草原の昆虫
2018/05/15(Tue)
昨日のつづきです。
昆虫は思ったより少なくまだこれからのような感じでした。

ダイミョウセセリ(セセリチョウ科)
ダイミョウセセリhd18501
アオスジアゲハがいたのですが、すぐにいなくなりこっちが現れました。

オオオサムシ(オサムシ科)
オオオサムシhd18501
足元で動いているのに気付き撮影!

シロヘリカメムシ(カメムシ科)
シロヘリカメムシhd18501
何気に初見のカメムシでした。

シオヤトンボ(トンボ科)
シオヤトンボhd18501
羽化したてのようで、まだ弱々しい感じでした。

アサヒナカワトンボ♂(カワトンボ科)
アサヒナカワトンボ♂hd18501
成熟オスで白粉を吹いています。
アサヒナカワトンボ♂hd18502
褐色タイプの翅です。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
草原の花
2018/05/14(Mon)
先週末、福岡県内某所(高地草原)で撮ってきた花たちです。

カノコソウ(オミナエシ科)
カノコソウhd18501
草原の至る所で群生していました。
カノコソウhd18502
蕾の様子が絞り染めの『鹿の子絞り』に似ていることから名付けられました。

タツナミソウ(シソ科)
タツナミソウhd18501
タツナミソウの仲間は色々あるので…
タツナミソウhd18502
これは何タツナミでしょう?

ホタルカズラ(ムラサキ科)
ホタルカズラhd18501

ホタルカズラhd18502
青く輝く花をホタルの光に見立てた命名のようです。

ヤマサギソウ(ラン科)
ヤマサギソウhd18501
日当たりの良い草地で見られますが多くはありません。
ヤマサギソウhd18502
草むらにあると目立ちません。

シラン(ラン科)
シランhd18501
よく民家の庭先に植えられることがりますが…
シランhd18502
日本の自生(野生)ランの一種です。
シランhd18503
盗掘でかなり数を減らしているようです。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ